アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第39話)

第四章  宴の真相、神葬の剣 1 ―出陣―

スポンサーリンク

 

 

         1

 

 目の前で寝ている犠牲者二名。
 みみ架は深々と嘆息する。
 愛用の本型【AMP】――《ワイズワード》から新たなヒントを示された。それが黒鳳凰が贔屓にしている病院の極秘入院患者だ。
 今回の事件、この魔導書モドキは普段よりもサービスが充実している。
(堂桜くんが直に関わっていないからかしら?)
 問い詰められて、仕方なしにこの場を白状した弦斎は、病室の隅で大人しくしている。
 厳しい口調で祖父を断じた。
「言っておくけれど《ワイズワード》なしでも、ロイドについては絶対に有耶無耶にはしなかったからね、お祖父ちゃん」
「面目ない。いつの間にか随分とウエットになっていて、祖父ちゃん、安心じゃ」
「勘違いをしないで。ロイド本人はどうでもいいわ。敗北したロイドだって、自己責任だと思っているでしょうから」
 ロイド・クロフォードはつい最近まで裏社会の非合法【ソーサラー】だった。よって、その程度の覚悟は当然である。みみ架が心配しているのは、ロイド本人ではなく、彼を専属執事として裏社会から救い出した友人にして仲間――比良栄優季だ。
「比良栄さんへの報告を思えば、頭が痛いわ」
 優季は今、統護と共に中部地方で大事なミッションに関わっている。彼女を安心させる為にロイドを内弟子として預かっているのだ。
 それなのに、こんな……
 弦斎が確認してきた。
「それで、みみ架はどう出るのじゃ?」
「どう出るって?」
 祖父が自分の状態を案じているのは理解できる。
 確かに、負傷の影響でまだ十全に動けるコンディションではないのだ。
「婿殿を通じて堂桜上層部とのパイプもあるみみ架じゃ。賊と交戦したロイドの戦闘データを、堂桜が有しておるかもしれぬ。もしも入手可能ならば……」
 みみ架は首を横に振る。
「いいえ。ルシアに確認を取ったら、ルシアでさえ把握できなかったそうよ。ロイドが堂桜の軌道衛星のカメラを意識した結果なのか、賊の能力なのか」
「能力じゃと?」と、眉根を寄せる弦斎。
 みみ架は背中越しに、冷たい視線で祖父を睨む。
「ったく、本当に耄碌したわけ? ひょっとして気が付いていないの?」
「逆に訊きたいわい。お前は何に気が付いておるのじゃ」
 二度目の溜息をついてから、みみ架は言った。
 二人の重傷者の怪我の差異よ――と。
 父と会話した内容通りに事が進んでいると実感した。完全に踊らされている。
 そして思い返す。
 統護に云った、あの夜の約束を。
 だから、征かなければ――

 

         

 

 いよいよだ。
 このMKランキング事件のクライマックスとなるイベントが開催される。
 里央は闇好の横顔を見つめた。
 決然とした表情を。
 二人でビジネスホテルに潜伏してから、MKランキングから四名の挑戦者が闇好に挑んできた。しかし闇好はその全てを圧勝で退けていた。
 そして――主催者の光葉一比古から、待ちに待っていた招待状が届いたのだ。
 郵便ではなくスマートフォンへのメールで。
 それも単純な地図データが添付されたメールではない。案内用のマスコットキャラをインストールするアプリ形式である。案内場所を外部に漏洩したり、招待者以外の者が随員すると、強制的にスマートフォンの機能を破壊するウィルス・プログラムでもある。
 闇好は迷わず、その案内用のマスコットアプリをインストールした。
 里央にとってもお馴染みとなった戦闘時の衣裳――漆黒のゴシック・ロリータを着て、最後に黒い狐面を頭に乗せた。決意の表れなのか、ホテルをチェックアウトした。
 出発して約一時間が過ぎている。時刻はすでに夜中だ。
 妖精というよりは魔法少女風のマスコットが言う。
『此処から先は、徒歩か自転車、あるいはバイクでお願いね♪』
 闇好が狐面を下ろして顔を隠す。
 魔術による『闇のロープ』を創り出した闇好が確認した。
「この魔術製のロープづたいに建物間をショートカットするのはありかな?」
『いいですよ。許可します』
 闇好が里央を脇に抱えようとしたが、里央は闇好の背中に回った。同時に、里央の頭に乗っていた鷲のハナ子が意図を察して、上空へと離れた。
「ゴメン、闇好ちゃん。おんぶにして」
「恐がりさんだなぁ、里央ちんは」
 里央をおんぶした闇好が、愉しそうに言った。
「それじゃあ、とびきりアクロバティックに行こうかな」
「えぇええええええええええ!? どうして?」
 里央が抗議するが、闇好はサーカスさながらに前後左右に回転しながら夜空を舞った。
 ビルからビルへ。そして木々から木々へと――
 華麗な空中遊泳であったが、里央の悲鳴が台無しにした。
 ハナ子はすまし顔で二人の横を飛んでいた。

 


 地理としては八王子の外れだ。
 関東圏内とはいえ、山の中といっても過言ではないだろう。
 専用のヘリコプターが目的地に着地する。
 上空から眺めていたが、イベントへの参加者が続々と集まっていた。
 闇好と里央も確認できた。
 そしてオルタナティヴもだ。氷室雪羅を破ってランキング入りしているのは把握済みだ。
(誘いに乗ってくれて感謝するわ)
 此処をイベントの試合場に選んだ一比古に感心する。
 確かに、この会場と立地条件ならば……
 エレナが降り立つ。
 執事の芳三郎を従えてだ。許可は得ている。ただし芳三郎はイベントには不参加で、あくまで単なる随員に過ぎない。イベントが開幕すれば、一切の干渉を禁じられた観客となる。
「征くわよ、芳三郎」
「畏まりました、エレナ様」
 立ち塞がる邪魔者は全員倒すのみ。
 光葉一比古を排除して、里央を取り戻すのは――この堂桜エレナなのだ。

 


 イベントの開催会場に着いた。
 執事の篠塚が運転するオートバイのサイドカーから、オルタナティヴは出た。
「お前は待機していて」
「承知しました。それではご武運を、お嬢様」
「ええ。征ってくるわ」
 ポニーテールを微かに揺らし、オルタナティヴは進んでいく。

 

 ――眼前には、巨大なマンションがある。

 

 千戸を超える規模の分譲物件だ。
 その様はちょっとした集落といえる。いや、戸数を考えれば小さな町以上だ。
 コの字型に、長い箱形が三つ連なっている形状をしている。
 横一文字になっている部分が本館。その右端に連なっているのが東棟。反対側が西棟だ。
 一見すると一繋がりだが、実際には別れていて、ブリッジ状の通用口が連絡通路だ。
 本館が八百戸。東棟が四百戸。西棟が四百五十戸。
 地上三十五階建てとなっている。
 築年数八十年を超えており、近々取り壊される予定の廃墟だ。
 そう。此処は無人なのだ。
 取り壊しが終わり、更地になった後、この地は【堂桜建設】グループが主導となって、新しい分譲マンション地域として再生される。すでに販売予約は始まっていた。
 一比古はこの巨大な廃墟を一夜限りで都合したのである。堂桜が咬んでいる、これ程の巨大物件の管理を根回しするとは、やはり一比古は只者ではない。
 他の参加者は近くにいなかった。
 時間差で、それぞれ指定された別の箇所から侵入しているのだ。
 試合前に余計なニアミスをしない様に、という一比古の計らいである。
(さて……と)
 優先順位の再確認だ。最優先はみみ架からの依頼――つまり芝祓ムサシと渚此花の排除。
 排除はイコール、最低でも再起不能を意味する。
 次は浚われている里央の奪回。ただし里央の安全と帰還が保証された暁には、別に自分が取り戻す必要性はないだろう。
 そして……

 

 6位であるオルタナティヴには、第六玄関からの入館になっていた。

 

 どうやら一桁ランカーの特権、というわけか。
 招待されているMKランキング参戦者には、ノーランクも含まれているとの事だが、ランキング外の招待者は非常口や窓からの入館を指示されている。
「光葉一比古。お前がアタシの障害になるのならば、倒すだけよ」
 オルタナティヴは玄関の扉を開けた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。