アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第2部(第21話)

 

第三章  終わりへのカウントダウン 3 ―疑念―

スポンサーリンク

 

 

         3

 優樹は午前中、ずっと父親へメールを送信し続けた。
 内容は【ネオジャパン=エルメ・サイア】と名乗ったテロリストが使用した【パワードスーツ】と【結界】を破った小型爆弾についての問い合わせだ。
 しかし返信はたったの一通。

[ お前には関係ない話だ。我が社の関与などありえない。自分の任務に専念しろ ]

 これだけであった。
 励ましも、労いも、心配も――一切の情が感じられない文面である。
 予想はしていたが落胆がゼロ、というわけでもない。
 インターネットだけでなく、この【セントイビリアル学園】内も例の《結界破りの爆弾》で話題が持ちきりになっていた。
 すっかり転校生である自分は関心を持っていかれた格好だが、今はありがたい。
(きっと父さんはあの女――ケイネスに騙されている)
 優樹の右手を《デヴァイスクラッシャー》にした怪しげな女科学者。
 場合によっては、右手の秘密を統護に打ち明けて、ケイネスに敵対するという選択肢も視野にいれなければならない。【HEH】がテロに与するような事があってはならない。
 弟の未来の為にも。
 だが《結界破りの爆弾》の爆発の様子は、実験段階から何度も繰り返し見た自分の《デヴァイスクラッシャー》のそれと、特徴が酷似している。偶然であるはずがない。
 昼休みになり、優樹は屋上へと向かった。むろん無許可での侵入だ。
 統護は勿論のこと、今度は他の誰にも気が付かれていない。
 屋上にはロイドが待っていた。ドアは彼が解錠した。
「どうだ? ケイネスの居場所は判明した?」
「ミランダと連絡が取れましたが、どうやら関東地区に出張という形で出向いている模様です。しばらくはこちらに滞在する予定だとか」
「詳細な予定や滞在場所は?」
 ロイドは首を横に振った。
「執事仲間とはいえ、主に対しての守秘義務は絶対です。逆にいえばミランダがDr.ケイネスの関東遠征を教えてくれたという事は、それがDr.ケイネスにとって不利益とはならないからに過ぎません」
 その返答に、優樹はニヤリとなる。
「そっか。つまりは場合によってはボクから直接会いに行けるように――って解釈も成り立つってわけか」
 ロイドが首を縦に振った。
 優樹は決意する。
「……じゃあさ。ミランダさんにアポイントの打診、してみてよ」
 理由付けは右手の調子が悪いからでいいからさ、と優樹は付け加えた。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 午前中ずっと、優樹の様子がおかしかった。
 統護は気が付いていたが、今はそっとしておこうと決めていた。
 おそらく例の《結界破りの爆弾》――マスコミ命名――が原因だろう。
 今朝の速報ニュースを見てから、優樹の様子が劇的に変化していたのだから、原因は瞭然といっていい。
 みみ架からの定時報告が入った。
 今のところ締里は問題なく寝入っているという。みみ架に《結界破りの爆弾》について話題を振ると、『爆弾と見せかけたトリックだと推理している』という返信がきた。
 当時に『比良栄さんの右手のカラクリと、実は表裏一体のタネかもしれない』とも。
 統護は教えてくれと意気込んで催促した――が。

[ 自分で考えなさい ]

 冷淡に突っぱねられてしまい、統護は苦笑いするしかなかった。
「どうしたの? 統護。変な顔してるよ」
 そんな統護に、教室に戻ってきた優樹が話し掛けてきた。まだ午後の授業開始まで五分ほどの余裕がある。
「いや、なんでもないよ。それよりも……」
「なに?」
「今日の放課後、ちょいと俺に付き合ってくれないか?」
 その台詞に優樹は頬を染める。
「え? どういう事?」
「とっておきのデートスポットを教えてやるよ」
「~~っ! ッ!!」
 目を白黒させた優樹に、統護は意味ありげにウィンクしてみせた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。