アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第22話)

第三章  姉の想い、妹の気持ち 4 ―回想―

スポンサーリンク

 

 

         4

 

 武道館のステージは沸騰していた。
 周囲の人間は絶叫に近い声で「ゆりにゃん!」と連呼し続けている。

 

「みぃんなぁぁああ! あったしの新曲、聴っきたいかぁあぁぁ~~~~~ッ!?」

 

 三度目の衣装替えをしたユリは、妖精を思わせる衣装を身に纏っている。
 ユリのハイテンションな問いかけに、ファン達も「ききたぁぁああい!」と大合唱で返す。
 ぉぉおおぉおおおぉおおおッ!!
 数万人のファンの歓声が、音波という名の凶器めいて会場を揺さぶる。
 そんな中、優季だけが取り残されていた。
 楽しく――ない。
 暗殺者からの襲撃を引きずっていないといえば嘘になるが、それよりも淡雪が気がかりで、やはり彼女に付き添うべきだったと後悔している。
 ユリの新曲が始まった。
 夢と希望を恋心に乗せて、ポップに歌い上げている。
 振り付けもシンプルながら軽やかだ。

 

 同時に【魔導機術】――魔術が発動した。

 

 魔術師はユリだ。
 彼女が握るマイクが専用【DVIS】であり、この舞台および観衆に様々なイルミネーション効果を幻影として提供する。
 舞台に仕込まれた数百の【AMP】がユリの魔術を補助し、《ドリーミング・ステージ》と命名されている大規模【結界】を形成していた。
 これこそユリの真骨頂だ。
 ショーステージや舞台芸術に魔術を組み込む、という試みは多いが、榊乃原ユリほど高度かつ大規模に魔術とライヴを融合できるエンターテイナーは、皆無といっていい。一部では邪道と批判されてはいるが、新世代の歌としてマスコミに絶賛されている。
 夢と幻想へのトリップ。
 さながら享楽の異世界。
 誰もが熱狂的に、ユリの歌――『彼女のセカイ』へとのめり込んでいく。
 本当ならば、優季もこれを一番の楽しみにしていた。
 しかし優季はユリの魔術を拒絶した。気分的に受け入れられない。
「――ACT」
 特例として一時預かりにならなかった専用【DVIS】――左耳のピアスに魔力を注ぎ、抗魔術性を上げる。【基本形態】を立ち上げていない状態なので、自身に及ぼす魔術効果の解析および魔術ワクチン精製による魔術抗体の体内循環――魔術抵抗(レジスト)は行えない。しかしこの場では、抗魔術性の向上だけで充分だ。
 ため息が漏れる。
 周囲との温度差が、更に優季の気分を盛り下げる。完全に場違いだ。
 無理矢理に押しつけられる幻影と歌が、とてつもなく陳腐に思えて仕方がなかった……

 

         ◇

 

 あとほんの数時間で――二日目のライヴが始まる。
 昨日の熱狂が、ユリの目蓋の奥に蘇る。
 最高の快感であった。
 ユリはトイレの個室に籠もっていた。オルタナティヴは控え室で待機させている。
 なぜ脅迫・襲撃されている身で、ほんの一時とはいえ護衛を遠ざけたのかというと――

 

 呼び出されていたからだ。

 

 マネージャーの横田宏忠と、専属世話係の聖沢伶子に。
 横田がトイレの外で見張りを担当し、同姓である聖沢が個室に入ってきた。
「あの……どうして?」
 ぱん、と乾いた音がトイレ内に響く。
 ユリの問いに対しての聖沢の解答は、手加減なしの平手打ちであった。
 むろん平手一発で頬が腫れたりはしない。肉体的ダメージではなく精神的ダメージを与える殴り方である。
「いつの間にかオルタナティヴに随分と入れ込んでいるみたいですね!?」
「そ、それは……」
「ニホンに戻った直後とは様子が違いすぎるわ。貴女まさか……昔に戻りたいわけ?」
 その台詞に、ユリの表情がギクリと固まる。
 聖沢はユリに顔を近付ける。鼻先が触れ合いそうだ。
「私と横田さん。二人がいなければ『ゆりにゃん』は生まれなかった。忘れたのかしら?」
「いえ。忘れていません」
 そう。ゆりにゃんというキャラは、ユリが独力で造り上げたモノではない。
 二人による指導と魔術と併用したメンタルトレーニング。
 すなわち自己催眠に近い意識革命。
 なによりも――聖沢伶子という【ソーサラー】による、影からの魔術支援。ユリの【結界】である《ドリーミング・ステージ》は聖沢伶子という魔術師の補助があってのものだ。
 所属事務所に、オルタナティヴにも知られてはならない――秘密。
「あまり私と横田さんを困らせないで……。ゆりにゃん」
「はい」と、ユリは力なく項垂れた。
 聖沢は個室から出て行った。

 

 ずっと二人に見張られている。
 気が付けば監視されている。
 二人の視線に、時には狂ってしまいそうだ。

 

(ひょっとしたら、ストーカーって……)
 ユリは個室から出て、洗面台の前に立つ。
 横田と聖沢から逃げたい。しかし逃げられない。その選択肢はないの。
 昔に戻りたくない。
 売れなかった、昔。
 誰も歌を聴いてくれなかった昔。
 思い出したくもない。
 鏡に映っている女の貌は、とても胡乱だ。まるでデスマスクのよう。
「さっ! 切り替えなきゃ」
 ユリは念じる。私じゃなくて「あたし」だ。ユリじゃなくて「ゆりにゃん」だ。
 大合唱が耳朶の奥からせり上がってくる。

 

 ゆーりにゃん!
     ゆーりにゃん!
   ゆーりにゃん!
  ゆーりにゃん!

 

 失いたくない……
 この声援を。ファンの支持を。私はみんなに愛されている。みんなが私を褒めてくれる。
 魔法の呪文を唱えよう。変身するんだ。
「――ゆーりにゃん。ゆーりにゃん。ゆーりにゃん。ゆーりにゃん。ゆーりにゃん」
 歌を失いたくない。
 セカイに歌を届けたい。
 歌は自分にとって『全て』なのだ。
 鏡に映る女の貌が――変わった。
「うっしぃ! じゃあ今夜もサイッコウのステージ見舞ってやりますかぁ!」
 快活な笑顔を輝かせ、ユリは力強い足取りでトイレから出た。
「大丈夫。あたしは『ゆりにゃん』なんだ」
 もう歌は失わない。
 忌々しいストーカーさえどうにかすれば、後は全てが上手く運ぶ。
 ストーカーの正体が――『誰』であっても。
 急いで控え室に戻らなければ、オルタナティヴに勘ぐられてしまうかもしれない。
「期待しているわよ。オルタナティヴ」
 私じゃなくて『あたし』を護って。
 ふふふふ、とユリの唇から笑みが――悪魔的に零れた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。