アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第04話)

第一章  何でも屋の少女、再び 3 ―ゴング―

スポンサーリンク

 

 

         3

 胸を撫で下ろすオルタナティヴ。杞憂だった。
 この場に呼んだのは、五百万円の言質の為ではなく、やはりスパーリングの為である。
 みみ架は深々と嘆息した。オルタナティヴが読唇すると「ああ、面倒。時間の無駄」と小声で愚痴を溢している。いかにも委員長らしい、とオルタナティヴは苦笑した。
 みみ架は弦斎を不満たっぷりの半白眼で睨んだ。
「お祖父ちゃんの所為で、スパーリング料が五百万円からタダに格下げじゃないの」
「つべこべ言うでない。オルタさんはあの《神声のセイレーン》とも渡り合った方じゃろうが。みみ架にとってもいい経験となるじゃろうて」
「はいはい。やればいいんでしょ、やれば。ったく」
 オルタナティヴは弦斎にウィンクを添えて礼を言った。
「ありがとう、お爺さん。せめても恩返しに、アタシの練習だけじゃなくて、お孫さんの経験にもなってみせるわ」
 みみ架は二房のおさげを解くと、うなじの後ろで一本のおさげに編み直していく。
 学園制服姿も相成って、図書室の窓際が似合う文学少女といった容貌。流行やお洒落に興味がなく、意図して飾り立てていないが、純粋に造形美だけを評価するとまさに絶世だ。オルタナティヴが知る限りでは、比肩する美貌は《アイスドール》と異名されているルシア・A・吹雪野と名乗る偽装メイドくらいか。自分は勿論、最愛の妹――淡雪でさえも、みみ架とルシアの絶美を前にすると、世間から抜群の美と褒められている容姿が、凡庸まで霞んでしまう。
 しかし、その地味目の大人しい姿は、オルタナティヴが望んでいるモノではない。
 素朴な文学少女が、みみ架の仮初めだと知っているから。
(起こしてみせるわ、眠っている本性を、ね)
 決意を胸に、オルタナティヴがリングに上がろうとすると、弦斎が止めた。
「待つのじゃ! その格好じゃとスパーリングには相応しくない。みみ架から連絡を受けて、スパーリング用の衣装を用意しておいた。これに着替えるがよい」
 弦斎は差し出した。

 ――布地面積が極めて少ない、黒のビキニを。

 そのビキニを目にして、みみ架の顔面が引き攣っていく。額には血管が浮かんだ。
 一拍だけ間を置き、オルタナティヴはクールな笑顔を演出する。
「ありがとう。お気持ちだけは受け取っておくわ。でも、冗談としてはアタシの好みには合致しなかったのが残念ね。笑ってあげられなくてご免なさい」
 弦斎は無念そうにビキニを引っ込めた。
 可愛く舌を出して愛嬌たっぷりに小首を傾げる。
「そ、そ、そうじゃったか。受けなかったかぁ。ギャグの波長が合わずに、爺ちゃん、ちょっとガッカリ! 渾身のギャグじゃったが、これも世代の違いかのぅ、てへ♪」
 がしぃ。めきめきめきめきぃ。
 みみ架が弦斎の頭部を鷲掴みにして、アイアンクローで締め上げ始めた。
「なにギャグって事にして誤魔化そうとしてるのよ、こンのクソジジイ……ッ!!」
「い、痛い! 痛い!! 頭蓋が割れるぞい!」
「大体、用意するにしても時間がないでしょうが。しかも新品じゃないし。そのマイクロビキニ、いったい何に使っているのかしら? 返答次第によっては――」
「ま、待って! ちょっとだけ待っておくれ、みみ架!! そ、そうじゃあぁぁああ!! 思い付いた! みみ架へのプレゼントじゃったのじゃよ! 本当じゃ!」
「思い付いたとか叫ぶ時点で、嘘丸出しでしょうが!!」
 めきめきめき、ぎしぃッ!!
「割れる、割れる、頭割れるぅぅううう!」
「どう考えても、若い門下生に着せているしかないでしょうに。まさかセクハラとかパワハラとかやってないでしょうね!?」
「し、失敬な! ちゃんと合意の上で、モデルとしてのバイト代だって弾んでおる!! 撮影した写真や動画だって個人的にしか楽しんでおらんぞ!! 信じるのじゃ、てか、信じて!」
「本当に?」
「いや、その、婿殿にも、ちょっとだけ横流ししたが……」
 ぎしぎしぎシ、めギぃィ!!
「やめてワシに八つ当たりしないでェ!! 悪いのは婿殿なのじゃぁぁあああああっ!!」
 あまりのアホらしさに、オルタナティヴは帰りたくなった。
 凄く仲がいいよね、と笑顔で言う里央の感性にも、悪いが同意できない。
 弦斎の全身が痙攣し始めたところで、ロイドが渋々と仲裁に入った。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 そして――リング上には、スパーリング用衣装に身を包んだ二人がいる。
 プロレス用のリングコスチュームというよりは、レスリングの試合で使う全身スパッツに近い、身体にフィットした代物である。これは道場特注品のトレーニングスーツだ。
 下着が不必要で、アンダーウェアが胸と下腹部を適度に締め付けている。その上に各関節を保護するサポーター付きのメインスーツを着込む――という二重構造だ。
 みみ架とオルタナティヴ、双方のスタイルの良さが殊更に強調されている。
 デザインの違いは、肌が露出している部分のカッティングくらいなものだろう。基調は、オルタナティヴが黒と赤。みみ架が紫と金色だ。
 リングシューズに、グローブはMMA用のオープンフィンガー型を着用していた。
 ロイドは対峙した二人の少女を見て、ふと思う。
 オルタナティヴ対みみ架。

 これは近接格闘戦に限定するのならば、世界最強の女を決める黄金カードなのでは、と。

 事実、過日の対抗戦での対戦カードと比べても、全く見劣りしない組み合わせだ。
 セコンドは、みみ架には(全く役に立たないが)里央が付いている。
 そしてオルタナティヴが弦斎とロイドとなっていた。
 弦斎が声を掛ける。
「そのトレーニングスーツとは別の新品を入門記念としてプレゼントするぞい。そのスーツは終わったらそのまま返してくれればよいからの」
「ちゃんとクリーニングして返すわ」
「洗濯など不要じゃ。若者が変に気を遣うでない」
「委員長、悪けれどファ●リーズ持っていたら、後で貸して貰えるかしら。衣類の消臭・殺菌剤だったら別にファブ●ーズじゃなくても構わないけれど」
「どうしてそんな意地悪いうのじゃ!? ワシ、超悲しいっ!」
 煩悩を隠そうともしない祖父に、みみ架は深々と嘆息した。
「あまり孫のわたしに恥をかかせないで、お祖父ちゃん。じゃあ、時間が勿体ないから、始めさせてもらうけれど、三分八ラウンドくらいでいいかしら?」
 オルタナティヴは表情を改めた。
「ええ。で、ルールは打撃オンリー?」
「別に標準的なMMAルールで構わないわ。ただしわたしは両拳しか使わない。それも裏拳なしのボクシングルールでいく。わたしまでMMAルールでやると練習にならないでしょうしね。貴女の技量はセイレーン戦の映像で把握しているつもり。適切に手加減してあげる」
 これは試合や実戦ではなく、あくまでスパーリング。
 勝敗ではなく、互いにテーマを決めて行う実践形式のトレーニングなのだ。
 みみ架の言葉に、オルタナティヴが言い返す。
「別に委員長が拳しか使わない――のは構わないわ。ならばアタシも拳のみでいく、単にそれだけだから。課題ならばルールを限定した方が分かり易いし」
「あ、そ。好きにしなさい。別にどうでもいいわ
(どうでもいい……か)
 余裕を通り越して全くやる気のみえないみみ架に、オルタナティヴは微かに苛立つ。
 自分は拳しか使わないが、相手が蹴りを使うのは構わない。
 自分は格闘技しか使わないが、相手が武器を使うのは構わない。
 自分は戦闘用魔術を使わないが、相手が戦闘用魔術を使うのは構わない。

 けれど――その逆は酷く癪に障る。

 ハッキリと不愉快だ。
 相手があえて拳しか使わないのに、自分が拳以外を使うのは、本当に心底からの屈辱だ。
 条件(ルール)によって勝敗が変わるのは真理だろう。
 けれど拳と拳の戦闘で敗ける事を、他条件での勝利で濯ぐ事に意味はない。
 それはむしろ恥ずべき行為とオルタナティヴは考える。
 相手が格上だと理解はしていた。だからこそ舐められるのは――許せないのだ。許せないのは、自分を舐めたみみ架ではなく、現時点で格下扱いに甘んじるしかない自分自身。
 相手は【不破鳳凰流】継承者――不足はない。いや、現時点でのみみ架は、まだ累丘みみ架のままで黒鳳凰みみ架とは違う。自分が手合わせしたいのは、黒鳳凰みみ架である。
(だから、まずは……)
 ゴングを鳴らしてと、里央に目配せした。

 カァン!

 デジタル時計の表示が『00:03:00』を割る。
 第一ラウンド開始のゴングと同時に、オルタナティヴは飛び出した。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。