アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第2部(第50話)

 

第四章  破壊と再生 23 ―統護VSロイド(再戦)②―

スポンサーリンク

 

 

         23

 統護は両拳をセットする。
 右半身で、肩口までややガードを低くしたボクシングの構えだ。
 魔術は破壊した――が、戦闘系魔術師ソーサラーの常識として、あらゆる局面への対応は必須である。
 初戦の手合わせでロイドが披露した格闘技術は【ソーサラー】ならば当然なのだ。
 ましてやロイドは裏社会の傭兵だ。近接格闘も超一流で最低限といえる。
 統護の脳裏に、初戦での光景が蘇った。

 ――ボクシングだけで対応できなかった、あの時の借りを返そうか。

 そこまで達成して、本物の勝利といえる。不意打ち気味の一撃KOでは物足りない。
 対するロイド。
 己の戦闘用オリジナル魔術を破壊されても、微塵も怯まない。
 ロイドも右半身になって戦闘態勢をとる。
 まずは統護のワンツー・ストレート。
 強烈な左右のストレートをロイドは丁寧にブロックする。
 相手にブロックさせた統護は、左ジャブを連続で放った。そのジャブの連打を躱したロイドは、反撃として左右の貫手を繰り出してきた。
 トリッキーだが、統護は見切る。
 西洋人なのに、技術のベースは中国拳法だと判断できた。
 統護もロイドに攻撃を当てさせない。
 ロイドとは二度目だ。一度目の手合わせで、互いに相手のイメージは固めている。
 確かにロイドは強い――が、統護ならば。
 過日の《隠れ姫君》事件で何度も実戦を経験して、それを糧としている今の統護ならば。

 以前よりも、自身の技術を戦闘に生かせる。

 ロイドの右膝蹴りを身体を捻って躱し、そのまま左足を大胆にステップインした。
 軸足である左足に体重を乗せる。左膝のバネを効かせて、腰から肩へと回転を連動させた。
 ダイレクトの左フックだ。
 しかし統護のブローを、ロイドは堅実にガードした。
「二度は貰いませんよ」
「だろうな」
 一発目は捨てパンチだ。統護はすかさず左拳を引き戻すと、二連打(ダブル)にいく。
 今度も左フックだが――一発目よりも軌道が低い。
 相手の腰のやや上を旋回する左ボディだ。一発目同様に左膝のバネと、後ろの蹴り足の捻りが利いた、切れ味抜群のパンチである。
 ずゥごぉんッ!! 左ボディがロイドの肝臓(レバー)を深々と抉った。
 統護の十八番――リバーブローだ。
「かは」と、喀血したロイドは、身体をくの字に折る。
 くの字に折れた身体を、ロイドはそのまま真下にスライドさせて両手を着く。そして両手を支点に、大胆に身体全体を回した。水面蹴りである。
 密着に近い間合いだ。
 通常ならば不可避であるが、しかし、それは一度見ている。
 足を刈りにきた水面蹴りを、統護はやや無理矢理にだが、バックステップで対応した。どうにか対応はできたが、重心が後ろに反れてしまう。
 水面蹴りは不発に終わったが、ロイドは跳ね起きて体勢を立て直してきた。
「まだだ。まだ終わりじゃありません」
「いや。悪いが終わらせる」
 明らかにリバーブローが効いている。ロイドはダメージがありありだ。
 統護は一瞬だけ、左足を引く仕草でフェイントした。
 バックステップの影響で、重心が蹴り足だった後ろの右足に掛かってる。左足のフェイントで、ロイドは統護がサウスポーにスイッチしての左ミドルを蹴ってくる――と引っかかった。
 だが、重心が後ろに掛かったままで、統護はパンチにいく。
 ロイドも左ミドルと見せかけたフェイントだと気が付き、しかし統護の重心が後ろに掛かっている体勢でのパンチならば――と構わず前に出た。
 重心が後ろだと、強い蹴りは可能でも、伸びのある強いパンチは打てない。
 たった一つの例外を除いて――だが。
 統護はそのパンチを選択した。オーソドックスに構えて、けれども軸足は後ろの右足。
 従って前に出している左足を、蹴り足として用いる。
 パンチの種類は左フックだ。
 実戦では右ストレートからの返しや、クラウチングしたままで軸足のバネを使って放たれるケースが多いが、本来の左フックとは、オーソドックスでの左ミドルキックと同じく、軸足を左から右に入れ替えるパンチなのだ。
 左パンチをダブルしにくい反面、この正式な打ち方だと、綺麗に振り抜ける。
 ゴォッ! ロイドの顔面に左フックが炸裂した。
 統護は軸足の右を、大胆に蹴り込んで、体重を前面に押し出す。
 反動と共にクラウチングの重心に戻り、再び軸足が左で、蹴り足が右にと入れ替わる。
(これで決める――ッ!!)
 左から右へと返す逆ワンツーだ。
 それもフックからストレートへと返すコンビネーションである。
 統護の右拳が、ロイドの顎を綺麗に捉えた。
 ぐるん、と半回転して身を捩りながらロイドはダウンする。
 倒れ込んだロイドは辛うじて意識を繋いでいた。微かに頭を持ち上げて、統護を見つめる。
 統護は彼を見下ろして言った。
「任せてくれ。アイツは俺が必ず救うから」
「フ。あの子に謝っておいて下さい。命令を果たせませんでしたと。そして……あの子をお願いします」
 その言葉で力尽きたロイドは、意識を閉じた。
 すとん、とロイドの頭が地面に落ちる。
 決着はついた。勝ち負けをいうのならば、両者の勝ちにしてみせると統護は決意する。
 この戦闘に敗者は存在しない。
 完全に失神しているのを確認し、統護はロイドを置いて歩を進める。
 また一人分、新しい想いを背負った。

 眼前の山小屋(コテージ)が、今回の事件のラストステージとなる――

 

スポンサーリンク

 

 

         

 ギシギシ、という擦れる音が耳朶に障った。
 油が切れている。
 頑健な作り故に、手応えがある。蝶番が軋み、下手をすれば壊れてしまいそうだったが、構わずに山小屋の扉を開けた。
 統護は簡素な間取りのバンガロー内を一望する。
 明かりが点いていない室内は、窓から差し込む月光のみが頼りであり、全体的に仄暗い。
 外よりも一層、闇めいて感じられた。

 中央に――優樹が立っている。

 暗がりの中で詳細までは分からない。実は、身体能力に比すると五感はさほど強化されていない。
 奥にあるソファーには、那々呼が猫のように丸まって寝息を立てていた。
 統護はゆっくりと、そして優しく話し掛ける。

「待たせたな。助けに来たよ」

 優樹が後ろのソファーへ語りかけた。
「起きなよ、那々呼ちゃん。やっと王子様が君を助けに来たよ」
 統護は首を横に振る。
「いいや。那々呼を迎えに来たのも事実だけれど、助けに来たのはお前だよ、優樹」
 そう。優樹を助けたかった。
 最初は元の世界の優季を重ねていただけだった。
 願わくば、自分と同じ転生者であってくれと思っていた。
 でも――今は違う。
 優季への想いや思い出とは関係なく、ただ目の前の優樹を純粋に救いたい。
 彼女とのほんの僅かな思い出が、今の統護の原動力であり、想いだ。
「駄目だよ、統護。もうボクは駄目なんだ」
 そう言って、優樹は那々呼の傍まで後退すると、壁面に埋め込まれている【DVIS】装置に、自身の専用【DVIS】を通じて魔力を作用させた。
 室内に魔術――【間接魔導】――による光が満ちる。
 視界が明るくなる。

 灯りによって露わになった優樹は、朽ちかけているマネキンのようであった。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。