アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第5部(第31話)

第四章  託す希望 10 ―メドゥーサVS赤猫部隊③―

スポンサーリンク

 

 

         10

 

 圧倒的であった。
 《ブラッディ・ハーモニー》によって一体化した【ブラッディ・キャット】の連携は、一卵性双生児の感覚共有能力で結ばれているラグナス姉妹の連携を上回っていた。
 先程までの戦闘では、ラグナス妹がバックアップを担い、ラグナス姉が近接して突破口をこじ開ける――という展開であった。
 しかし戦闘再開してからは、その戦術は通用しなくなっている。
 ラグナス姉の《ゴルゴーン・スネーク》の射程外から、【ブラッディ・キャット】はサブマシンガンでの魔術的な銃撃をメイン攻撃として、主導権を堅守していた。
 徹底してロングレンジ戦を貫いている。
 姉を接近させようと、ラグナス妹は最大振幅で地面を揺らす――が、アンとクウが四つん這になって、その背をメイの足場としているのだ。
 いわば人体による耐震装置である。
 二つの背を足場にするメイは、どれ程の揺れであってもバランスを崩さない。すでに電脳世界――【ベース・ウィンドウ】での超次元演算によって、ラグナス妹の魔術パターンは解析していた。解析結果に応じた対応パターンを逐次、自分達の共有【アプリケーション・ウィンドウ】のパラメータ設定に反映させているのだ。
 ラグナス妹は、振幅を抑え、確保した魔力で大津波を発生させる。
 すかさずメイは二挺拳銃になった。
「どうやら他に手立てはないご様子ですね。正直申し上げて――失望しましたよ」
 ゴガガガガガガガガガガガガガガ!!
 二挺のサブマシンガンの銃口が、性能マックスで弾丸の雨を間断なく撃ち出していく。
 あっという間に、大津波が魔弾の弾幕で削られてしまう。
 サードACT前は貫通していた魔術弾丸であるが、今は弾丸で津波を攻撃していた。
 これも津波の魔術理論を解析済み故の、魔術弾のパラメータ設定を変化させた結果である。
 ボロボロになっていく波面から、苦し紛れに土の槍が射出されるが、その槍をアンとクウが展開した『紅い影』によるシールドが遮断した。
 パワーを失った津波が届き、三名を覆っても、何の効果も発揮できなかった。
 その隙に近づこうとしたラグナス姉に、メイは銃弾で牽制、足止めする。
 姉妹は何もできないままだ。
 ラグナス妹は苦し紛れに三名がいる場所を大津波の基点に設定した。
 足場から大津波が発生するのを【ベース・ウィンドウ】の魔術サーチによって察知した三名は、即座にジャンプして退避する。発生地点から退けるだけで、津波は虚しく後方へと滑っていった。
 無駄に魔力を消費したラグナス妹は歯噛みし、ラグナス姉は妹の失態に舌打ちした。
 メイは呆れ顔を演出する。
「ああ。ちなみに弾切れは期待しないで下さいまし。この地のいたる箇所に予備カートリッジを埋めておりますので。待ち伏せしていたのだから当然ですけどね」
 三名は一度、後方に散開すると、埋めていた弾倉を手早く掘り出して、再び集合した。
 その間、ラグナス姉妹はリアクションを起こせなかった。
 【ブラッディ・キャット】の人外レヴェルの挙動からして、迂闊に攻撃を仕掛けても逃げられるのが必至な上に、余った一名から銃撃されるのが目に見えていたからだ。
 連携で上回る事によって二対三でも優位に立てていたが、連携で上回れなくなった今、ラグナス姉妹に数の不利がのし掛かっている。
 ズガガガガガガガガガガガガガ!!
 再び【ブラッディ・キャット】によるサブマシンガンの斉射が、ラグナス姉妹を襲う。
 遮蔽物に乏しい拓けた地形なので、ラグナス姉妹は銃弾から逃げ回る事しかできない。射線の予測演算と着弾地点の割り出しは容易なのだが、現実の時間軸と有視界での対応で精一杯の状況である。ラグナス妹の魔術攻撃が通じなくなった今、彼女達はロングレンジに釘付けだ。
 メイが言った。
「それから……、弾丸以外の補給ですけれど。私達【ブラッディ・キャット】は貴女達の推察通りに失敗作をリサイクルした影人形でございます。よって真っ当な人間とは異なり、食料と水分といった補給は当面は不必要なのですよ。戦闘において補給は最も大切な要因ですけれど、さて、貴女達は補給を確保しておりますか?」
 補給に言及されて、二人のラグナスはギクリとなった。
 二人は微かに喉の渇きを覚え始めている。つまり体内の水分が不足しているのだ。
 水と食料はトラックの運転席だ。
 敵に背を向けて、取りに行くわけにはいかないだろう。そこを撃たれてジエンドである。
 ラグナス妹が顔を歪めた。
「最初から、それが狙いで長期戦を……ッ!」
 それに補給の問題だけではなく、都市境の外で待機している【エルメ・サイア】の工作員と合流する時間的なリミットもあるのだ。
 要するに――姉妹は、猶予がない状況に追い込まれている。
 メイの台詞が、さらに二人を追い打つ。
「惜しい。実に惜しいです。貴女達はただ一点を除いて完璧といえる戦闘者でした。ただ一点を見逃せば、世界最高峰――それこそ、かの最強の魔術師《神声のセイレーン》に比肩しうる戦闘系魔術師でしょうね。たった一要素、しかし大事な一要素、すなわち……」
 決定的なパワー不足を除いては、とメイが繰り返した。
 その評価に、姉妹は無言になる。
 こうなってしまえば、姉妹に許された選択肢は二つしかない。
 一つは、現在の【基本形態】を止めて、全く別の【魔導機術】――ロングレンジ戦に長けたオリジナル魔術を再起動する事である。別にロングレンジ戦が不得手ではないのだ。
 そして、もう一つの選択肢は……
「仮にハッタリ、ブラフではなくて、貴女達姉妹のどちらかが本当に【エレメントマスター】であったなら、と考えると寒気さえ覚えますよ。本当に貴女達が【エレメントマスター】でなくて助かりました。【エレメントマスター】を騙りたくなる気持ちも理解できますが」
 ラグナス姉妹は顔を見合わせた。二人に言葉は要らない。
 採る選択肢は決まった。
 一転して、サバサバとした表情になったラグナス姉が言う。

 

「――仕方が無いわ。こうなったら『マスターACT』するしかないわね」

 

 姉が言った台詞に、妹が「そうしましょう」と肩を竦めて同意する。
 このまま別の【基本形態】を再起動するのは、ある意味、敗北よりも屈辱だからだ。
 メイ、アン、クウの三名は硬直した。
 三名の反応を楽しみながら、ラグナス姉が言葉を続けていく。
「別に撃たれながらでも問題なく『マスターACT』できるけれど、手品のタネに興味があるのだったら、少しだけ待ちなさい。私達がアンタ達の『サードACT』を待ったように」
「期待されても、大したカラクリじゃないんだけどね。衆知されている通りに、『マスターACT』は【魔導機術】システムの穴を突いたチート技だし。そのチート――つまりイカサマであり反則である方法を、私達姉妹は他の【エレメントマスター】とはちょっとだけ異なる方法で体現できるのよ」
 そのチカラこそが、二人が《ファーザー》に与えられたモノ。
 感覚共有能力の強化と共に、姉妹が《ファーザー》から贈られた〔ギフト〕である。
 二人のラグナスが声を揃えた。

 

「「 魔力共鳴共振(シンクロ)ッ!! 」」

 

 双子による同一の魔力がぶつかり合い、やがて共鳴する。
 二人の間で魔力が共振を開始した。
 そして共振した魔力が、魔術的な固有振動を発生していき、爆発的に増幅していく。
 ごごごごごごごごごごごごごッ!!
 二つの魔力が一つになる。増幅・増大していく魔力の奔流で空間ごと震え始めた。
 一卵性双生児――二人のラグナスの生体データは完全に一致している。
 通常、DNAが一致していても、魔力性質・魔力総量・意識容量まで一致――すなわち生体データまでの一致まではあり得ないとされていた。DNAのみでは魔力の差異を評価できない故の生体データという評価方法でもある。
 だが、このラグナス達は、奇跡的に生体データまでもが一致しているのだ。
 そして二人は《ファーザー》の〔ギフト〕によって、魔力の共振増幅を実現できる。
 とはいえ、共鳴し合っている不安定な状態では、増幅した魔力を戦闘には応用できない。
 シンクロ状態を常態化させる必要がある。
 魔力増幅によるシステム側のリミッター突破を試みる。同時に、《ファーザー》の手引きで違法に新規登録している同一IDでのユーザーモード再認識の為、再ログインを申請。

 

 結果として【魔導機術】システムのユーザー認識に誤認(エラー)が発生する。

 

『ベース・ウィンドウを初期化します』
 電子音声は一つだ。二人の意識内にある電脳世界が同一化する。ネットワークでの共有ではなく、一つの電脳世界を二人同時に展開しているのだ。
 このチート方式の為に、二人は全く同じ専用【DVIS】を使用していた。
 システム側のエラーを無視して、二人は爆発的な魔力を【DVIS】に注入し続ける。
 共振増幅によるパワーアップのみならず、姉が魔術師本体を担い、妹が宝玉に流し込める魔力の上限値を超えた魔力を逃がすリミッターを解除する役割を、《ファーザー》による〔ギフト〕を使用して果たしているのだ。
 つまり魔力暴走を抑えるセーフティを解除する専用【DVIS】の違法改造をせずに、二つの専用【DVIS】を二重に使用して『一つの【DVIS】』とシステム側に認識させている。
 このラグナス姉妹にしかできない裏技だ。
 完全同一認識に成功。二人は一人――としてシステム側に再アクセスを要求された。

 

「「 マスターACTッ!! 」」

 

 寸分違わず一致した起動【ワード】が高らかに響く。
 それは【魔導機術】において、あまりに常識外の光景であった。
 魔術的な液状化現象によって目視できる範囲の地面が、荒波くるう大海原と化す。
 ラグナス妹の身体を核として地面から巨大な蛇姫が出現――【使い魔】という形式になる。
 いわば【ゴーレム】使役型の【基本形態】という擬態で、妹は姉に組み込まれたのだ。
 そして、残るラグナス姉が魔術師本体として再起動する。
 こうして魔力の共鳴増幅状態が固定化された。
 常識外れの魔術パワーによる空間烈震に、【ブラッディ・キャット】は愕然と立ち尽くす。
 震える声をメイが漏らした。
「そ、そんな。唯一の弱点であったはずのパワー不足を、こんな、こんなやり方で――ッ!」
 ラグナス姉が改めて名乗り上げる。

 

「我ら姉妹が《ファーザー》より授かった『コードネーム』は《邪王》……」

 

 大海原となった地面が【ブラッディ・キャット】を翻弄する。
 例外は【基本形態】に擬態したラグナス妹と、魔術師本体を担っているラグナス姉のみ。
「二心一体の【エレメントマスター】……

 

 ――《邪王のメドゥーサ》ッ!!」

 

 ユピテル、セイレーンに続く、【エルメ・サイア】が擁する【エレメントマスター】――その名もメドゥーサの出現に、【ブラッディ・キャット】は自分達の敗北を悟った。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。