アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【フィギュア】不滅のボーカロイド『初音ミク』の商品ラインナップを紹介【新作 / おすすめ】
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第05話)

第一章  何でも屋の少女、再び 4 ―オルタナティヴVSみみ架①―

スポンサーリンク

 

 

         4

 

 ゴングが鳴った。
 通常ならば、礼儀として、まず最初にリング中央まで歩み寄ってから、グローブタッチを交わす。試合ではなくスパーリングなのだから、尚更だ。
 だが、オルタナティヴはそれを無視した。
 ゴングと同時に、自コーナーから対角線上にある相手コーナーへと猛ダッシュする。
 一瞬で間を詰めて、みみ架に肉薄した。
 その瞬間移動めいたスピードに、ゴングを鳴らしてみみ架サイドのコーナーに戻ろうとした里央が目を丸くする。ゴングの為に視線を切った刹那に、何が起こったのか理解できない――という驚愕の表情だ。
 そして、みみ架もコーナーポストに向き合ったままである。
 オルタナティヴに背中を向けている。リング中央に移動するどころか、振り返る時間さえも与えなかった。スクラブルによる奇襲、いや強襲だ。
(油断したわね)
 背中越しに、みみ架はオルタナティヴを視認した。その目は冷静さを保っている。
 その視線を確認し、オルタナティヴは左足のステップインの位置と肩の動きで、左ボディフックを打つ――というフェイントを入れた。みみ架の左腕が下がり、ボディをカバーする。
 下への意識付けに成功。だが、本命は――
 後頭部および背面への攻撃は、互いにボクシング・ルールを課した現状では反則になる。よって両者の位置関係から、みみ架はオルタナティヴに正対する為に、身体ごとのターンを強いられる。
 オルタナティヴの本命は、ボディではなく、振り返り際を狙った顔面。
 みみ架が振り返る。そこへ顎先を狙った右ショートフックを引っかけにいく。
 しかし、みみ架のターンが半分で停止して、そこから頭部が沈んだ。
 ダッキングしたのならば、半身になっている相手のボディに、左フックをねじ込むのみ。

 

 けれども、みみ架はダックで屈むのではなく、スウェーバックで反り返っていた。

 

 フォウっ! 天井を向いたみみ架の鼻先を、オルタナティヴの右が虚しく滑る。
 みみ架はスウェーした勢いを殺さずに起き上がる反動を利用する。そのままバックステップを駆使し、するりとオルタナティヴの右側を鮮やかに旋回。あっさりと自コーナーから脱出してしまう。
 今度はオルタナティヴが背中を向けている格好だ。
 慌てて振り返り、みみ架を追うが、カウンター気味に左ジャブを二発、綺麗にもらった。
(油断したわ。いえ、浅はかだった)
 みみ架はボクサーではないのだ。背面からの攻撃を想定していないはずがない。

 

 ――改めて、リング中央で二人の少女が相対する。

 

 構えは両者共に、右利き用のオーソドックス・スタイルだ。
 礼儀破りの奇襲に対し、みみ架は文句を言わない。
 それどころか「つまらない小細工」と、その表情が云っている。
 もう奇を衒うのは止めだ。スクランブルは、最初から挨拶代わりのつもりだった。
 みみ架は「セイレーン戦の映像で技量を見切っている」と言った。しかし、映像を観ているのは相手だけではない。オルタナティヴも対抗戦で配信されている映像から、みみ架の研究くらいはしている。こちらも分析済みのつもりだ。
 真っ向勝負にいく。オルタナティヴは最速の拳――左ジャブを放った。
 最も無駄がなく、かつ最もコンパクトなパンチ。
 物理的なハンドスピードならば、オルタナティヴが上回る。彼女の肉体は、かつての存在を棄ててこの身を手に入れた時に、異世界転生した統護と同様に超人化しているのだ。
 ヒュ、ゴォ。オルタナティヴのジャブが空を斬る。
 みみ架がヘッドスリップで躱した。
 予備動作を極限まで削ったフォームにより、オルタナティヴは左拳を即座に元の位置に再セットした。左ジャブをダブルでもっていく。
 そこへ――みみ架も相打ちのタイミングで左ジャブを被せてきた。
 二人は同時にヘッドスリップ。
 双方のジャブは相手を捉えない――が、みみ架のジャブがオルタナティヴの頬を掠めた。
(ちっ。こちらの方が手は迅いはずなのに)
 右半身の姿勢から、二人の左ジャブが連打される。
 交錯する二つの拳。
 鋭く斬り裂かれる空気音。
 共に最小限のヘッドスリップで躱しながらの、左ジャブの応酬となった。

 

 左リードブローによる差し合いが、激しく火花を散らす。

 

 初見だった統護とは違い、オルタナティヴはみみ架のボクシングをすでに見ている。統護よりも対応できる――と踏んでいたのに、思ったように左ジャブを打てない。
 リズムを狂わされていた。
 手数ならばオルタナティヴが倍近いというのに、純粋な拳速(ハンドスピード)では凌駕しているのに、みみ架のジャブが差し合いを制している。オルタナティヴは、いつしか左を返すので精一杯になっていた。
 クリーンヒットが奪えない。
 対して、正確に頭部を弾かれ始めている。
 以前に手を合わせた龍鈴麗ともリードブローを競ったが、間違いなく鈴麗の左より、みみ架の左の方が上回っている。
(巧い……ッ! 実際に左を突き合うと、こうも差が出るなんて)
 オルタナティヴは全てのパターンの左ジャブを惜しげなく駆使していた。
 大別して八パターンのリードブローを持っている。
 野球のピッチャーが同じスライダーやツーシームでも複数バリエーションで投げ分けるのと同様に、一つの打撃技でもバリエーションをもって使い分けるのだ。
 だが――やはり差し合いで遅れをとる。

 

 そして、拳一個分のリーチ差が途方もなく遠かった。

 

 体格はほぼ同等とはいえ、身長・リーチ共に、みみ架に分がある。とはいえ、オルタナティヴは自身よりも高身長でリーチの長い相手を幾度となく相手にしてきた。
 踏み込みのスピードとハンドスピードで射程距離の不足分を補い、更には相手の懐に潜り込んで相手のリーチを殺す事を当然として戦えていた。
 しかし、この相手には、それが通じない。
 左ジャブの巧みさのみならず、勝っているリーチを存分に生かされてしまっている。少しのリーチ差がここまでのハンデになる程、みみ架の技巧が優れている――という結果だ。
 乾いた炸裂音が連なる。
 みみ架の鋭く強烈なジャブをしこたま浴びて、オルタナティヴは思わず後退した。
 突き放した相手を深追いせず、みみ架がオルタナティヴを評した。
「いい左ジャブね。持っているのは八パターンかしら?」
 看破されていたか。
「そっちは十五パターンのジャブを持っている?」
「残念、ハズレ。正解は十九パターンよ。ちなみに堂桜くんは十二パターンね」
 ギリ……ッ、とオルタナティヴは歯軋りした。
 見切れていないパターンが四種類もあったとは。この結果も道理だ。そして堂桜統護と比較しても四パターンも少なかった。しかも三人の中で自分のリーチが一番短いときている。

 

 カン、カン、カン、カン、カン!

 

 短い間隔で鐘(ゴング)が五連した。ラウンド終了の合図だ。
 ニホン国内でのルールだと、ラウンド開始がゴング一回。KO、TKO、負傷判定等での試合終了の合図が、やや長めの間隔でゴング三回となっている。むろん国によって違っている。開始となるゴング以外は、タイマー設定で鳴るようになっていた。
(もう三分? 結局、何もできなかった)
 第一ラウンドはほぼ一方的な展開で終わってしまった。
 インターバルは一分だ。
 ぱぁん! やや強めに左同士でグローブタッチをした後、二人は自陣へと踵を返した。
 コーナーに戻ったオルタナティヴは、ロイドが差し置いた丸椅子に腰掛ける。
 セコンドの弦斎に言った。
「このラウンド、採点するなら10対9で委員長ね」
「ものの見事にレッスンをされたのう。オルタさんもセイレーンと戦った時よりも進歩しているが、みみ架もあの敗戦から一段と腕を上げておるな」
「いいレッスンだったわ。まだまだアタシのジャブは向上の余地がある」
「うむ。で、指示は必要かのぅ?」
 オルタナティヴは首を横に振った。
 ロイドが用意した瓶を手にして水を口に含む。うがいを終わらせて、バケツへと吐き出す。
 後は洗ってもらったマウスピースを噛み直して、次のゴングを待つだけだ。
 対角線上にいるみみ架を見る。
 みみ架と里央の会話が聞こえてきた。
「ねえミミ。指示とかアドバイスは要るかな?」
「要らないわ。というか、黙っていて」
「ええぇ~~!? せっかく格闘技の勉強だってしているのにぃ。言いたい言いたい」
「ったく、五月蠅いわね。じゃあ言ってみなさいよ」
「えへへ♪ この場合だと『次のラウンドもその調子でいけ』かな」
「それアドバイスじゃないわ。単なる励ましよ」
 うがいした水を里央が差し出したバケツに吐き、みみ架が丸椅子から腰を上げた。
 同時に、第二ラウンド開始のゴングが鳴る。
「残りの七ラウンド。適当にあしらって終わらせる」
「頑張って、ミミ」
 オルタナティヴも立ち上がると、自コーナーから出発した。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。