アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第56話)

第四章  宴の真相、神葬の剣 18 ―みみ架VS琉架⑤―

スポンサーリンク

 

 

         18

 みみ架の動きが変化する。
 真正面からのバカ正直だったステップインを、細かいサイドステップへと変更、いや向上させた。超速で琉架の死角へと回り込む。そして左フックの高さも上から下へと切り替えた。今まではヘッドハントのみだったが、ここにきて上下の打ち分け――ボディフックだ。
 めぇキャァン! 肝臓より上のわき腹に左拳がめり込む。
(まだよ。付いてきなさい、琉架)
 これまでと同じ単発の連続ではなく、繋ぎのあるコンビネーションとして二連打にいく。
 琉架のガードが落ちたところへ、顔面への左フック。
 ガードを顔面に引き戻す琉架であったが、甘くなったガードの隙間を縫って、みみ架の左が琉架を殴打した。
 それでも琉架は倒れない。それどころか、なお笑んでいる。
 心底から嬉しそうにだ。

「凄い。そして強い。神懸かった強さ。ううん、これは鬼懸かった強さだ。本当に鬼めいている。まさしく鬼神モードだよ」

 琉架は笑顔を拳で歪められながらも、みみ架の左フックに食らいつく。
 みみ架の動きに、琉架が追従し始めた。
「でも、私だって、私も、お姉ちゃんが鬼神なら……、私は、私は修羅になるッ!!」
 琉架の動きが加速した。限りなく姉に近づいていく超挙動である。
 ゾクリ、とした。
 みみ架は更に動きを上げていく。妹の気持ちに応えよう。速度とパワーの臨界を突破。
 姉妹は歓喜で口角を釣り上げ、両目を血走らせる。
 視線で妹に語りかけた。もっとわたし(姉)を本気にさせなさい――と。

 観客の認識が追いつかない。

 鳳凰流の業は関係ない。技術的に複雑な攻防が織りなされているのではなく、攻の左フックと防のブロッキングのみという、至極単純な構図であるのに――
 間合いは変わらないのに、目まぐるしく両者の立ち位置が入れ替わっていた。まるでフィギュアスケートのペア演技の様である。魔術戦闘のスーパー・ハイスピードをも凌駕する神速のポジショニング争いだ。
 魔術なしで実現している二人の速度は、掛け値なしに人外の領域だった。
 鬼神の姉を、修羅と化した妹が追いかける。
 琉架がみみ架を正面に捉えた。左フックのガードに成功する。
 次の瞬間、みみ架は琉架のサイドに回り込んで、左フックを強引に捻り込む。ガードを崩された琉架がバックステップする――が、みみ架は距離を潰して射程距離から逃さない。そして、この位置関係とタイミングは。
 確実にガードは間に合わない。つまり必倒だ。
(ここまでなの? ここまでなのかしら? わたしの妹)
 琉架が吠えた。
「ぉぉおねえぇぇえええちゃぁぁああああああんンンンっ!!」
 みみ架は大きく左拳をテイクバック。次いで両脇を引き絞り、背筋に力を込める。
 完全・完璧に決めにいく。全体重を込めたスウィング気味のロングフックを爆発させた。
 炸裂音が――しなかった。
 無音に近い奇妙な微少音のみ。

 化頸だ。琉架は初めてガード以外の対応に成功する。

 顔面への衝撃を無効(頸に変換)化して、ダメージをほぼゼロにしたのだ。乾坤一擲のチャンスだ。琉架は両手を伸ばし、みみ架の両肩を掴む。合気で投げにいく。
 がぁボぉぉおッ! 豪快に琉架の顎が引っこ抜かれる。
 ショートアッパーだ。
 左フックを化頸された直後、みみ架はすかさず左アッパーに繋げていたのである。横からの軌道に慣れ切っていた琉架には正真正銘、完全に見えていなかった。紙一重の差で琉架の合気よりも先だった。琉架が必死で得た一瞬のチャンスさえ、みみ架は容赦なく潰す。
 全身から力が抜ける琉架。目の焦点も飛んでいた。

 琉架が真下に、ゆっくりと沈んでいく……

 同時に、みみ架は再び血を吐いた。琉架が形容した『鬼神モード』発動にも流石に限界が近づいているのだ。刹那、視界が真っ黒になったが、持ち直した。
 沈み込みが、止まる。
 両足を広げて踏ん張り、独特のガニ股になった琉架は――寸頸の体勢になった。必死に重心を低く維持している。それだけではなく、《ダークネス・スモーク》から『闇のワイヤ』群が瞬時に張り巡らされて、琉架と地面を固定。
 とん。

 琉架の左拳が――みみ架の左拳が、相手の腹部に添えられた。

 みみ架も琉架を追って寸頸のフォームになり、頁製の疑似ワイヤで自身と屋上を一体化している。だが、喀血の影響で琉架よりも、ほんの一瞬だけワイヤ展開が遅れた。致命的なミスだ。
 オルタナティヴが息を飲む。
 里央の顔が絶望で歪む。
 琉架に対抗しようと、みみ架が疑似ワイヤを展開して自身を地面と固定化した事が、完全に裏目に出た。文字通りの自縄自縛になってしまっている。
 相打ちは間に合わない。
 先に撃たれるのは、琉架の《ワン・インチ・ショット》――

「受け取れ!! これが私の全てだッ!」

 魂の訴え。そして震脚と【ワード】が響き、琉架の【アプリケーション・ウィンドウ】に書き込まれた【コマンド】が実行される。
 琉架の渾身。気持ちの具現。みみ架はしかと目に焼き付ける。
 密着したゼロ距離から加速する一撃に、魔術と発頸が相乗・増幅された。
 ヴゥぅおヲヲん!

 ――琉架の寸頸が、みみ架をすり抜ける。

 鳴ったのは寸頸の共鳴音ではなく空気の乱気流だ。超速かつ急激にかき乱された局所空間内の空気が、超自然現象的に烈震する際に生じた重低音である。
 拳がすり抜けたのではない。
 正確には、残像を錯覚させるかの様な超瞬間的サイドステップの繰り返しで、身体半分だけ真横に移動していたのだ。大雑把に横へ飛び退いたのとは次元が違う。ノン・ストロークからの密着打撃すら避ける、非常識を超えている超非常識な挙動である。
 太股を覆っていたテーピングと包帯が、筋肉のパンプアップで千切れ外れていた。

 巣喰う鬼神が、みみ架の『扉』を開く。

 今度はみみ架の番だ。
 琉架の右サイドをとっている。
 改めて左拳を琉架のわき腹に当てた。そして震脚を――
 メキィ。完璧な先読みであった。琉架が右肘を振り落として、みみ架の左拳を破壊した。甲骨が折られている。右エルボーからの反動を利して、右縦拳が跳ね返る様に鋭く発射される。
 当たれば確実にKOに至る角度とタイミングだ。
「ぉぉお、ぁぁッ!」
 みみ架の雄叫びが、食いしばった歯の隙間から轟いた。
 ヴぅぉおヲんン。二度目の超自然的な重低音。真空状態に削られた空気が嘶いた。みみ架が消える。いや、消えたと錯覚させる超移動だ。ほぼタイムラグなしで、琉架の左サイドへと切り返している――みみ架の姿が。瞬間移動と分身の術の併用じみている現象だ。しかし実際には、種も仕掛けもない、純粋なステップワークの結果なのである。
 琉架は完全に振り切られた。もう認識すら付いていけない。感覚が置いていかれている。
 誰もが我が目を疑う、みみ架の動き。その速度。
 いや、真っ当に視認できる者が、一体どれだけいようか。
 みみ架の超機動に合わせて緩まっていた疑似ワイヤ群が、再び張力を取り戻す。
 決着はすぐそこに迫っている。
 姉妹が視線で、声を超えた言葉を叫び合った。

 ――お、お姉ちゃんン~~~~ッ!――
 ――琉架ぁああァーーーーーーっ!!――

 琉架はみみ架の左拳だけに集中した。姉は壊れた左拳だろうと、迷わず打ってくると分かっているから。
 バキン、と砕けた。
 砕けたのは左拳ではなく――右拳のギブスである。
(甘かったわね、琉架。どうやら限界。そして最後の一撃よ)
 琉架の目が驚愕で揺らぐ。
 みみ架はノーマークだった右を、無防備だった琉架の左脇に触れさせた。豪快な震脚と同時に、口から鮮血を飛ばしながら【ワード】を叫んだ。

「【魔導武術】――秘技・《ワン・インチ・キャノン》!」

 落雷のごとく轟く発頸の共鳴。
 死に物狂いで化頸した琉架であったが、効果は完全には間に合わず、夜空に飛ばされてしまう。けれど意識は繋いでいた。
 KOを逸した理由――邪魔なギブスを発頸で割った一瞬が、明暗を分けたのである。
 琉架は『闇のワイヤ』を蜘蛛の巣状に張り巡らせて、空中で静止して間合いを確保した。
 終わりのつもりだった一撃で、みみ架はKOできなかった。
 《ワン・インチ・キャノン》の代償は小さくない。
(限界……、限界)
 みみ架の両足は血塗れになっている。毛細血管が再び破裂したどころではない。筋肉組織が過負荷でズタズタになっているのだ。筋肉組織と骨格と関節への反動は、耐久値の限界を遙かに超えていた。それに折れている肋骨の影響もだ。
 動かない。みみ架は砕けた両拳をダラリと垂らしている。
 うつむき加減の為に、表情は伺えない。立ち往生しているのでは、と疑ってしまう過剰な消耗具合が、誰でも一見で見て取れる。
(やはり、ここが限界なのね)
 青色吐息で琉架が言う。
「か、勝った……。勝てる。お姉ちゃんは力を使い果たした。それにお姉ちゃんにはロングレンジ用の攻撃魔術がない。こ、このまま、このままダメージと体力の回復を待てば」
 オールレンジでオールマイティが基本のはずの戦闘系魔術師ソーサラーにあって、みみ架は近接格闘特化型といえる異端の魔術師だ。そんなみみ架の攻撃は、遠くの琉架には届かない。たとえ射程が長い頁製の武具を繰り出しても、琉架ならば魔術で防御可能である。みみ架は近接戦世界最強と呼ばれている反面、砲撃戦や遠距離戦は並み以下に過ぎない。その観点においては、魔術師としても一流以上の妹は、姉とは比較にならない次元で上だ。
「負けたくない。ううん勝ちたい。ここまできたら、どんな勝ち方だって。お姉ちゃんに勝てるのだったら、どうやっても……」
駄目か。本当に、これで限界みたい)
 オルタナティヴが苦渋の言葉を漏らした。
「確かに、あんな動き継続できるはずがない。超人化しているアタシだって、あんな無茶な動きをしたら動けなくなるに決まっている。いくら裡に鬼神を棲まわせていても、その身は人間なのだから。現実にはヒトの身に過ぎないのだから」
 みみ架が再始動した。
 体中の筋肉がズタズタだからどうした。そんな程度、関係ない。動かない身体に鞭を打つ。動け、動け。動け。左足を踏み込み、腰を回して、右拳を脇へと引き絞る。

(限界……と断定するわね、琉架。その程度とは、残念)

 みみ架専用の本型【AMP】が、特注ホルダーから飛び出して、主の前に停止・空中固定する。まるで意志を持っているかのようだ。
 本が開く。
 雪崩のごとく発生していく大量の頁が形成するのは、いつもの疑似ワイヤ群ではなく、蛇腹状に伸縮可能な一本のアコーディオン・ロードだ。
(琉架は限界でも、もちろんわたしは限界なんかじゃないわよ?)
 双眸が凶悪な光を帯びた。
 にぃィィ。みみ架は鬼神の笑みから言葉を紡ぐ。
「人間ならもう動けなくなる? だから云ったじゃないの……」
 究極まで『氣』を錬成し、全身を巡らせて、最後に右拳へと収束させる。

 ――今のわたしは――

 意図を悟った琉架が『闇のワイヤ』群を操って、アコーディオン・ロードの先端を絡み止めようとした。しかし《ワイズワード》は《ダークネス・スモーク》の防御を突破して、琉架に到達――コネクト。
 本が閉じて、主を待つ。みみ架からの一撃を。
今のわたしは!)

 ――ヒ ト じ ゃ な いッ!!――

 琉架は知らなかった。みみ架のルシア戦のデータを。そして、みみ架が戦闘系魔術師ソーサラーとして唯一まともに扱える攻撃用のロングレンジ砲が、一族にとっても唯一の奇跡だという事を。
 歴代の黒鳳凰の誰一人として成し得なかった、発頸の遠当て業。通常ならば空気抵抗により減衰して、みみ架単身では実現できない。けれど《ワイズワード》を使用して【魔導武術】としてならば体現可能な奥義中の奥義だ。
 頸を纏った右拳が煌めき、《ワイズワード》に打ち込まれた。
 これが【魔導武術】の最大奥義。其の名は、超技――

「――《百 歩 神 拳》ッンンッッ!!」

 ゴォゥォォオオオオオォォッッ!
 それは後に『神氣伝導』と形容され、畏怖される事となる例外的な魔術現象。
 魔術と武術のハイブリッドとハーモニー。その極みともいうべき、美しい虹色の輝き。波動と化した発頸の魔術的超伝導疾走(オーヴァードライヴ)が、《ワイズワード》の頁路を駆け昇って、激しく琉架を貫いた。
 防御魔術や化頸でどうにかできる一撃ではなかった。
「がハァ」
 喀血だけではなく、琉架は盛大に胃液を吐き出す。毛穴という毛穴から体液の飛沫がまき散らされる。股間からは小便を失禁だ。魔術的に強化された頸の衝撃が琉架の体内で増幅し、完膚なきまでにその身を破壊した。
 琉架を包み込む蜘蛛の巣状の《ダークネス・スモーク》が、発頸の衝撃を受けて、大きく後ろに撓んだ。その撓んだ形状を維持できずに、琉架の闇が散り散りに消えていく。魔術が強制停止してしまったのである。
 琉架が墜ちた。
 墜落して、床に四肢を投げ出したまま――大の字でダウンだ。
 俯せに倒れた妹を、みみ架は静かに見下ろしている……

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。