アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

MENU

【歴代】003(フランソワーズ)のキャラデザ変移【アニメ版】

 

2300作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

    

リスナーの皆様、はじめまして。私は堂桜 淡雪――淡雪(あわゆき)と申します。
以後、お見知り置きを。

            ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

同じく楯四万 締里――締里(しまり)だ。
よろしく。無理矢理付き合わされているバイトだけどな。

            ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

もう少しやる気を出して下さい、締里さん。
本日は記念すべき第1回! それでは早速、お題といきましょう。

 

うむ、題目はタイトルにあるな。アニメ版003のキャラデだ。
初回だけあり、誰でも知っている国民的作品できたか。

 

あの締里さん……、余計な口を挟まないで下さいます?
コホン。
皆さん、ご存じの通り、サイボーグ009のヒロイン、コードネーム003ことフランソワーズ・アルヌール(フランス人)です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521153117j:plain

引用元――サイボーグ009(漫画・石ノ森章太郎、株式会社石森プロ)より抜粋】

※左から――008(ピュンマ)、002(ジェット・リンク)、005(ジェロニモ・ジュニア)、001(イワン・ウイスキー)、003、009(島村ジョー=主人公)、004(アルベルト・ハインリヒ)、006(張々湖)、007(グレート・ブリテン)、ギルモア博士

 

 

 

巨匠・石ノ森章太郎先生原作イラストですね!

 

これから必要に応じて、キャプチャ画像を引用するのでリスナーの皆は承知しておいてくれ。なお、著作権権利者側から異議申し立て・削除要請があった場合は、可能な限り迅速に対応する所存だ。権利者の不利益にならない様、配慮したい。

 

そういう事ですわ。会話のみではどうしても無理があります故。
それでは、この003がアニメ化により、どの様に変移していったかというと……

 

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521154124j:plain

 引用元――サイボーグ009(1979年)(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/東映)より抜粋】

 

 

 

なあ、いきなり1979年版になっているぞ。

 

1966年版、怪獣戦争、1968年版は尺の都合で省略しました。

 

当時の作画力を考えれば、それも仕方ないか……

 

昭和版の代表として挙げさせて頂きましたが、作画デザイン的には色々と微妙ですね。時代の流れを感じます。当時としては凄かったのは伝わってきますけど。

 

008が無駄に原作通りだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521154818j:plain

 引用元――サイボーグ009 超銀河伝説(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/東映)より抜粋】

 

 

 

超銀河伝説の003です。

 

何故だ。技術的に上がっている筈なのに、原作から遠のいているぞ。

 

よりフランス人っぽくしてみたのでは?

 

現在とは異なり、作画に大らかな時代だしな。

 

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521155408j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521191723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521191739j:plain

 【引用元――サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/サイボーグ009製作委員会)より抜粋】

 

 

 

平成版TVシリーズです。正式には『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』となっております。一般的には『平成版』で通じますね。

 

このシリーズが一番、石ノ森テイストを残して、かつ、TVアニメ用デザインに昇華させた、と私は思っている。当時の原作ファンは歓喜しただろう。
地下帝国ヨミ編で綺麗に〆るしな。

 

何ですか薄気味悪い。貴女が素直に褒めるなんて。

 

貴様、私を普段どう思っているんだ。

 

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521160246j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521161414j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521160301j:plain

 引用元――009 RE:CYBORG(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/「009 RE:CYBORG」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

フル3Dで作られた劇場版――009 RE:CYBORGのデザインです。同じ平成の作品とはいえ、実に10年以上が経過しております。

 

コンセプトだけ残して、もう、ほぼ別物だな。
映像技術と演出は素晴らしいの一言に尽きるが。

 

挑戦作でしたからね。未完の超大作へのクエスチョンおよび可能性を投げかけている哲学的なストーリーでもありました。サブタイトルにもそれが顕れておりますし。

 

少女には見えんぞ。どう見ても女子大生かOLだ。

 

003だけではなく、他のキャラもかなり刷新されていますよ。

 

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521161439j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521161459j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521163907j:plain

引用元――サイボーグ009VSデビルマン(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

サイボーグ009 VS デビルマンの003です。

 

うむ。石ノ森テイストを生かしつつ、現代風にアレンジされているな。戦闘服なども格好良くリビルドされている。このデザインでのTVシリーズを見てみたいものだ。

 

単純に最近の作品で、技術力と作画力が向上しているという見方もできますね。003のキャラクターデザインの終着点と形容しても過言ではないでしょう。

 

しかし、何故か主役であるジョーのデザインだけが少し微妙だったな。

 

それには同意します。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521162516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521162617j:plain

 引用元――CYBORG009 CALL OF JUSTICE(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

これが現在の最新作『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の003となります。実はこの作品もフル3Dですね。戦闘服がメカニカルに変更されております。まさにコンバットスーツといった機能的デザインです。

 

ちょ、ちょっと待て!
現代風にアレンジどころか、003が萌えキャラ風になっているのだが……

 

最後は変移というよりも、変異したという事で!

 

綺麗にオチを付けたつもりか? 貴様。

 

ではまた、第2回となる次でお会いしましょう。

 

やれやれ。

 

 

 

  

【引用元――サイボーグ009VSデビルマン(原作:石ノ森章太郎、石森プロ/「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180521164112j:plain

 

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

RSSを購読するにほんブログ村 アニメブログへ