アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第5部(第28話)

第四章  託す希望 7 ―才能―

スポンサーリンク

 

 

         7

 

 二人の両親は革命家を自称していた。
 事実として、後に反王政派を組織して内戦を起こすことになる。
 一卵性双生児なのに、出生届けが一人分だけだと理解できたのは、物心ついてからだ。

 

 双子は法的には一人のラグナス・フェリエールであった。

 

 革命を起こすための道具。
 両親にとっての貴重な駒。
 姉妹は徹底して『一人のラグナス』として育てられた。実は双子で『もう一人存在する』という事実をひた隠しにして。決して二人揃って表に出てはいけないのだ。
 狂っている、と姉妹は思っていたが、従う他はなかった。
 聞くところによると、母の従姉妹はニホンでのコネクションを作りに、【比良栄エレクトロ重工】に潜り込ませたという。何年も前に行方不明になったそうだが。
 学校に通うのも片方。
 友達と遊ぶのも片方。
 影となっている時の片方は、両親の補佐か訓練の二択である。
 二人が揃うのは、二人きりの時のみだ。
 姉妹は、二人が演じやすいラグナス・フェリエールというフォーマットを完成させた。
 それだけではなく、まれに一卵性双生児に発現する感覚のシンクロ性が、成長するにつれて磨かれていったのである。
 いや、それは必然として備わった能力か。
 この超常的な感覚を身に付けなければ、姉妹は情報の摺り合わせのみで神経を摩耗させて、やがて狂っていっただろう。
 けれども二人は、やはり独立した一人の人間である。完全な一人にはなれない。
 姉妹の性格は似るどころか離れていく。

 

 そんな二人の前に、ある日、《ファーザー》という男が現れた。

 

 超然とした青年だった。
 反王政派の資金源の大半が【エルメ・サイア】だと、二人は知っている。仲間達のほとんどが知らない事実だ。反王政派の中には【エルメ・サイア】を忌避する者もいるからだ。
 この時、二人はすでに両親の手駒として暗躍していた。両親の狙い通りに。
「やあ、ラグナス」
 気さくな呼びかけ。神々しいまでのカリスマを放つ男に、姉は思わず跪いた。
 対照的に、妹は彼の足下に唾を吐きかけた。
「何の用だよ、ひょとして私達と姉妹丼ファ●クしたいってか?」
「止めなさいラグナス。このお方は」
「もちろん知っているわよ、ラグナス姉さん。で、お偉いテロ屋の社長が何の用?」
 妹の挑発に《ファーザー》は眉一つ動かさない。
 あくまで親しげに、こう言った。
「君たち姉妹には才能がある。素晴らしい素質だ。チカラと言い換えてもいい。俺はその才能をスカウトしに来たんだよ――」

 

         ◇

 

 あの日――、《ファーザー》との邂逅から二人は両親の駒のふりをしながら【エルメ・サイア】のスパイとして活動している。
 今回のポアン強奪も【エルメ・サイア】からの命令だった。
 沢山、殺した。
 内戦で王政派の人間を撃つ事はあっても、仲間までこの手にかける事になるなんて――
 ラグナス姉の思考を察知して、ラグナス妹が冷たい声で言う。
「仲間は殺すしかなかった。なにしろ私達が【エルメ・サイア】の内通者だと気が付かれかけていた。統護と締里を欺く為というよりも、作戦に乗じて殺るしかなかったでしょ」
「そうね。そうよね」
 ラグナス姉はステアリングを握る指に力を込めた。
 景色は街中から荒野に変わっている。
 もうじきニックラウドを出る。街から脱出すれば、約五十キロ先の合流地点で待機している【エルメ・サイア】の仲間にポアンの身柄を引き渡せばいい。それで事実上のミッション・コンプリートだ。
 このニックラウドから出さえすれば、監視が厳しいファン王国内とはいえども、【エルメ・サイア】の活動も随分と容易になる。多少の強硬手段ならば可能になるのだ。
(もうじき。もうじき、レアメタルの秘密を)
 ラグナス妹が呟いた。
「やっぱり統護と締里は間に合わないか。つまんない」
「警察や警備隊が追ってきていないわ。まだ油断してはダメよ」
「チェックメイトでしょ、いくらなんでも。それよりもさ……、楽しい時間の最後に、私と戦わない? 模擬戦じゃなくて本気での殺し合い。お互いにずっと考えていたでしょう?」

 

 戦って勝った方が、ただ一人のラグナス・フェリエールに――と。

 

 それは禁断の姉妹対決。
 ラグナス姉とて、妹と同じ誘惑に襲われた事は、一度や二度ではない。
 互いに相手を自分自身だと認識しているからこそ、自身の限界を知りたいという欲求と、そして、自身を消し去りたいという罪の意識。それ程、殺してきた。
「姉さん。私さ、この作戦を最後に死んでもいいと思っている。《ファーザー》からもっと面白い作戦を寄越して貰えるかもしれないけどさ。でも、やっぱり今回の件が最後かな」
 親元には二度と戻らないだろう。
 殺した仲間も帰ってこない。
 この作戦を契機に、当分は母国からも離れる予定だ。
 妹が死を望んでいるのを、ラグナス姉は以前から感じ取っていた。
 自決をとどまらせていたのが、仲間と自分の存在だとも。
 そして、自分も同じである。
「ラグナス姉さんは、私を殺して本当のラグナスになればいい。だって姉さんはレアメタルの秘密を手にして、この王国を変えたいんでしょう? 私、そういうのに興味ないし。レアメタルの秘密は興味あるけど、国の未来とか知ったコトじゃないし」
「アンタ……」
「合流時間のリミットまで余裕があるわ。ねえ、ラグナス姉さん? この楽しいミッションの最後のお楽しみに、本気のラグナス姉さんを見せてよ。堂桜統護に敗けた時にしても、相手を殺すつもりの戦い方じゃなかったでしょう?」
 確かに、統護を殺すつもりではなかった。
 殺してしまうと後に不都合が生じてしまうから――という建前と、つい『どちらが強いか』という統護の戦い方に引き込まれてたというのもある。本当にらしくなかった。
 けれども、相手が殺しにくるのならば、自分も容赦なしで殺しにいく。
 たとえ己が半身に等しい双子の妹が相手であっても……
 ラグナス姉が車両を止めようとした、その時。

 

 ――前方に三名のシルエットがある。

 

 ロングコートを羽織っている女性が、横に並んで立っていた。
 ブレーキを踏む。
 トラックを急停止させた姉よりも先に、助手席の妹が嬉々として飛び降りた。
 立ちはだかる三名に向かって、軽い足取りで近づいていく。
「へえ? この展開を予測されていたってわけ。逃走径路をまんま流用したの失敗だったかも。でも、姉さんと戦うよりも面白そうじゃないの♪」
「油断しないでラグナス」
 追いついたラグナス姉は妹の横につく。
 待ち伏せるのならばここしかない――という絶妙の地点だ。
 彼女達三人は今回のミッションのブレーンが寄越した追加戦力である。
 統護と締里がロストして、計画修正と共に、不調の自身に代わってこの三名を送り出した。
「まさか。油断なんてしてないわ、ラグナス姉さん」
「間違いなく強敵よ」
「分かっているって。あのルシア・A・吹雪野が擁する【ブラッディ・キャット】だものね」
「しかも三名のみ。隠密での国外派遣とはいえ、数よりも少数精鋭でしょう」
 三人とも若い女性だ。顔の上半分はヘッドマイクに付いているゴーグルで隠れている。
 真紅のロングコートと猫耳にも見える特徴的なヘッドマイクは、特殊部隊【ブラッディ・キャット】の制式装備だ。血のような紅を基調としている出で立ちは、裏世界で有名だ。
 右から順に、【ブラッディ・キャット】の隊員が名乗る。
「メイと申します」
「アンと申します」
「クウと申します」
 そして三人は綺麗に声を揃えた。

 

「「「 ――私達は『赤猫トマトの宅急便』でございます 」」」

 

 荷物なんて頼んでいない、とラグナス妹が肩を竦める。
 届け物は何かしら? というラグナス姉の問いかけに、メイが答えた。
「敗北をお届けに参りました。料金は着払いにてお願いします」
「何を払えばいいかしら?」
「尊厳と誇りでございます。拒否は認めません。根こそぎ支払ってもらいますので」
 強敵だが、しかしクライマックスの相手としては役者不足だ。
 それを料金代わりに教えてあげましょう――と、二人のラグナスは視線を交わした。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。