アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第11話)

第一章  何でも屋の少女、再び 10 ―勝敗―

スポンサーリンク

 

 

         10

 

(ライトクロスを信じろ……か)
 それが右拳の先に、みみ架の顎があったかどうかの答えだった。
 オルタナティヴは複雑な眼差しで、里央に支えられているみみ架の背中をリング上から見送った。自分は事故的に失神KOを食らったが、こちらは相手をボロボロにしてしまった。道場内にある医療センターでは手に余る重傷だ。みみ架はこのまま病院に直行となる。心配なのは右拳だ。腫れが引いた後にレントゲン撮影して、それから緊急手術だろう。大事に至らない事を祈るだけだ。
 強烈な目眩がした。
 脳へのダメージが抜けきっていない状態だ。気を抜けば、そのまま倒れ込みそうである。
 しかし、それは表に出さない。
 無理にでも平然と振る舞う――のが、失神を晒した後の最低限のプライドであった。
 リングに上がってきた弦斎が、オルタナティヴに声を掛ける。
「あまり気に病むでない。怪我も大した事ないじゃろうて。孫の身体は普通じゃないからの。産まれた時から、そう造り上げておる」
「互いにやり過ぎだったわ。反省している。でも……、収穫の多いスパーだった」
 ありがとう、とオルタナティヴは礼を述べる。
 いい経験になった。これで自分は更に強くなれると思う。今は純粋に感謝しかない。
 弦斎がオルタナティヴを促した。
「ささ。身体が冷えないうちに熱いシャワーを浴びてきなさい。一応、水着を着たままでなら男女共同で使用できるシャワー室があるが、なんなら付き添おうか? マッサージもしてやるぞい。実は針灸とマッサージと整体は免許をもっておるのじゃよ」
「その前に、一つだけ確認してもいいかしら?」
「ん? 何じゃ?」
「本当は何秒くらい失神していたのか、教えてくれない?」
 とぼけた顔で、弦斎が答える。
「みみ架が言った通りに、ほんの一瞬じゃ」
 嘘だな、とオルタナティヴは直感した。
「教えてくれたのならば、水着なしで一緒にシャワーを浴びてあげるわ。それからマッサージもお願いしようかしら。特に胸とお尻を重点的に、ね」
 とどめのアピールとして、スパーリング用衣装の胸元を引っ張り、大胆にはだけて見せた。
 乳首が見えるか見えないかのギリギリまで胸を晒す。
 鼻息を荒くした弦斎の視線が、オルタナティヴの豊かな胸に釘付けになった。鼻の下が伸びまくっている。目尻を下げた弦斎が正直に答えた。
「みみ架には内緒じゃよ? 本当はのぅ、たっぷり二十秒くらい失神しとったわい」
(二十秒……か)
 やはりお人好しで優しい子だ、とオルタナティヴは再認した。
 ご丁寧な事に、二十秒間もいつ失神から回復するかも定かではない自分を、ずっと同じポーズを維持して待ち続けていたのだから。
 これで――満足だ。少しの悔いもない、最高のスパーリングだった。
 はだけた胸元を戻して、オルタナティヴは踵を返した。
 一刻も早くシャワー室に入り、そのまま座り込んでしまいたい。視界がグラグラと揺れて、頭が重い。休んで体力が戻ったら、医療センターで脳の精密検査を受けなければ。
 一緒にリングを降りようと付いてきた弦斎を、一睨みで足止めする。
「教えてくれてありがとう。アタシの冗談を真に受けたふりまでしてくれてね。もしも委員長に教えたのがバレたとしても、ちゃんと冗談で釣り上げたと説明してあげるから」
「え? 冗談?」
 目を丸くして、キョトンとなる弦斎。
 そんな弦斎をクールな視線で射貫くと、オルタナティヴはダメ押しした。
「そのリアクションに笑ってあげられなくてご免なさいね。やはりアタシとお爺さんでは冗談の波長が合わないみたいだわ。それじゃ、女性用シャワー室を借りるから」
 むろん弦斎が本気に取っていたのは百も承知だった。
 あんまりじゃ~~!! スケベ老人の号泣を背中に、オルタナティヴはリングを降りた。
 最後に、セコンドをしてくれたロイドに目礼する。
 ロイドは目線で返礼すると、老人の純情を弄ばれた、と泣きじゃくる師に頭を抱えてしまう。
 充実感に、オルタナティヴは右拳を握りしめる。
(もっと、もっと強くなれる)
 セイレーンに約束した『生涯不敗』を守り通す為には、もっと強くならなければ――

 

スポンサーリンク

 

 

         

 

 里央に肩を貸してもらっていても、みみ架は足を引きずりながらでしか歩けない。
 すでに救急車は呼んでいる。
 救急隊の現着前に道場の玄関まで行きたい。ストレッチャーで運ばれるのは嫌である。
 こちらが先に本気になったとはいえ、スパーリングにも関わらず、完膚なきまでに痛めつけられてしまった。オルタナティヴの方が遙かに甚大なダメージを受けているはずなのに、超人的な肉体ゆえに平然と振る舞われてしまっているのが、少しばかり悔しい。
 オルタナティヴも強がっているだけで限界を超えている――と理解はしているのだが。
(ものの見事にダウンを食らったわね)
 強烈な一発を浴びたが、脳のダメージは心配いらないだろう。もう頭はスッキリしていた。脳へのダメージ蓄積は、細かいパンチを不完全な形で長時間もらい続ける方が危険といわれている。ヘッドギアも主目的はダメージ軽減ではなくパンチカットの予防だ。逆にヘッドギアを装着していると、ノーヘッドギアより脳にダメージが蓄積するという説さえあるのだ。
「大丈夫? ミミ」
「全然、大丈夫じゃないわよ。けど、回復はするでしょう。……たぶん」
「た、多分って」
 みみ架はすでにグローブを外して、バンデージを切り取っているが、骨折している右拳は腫れ上がっていた。拳にテニスボールが入っている様な膨れ具合だ。氷やコールドスプレーは使えない。それは腫れが引いて、炎症を抑える段階になるまで厳禁である。
 折れている肋骨は呼吸に支障をきたす程に痛いが、反対に右手の感覚は消失していた。
 青ざめる里央に、みみ架は明るく笑いかける。
「これでも運はいい方だから。だからこの拳は完全には砕けきっていないと信じている」
「KOで勝ったとはいっても、これじゃ……」
 みみ架は里央の言葉を訂正した。
「いいえ、逆よ。あえて勝ち負けを決めるというのなら、負けたのは――わたしになるわね」
「なんで? だって最後には完璧に失神KOしたよね?」
 首を横に振り、みみ架は真実を説明する。
 本当は肋骨の骨折に関係なく、最後の左フックを寸止めできたのだ。
 けれど、できなかった。
 オルタナティヴのライトクロスを前にして、我を忘れてKOしにいってしまった――
 あの右にしても、完璧に軌道上からヘッドスリップしていたのに。
 それだけのライトクロスだったのだ。
 倒してしまった後、みみ架は愕然となった。十秒以上、呆然自失に陥ってしまった程だ。
(本当に――無様な結末だった)
「……ま、それを素直に教えない程には、わたしもお人好しじゃなかったって事よ」
 みみ架は苦笑して誤魔化した。
 少しどころか、嫉妬するくらい悔しかったから――である。
「そっかぁ。でも強かったのはミミの方だよね?」
 その言葉には、事実として頷くしかない。
「ええ。現時点ではという但し書きが付くけれどね。百回戦えば九十九回勝てるだけの実力差があるでしょう。殺して構わないのならば、所要時間は三分以内ね」
「勝率九十九パーセントって、でも、一回は負けるんだ」
 お世辞や謙遜などしないという、みみ架の性格を知っている里央は首を傾げる。
 みみ架は言葉を続けた。
「けれど勝負は一度きり――が現実よ。試合でのリマッチは別にしてだけどね。仮にわたしと彼女が真剣勝負をやったとすれば、きっとわたしは百に一度の敗北を味わうと思う」
 それは予感ではなく確信めいていた。
 オルタナティヴはセイレーンとの約束――あの戦いからの『生涯不敗』を貫くだろうと。
 彼女の唯一の敗戦は、統護に喫したKO負けだけだ。その敗北にしても、オルタナティヴが意図して誘導した、ある意味では彼女の勝利と定義できる結末だった。
(ああ、そうね。そう考えれば堂桜くんのKO勝ちと一緒で、このスパーリングも徹頭徹尾、彼女が希望して演出した展開に沿った結果――彼女の完勝に違いないわ)
 里央が質問を変えてきた。
「じゃあさ、ミミの彼氏とあの人だったら、真剣勝負でどっちが勝つかな?」
「惚れている欲目としては堂桜くん、と答えたいけれど……」
 みみ架は遠い眼差しになる。
 統護の初戦で相見えた時の二人と、今の二人は最早別人同士といっていいだろう。

 

 真の最強を目指す少年。
 生涯不敗を誓った少女。

 

 似て非なる二人の在り方。そして根源は同一。
 この両者がそれぞれの高みに到達した後に、もしも戦ったとしたら……
「そんなのわたしに分かる筈ないわ。たとえ〔神〕にだって分かりはしないでしょう」
 みみ架は正直に言って、肩を竦めた。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 

 スパーリングから二日後。
 頭痛と目眩、そして軽い吐き気に悩まされたオルタナティヴであったが、それも回復した。
 精密検査の結果も異常なしであった。ダメージは抜けたと判断した。
 よって、今日から行動――すなわち仕事を開始する。
 その前に、みみ架が入院している総合病院に赴いていた。
 関東圏でも屈指の大病院だ。堂桜系列の医療法人が経営している病院の一つである。
 みみ架の右拳の手術は無事に終了した、と弦斎から聞かされていた。
 本来ならば一ヶ月は入院しなければならない状態であるが、みみ架は自宅療養と検査通院を主張して、無理矢理に本日退院してしまうというから、見舞うのならば今日しかない。
 病院の正面玄関に入ろうとすると……

 

「ど、どうして」

 

 そんな声を漏らし、オルタナティヴは紅い目を見開いた。
 彼がまさかこの場にいるなんて。
 明らかに彼女を待ち伏せていたのは――想像もしていなかった男であった。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。