アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第44話)

第四章  宴の真相、神葬の剣 6 ―対峙―

スポンサーリンク

 

 

         6

 

 場所は東棟の最上階だ。
(黒壊闇好のマーカーが完全に止まった?)
 闇好を見張っている参加者からのメールだ。レギュレーションの裏をかいて、エレナは芳三郎にサブのスマートフォンを他の参戦者達に配布させていた。交渉によってこういったラインも戦略として作られている。エレナは慎重に移動しつつ、常に気を配っていたマーカーの固定化に違和感を覚えた。
 決勝圏内から滑り落ちた闇好の苦境は容易に想像できる。
 万策尽きた――に、近い状況なのだろう。
「これで里央さえ確保しておいてくれたらね」
 偵察に出していた芳三郎からの情報によると、里央は現在、芝祓ムサシと渚此花の手に落ちている。里央を取り戻せないのならば、わざわざリスクを払ってまで、こちらから闇好まで出向くメリットはない。気の毒だが、闇好はこのままタイムアップで予選敗退だ。
(リマッチは別にこのイベントでなくてもいいのだし)
 ご愁傷様、黒壊闇好さん。
 気持ちを切り替える。2位のランキングについては、里央を巡って羽賀地岳琉と芝祓ムサシが再戦する線が強い。双方がその気になっている。自分も芝祓ムサシから里央を取り戻したいが、優先権は岳琉にある状況だ。

『上位ランキングが入れ替わりましたっ♪』

 

 ここにきて上位の変動か。
 スマートフォンを確認すると――なんと芝祓ムサシが3位を撃破している。
 これで2位が岳琉、3位がムサシ、4位がエレナとなった。
 そして5位にはオルタナティヴが付けている。
 闇好だけではなく他の上位陣は消耗が激しいのか、全体的に活動が鈍っている様相だ。試合数の伸びが極端に鈍化している。
 すでに六割近くがリタイアしていた。
 仮に予選内で2位の岳琉と3位のムサシが潰し合って、敗者がリタイアとなれば、繰り上がりでエレナが3位、オルタナティヴが4位となる。
 残り時間も少なくなっていた。
 未だに不明となっている1位を除く決勝ステージ進出者は、岳琉、ムサシ、エレナ、オルタナティヴに絞られたといっても過言ではないだろう。
(残り時間から考えても、本格的に闇好は詰みかもね)
 しかし里央を確保していない闇好に用はない。このイベントは光葉一比古の秘密を暴くのが最重要目的なのだ。
 一度完勝した岳琉にも興味は薄かった。
 興味があるのは、《スキルキャスター》こと芝祓ムサシの方だ。
 そして……

 

「ここで貴女に遭遇とはね」

 

 聞き覚えのある声音。
 オルタナティヴであった。
 5位のオルタナティヴは自力で予選突破を決める為には、ここで4位のエレナを倒すのが最も手っ取り早い。
 エレナは言った。
「2位と3位が潰し合うのは、ほぼ既定路線になっているわ。2位の羽賀地さんが3位の芝祓ムサシを倒せば、里央もこちら側に取り戻したも同然よ。逆の結果ならば、私達二人で光葉と芝祓を決勝ステージで倒すという選択肢も採れるわ」
 この状況で自分とオルタナティヴが潰し合うメリットは皆無だ。
 損得勘定で考えるのならば、岳琉とムサシの試合結果を待った方が、合理的に動ける。

 

「いいえ。芝祓ムサシと渚此花は、このアタシの獲物よ」

 

 そして里央も取り返す、とオルタナティヴは宣言した。
 退くつもりのないオルタナティヴに、エレナは攻撃的に鼻を鳴らした。
「協調路線は端からなかったわね」
「元はといえば、貴女が里央を浚ってアタシを巻き込んだのよ。お陰で芝祓ムサシと渚此花との機会を得られたけれど」
「予選ではぶつからなかったわね」
「意図してよ。状況から彼が予選で敗退する可能性は極めて低いわ」
「へえ? 随分と《スキルキャスター》を評価しているのね」
「実力だけじゃなくて、明らかに彼は光葉の駒だわ。彼は利用されている。おそらく光葉は不正を使ってでも芝祓ムサシを決勝ステージに押し上げてくるはず。そしてアタシも貴女が引き込まなくとも、光葉に誘い込まれていたでしょう」
「そういう事……ね」
 エレナは考える。自分も一比古に誘い込まれた。だが、芝祓ムサシ云々についてはノータッチである。自分がMKランキングに参戦した契機は、アメリアのNYでランキング9位に売られた魔術戦闘を買ったからだ。
 つまり……
(光葉一比古の本命は、私よりもオルタナティヴ?)
 癪であるが、そう解釈する方が筋が通る。
 プライドが疼くではないか。いつだって自分は勝者で、スポットライトを独占する主役だったのだから。それが、これではまるで脇役みたいだ。

 

「アタシをMKランキングに引き入れた責任として、決勝ステージへのチケット、貴女に支払って貰うわ」

 

 ランキング4位を強奪する、とオルタナティヴは構えをとった。
 むろんエレナとて、素直に道を譲る気などない。主役のスポットライトもだ。一比古の思惑通りの展開かもしれないが、オルタナティヴの引き立て役など――絶対に御免だ。
 思えば、ブティックで踵落としをキャッチされてから、この魔術戦闘は運命だったのかもしれない。望むところだ。相手にとって不足はない。
 エレナは随員の芳三郎を下がらせた。それは戦いを受けるという意思表示だ。
 クスリ、と妖艶な笑みを溢すエレナ。
 ニィ、と頬を釣り上げるオルタナティヴ。

 

 ========================
|                        |
|  ラグナロク・予選バトル           |
|                        |
|   ランキング4位  堂桜 エレナ      |
|                        |
|          VS            |
|                        |
|   ランキング5位  オルタナティヴ     |
|                        |
 ========================

 

 予選バトルロイヤルも終盤、最終局面である。
 状況からして、この屈指の好カードを制した勝者が、そのまま決勝ステージに進出だ。
 決勝ステージ前のクライマックスともいえるバトルが開幕する――

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。