アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第07話)

第一章  パートナー選び 6 ―闇討ち―

スポンサーリンク

 

 

         6

 史基が統護の肩を軽く叩く。
 ちょっと気まずそうだ。
「さて。俺はちょっと急用を思い出したから、今日は早退するとするわ」
「早退!? どうしたんだよ」
「正式なエントリーは明日でもいいだろ。それまで、そっちの問題を片付けておけよ。決して俺を悪者にするなよ。なにより要らないことをペラペラ喋るんじゃねえぞ。忠告したぜ」
 その台詞の意味を、統護は掴みかねた。
 体調不良には見えない上に、急用というわけでもなさそうだ。
 史基は淡雪に目礼すると、逃げるように小走りで去ってしまった。
 淡雪は統護の前まで歩いてきた。微笑みを添えて言う。
「どうやら、証野さんに気を遣わせてしまった様子ですね」
「みたいだな」
 軽く拗ねた表情になった淡雪は、統護の袖を握る。
「お兄様。今まで証野さんと一緒だったんですか」
「ああ。ちょっと話があったんだよ。それよりも、どうしてお前が此処にいるんだ?」
「対抗戦にエントリーしたいと思い立ちまして」
 初耳だ。統護は疑問を口にする。
「体育祭は中高共同開催だけど、対抗戦は高等部のイベントだろ。お前、出られるのかよ」
「私も専用【DVIS】を正式に所持している身です。学園側に掛け合いました」
「なるほど。確かに普段の訓練とは違って、いい機会かもな」
 以前よりも淡雪は明るくなった。MMフェスタでのオルタナティヴとの一件だ。まるで憑き物が落ちたかの様である。統護としても、兄妹の確執が姉妹としての和解になり、安堵した。
 統護も淡雪に対して、以前よりもナチュラルに接せられる。
 婚約者、幼馴染みの恋人、運命の相手、メイドさん、気になる後輩、と妹以外にも様々なタイプの女性がてんこ盛りな状況になり、もはや妹程度では動じていられない。
 小さく息を吸ってから、淡雪が訊いてきた。
「お兄様も対抗戦に出場なされる、と琴宮先生から聞きました」
「ああ。最初は留年を楯にだったが、今では自発的に頑張ろうと思っている。魔術を使えない俺が首を突っ込んでいいのかって気もするが、これも貴重な経験になるだろう」
 史基との青春だけが目的ではない。
 実戦とは異なる試合とはいえ、普段の戦闘訓練とはひと味以上違った糧となるだろう。
 統護は強くなると決意しているのだ。
「ふふふ。普段よりも頼もしいです。お兄様もやる気ですね。それで……、パートナーはひょっとして優季さん、などとお考えになっているのでしょうか?」
「へ? 優季と組むって?」
「え、ええ……。まあ、仮にも恋人同士ということになっていますし」
 淡雪の声は震えていた。窺うような眼差しも、心なしか怯えの色が見える。
 統護はあっけらかんと否定した。
「いや。学校のイベントに恋人とペアで参加って、小っ恥ずかしいにも程があるだろ」
「そうですか!!」
 顔を綻ばせた淡雪が、胸の前で両手を合わせた。
 安堵と嬉しさが半々といった妹に、統護は得意げに語り始める。
「こういったイベント――特にタッグ戦のような内容だと、パートナーは親友と相場が決まっているんだぜ。友情パワーでライバルとしのぎを削るのが、燃えるしカッコいいんだ。というわけで、俺は史基と組む事になった。そう……。いうなれば親友タッグでの参戦だな」
 親友タッグか。実によい響きだ。
 淡雪が凍りついた。
「ん。なんだ、ひょっとして俺を気遣って探していたのかよ。元『ぼっち』だった俺が、強制参加させられて、組む相手がいないんじゃないかって心配して……」
 もしも兄妹でペアを組んで出場した日には、『あの二人、友達いないんだろうぜ』と周囲に冷やかされまくりだろう。その恥辱を承知の上で、淡雪はこの場に赴いたのだ。
 言葉の出ない淡雪を、統護は優しく抱きしめる。
「大丈夫だ。俺は大丈夫なんだよ、淡雪。ありがとうな、こんな俺を心配してくれて――」
 統護は幸せ絶頂であった。
 親友だけではなく、こんなに兄想いの可愛い妹がいて、なんて恵まれているのだろうか。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 統護は教室の前まできた。
 あれから淡雪は帰った。中等部にではなく、そのまま本家の屋敷に帰宅するとの事だった。
 教室の前で、優季に出くわした。
 統護を見た優季は、目を丸くする。
「そ、その左頬はいったいどうしたの!?」
「これか? なんか分からないが、淡雪にビンタ喰らった。手加減なしだった」
 抱擁で感謝の意を示したつもりだったが、なぜか淡雪の逆鱗に触れてしまった。兄妹のスキンシップとして間違いだったようだ。兄妹という立場だが、血縁はない上に、妹という存在を理解できない統護には、色々と難しい問題でもある。
「そ、そうなんだ。淡雪に……」
 そう呟いて、頬を赤らめる優季。
「アイツには後で謝っておく。とにかく教室に入ろうぜ」
 優季を促すが、彼女は統護に向き合った。
「ね、ねえ、統護。あのさ、統護はボクにお願いとかして欲しいことない?」
 いきなりの質問に、統護は面食らう。
「特に思い浮かばないが……。そうだな。強いていえば、この前と同じくバニーガールの格好で耳かきをして欲しいな」
 太もも枕と撫で回した尻の感触は最高であった。すまし顔のロイドが傍に控えていなければ、辛抱たまらなかったであろう。体勢的に、上手く胸を触れなかったのが残念だった。
 優季が地団駄を踏んだ。
「そうじゃない!! 耳かきはまたしてあげるけど、今のはそういう意味じゃないんだよ!」
「じゃあ、まさか手料理のリトライとか? あれから少しはマシな味になったのかよ」
 統護は顔をしかめた。
 是非ともいうから食べてみたが、酷い味であった。まさか淡雪よりも料理が下手だとは。
「料理は練習中だよ! あれは悪かったって反省しているよ!!」
 統護は首を捻る。早く教室に入りたい。急がないと先生が来てしまう。
 逆ギレ気味に優季が訴えてきた。
「もうッ!! ちゃんとボクの気持ちを理解してよっ。察してよ、統護っ!」
「ンな無茶振りをふっかけられても……」
 エスパーじゃないから無理である。
 優季は統護を見つめて、一歩、距離を詰めた。

「――統護はちゃんとボクの事が好き?」

「ッ!?」
 いきなり何を言い出すんだコイツ。統護は身心ともに一歩引いた。ムードのあるシチュエーションではなく、午後の授業が始まる寸前の廊下である。しかも壁の向こうには、クラスメートが勢揃いだ。統護は困惑気味に言う。
「会話の流れがサッパリ意味不明だが、俺ってお前に愛情を疑われる事を何かした?」
 身に覚えはない。
 気持ちを確かめる為や、気持ちを伝える為ならば理解できるが、すでに互いの気持ちを確認し合っている。今、それも学校の廊下で、改めて好きと伝える必要性が分からない。
「だから! 女の子はね、分かっていても相手の愛情を常に確認していたいんだよっ」
「え。具体的には?」
 頬を染めて上目使いになり、優季は両膝を摺り合わせた。
「え、と。例えば……。両想いにあぐらを掻いて怠けないで、定期的に『好き』って言葉にしてくれるとか。そういうの大事なんだ」
「マジで!? それってお前限定の話じゃなくて一般論なのか?」
 驚愕の事実であった。
「そうだよ。釣った魚に餌はやらない――っていうのは絶対に駄目なんだからね。いつだって好きな相手にはドキドキしていたいんだ」
(ドキドキか。俺は違った意味でドキドキしているが……)
 正直いって薄気味悪い。なにがどうなっているのやら。
 それに優季の主張は、統護には今ひとつ信じられない。アリーシアに対して「好きだ」「愛している」と言う度に、彼女の機嫌が悪くなる一方だった――記憶(悪夢)が脳裏に蘇る。
「でもアリーシアには逆効果だったぞ」
「それは言い方に問題があったの! もちろん例外もいるだろうけれど、ほとんどの女の子はそういう生き物なんだ。繊細で臆病な生き物なんだよ。男の子はそれを理解しなくちゃ」
 面倒くさい生き物だな、と思ったが口にするのは寸前で堪えた。
 思い返せば……淡雪の態度もおかしかったが、今の優季もかなり挙動不審な感じがする。
 とにかく無難に調子を合わせようと、統護は判断した。
「よし分かった。毎日は精神的にキツイから、毎週日曜の朝八時にスマートフォンにラブコールを送ってやるよ。ちなみに返事は要らない。ぶっちゃけ男にはそういうの重荷だから」
 好きだ・大好きだ・愛している・超愛してる・大切だ――の五パターンほど録音して、ランダムで予約送信すれば問題ないだろう。
「露骨に手を抜こうとしないでよっ! そんなのだったら要らないよ!!」
 見透かされたみたいだ。エスパーか、お前は。
 優季は諦めたように深々と嘆息した。
「ったく、もういいよ。単刀直入にいうから。つまり――対抗戦だよ」
 統護は胸を撫で下ろす。話題が変わってくれた。
 対抗戦という事で、統護はついニヤニヤしながら報告する。
「その件だったら、俺は史基と親友タッグを結成して殴り込みをかけるぜ。お前は誰と組むんだよ? 引く手数多だろうが、我が儘いえば男子とは組んで欲しくないかな。いや、俺はお前を信じているから無粋か。男女関わらずにベストと思える相手と組んでくれ」
「え。イマナンテ?」
「だから俺は史基との親友タッグで対抗戦に挑む。で、お前は?」
 優季は半泣きで声を張り上げた。
「と、と、統護はボクを好きで愛しているんだよね!?」
「おい! どうしてそっちに話題が戻る!?」
「だ、だだだだ、だってっ」
 流石に優季の精神状態が心配になってきた。
「お前、疲れているのか? ストレス溜まっているんじゃないか? いいか要約するぞ。俺はお前を愛している。理解したか? で、俺は史基と組んで対抗戦に出る。理解したか?」
「……」
「……」
「……理解、したよ」
 暗く低い声で呟く。俯いた優季は、ワナワナと両肩を震わせ始める。
 統護は爽やかな笑顔で、右手を差し出した。
「理解できたのならいい。よし、握手だ。お前が誰と組もうが、俺と史基は負けないぜ。俺達は親友パワーで優勝を目指す。お互いに健闘を誓い合おう。いやぁ、楽しみだぜっ♪」
 差し出された右手を、優季は一瞥もくれない。
 両肩の震えが大きくなっていく。いや、震えは全身に及んでいた。
「と、統護の……」
「ん? 俺? 俺がどうした?」

「――統護のバカァッ!!」

 左の平手が、統護の右頬に炸裂した。
 がしゃぁぁああんっ!!
 優季の渾身の一発をもらった統護は、真横に吹っ飛ばされて、窓に上半身を突っ込んだ。防弾処理されていない窓ガラスは、派手に割れ散ってしまう。
「アホっ、間抜け、あんぽんたん、おたんこなす、豆腐の角に頭ぶつけて死んじゃえっ!」
 ガラスの破砕音と涙声の罵倒に、廊下沿いにある教室のドアが全て開き、生徒達が何事かと一斉に頭を出して様子を窺う。しかもアルミ製の窓枠が歪んでしまって防犯装置が作動して、警報音まで鳴り始める始末だ。
 窓枠から身体を引っこ抜いて、優季を探す統護。
 意味不明である。どうして激昂した?
 優季は教室には入らず、大股で歩き去ろうとしていた。その背中に声をかける。
「ちょっと待て、授業どうするんだ!?」
「もう帰るから!! ロイドには統護から言っておいて! バカバカ、莫迦ぁ!!」

 

スポンサーリンク

 

 

         

 史基は日課である夜のロードワークをしていた。
 統護と黎八とのチャットで、事の顛末を聞いたが――案の定であった。
 女心は複雑というが、統護の場合はそれ以前の問題だ。
 淡雪と優季の機嫌を損ねたのは断じて統護一人の責任であるが、よもや逆恨みされていないかと心配になってくる。その時はその時だが。
 ニヤリ、と頬が釣り上がる。
(まあ、ライバルの闘志が上がったのならば結果オーライか)
 ペース配分は普段通りだ。
 周囲の景色――住宅街を離れた簡素かつ単調な道路沿いの見た目も、変わりない。
 なのに。
(おいおい。車両も人通りもゼロかよ)
 これでも職業【ソーサラー】志望である。人の気配くらいは読めるが、それも――ない。
 まだ深夜ではない。
 明らかに異常といえる状況に、前触れなく放り込まれた。
 否。前触れがないからこその異常である。
 引き返すつもりなど毛頭ない。仕組まれた異常ならば、引き返しも意味はないだろう。

「そりゃまあ、覚悟はしていたけどなぁ。くくく」

 堂桜統護と親友付き合いする――そのリスクを、彼は重々理解し、そして承知している。
 だから待っていた時ともいえた。
 笑みが抑えられない。
 こういった非日常は、戦闘系魔術師ソーサラーにとっての刺激であり憧れである。生き甲斐といっていい。一般人や魔術系技能職ウィッチクラフターには決して理解できない狂った常識だ。
 史基はサーキッドトレーニングの為に立ち寄る公園へと急ぐ。つい、急いでしまう。
 どうしても普段のペースを維持できない。脈拍も上昇している。動悸もだ。心地よい。
 つまり胸が高鳴っている。
 自分が標的ならば、間違いなく敵は其処で待ち構えている――

 ……果たして、期待通りに敵はいた。

 二人組だ。暗がりの中でも栄える赤い衣装に赤いマスクをつけた二名が、悠然と立っている。
 凝った意匠で精巧な造りなのが瞭然だ。素人がふざけ半分で纏っているモノではない。
 体格に差がある。
 平均よりも背が高い方と、逆に平均よりも少し背が低い方。
 そして両者ともに女性のシルエットと骨格である。
 見慣れた公園が、二人の異分子のお陰で、完全に別世界に感じられた。
 興奮を抑えられない史基は、おどけた口調で問いかけた。
「へっ。随分と凝ったお出迎えだぜ。アンタ等、妹さんと優季の変装じゃないよな?」
 背の低い方が、つまらなげに告げる。

「――証野史基。貴様に対抗戦に出られると不都合だ。悪いがここでリタイアして貰う」

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。