アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第24話)

第三章  姉の想い、妹の気持ち 6 ―統護VS鈴麗①―

スポンサーリンク

 

 

         6

 彼女のオリジナル【魔導機術】が立ち上がり、その外見に変化をもたらしていく。
 カーテンの影から覗く統護は、左胸の布地の奥が微かに光ったのを見逃さなかった。
 給仕女の全身が、虹色に色彩を変化させ続ける燐光に包まれた。
(使用エレメントは【光】か)
 給仕女は身に纏っている給仕服を剥ぎ取り――チャイナドレス姿になる。
 腰までスリットが大胆に入っている黒と赤を基調とした衣装だ。特徴は身体に絡みつくように描かれている昇り龍の刺繍。
 地味で無印象な給仕女から、蛇めいた印象の艶やかな中華美人へと変貌していた。
 ソファーの下から、深那実が小馬鹿にした口調で言った。

「わざわざ着替える必要あるぅ!? ミス・ドラゴンさん」

 ミス・ドラゴンと呼ばれた中華女は、声に反応し、視線をソファーへ向けた。
 その一瞬を、統護は見逃さない。
 カーテンの影から躍り出ると、姿勢を低くし、相手に向かって一直線に突っ込んでいく。
 狙いは――左胸布地の奥。
 すなわち敵の専用【DVIS】を、右ストレートで打ち抜く。
 ぱぁん! という甲高い音が鳴る。
 統護のダッシュナックルが炸裂した。
 だが、炸裂した箇所は敵の【DVIS】ではなく、敵の右手の平であった。つまりキャッチされてしまった。中華女の視線は深那実が潜むソファーへと向けられたままである。
「……甘いですね、堂桜統護。いえ、《デヴァイスクラッシャー》」
 着弾時に、手の平の上からでも魔力を流し込んだが、敵の魔術に影響は及んでいない。
 もはやお約束の対策ともいえる『魔力コーティング』で防がれているようだ。
 読まれていた。
 不意打ちだけではなく、統護が初撃で【DVIS】を狙う事まで。

 ボクシングをベースにした戦い方は研究されている――と、実感した。

「なら、これならどうだ?」
 空いている左手による左ボディフック――とみせかけて。
 キャッチされている右拳を開き、小手返しの要領で手首を支点に外回しする。相手の右手の付け根を抑え、手の平を上から包み込む様に手首を極めにいく。
 くるん、と中華女の手も同調するように回転した。
 極められない。
 次の瞬間から攻防の質が変化した。
 ガガガガガガガガッ!
 手と手が、前腕と前腕が、ぶつかる音が連なる。統護と中華女の右腕が激しく、一定のリズムで小気味よく交錯する。腰を入れたパンチの応酬ではなく、肩関節から下を使った、挿し手争いに近い複雑な挙措だ。
 ガツン、と双方の裏拳が、鏡合わせのようにぶつかる。
 そこで両者、動きが止まった。
「ほぅ。クンフー(功夫)も使えたとは」
「嗜んでいるって程度だよ。そっちこそ中国拳法って事は――兇手と呼ばれる類か」
 流れを変えられないか。相手は――達人で強敵だ。
「イエス。私はプロの暗殺者よ」
 膂力を込めても、相手の腕はビクともしない。サイバネティクス強化されている様だ。相手の腕と肩を破壊し尽くしても構わないのならば、まだまだ筋力の上限まで余裕はある。しかし現段階でそこまではしたくない。甘いと自覚はあっても、安易に相手を壊したくない。
 ニィ、と女兇手は好戦的に頬を歪める。

「では私の【基本形態】――《カメレオン・ミラージュ》の妙を味わいなさい」

 ヴゥン、という音と共に、女兇手を包む燐光が膨らみ、その輪郭を曖昧にしていく。
 全身が眩く発光する。魔術の光だ。
 身体が左右に分かれ、三つに分身した。
 統護は迷わず中央の女兇手に左ストレートを放つ。
 すり抜けた。
 ミスブローしたと理解した瞬間、統護は拳を引き戻さずに、放った勢いを利して前転する。
 ひュごッ、と空気が鳴いた。
 刹那の差で、右側の女兇手の貫手が、統護の後頭部の髪の毛を掠める。
 前回り受け身から素早く起き上がると、統護はファイティングポーズをとった。
「おいおい。お約束と違うだろ。普通は真ん中が本物じゃないのかよ」
 冷や汗ものであった。
 右に移動しつつ光学的残像を生成し、その残像が左に分裂していたのだ。真ん中が本物という分身の先入観を逆手に取るだけではなく、相手の側面に回り込めるという利点もある。
「なるほどパンチ主体であっても、ボクサーじゃないわけね」
 ボクシングの定石通りに拳を引き戻していたのならば、確実に倒されていた。
「まぁな。一番実戦的だからベースにしているってだけだ」
「体幹の使い方とクンフー(功夫)の腕からして、本当の貴方は古流――と見受けます」
「そんな大層なモンじゃないさ」
 確かに『古のわざ』だが、流派名すらないので古『流』とは呼べない代物だ。
「興味ありますね、貴方が秘める本当の武に」
「悪いな。その期待には添えないかな」
 投げ技主体だと一対一のケースでしか使用できない。寝技も同じだ。蹴りを主体とした格闘技だと、拳主体よりも空振りの隙が大きい。ハードパンチャーである事が前提になるが、やはりボクシングの実用性は、他格闘技よりも頭一つ抜けている。反面、ハードパンチャーでなければ最弱の格闘技ともいえる上、どの格闘技より防御技術に才能を要する。
 仕切り直しだ。
 意識をボクシング・スタイルに戻した。
 やはり、この戦闘スタイルに拘りがある。
「無駄とは分かっていても、通報って手段はないのか、深那実さん」
「やっても無駄と分かることはやらない主義だから」
 深那実はソファーの底から這い出てきた。
 そして女兇手に右手を挙げ、にこやかに挨拶する。
「割とお久しぶり。ミス・ドラゴン」
「その異名はあまり気に入っていないわ」
「確かにダサいもんねぇ。見た目ドラゴンってよりも毒蛇って感じだし。じゃ、偽名だろうけれど、龍鈴麗って呼んであげる。貸し一つだからね」
 ロン・リンリー。統護はその名を記憶に刻む。
「深那実さん。この龍さんと知り合いかよ」
「悪の組織の手先よ、彼女。これが四度目の襲撃かしらね。どうやら私が魔術を使えないって知って、懲りずに口封じにきたってところかしら。モテる女は辛いわねぇ」
「正確には、その情報の真偽を確かめに来たってところよ」
 何度もヒットマンに狙われているっていうのは本当だったのか、と統護は顔をしかめる。
「アンタ、いったいどれだけヤバい情報握ってんだよ」
「そりゃもう沢山よ」
「手を引きなさい、堂桜統護。その女に関わるべきではないわ。今なら見逃せる。堂桜淡雪が健在である以上、貴方も殺して構わないと命令されているけれど、正直いって私は貴方を殺したいとは思わない」
「ご忠告、感謝するけれど約束は守る主義なんだ」
 プロの暗殺者といっても随分と饒舌でウエットだな、と統護は違和感を覚える。
 視線を鈴麗に固定したまま、深那実に訊いた。
「質問いいか深那実さん。この龍さんを差し向けた組織って分かっているのか?」
「もちろん。ニホン人なら誰でも知っている超巨大な悪の組織よ」
「やっぱりそうかよ」
 小さく畜生と呟く。超巨大な悪の組織とやらに心当たりがあり過ぎる。
「我が組織に気が付いたのならば、ここで引き返しなさい。これが――最後の警告よ」
 統護が返事する前に、深那実が声を張り上げた。
「ばーかばぁーか!! 統護くんはね、この私のダーリンで一蓮托生なんだっての!  お前なんて統護くんにコテンパンにされちまえ!!  ……さっ、頑張って統護くん。私達の愛の為に」
 一瞬、本気で手を引こうと思ってしまった。
 しかし統護は気を取り直し、鈴麗を睥睨する。
 表面上、おちゃらけを演じているが、深那実は深那実で対策や作戦を考えているに違いない。
 鈴麗は特に気分を害した様子を見せずに、両手に付け爪を装着した。
 ファッションではなく、長く鋭利な刃物として機能する爪だ。
「否定をしないという事は、琴宮深那実の為に命を賭す、と解釈していいのね?」
「ああ。ダーリンとか愛は関係ないが、護るって約束したからな」

 護る。誰だって殺させない。そして、その為にも強くなってみせる。

(そうだ。【エルメ・サイア】を倒す為だけに俺は強くなりたいんじゃないッ)
 鈴麗から発散される気配の質が変わった。
 本気で――殺しにくる。
 この感覚。まだ十戦未満なのに慣れているのが、自分でも苦笑してしまう。
 異世界で人生をやり直した結果が、戦いの日々とは。
 MMフェスタ開幕前からハードな展開だ、と統護は両拳を握り直し、感触を確かめた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。