アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第12話)

第二章  ヒトあらざるモノ 3 ―ヘリポート―

スポンサーリンク

 

 

         3

 夏子は息を飲む。ビンゴのようだ。
 ドクターヘリではない。
 知っている。制式採用とは別ラインで極秘運用される非公開の軍用ヘリである。
 最新式の【魔導機術】によるステルス機能が搭載されている機体だ。レーダーのみならず、光学迷彩によって、人の視覚からもほぼ完全にステルスできる。
 しかもプロペラ音がない。風圧の拡散もない。
 夜空だけに、ステルス魔術をオンにされると、存在を把捉するのは極めて困難だろう。
(しかも、あの形式とエンブレムは――ッ!!)
 やはりという強い気持ち。神家啓子は軍関係者だったのだ。
 おろらく神家啓子という名も偽名で、身分証も偽造だ。本名を使う道理がない。
 そして神家が偽名ならば――
「なるほど私は舐められている、というワケか」
 本名を察しろ、とばかりの偽名だ。苦い笑みが漏れる。
 休憩所での偶然の出会い――ではなく、むこうは最初から自分を知った上で、コンタクトを取ってきたのだ。
 夏子はペリポート脇の死角に身を潜める。特殊工作員時代を思い出す。教職よりも自分にはこういった危険なシチュエーションの方が性に合っている。
 気配を殺し、様子を窺う。
 着地したヘリコプターから搬出されたのは、三つのストレッチャーである。
 研究員と思しき人員が数名、付き添っている。
 その内の責任者か主任クラスであろう一人と、啓子は激しい口調でやり取りしていた。夏子が知る余裕が一切ない。慌ただしさからも焦りは瞭然である。PHSでの連絡時には、すでに飛行中であろうから、ヘリコプター内で何かあったに違いない。
 ストレッチャーに横臥させられているのは、三人とも女性だ。死体、あるいはマネキンのように微動だにしない。
(あの三人は患者……なのか?)
 奇妙なのは、三名とも検査衣ではなく拘束衣を着せられている点と――

 ――包帯を巻かれて頭部が隠されている事であった。

         

 夏子の登場に、冬子との会話を切り上げた統護は、正面ロビーで一息ついていた。
 受付前にあるロビーは閑散としている。
 統護は帰りの足をどうしようかと考える。行きは学園から朱芽と一緒だったので、電車とタクシーで来た。堂桜本家に連絡して車を寄越して貰おうか。
 喉が渇いたので、自動販売機コーナーでジュースを買おうとした。

「……堂桜くん?」

 そこで出会したのは、クラス委員長――累丘みみ架である。
 私服ではなく学園制服を着ている。怪我人には見えない。通院しているという話も聞かない。どうやら彼女も見舞いに来ていたようだ。
「今から史基たちの見舞いか?」
「いいえ。ちょうど終わって帰るところ」
 みみ架はクラスを代表して見舞いに来たらしい。統護も彼女に見舞い金を渡していた。
「委員長もこの病院にコネがあったんだな。って、当然か」
「ええ。今では私も非公式ながら堂桜関係者だし、ウチのジジイもそれなりに顔が広いから」
「あの爺さんか……」
 思い出すと、つい苦笑が洩れる。なかなかに個性的で、楽しい老人だった。
 みみ架が、やや固い口調で訊いてくる。
「えっと、良ければだけど。お祖父ちゃん、堂桜くんに会いたがっているから、時間がある時でいいから、また家に来てくれると嬉しいわ」
 統護は少し考える。
 堂桜本家には優季が泊まりに来ている。淡雪と訓練したり作戦を練っているのだ。
 そして淡雪と優季は統護に冷たいままだ。だから家は居心地が少々悪い。
「だったら、今からでも寄ろうか? 俺もあの爺さん、割と好きだし。確かに、ここのところご無沙汰だったしな。時間遅いし迷惑なら止めるけど」
 ホッとしたような口調で、みみ架は言った。
「時間については問題ないわ。……それじゃあ、一緒に帰りましょうか」
 みみ架は自動販売機でジュースを買って、統護に差し出した。
 飲もうと思っていた好物の野菜ジュースだった。


 統護とみみ架は、人気のない夜道を歩いていた。
 穏やかな星空が頭上に広がっている。
 みみ架の要望だ。近場までタクシーを利用したが、彼女が勝手に運転手に声をかけて降りてしまった。料金を支払ったのも、みみ架である。
 文句を言うわけにもいかず、統護は黙って彼女に付き従って歩いている。みみ架が祖父と暮らしている家――古書堂【媚鰤屋】まで、このペースだと二十分といったところか。

「夜風に当たりたかったし……、この道が好きなのよ」

 互いにずっと無言であったが、みみ架が独り言のように囁き、静寂が終わる。
 落ち着いた沈黙は重荷ではなかったが、統護は少し安堵する。
「そっか。俺、なにかお前を怒らせたのかと、ちょっと心配していた」
「怒らせたって、淡雪さんと比良栄さんの事?」
 その声色からは、史基のようなニュアンスは感じ取れない。
 統護は素直に疑問をぶつけた。
「明らかに不機嫌なんだよ。身に覚えはないんだけどなぁ」
 みみ架は肩を竦めた。
「一時的な現象よ。堂桜くんに非があるって話ではないのだから、あの二人も体育祭本番が迫れば、つまらないしこりなんて忘れるわ」
「だと、いいけどな」
「二人を信じなさい。変に卑屈にならないの。ヘソを曲げて、それっきりって程、堂桜くんと彼女たちの信頼は浅くないでしょう?」
「ああ。それには自信がある」
 体育祭というか対抗戦を思い出して、統護はみみ架に質問する。
「委員長はパートナー、どうにかなったのか?」
「存外、物好きが多くて困っているわ。それとも優勝を期待して、学費免除と奨学金に目が眩んだのかしら。どこから聞きつけたのか、結構な数の知人が申し出てくれているわ」
(知人……ね)
 申し出た相手は、みみ架を友人だと思ってる筈だ。
「その友達たちの名誉の為に言っておくけれど、学費免除とか奨学金に目が眩んでってのだけは無いと思うぜ。金目当てで、一般生徒が魔術戦闘に首を突っ込めるかよ」
「失言だったわ。でも、名乗り出た当人たちはともかく、保護者が希望して強要したって場合だってあり得るわよ。ウチの学校、魔術師関連を差し引いても超名門だもの。今の堂桜くんは意識しにくいでしょうが、学費と寄付金、洒落になっていない金額よ?」
 その台詞には、反論できなかった。
 会話が途切れる。再びの無言はゴメンだったので、今度は統護の方から話題を振ろうとした、その前だった。
「こうして二人で歩いているのは、堂桜くんに確かめたい事があるからよ」
 だろうな、と統護は思う。
 みみ架は足を止める。隣の統護を真剣な瞳で見つめる。

「……堂桜くんは、自身の血脈と〔契約〕をどうするつもりなの?」

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。