アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第21話)

第三章  姉の想い、妹の気持ち 3 ―存在―

スポンサーリンク

 

 

         3

 

 放課後になり、統護は優季と逢っていた。
 頭上は雲のない蒼穹だ。
 場所は定番となりつつある高等部校舎の屋上である。優季の専属執事であるロイド・クロフォードが学園側から屋上の鍵を借用していた。黒の燕尾服を生涯のユニフォームにすると決意した元・裏社会の傭兵は、普段通りのすまし顔で主人と統護の逢瀬を見守っている。
 会話を聞かない様にと命じられているので、充分に距離を保っていた。
 そんな金髪の執事を遠目に確認しながら、優季は慎重に昨日の出来事を統護に話した。
 ロイドの緑色の双眼に、読唇されないように気を遣った。会話の内容が、統護の秘密――異世界関係――に抵触しているからだ。
 ひと通り話を聞き終えた統護は重いため息をついた。

 

「……そうか。そんな事があったのか」

 

 納得がいった。統護が危惧していた事が現実となっていた。
 二人の少女の顔が脳裏を過ぎる。
 造形としての共通点は少ないはずなのに、きっと並べば瞭然なのだろう、二人の貌を。

 

 淡雪とオルタナティヴ。

 

 この【イグニアス】世界に転生した時、彼は『妹を名乗る』少女――淡雪と出逢った。
 統護の元の世界に、妹はいない。一人っ子である。
 元の世界の堂桜一族は、ある『特別な業と血脈』を世を忍んで一子相伝する核家族だ。
 対して、この異世界の堂桜一族は【魔導機術】を世界中に広めている一大血族だ。
 父と母は同じであったが、この世界には『妹』が存在している。
 異世界人であるという自分の秘密を一番最初に知ったのも淡雪だった。
 兄妹であり、兄妹ではない、不可解で不思議な少女。異世界人の統護を堂桜財閥の堂桜統護として生活できるように、手助けしてくれているのも淡雪である。
 対価として統護は淡雪に約束した。姿を消した『彼女の兄』を探し出すのを手伝うと。
 けれど、その約束はうやむやになっている。
 統護の様子に、優季が訊く。
「どうやら統護はオルタナティヴさんについて、何か心当たりがあるみたいだね」
 自分を覗き込む優季の目に、統護は素直に頷いた。
 優季もまた、統護が異世界人だという秘密を知っている。だから隠す意味はない。
「ああ。オルタナティヴについて教えるよ」
 物理的な確証はない。
 統護とオルタナティヴは一度しか会っていないのである。いや、正確には元の世界にいた時、高校の廊下の窓ガラス越しに、一瞬だけ、世界を超えて邂逅していた。
 オルタナティヴとは会話らしい会話はない。
 肉弾戦をおこない、殴り倒しただけだ。
 あえてルシアにオルタナティヴの情報を教えてもらおうともしなかった。
 いや、明白に結論を避けていた。
 結論に達してしまうと――淡雪に告げなければならなくなる。
 約束を果たさなくてはならなくなる。
 だから、みみ架の部屋でも別の自分に対して、踏み込んだ話題は避けた。
 できる事ならば、淡雪はオルタナティヴと会わないままで終わってくれれば、と思った。
 しかし二人は再会してしまった。

 

「――オルタナティヴは、もう一人の『俺』だ」

 

 あくまで推論だが、と前置きして統護は自分とオルタナティヴの関係を話す。
 オルタナティヴが『存在そのもの』を別人の少女に置換して再誕した、この世界の『本来の堂桜統護であるという内容に、優季は真剣に耳を傾ける。奇想天外に過ぎる荒唐無稽な仮説を、しかし統護と同じ異世界人としての記憶を有する彼女は理解した。
 優季は実感を込めて呟く。
「道理で彼女に会っていた気がしたわけだ。顔立ちにあの目――統護そのものだもの」
「やっぱり淡雪も気が付いたんだな」
 過日の《隠れ姫君》事件において、オルタナティヴはミッションの都合上、堂桜一族に【エルメ・サイア】を騙りテロを敢行していた。その際の映像データは淡雪も目にしている。
 ひょっとして気が付くのではと恐れていたが――
「ボクもDr.ケイネスの映像データでオルタナティヴさんを観た事あったけれど、やっぱり映像と実物じゃ全然違うよ。ホントに一目で違うっていうか、ピンときた。昔に会った事があるだけのボクでこれだからね。淡雪なら一発だったと思う」
「参ったな」
 統護は苦々しい顔になる。
 優季に打ち明けられても、どう対処してよいのか見当もつかない。
 半白眼になる優季。
「なぁ~~んか、その顔じゃ統護に言ってもどうにもならないみたいだね」
「だってよ。お前だったら分かるだろ? 兄妹っていっても、俺にはサッパリなんだよ」
 この異世界の両親でさえ、本当の父と母とは思えないのが本音だ。
「実際のところ妹ってさ。兄貴を盗聴したり、過剰に干渉したり、焼き餅焼いたりするものなのかな? 俺の知る限りじゃ兄妹ってそういうモンじゃない気もするんだ」
「それは正解だよ。統護の世界の『もう一人のボク』の記憶があるボクから見ても、普通じゃない兄妹だ。逆に統護を本物の兄そのものとして扱うってのも、逆に恐いと思うし」
「だよなぁ。だったら兄妹ってか――今は姉妹か。二人の関係は二人に任せるしかないよな」
「うっわ無責任な。統護だって一応は淡雪の兄なのに」
「実際、本当に一応だしな」
 統護と淡雪に血縁はない。元の世界とこの異世界において『堂桜統護』という同一ラベルを保有する別人に過ぎず、淡雪とも『兄妹というラベル』が残っているだけの間柄なのだ。
 統護と淡雪はそのラベルに縋っているだけの関係ともいえる。
 お手上げといった態の統護に、優季が苦笑する。
「――まあ、ボクは疑問が晴れて、こうして統護に相談した甲斐はあったよ」
「俺も淡雪が落ち込んでいる原因が知れてよかった」
 これで話は終わり、と思った統護であったが、今度は優季の方から質問してきた。

 

「じゃ次。虹條サヤカとの一件。ちゃんと話してもらうよ」

 

 統護は目を丸くする。
 次の瞬間には、呆れ顔になって肩を落とした。
「お前まで盗聴癖があるとは」
「違うってば。淡雪を元気付ける為に、淡雪と一緒に盗聴したんだよ」
「なんだそりゃ」
 理解不能の弁解であったがそこはスルーして、統護は虹條サヤカ――本名・宇多宵晄との事を打ち明けた。話の流れ上、深那実との契約も教える。
 次は優季が呆れ顔になる番であった。
「相変わらず余計なトラブルに巻き込まれているねぇ、統護」
「今では余計だって思ってないけどな」
 深那実との関係はともかく、晄の歌手への夢を叶えたい――と本気で思い始めている。
「ってなワケで、淡雪へのフォローを頼む。お前にしか頼めない」
「もちろんオッケーだけど……。ねえ? 気にならない?」
「何が?」
 腑に落ちない、という目で優季が統護を見つめる。

 

「ゆりにゃん――榊乃原ユリって歌手が、元の世界にはいないって事」

 

 統護は一笑に伏した。
 その点に気が付いていないわけではない。
「考え過ぎだろ。あの虹條サヤカでさえ、この【イグニアス】じゃストリート・シンガーなんだぜ? 榊乃原ユリだって元の世界じゃきっと無名の歌手か未デビューなんだよ。二つの世界には一致している箇所と不一致の箇所が幾つもあるんだ」
 そもそもファン王国自体、元の世界にはない。
 幾つかの主要国家の名称も微妙に変化しているし、政治形態にも差はみられる。
 当然、歴史においては最も差が激しい。
 国家レヴェルでの差異。文化・思想・技術での差異。数多な違いが存在している。
 ゆえの『異』世界ともいえる。
 それなのに一人のアーティストの存在の差異が、どうして気になるのか。
 眉根を寄せた優季は深刻な表情で言った。
「ボクは二つの世界の優季の記憶を持っているけれど、元の日本とこのニホン――、表立っている政治家とか芸能人、スポーツ選手って、ボクの記憶の限りではほぼ一致しているんだ」
「――え?」
 統護はそういった方面の知識は明るくない。
 今はこの世界に適応しようと勉強しているが、元の世界の知識はどうにもならないからだ。
「あくまでマスコミとかで報道される表立って超有名なって話。裏側の事情なんかは、やっぱり全然違うと思うよ? でも『ゆりにゃん』ほどのビッグネームが片方の世界だけって不自然だよ。他の超有名人ってボクの知る限りで一致している。で、逆に欠落していたのが……

 

 ――虹條サヤカ『だけ』なんだよ」

 

 この世界で存在していないのが、虹條サヤカ。
 元の世界で存在していないのが、榊乃原ユリ。
 存在する歌姫と存在していない歌姫。
「単なる偶然だろ。それだったら淡雪とかどうするんだよ? アイツは俺の元の世界には存在していない妹なんだぜ? 堂桜財閥の親類だってそうだ」
 世界中に知れ渡っているナンバーワン・スーパーモデルであるエレナなどは、その最たる例といっていいだろう。ニホン初のスーパーモデルとして国内で有名なエレナは、元の世界には存在していない。
「うん。だからボクは淡雪、そして堂桜一族という存在にも何か理由があると思う。あくまで統護の元の世界を基準に考えたら、だけど」
「優季……お前……」
「それから比良栄家の違いとか、会長の違いとかも同じだよ。きっと堂桜一族と【魔導機術】に引っ張られて違いが生じているんだ。この異世界そのものも。ファン王国にしてもアリーシア姫は統護と婚約した。二つの世界の差異の源は――堂桜一族と統護、そして淡雪だ」
「乱暴な推理だな」
 笑い飛ばそうとして、統護は笑えなかった。
 優季は統護から視線を逸らす。
「統護だけじゃなくてボクも目にしているからね。統護のチカラによって蘇生する前。生と死の狭間で、二つの世界のボクを『統合』させた――あの〈光と闇の堕天使〉を」
 〈光と闇の堕天使〉の貌は、淡雪と瓜二つであった。
 統護にも偶然の相似とは思えない。
 全ては――淡雪が起点となっている?
 気を取り直すように、優季が統護に視線を戻す。
「話が逸れたね。今は榊乃原ユリについてだったよね。ボク自身、ゆりにゃんの熱狂的ファンだったけれど、昨日は淡雪の様子が気になって全然乗れなかったんだ。加えて今は、もう一人のボクの視点も思い出している。だから思い返せば、昨日のライヴは――」
 浮かない表情で、優季はライヴの感想を語り出した。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。