アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第52話)

第四章  光と影の歌声 21 ―祭壇―

スポンサーリンク

 

 

         21

 世界が変質した。
 色彩が真白のみで、輪郭が漆黒のみ。
(どうなっている?)
 統護は戸惑いを押さえ込んで思考しようと、懸命に頭脳を回転させる。
 介入するつもりであった。
 オルタナティヴの意志は伝わっていたが、それでも彼女を救う為に『真のチカラ』で割り込みをかける覚悟を固めていた。堂桜の魔導型軌道衛星や他国の人工衛星からの観測と、衛星放送での映像を誤魔化せるかもしれないギリギリのタイミングを計っていた。
 だが、セイレーンの《デッド・エンド・カーテンコール》は発動せずに、世界が停止した。
 スマートフォンに表示されている時刻も止まっている。
 ステージ上のオルタナティヴとセイレーンだけではなく、全ての観客が固まっていた。隣にいる晄も停止している。
 ルシアが飛ばしている超小型特殊ドローンも機能していないだろう。ドローンは懐から統護を監視および戦闘データを記録する役割だけではなく、外敵のドローンを索敵、撃退する為の物である。統護も何処にルシアのドローンが飛んでいるのか知らされていない。
「この一帯だけなのか、あるいは世界全てなのか……」
 自分の呟きが聞こえる。少なくとも、空気は震動可能のようだ。空気まで固まっているとなると、ロクに身動きすらできないという危険があったので、統護は安堵する。
 停止世界とはいっても全てが固定化されているわけではなさそうだ。

「統護! 聞こえる!? 聞こえているなら返事して、統護っ!!」

 優季の声だ。
 声の方を向く。観客の頭から、右腕が突き出されて左右に振られている。
「俺はこっちだ!! 今からそっちに行く!」
 統護は止まっている観客を掻き分けて、優季の元へと進む。停止している観客達に、ほとんど重さを感じない。統護の超人的な身体能力ゆえというよりも、重力が弱いという感覚だ。
 勢い余って観客を押し倒さないように、注意して進んでいく。
 程なくして、優季の傍に到達した。
 隣の淡雪は停止状態であった。
「大丈夫か?」
「うん。セイレーンの《デッド・エンド・カーテンコール》だっけ? あれが炸裂する寸前に飛び込んでいってオルタナティヴさんを救うつもりだったんだ。そうしたら、いきなり世界がこんな風になって――」
「そうか。お前も俺と同じ考えだった……って?」
「やっぱり統護も介入する覚悟だったんだね」
 優季が頬を緩めた。ニコリ、というよりも、我が意を得たりといった笑みである。
 統護は驚く。
「お前……。優季は優季でも元の世界の?」
 口調や仕草が、ほんの些細な違いとはいえ、明らかに違う。
「ふふ。気が付いたみたいね。そう。今のボクはこっちの世界のボクじゃなくて、元の世界のボクの記憶と自我を基に、ナノマシンと融合している脳が強制シャットダウン後にセーフモードで緊急起動中ってイメージかな」
 少し照れくさそうな優季。
 優季の肩を掴んで、統護が声を荒げる。
「おい! じゃあ優季は、こっちの世界のアイツの自我と記憶は無事なのか!?」
「心配? 二年ぶりに再会できたボクよりも、今のボクの方が」
「決まっているだろ!! お前の事はずっと好きだった。でもな! 今の俺にとってのユウキはこっちの世界のアイツなんだよ! 今の俺が好きで大事なのは今のユウキなんだ!!」
 両目を眇めた優季は、軽く統護に口づけした。
「ありがとう。嬉しいよ。説明の通りにボクは生き返ったのじゃなくて、あくまでこの世界のユウキではない自我と記憶を基に、ナノマシンが脳を仮想ユウキとして演算させているに過ぎないしね。ちなみに表に出られないというだけで、本来のボクの五感も生きている。そうでなければ、仮想のボクが表に出られるって現象も起こらないから」
「そうか。よかった」
「今の口説き文句だけど、恋人として合格と、本来のボクは大喜び――と云いたいところだけど、現状はちょっと、そういった甘い状態じゃなさそうだね」
「ああ。まさかこの世界で動いているのが俺達二人だけだなんて、洒落になってないよな」
「停止状態に時間制限があればいいけれど」
 優季は不安げに周囲を見回す。
 永遠に閉じ込められるなど、冗談ではない。
 自動的に回復しないのならば、世界を再起動させる術を見つけ出さなければならない。
 統護は腕を組んで思案を再開する。不幸中の幸いで、考える時間はたっぷりある。
「この停止状態に意味があるのか? それとも単なる事故か偶然なのか」
「ボクは意図や意味はあると思う。問題はその意図と意味だよ」
「俺が動けるのは、異世界人だからか? お前が動けるのも、異世界のお前の自我と記憶があったから……」
「統護にしてもボクにしても、この世界の人間からすれば、かなりイレギュラーだしね」
「まあ、俺達以外にも活動できる者がいないとも限らないけどな」
「そうだね。もし、簡単に世界が再び動きださなかったら、他に活動している人が存在しているのか、探しに行くっていうのもありかも」
 その時であった。
 熱心に話し合う二人の横から、強烈な光が発生した。
 統護は眩しさに目を細めながら、発光源を見る。

 ――光り輝いているのは、淡雪であった。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 その地下室は、祭壇そのものであった。
 指示を受けて施工した業者の設計者および現場作業員は、さぞかし不思議がったであろう。それとも特に何も感じることなく、仕事として淡々と処理したのだろうか。
 この状況を演出した〈資格者〉の目の前の光景――

 三体の【ドール】が祭られている。

 左側には《レフトデビル》と命名されている、悪魔めいた黒衣の少女。
 右側には《ライトエンジェル》と名付けられた天使を想起させる白いドレスの少女。
 その二体は対になっているようで、背中合わせに配置されていた。
 〈資格者〉は無言で歩み寄っていく。
 視線は――《レフトデビル》と《ライトエンジェル》に挟まれている、中央の一体に固定されている。
 艶やかな着物姿の、神々しくも魔的なニホン人形めいた少女の【ドール】だ。
 顔の造形は堂桜淡雪に酷似していた。

「来たか、堂桜の〈資格者〉よ」

 口を開いたのは、《レフトデビル》であった。
 ギョロリ、と眼球のみを真横に回して、〈資格者〉を睥睨する。
 次いで《ライトエンジェル》が、同じく眼球の動きのみで〈資格者〉を見て、言った。
「ほぅ。そなた、生きてはいるが生きていないな。死んでいるが死んでいないというべきか」
「その身で〈資格者〉であるといえるのか? 《レフトデビル》よ」
「この世界において動ける。そして其の者は確かに堂桜。よって〈資格者〉以外の何者でもあるまい。《ライトエンジェル》よ、私は其の者を〈資格者〉と認める」
「ならば私も認めないわけにはいかまい」
 二体の【ドール】は祭壇から降り、そして揃って片膝を折って跪いた。
 第一段階はクリアだ。
 頭を垂れた二体を前に、〈資格者〉は微かに頬を釣り上げる。
「堂桜の〈資格者〉よ。チャンスは一度きりだ」
「その一度によって『主』を目覚めさせてみるがいい」
「仮に失敗した時には」
「我ら二体がそなたを滅ぼそうぞ」
 禁断の〈儀式〉が始まる。

 ――さあ、名付けるがよい。

 神子を喚び覚ますに相応しいANSWER(名前)は、用意できているか?
 二体の【ドール】が問いかける。
 最もシンプルにして、究極の難問。
 〈資格者〉は小さく息を吸い込み、その名を告げようと……

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。