アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

MENU

【スーパーロボット】コン・バトラーVの新旧映像比較【昭和合体ロボ】

 

2300作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

さあ、本日で第23回目となりますね。DJの淡雪で御座います。
今回は往年のアニメファンならば必須事項ともいえる、スーパーロボット系について語りたいと思います。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。ついにというか、やっとか、が私の所感だな。
近年、ロボット系のアニメは売り上げ的に苦戦する結果が多いが、先達が築き上げてきたジャパニメーション・ロボットは世界に誇る日本の文化といえよう。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

ええ。特に合体ロボはアニメのロマンといえましょう。
そこで最初として昭和の合体ロボットの代表格ともいえる『超電磁ロボ コン・バトラーV』を扱います。

 

簡単に説明すると1976年から全54話で放映された、東映テレビ事業部が製作したオリジナルアニメだ。アニメーションの製作自体は、現・サンライズの前身である創映社に委託している。

 

この『コン・バトラーV』は次作である『超電磁マシーン ボルテスV』と同じく5機のマシンが合体して巨大ヒト型ロボットに変形します。設定では身長は57メートルで、体重は550トンですね。

 

ボルテスVか……。これも昭和合体ロボの代表格には違いないが、コン・バトラーVと比較すると、随分と(一般的な知名度に)差がついてしまった印象だ。

 

そうですね。タイムボカンシリーズにおける、ヤッターマンとオタスケマンくらいの差がついていますよね。ここまで差がついてしまった理由を考えると。

 

慢心、環境の違い……。

 

いえ、私が思うには。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731142033j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731142112j:plain

引用元――超電磁マシーン ボルテスV(東映、日本サンライズ/バンダイ(旧ポピー))より抜粋】

 

 

 

やめて差し上げろ、そこを指摘するのは。

 

逆にいえば、それだけコン・バトラーVのデザイン(特に顔)が優れているという証でもあります。

 

うむ。では、新旧映像比較と題しているので、まずはオリジナルのOP映像から確認してみようか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731142851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731142904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731142918j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731142931j:plain

引用元――超電磁ロボ コン・バトラーV(東映、日本サンライズ/バンダイ(旧ポピー))より抜粋】

 

 

 

このスタート部分の格好良さだけで、視聴者の心を鷲掴みですね。

 

ああ。本当にスーパーロボの格好良さが全て詰まっている感じだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143229j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143247j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143301j:plain

引用元――超電磁ロボ コン・バトラーV(東映、日本サンライズ/バンダイ(旧ポピー))より抜粋】

 

 

 

デザイン的な矛盾を抑えて動かすのに苦心しているな。ロボ系は金が掛かるというのも頷ける。

 

3DCGがある現代とは異なり、全て手描きのセル画ですからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143526j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143609j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143624j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143640j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143656j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143716j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143747j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143806j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143839j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143857j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731143915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144022j:plain

引用元――超電磁ロボ コン・バトラーV(東映、日本サンライズ/バンダイ(旧ポピー))より抜粋】

 

 

 

さあ、ここから合体シーンです!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144300j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144319j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144336j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144356j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144415j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144434j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144452j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144530j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731144547j:plain

引用元――超電磁ロボ コン・バトラーV(東映、日本サンライズ/バンダイ(旧ポピー))より抜粋】

 

 

 

作画の古さを除けば、まさに完璧なOPといえるだろう。

 

私も同感です。そして、残念ながらリメイク作品ではありませんが、それでも京楽産業さんの手によって2012年に、パチンコ『CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV』というカタチで近年の映像技術で新生されております。

 

キャラクターデザインはアニメーターの田村英樹が担当した。

 

出典はYouTubeの『KYORAKU CHANNEL』――要するに京楽産業さんの公式チャンネルです。『コン・バトラーVのテーマ2012ver』となります。それでは皆さま、リメイクされた新OPをご覧下さい。

 

オリジナルOPと構成が同じだぞ。是非、その進化を見比べて欲しい。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145218j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145319j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145341j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145400j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145420j:plain

引用元――CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV(東映/バンダイ、京楽産業)より抜粋】

 

 

 

この作画でのテレビシリーズを観てみたいと思うのは、贅沢な夢なのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145609j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145634j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145653j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145731j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145759j:plain

引用元――CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV(東映/バンダイ、京楽産業)より抜粋】

 

 

 

コン・バトラーの動き、素晴らしいです。

 

次のシーンはデザインが一新されたパイロット達だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731145928j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150125j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150144j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150202j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150221j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150239j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150257j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150315j:plain

引用元――CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV(東映/バンダイ、京楽産業)より抜粋】

 

 

 

あら、ヒロインの南原ちずるさんだけ画像が多いですね。

 

プロデューサー曰く、ファンサービスとの事だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150451j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150515j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150532j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150553j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150613j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150631j:plain

引用元――CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV(東映/バンダイ、京楽産業)より抜粋】

 

 

 

曲がフルで収録されているロングバージョンからの引用なので、この場面での《超電磁スピン》はありません。その点をご承知置き願います。

 

いよいよ合体シーンだぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150747j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150842j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150900j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150934j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731150916j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151012j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151032j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151048j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151109j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151130j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151225j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151243j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151304j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151406j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151435j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151509j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151528j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151546j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151605j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151621j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151654j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731151724j:plain

引用元――CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV(東映/バンダイ、京楽産業)より抜粋】

 

 

 

OP部分に当たる歌詞1番はここまでとなっております。

 

堪能した。やはりコン・バトラーVは格好良いと再認できたぞ。

 

まだです! まだですよ、締里さん。

 

なに。

 

ふふふ。次をご覧なさい。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731152908j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731152923j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731152940j:plain

 

 

 

何かと思ったら、玩具じゃないか。

 

実は映像技術のみならず、この玩具も進化が凄いのです。
2017年に発売されたDX超合金魂を紹介しましょう。見て、驚きなさい。
ちなみに出典はYouTubeの『バンダイ公式チャンネル』となります。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153125j:plain

 

 

 

な、なあ。値段が6千円ではなく、約6万円なのだが……

 

クォリティーを考えると、実にリーズナブルでしょう? 税抜きだと55,500円となっているのが 心憎いですね。
6万円以下という値段は安過ぎかもしれません。本来ならば8万円は下らない価値かと。これはバンダイさんの大判振る舞いといえるでしょう。

 

そ、そうなのか。

 

このDX超合金魂版で、合体シーンを完全再現可能となっております。よって、まずはアニメの合体シーンの復習といきましょう。――では、『レッツ! コンバイン!!』

 

ノリノリだな、お前。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153651j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153711j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153730j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153833j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153856j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153911j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153927j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731153940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154002j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154017j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154033j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154116j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154134j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154205j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154221j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154255j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154313j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154329j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154403j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154419j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154435j:plain

引用元――超電磁ロボ コン・バトラーV(東映、日本サンライズ/バンダイ(旧ポピー))より抜粋】

 

 

 

この合体シーンを覚えておいて下さいね、リスナーの皆さま。
これを踏まえ、DX超合金魂の『正当なる』遊び方を紹介して、今回の放送を締めくくりましょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154848j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154928j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731154948j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155009j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155033j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155103j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155118j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155139j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155214j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155235j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155253j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155310j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155330j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155349j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155407j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155425j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155444j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155457j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155514j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155533j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155619j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155634j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155648j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731155700j:plain

 

 

 

如何でしょうか? なんとたったの6万円の出費で、リスナーの皆さまにもコン・バトラーVの完全変形機構が手に入ります。
これを機会にお求めになり、『バンダイ公式チャンネル』を超える合体シーンを撮影してみる等の楽しみ方をお勧めします。

 

いや、その、大の大人が夜な夜な独りで『合体シーンごっこ』をしている様を想像すると、とてつもなく寂しくなるのだが。

 

さあ、皆さまもご一緒に――『レッツ! コンバイン!!』

 

じゃあ、次回の放送でな。

 

 

 

 

引用元――CRぱちんこ 超電磁ロボ コン・バトラーV(東映/バンダイ、京楽産業)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180731135750j:plain

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

RSSを購読する

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村