アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第23話)

第三章  姉の想い、妹の気持ち 5 ―潜伏―

スポンサーリンク

 

 

         5

 高校から帰宅する先は、堂桜本家の屋敷ではない。
 統護は深那実に指定された道順で迂回して、宿泊しているホテルへと帰った。
 裏通りに埋没している安ビジネスホテルや安モーテルとは違い、ホテル自体は一級品といってよい。事実、標準で一泊五万円という値段が全てを物語っている。
 それでも深那実は慎重と用心を統護に要求した。
(あの人、どんだけヤバイ橋を渡ってんだよ)
 広大なエントランス・ロビーを通過する。堂桜一族が使用するにはグレードが低すぎるが、統護のメンタルは一般庶民だ。とある業と血脈を影ながら継ぐ一族――といっても、実態は安サラリーマン家庭で住まいは中古マンションである。
 歩いている廊下は、中古マンションの狭くて小汚い共用廊下とはまるで違う。
「……どうにも贅沢には慣れないな」
 苦笑しつつ呟く。
 元の世界の生活を、ふと懐かしく感じた。
 技法を継ぐ為の生活は、この異世界とは対極で、清貧かつストイックであった。訓練や修行という名目で、年に三度は山籠もりを強要されていた。しかもほとんど身一つで行かされた。自然と対話するのに必要らしい。真冬であっても滝に打たれ、川で魚を捕らえ、野生の鹿や猪を狩るのも、遙か古に一族の祖が交わした神々との〔契約〕だそうだ。
 深那実が言った誤魔化しは少々的外れである。自分のわざと躯は〔魂〕を清める儀式の一部に過ぎないのだから。格闘戦には、変人の母から強制的に教え込まれた近代ボクシングをベースに立ち回った方が効率的というだけだ。イザとなれば、業をもったいぶるつもりはない。単に格闘用という意識がないだけなのだ。なにしろ流派名すらないのだから。
「もう『ぼっち』には戻りたくないけれど……」

 高級品に囲まれるよりも、また独りで山に籠もり自然に囲まれたい――と思ってしまう。

 以前はあんなにも嫌で苦痛だったのに。
 やはり自分は『ぼっち』気質なのか。
 超人化している肉体に、もうフィジカル・トレーニングは必要ないかもしれないが、精神を研ぎ澄ます為に山に還りたい。元の世界では、山は様々な〔  〕を感じられる特別な場所だった。
 だが、この異世界――【イグニアス】は元の世界とは異なり、自然に溢れた山で精神を高めなくとも、容易に〔  〕に触れ、感じる事ができる。逆に意識のチャンネルを制御しなければ、過剰に反応してしまうくらいだ。
 気が付けば、深那実の部屋に到着していた。
 フロントで解錠用【DVIS】と鍵は受け取らなかった。
 統護は魔術が使えない。うかつに触れて扉の魔術ロックを解除しようとすると、ロック用の施設【DVIS】を破壊してしまう。よってノックするしかない。こういった時は、融通を利かせられる大財閥の御曹司でよかったと再認する。もしも一般庶民のままでこの異世界に転生していたのならば、日常生活すらどうなっていたか……
 コン、コン、……コン!
 リズムを変えて三度。打ち合わせ通りにする。
「深那実さん。俺だ。いま帰ったよ」
 ドア前に防犯カメラは設置されているが、用心として合い言葉を数パターン決めてある。
 今回は――
「質問1。私のパンティは清楚な白でしょうか、それともスケスケの黒でしょうか?」
「フリフリのピンク」
「質問2。貴方にとって琴宮深那実という女性は?」
「宇宙で最愛の人」
「質問3。私のブラのカップは?」
「マグカップ」
「よし、入って」
 ドアが開けられた。もう少し暗号の言葉を何とかして欲しかった。


 深那実の部屋――というか統護が宿泊費を出している部屋は四人部屋である。
 統護が深那実の延滞料金を支払った時には一番安いシングルルームであったのだが、統護が宿泊代を受け持つ事になると、深那実は四人部屋に引っ越してしまった。統護としても深那実とシングルルームで同居するわけにもいかないので、引っ越し自体は否定できないが、ここまで広い部屋にする必要性は見いだせなかった。
 深那実は部屋に据え付けてあるPCではなく、自前のノートPCを熱心に弄っている。
 晄との会話は、すべてICレコーダに記録してあった。レコーダは口頭での簡単な報告の後、深那実に引き渡している。
 授業の予習復習に身が入らず、手持ちぶさた気味の統護は、深那実に声をかけた。
「なあ? ちょっといいか?」
「ん~~? なぁに?」
「どうして深那実さんは宇多宵に目を付けたんだ?」
「言ったでしょ。金になりそうな歌だからって。統護くんと一緒で、個人的なコネを作っておきたい相手。世に出る手助けをして恩を売れれば、なお良しって」
「本当にそれだけかよ」
「何が言いたいのかなぁ?」
 別に悪い意味ではない、と統護が言おうとした時。

『ルームサービスでございます』

 インターホンから、若い女性の声が届いた。
『お待たせいたしました。ご注文の品をお届けに参りました』
 統護と深那実はほぼ同時に言う。
「深那実さん、また頼んだ?」
「あれ、統護くんが頼むなんて珍しいわね」
 顔を見合わせる。
 戦闘態勢を整えようとした統護に、深那実は唇の動きだけで「隠れなさい」と伝える。
(落ち着いていやがる)
 微塵も動じていない深那実に、統護は内心で舌を巻く。すかさずソファーの下に隠れた彼女に続いて、統護もカーテンの影に身を潜めた。二人とも音は一切立てなかった。
 遠くでドアが開く音。
 小気味よい足音が近づいてくる。
 メインルームである居間に、小型カートを押した給仕服の女性が入ってきた。
 濃紺を基調とした簡素な従業員用制服で、メイド服と呼べるようなフリルは付いていない。
 統護は息を押し殺す。
 魔術ロックと電子ロック、共にこちらの操作パネルから解錠していない。
 不法侵入だというのに、セキュリティ・システムは沈黙している。つまり、そういう相手だ。
 山籠もりで餓えたヒグマと遭遇した時でさえ――こんなプレッシャーは感じなかった。
 給仕服の女性は部屋の中央で足を止め、グルリと睥睨した。
 薄く横長い唇の端が、微かにつり上がる。

「それでは、ご注文のお品――『死』をサービスさせて頂きます」

 次いで「――ACT」と給仕女は口にした。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。