アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【ガルクラ/迷子】トゲナシトゲアリとMyGO、対バンライブの開催が決定!! 円盤にチケ申し込み券封入【ガールズバンドクライ×BanG Dream!】
【アニメ1クール総評その6】視聴した作品をメインに振り返って感想・考察する【2024年の春アニメ】
【朗報】ガンダムSEED FREEDOMのアグネスさん、初期構想では桑島る予定だったが生存に変更されていた【死亡フラグ回避】
【くぎゅうううう】釘宮理恵(44)「えっアニメ『Lv2からチート』のOPを歌うんですか?」→結果
【アニメ1クール総評その5】視聴した作品をメインに振り返って感想・考察する【2024年の冬アニメ】
【悲報】『ぼざろ』の虹夏・山田・喜多「ぼっちちゃんには工場か品出しのバイトがお似合いだよw」【ぼっち・ざ・ろっく!】
【まほあこ】アニメ『魔法少女にあこがれて』、円盤でB地区を特典に付ける【公式乳首設定を解禁】
【卒業のフリーレン】コスプレなフリーレンさん、高校卒業を果たす【祝・アウラ前日譚が書籍化へ】
【立て看板シリーズ】二次創作『多浪のフリーレン』さん、京大2次試験で浪人生を煽りまくる【葬送のフリーレン】
【悲報】グリットマンの作監が謝罪するも、太ももがデブ過ぎな宝多六花さん、そのままフィギュア化へ【GRIDMAN UNIVERSE】
【悲報】『葬送のフリーレン』の「重い女」フェルンさん、原作で痩せた悲しい姿になる【変わり果てた姿で見つかる】
【葬送のフリーレン】フェルンさん、アクリルスタンドでビキニになる為に、強制ダイエットさせられてしまう【デブではない】
【ネタバレ注意】新型フリーダム(ストフリ)の名称予想企画の結果発表!【劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM】
【悲報】イザークさん、極楽湯コラボメニューにて『種まきミルク』を提供してしまう【劇場版ガンダムSEED FREEDOM】
【リゼロ】レムさんのフィギュア、完全にネタが尽きた模様wwww【Re:ゼロから始める異世界生活】
【勇気爆発バーンブレイバーン】ブレイバーンの正体(中身)や真主人公(ルイス)について考察してみた
【悲報】SPY×FAMILYのヨルさん、スト6とのコラボでブサイク過ぎて炎上wwwwwwww
【悲報】セイバー(アルトリア)さん、変わり果てた姿で見つかる【Fate/FGO】
【邪神ちゃん公式】「違法アップロードを合法化」というパワーワードで違法アップローダーとの最終決戦へ【二次創作は許諾申請でOKに】
【アニメ1クール総評その4】視聴した作品をメインに振り返って感想・考察する【2023年の秋アニメ】
【葬送のフリーレン】有識者さん「日本オタク史に残る偉業、『エルフといえば? フリーレン』になったのだ」
【葬送のフリーレン】原作の名シーンを麻雀で再現した二次創作『雀荘のフリーレン』が話題に
【超絶悲報】ラクス・クラインさん(20)のドレス姿、流石にキツすぎる……【劇場版ガンダムSEED FREEDOM】
【悲報】ストフリ後継機ではない新型フリーダムが公開されてしまい名称予想企画どうしよう【劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM】
【リコリス・リコイル2期】2025年Season2、魔法少女モノに路線変更か
【ガンダム 水星の魔女】シュバルゼッテさん、デザイン初期(発注時)はグエル用の機体だった事が判明【悲報】
【悲報】スパイファミリー(SPY×FAMILY)さん、TVアニメSeason2のキービジュアルで、主人公ロイドがモブと化すwwwwww
【アニメ1クール総評その3】視聴した作品をメインに振り返って感想・考察する【2023年の夏アニメ】
【悲報】オンラインくじ『スパイ教室』(秋の祝祭)にて不人気キャラがグッズからリストラされるwwww上位の3人はグッズ優遇!
【オリジナルアニメ限定】2000年以降のクソアニメで打線を組んでみた【球詠・新越谷高校風】
【悲報】メイリン・ホークさん(18)、たった2年で大幅劣化し、おばさん化してしまう【劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM】
【公式よりお気持ち表明】スレッタとミオリネの結婚が「なかった」風にボカされてしまう【機動戦士ガンダム 水星の魔女】
【告知】新型フリーダム(3代目)の名称を予想する企画について【劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM】
【悲報】ラクス・クラインさんに美容整形の疑惑が浮上してしまう【劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM】
【アニメ1クール総評その2】視聴した作品をメインに振り返って感想・考察する【2023年の春アニメ】
【アニメ1クール総評その1】視聴した作品をメインに振り返って感想・考察する【2023年の冬アニメ】
【2022年の秋アニメ】視聴完走した作品の感想を述べてみた【機動戦士ガンダム 水星の魔女、他12本】
【2022年の夏アニメ】視聴完走した作品の感想を述べてみた【リコリス・リコイル、他4本】
【2022年の春アニメ】視聴完走した作品の感想を述べてみた【パリピ孔明、他9本】
【2022年の冬アニメ】視聴完走した作品の感想を述べてみた【ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜、他5本】
【2021年の秋アニメ】視聴完走した作品の感想を述べてみた【マブラヴ オルタネイティヴ、他4本】
【フィギュア】不滅のボーカロイド『初音ミク』の商品ラインナップを紹介【新作 / おすすめ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【HGCE/MG】デスティニーガンダムが超かっこいい件【まるで悪役】
【旧OPと新訳を比較】Zガンダムの変形シーン(機構)の進化を振り返る【ガンプラ系YouTubeも紹介】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【第1期~第4期】シンフォギアシリーズの変身バンク集 GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【ハチナイ】『八月のシンデレラナイン』の野球描画に震えるがいい【作画崩壊な令和野球娘。】
【ジョジョ第5部】チョコラータ戦での無駄無駄ラッシュにおける原作とアニメの比較【黄金の風】
【鉄血ガンダム】伝説の「止まるんじゃねえぞ……」を振り返ってみた【オルガ・イツカの名台詞】
中古品『Panasonic Let's note CF-S10』(ワジュンPC)の購入レビュー
【アニメ版4期】キャプテン翼 必殺シュート集 ~中学生編~【完璧な再現】
【俺達の芋芋】作画崩壊アニメいもいも、感動の大団円【最終回、第10話】
【これが俺達の芋芋】作画崩壊アニメいもいも、第9話でまたも大惨事に【伝説級の特殊ED爆誕】
【各キャラ解説】シンフォギアシリーズの変身バンク集 まとめ【各ギア設定付き】
シンフォギアシリーズの変身バンク ~切歌編~
シンフォギアシリーズの変身バンク ~マリア編~
【アニメ版4期】キャプテン翼 必殺シュート集 ~小学生編~【完璧な再現】
【緊急特番】俺が好きなのは妹だけど(作画崩壊している)妹じゃない【第2話で最速作画崩壊】
【アニメ2ndオープニング】刃牙のOPにみるアニメ3D技術の進化【グラップラー刃牙/バキ】
【ゲゲゲの鬼太郎】6期鬼太郎より2018年度アニメ界、クソ女・オブ・ザイヤ―が爆誕【第6期新章突入】
シンフォギアシリーズの変身バンク ~未来&イグナイト編~
【マジンガーZ】リアル系ロケットパンチを放つスーパーロボを語る【超重神グラヴィオン】
【アニメ6期】ゲゲゲの鬼太郎、独断的な『神7』を大発表【西洋妖怪編へ】
【3代目ジョジョ 承太郎】スータープラチナの「オラオラ」、ベスト5【最強スタンド】
シンフォギアシリーズの変身バンク ~響編~
【スーパーロボット】コン・バトラーVの新旧映像比較【昭和合体ロボ】
【アニメJOJO】ジョジョのOP映像、ベスト5【第5部決定】
シンフォギアシリーズの変身バンク ~翼編~
【超次元サッカー】キャプテン翼の映像比較【再びアニメ化】
【アニメ】ゲゲゲの鬼太郎、6期で萌えに迎合する【猫&犬】
シンフォギアシリーズの変身バンク ~クリス編~
【プラレス】ホビーバトル系アニメの歴史、推移を語る【ガンプラバトル】
【ゲーム版と】FateのOPアニメの変移を辿る【FGOも】
【二人組】最高のアニメ番組内ユニットは?【歌手限定】
【放送延期】万策尽きた……、ンゴ【総集編】
シンフォギアシリーズの変身バンク ~調編~
【独断】Fateシリーズ最高のコミカライズは?【選考】
【サイボーグ009】003(フランソワーズ)のキャラデザ変移【歴代アニメ版】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第1部(第17話)

第二章  王位継承権 3 ―厨房―

スポンサーリンク

 

 

         3

 朝の四時に、統護は目が覚めていた。
 窓越しから差し込む光は、まだ弱々しい。
 枕元の小型目覚まし時計は沈黙したままだ。まだアリーシアに教えられていた起床時間には余裕がある。
 元々、早起きの習慣なのだ。
 早起きしても、のんびりと朝の一時を過ごせる家ではなかったが。
 二度寝はしない。あてがわれた部屋の、見慣れない天井を統護はぼんやりと眺めていた。
 就寝初日とはいえ、安っぽい板張り風の天井は、堂桜本家屋敷にある自室の天井よりも落ち着いた。
「……もともと『お兄様』なんて柄じゃないんだよな、俺」
 順応する振りで自分を誤魔化してきた。
 安月給サラリーマン家庭から、世界的大富豪の御曹司へ。
 喧嘩にも使えない腕っ節と、手品に毛が生えた隠し芸持ちから、世界最強の超人へ。
 そして――一人っ子から妹との二人兄妹へ。
 変化が大き過ぎる。

 目を瞑れば、日本人形のような大和撫子の、綺麗で上品なはにかみが思い浮かぶ。

「お兄ちゃんならともかく、まあ、兄貴って線もあるか」
 けれど妹を名乗る美しい少女は『お兄様』と上品な声色で涼やかに呼ぶ。
 最初は呼ばれる度にドキリとした。
 単語には慣れた。単語というか、音には。
 兄弟が欲しい、と願ったことは記憶にない。だから妹ができたらなんて夢想やシミュレーションはした経験がない。

 正直、淡雪を『ただの女の子』として意識している自分を否定できなかった。

 そもそも妹というモノが、どういったモノかも理解していない。
 妹とは、あんな風に特別な好意を兄へと向ける存在なのか。
 それとも淡雪が特別なのか。
「アイツにとって兄貴は既存であっても、俺にとって妹は未曾有で未知なんだよなぁ」
 御曹司は受け入れるしかなかった。御曹司と呼ばれるのは、勘弁して欲しいが。
 世界最強のチカラを得たことは、現状の立場ではむしろ救いであった。どう考えても、今回のミッションのみならず、これから荒事に巻き込まれそうだ。
 けれど――妹は、受け入れるとか受け入れないとかいう次元の話ではないだろう。
「俺はちゃんとアイツの兄貴になれるのか?」
 淡雪との約束を果たせないのは、もう分かっていた。
 この世界での『堂桜統護という存在』は、すでに自分一人に集積されている。それを知るイベントがあった。だから淡雪の願いは『正確な意味では』もう永遠に叶わない。
 流石に今は打ち明けられる心境ではない。
 元の堂桜統護として代わりになればいいのか。
 今の堂桜統護として代わりになればいいのか。
 それとも……兄というラベルを放棄するしかないのか。
 せめて血縁があるのならば無理にでも割り切れる。けれど血縁どころか、産まれてきた世界が異なる異世界の人間だ。いっそ血が繋がっていれば、母親の延長と解釈できるのに。

 俺は――淡雪を……

「あ~~ッ! いま考えるのは、それじゃないだろ」
 ぐしゃぐしゃと頭を掻きむしる。
 統護は身悶えた。これではまるで、任務の為ではなく、淡雪から逃げ出してきたみたいだ。
 事実、少し距離を置きたかったのだが、統護は素直に認められない。
「姫皇路さんを護らなきゃいけないのに」
 統護は思考を切り替える。
 姫皇路アリーシア。本当の名は――アリーシア・ファン・姫皇路。
 出自は、ファン王国の現国王ファン・ファリアストロⅧ世の妾腹の姫君である。
 母親であるニホン人はアリーシアを出産した時に亡くなっており、その存在自体が秘匿されている。ファリアストロⅧ世しか名を知らないという。アリーシアの姓である姫皇路も、実母から継いだ名ではないのだ。つまりアリーシア一代の唯一の姓であった。
 その母親の願いで、アリーシアは出自を隠され、孤児としてファン王国の王位継承権とは無縁の生活を送っていた。
 そんな彼女に『万が一』にも害が及ばないようにとの、保険として堂桜家次期当主であり天才魔術師であった統護が、影ながら護衛についていた。
 護衛は保険である――はずだった。
(それが、俺がこの【イグニアス】世界に転生してから、激動した)
 消えた【イグニアス】の統護と、元の世界の統護の存在が入れ替わった頃から、ファン王国の内乱が勃発したのだ。
 元々燻っていた火種はあったのだろうが、一気に顕在化したのは、自分がこの世界に転生した事と、なにか関係や影響があるのか。
 アリーシアとは元の世界では知り合いではなかった。
 そもそもファン王国という国も、元の世界には存在していない。
 元の世界では、ソビエト連邦は一九九一年十二月に崩壊している。【イグニアス】では若干名称が異なるが、ソヴィエルとして存在し続けている。ただ、元の世界のような社会主義共和国連邦とも若干毛色が違う。

 つまるところ――此処はやはり異世界だった。

 技術形態が異なるだけではなく政治形態や宗教・思想にも明白な差異はみられる。
 アリーシア護衛についても、政治的な裏がある可能性を否定できない。
 ひょっとしたら元の統護は承知していたのかもしれないが、同一人物だが異世界からの別人であるこの統護には、まったく分からない。
「――あんまり面倒くさい話は勘弁して欲しいんだがな」
 そういった意味では、堂桜一族のパワーゲームから弾き出された現状はむしろ僥倖だ。
 とにかく今は――アリーシアの身を護るだけだ。
 シンプルにその役だけを全うすればいい。
 元の統護にとっては堂桜財閥後継者となる為の課題であったのだろうが、今の統護にとってはこの異世界でも『堂桜統護として生きていく』為の、最初のハードルだ。
 枕元の目覚まし時計を見ると、まだ四時半である。
 喉の渇きを覚えた統護は、潔く起きて、厨房へと喉を潤しに向かった。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 古いけれども清潔な厨房には、先客がいた。
 アリーシアだ。
 彼女は制服の上に赤地のエプロンを着け、癖のある長い赤毛を頭巾で後ろにまとめていた。
 楽しそうに厨房内を忙しなく動いている。
「どうしたの、こんなに早く」
 目を丸くするアリーシアに、統護は喉が渇いたから水を飲みに来たと言った。
 アリーシアは冷蔵庫を指さす。
「浄水器からのを冷やしたののでよければ。あと麦茶もあるわ」
「サンキュ」
「ふぅん。高級なミネラルウォーターじゃなくてもいいのね」
「偏見だよ」
 確かに堂桜本邸で出される水は高級な品のようだ。しかし統護にはあまり関係ない。喉の乾きを癒やせれば充分である。
 とはいっても、山籠もりの時に味わえる湧き水の旨さは、格別だと知ってはいるが。
 コップに注いだ水道水を旨そうに一気飲みする統護に、アリーシアは複雑な表情になる。
 統護はそんな彼女の様子に気が付かない。
「姫皇路さんはこんな時間から食事の準備をしているんだ」
「御飯もお味噌汁も焼き魚もタイマーで仕上がるようにしておいたけど、どうせだったら最後まで自分で仕上げようと思って。やっぱり味が違うから」
「そっか。楽しみだ」
「あ。でもあまり期待しないでよ。一流のプロの味には程遠いんだから」
「だからそういうのはあまり拘らない――っと」
 統護は言葉を止めた。
 アリーシアが自分で朝食を仕上げようとした本当に理由に気が付いたからだ。量を調整して新たに一人分を作り出さねばならない、という。
「俺、手伝うよ」
「却下。今朝だけ特別、だなんて調子狂うし。それともこれから毎朝手伝ってくれる?」
 挑発するような目で睨みを効かされ、統護は大人しく引き下がった。
「よろしい。大人しく部屋に戻りなさい」
 アリーシアが「うんうん」と頷く。
 此処はきっと彼女の聖域だ――と、統護は納得した。
「時間、中途半端だから此処で暇を潰しているよ」
「はいはい。だったら邪魔にならないようにゲームでもしていなさい」
 そう言われて、統護はスマートフォンを弄るふりをした。なにしろゲームは何一つとしてダウンロードされていない。
 実際は、厨狭しと動き回るアリーシアを覗き見ていた。
 料理とは、こんなにも女の子らしいのか。
 手慣れた動きと、効率的な手際は一種の手品のようで、いくら眺めていても飽きなかった。
 楽しそうで踊るようだ。
 綺麗だな、と統護はつい見惚れていた。

「――なにジロジロと見ているのよ」

 トリップから醒めた。半白眼のアリーシアがアップで迫っている。
 いつの間にか、統護のスマートフォンを持っている手は、膝の上から動いていなかった。
 腰に手を当てたアリーシアは怒り顔を演出していたが、明らかに照れている。
 統護も彼女の顔が間近に迫り、頬を赤くした。
 二人は慌てて、顔を離した。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。