アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

MENU

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第1部(第34話)

第三章  それぞれの選択 11 ―号泣―

 

         11

 庭の片隅で月を見上げている。
 統護の帰りを待っているアリーシアだが、どうにも落ち着かない。
 独りになりたい、と小さい子供達の相手と世話を締里に押しつけてしまった。
 兄と会って話し合う覚悟は決めた。
 そこから先は……
(私はどうすればいいんだろう?)
 考えがまとまらない。
 実の父――国王ファン・ファリアストロⅧ世に逢いたいかと問われると、本音をいえば返答に迷う。いや、困る。現実感がないのだ。そして怖さもある。
 色々と聞き及んだ。アリーシア自身も調べた。父が亡き母を愛していた事だけは確かなので、わだかまりはない。それどころか感謝すらしている。
 孤児院という大切な家族と、平和な一般人としての生活を与えてくれて。
 そして、その意味をずっと考えていた。考えは、もう少しでまとまるところだ。
 その先に、きっと――決意がある。
「迷惑かな……」
 アリーシアは里親と養子縁組して巣立っていったルームメイトに電話した。
 彼女が【光の里】を去ってから、初めての連絡だ。
 スマートフォンに表示されているのは[ 島崎和葉 ]だが、今は吉佐という名字だ。
 遠慮していた。新生活を送る和葉に。
 けれど今、無性に親友で家族である彼女の声が聞きたかった。
「もしもし? 和葉?」
『久しぶり、アリーシア。元気? なワケないか
「え」
 沈黙が流れる。
『今の状況で私に電話って事は迷っているんでしょ? アリーシア・ファン・姫皇路』
 絶句するアリーシア。
 そして、結論に思い至る。半泣きの声で確認した。
「か、和葉は、私の護衛だったんだ」
『うん。同い年で日系だったから。極秘で訓練を受けながらね』
 十一年前に出逢った時から、ずっと……
 それも時間を見つけて訓練しながらである。
 和葉は全ての時間を、ほぼアリーシアの為に使ってきた。
『御免ね。本当なら離脱したくなかったけど、まだ再訓練までいっていない』
 和葉の本籍はファン王国で、本名はリーファ・エクゼルド。両親がファン王国王家専属特務隊に所属している戦闘系魔術師ソーサラーで、その関係でリーファが抜擢されたのだ。
「じゃあ養子縁組って」
『偽装だよ。実際は反王政派が動き出して、まあ、そういうコト。悔しいけど相打ちには持ち込めた。日常生活は問題ないけど、とても戦闘系魔術師ソーサラーとしてアンタを護れない。だから本国に戻っている。アンタの傍にいられなくて、本音いえば悔しいよ』
 入れ替わりで締里が派遣された、という経緯だった。
 アリーシアは愕然となる。自分が知らないところで和葉が自分を護る為に戦い、そして深いダメージを負っていた。何も知らなかった。ここまで護られていただなんて。
「わ、私……」
 通話先から鋭い怒声が届く。
『泣くな、アリーシア!!』
「だ、だって」
 自分の所為で、和葉はずっと親元を離れて任務に就いていたのだ。
 平和だと思っていた生活は、和葉の犠牲を元に成り立っていた。
『私は何ら後悔していないから。もう護衛を解任されたから【光の里】での生活には戻れないけれど、それでも、それでもアンタやみんなは今でも私の家族なんだよ。家族として過ごした時間に偽りなんて一切ない』
「か、家族」
『私は私として、これからも前を向いて戦う。アンタはどうする?』
 肩が震える。声が詰まりそうで言葉にならない。
 だからアリーシアは振り絞った。
「い、今だけ」
『うん?』
「思い切り、泣いたら、あ、後は、私らしく」
『許す。存分に泣け』

 ぅうわぁぁあああああああああああッ~~~~~~!!

 夜空を向いて、絶叫する様に号泣した。
 耳元に当てたままのスマートフォンから優しい声が聞こえる。
『信じているよ、アリーシア姫』
 私の大切な家族にして誇らしいお姫様、と。

         …

 最後の子が遊び疲れて、ようやく寝入ってくれた。
 個室に運び終わった締里は吐息する。終わったという安堵ではない。
(こんな世界もあるんだな)
 知識としては有していても、いざ体験するとイメージとは大差があった。
 孤児院の外からでは決して味わえない。
 姫君が淡雪ではなく自分に声を掛けたのは、単なる成り行きだろう。
「でも、意味があった」
 アリーシアに感情的になる理由が理解できたから。
「何の事はない」
 ただの――嫉妬。
 家族がいる姫君が羨ましかった、きっと、ただそれだけ。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。