アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第18話)

第二章  シンパシー 6 ―制約―

スポンサーリンク

 

 

         6

 凱旋ライヴの初日は大成功で幕を閉じた。
 二度目の襲撃はなかった。
 ユリではなく『ゆりにゃん』の強さを、オルタナティヴは舞台袖で確認した。
 やはり榊乃原ユリには『ゆりにゃん』が必要なのだろう。
 今は深夜の一時半過ぎ。
 場所は、今回の凱旋ツアーのメイン住居である『堂桜ネオ東京ホテル』の最上階だ。
 二百平米を超えるスィートルームの寝室で、ユリは寝静まっている。
 ライヴ初日の緊張と疲労。
 そして女兇手の襲撃事件。
 撃退と護衛には成功したが、予想通りに撤収した女兇手を取り逃がしていた。光学魔術による幻影効果で、監視カメラの記録も参考にはならない。物証は多く残されているが、そこから女兇手に辿り着けるか――と考えると、否である。残しても構わないレヴェルの物証しか残さないであろう。
(それに……あの女兇手はメインの敵じゃない)
 濡れた黒髪が背中に張り付いている。
 白い湯気に裸体のラインが隠されている。
 熱いシャワーに打たれながら、オルタナティヴは今日一日を反芻していた。
 厳戒態勢を敷いているこのスイートルームでなければ、ユリから目を離して入浴を行うのは困難である。とはいえ、イザという時は即時対応可能なように心掛けている。
 まずはユリを狙うストーカーの正体を暴く。
 その暁には、ユリの本当の敵を――斃す。
「約束したもの。ユリを、いいえ、大宮和子という歌い手を救ってみせると……」
 共感したモノがあったから、このミッションを受けた。
 本音をいえば、堂桜関係のイベントに近づくリスクは避けたかった。そして危惧は現実になり、再会してしまった。二度と会わないと誓ったはずだったのに。
 重なった視線。なるべく合わせない様、気を付けた筈だった。

 涙まみれの淡雪の双眸。

 ギリ、とオルタナティヴは奥歯を摺り合わせる。
 どうしても脳裏から離れない。
 自分はずっと淡雪にあんな表情をさせてきたというのか。
 本当は名乗りたい。本当はずっと逢いたかった。

 〔制約〕――なのだ。

 元の自分を棄て去るのが、この身に生まれ変われる条件だった。
 自分の正体を知っている父とも、表立って、父娘としては振る舞えない。振る舞うことが許されない〔制約〕が、呪いそのもので掛かっている。心では父と呼んでも、口では言えない。
「――棄てたんだよ、淡雪」
 もう口に出して、面と向かったお前を妹とは呼べない。
 その資格を棄てて、アタシはオルタナティヴになった。それを赦された。
 ばん! と浴室の壁に両手をついた。
 項垂れて、頭からシャワーを浴び続ける。
 止めどなく両目から流れ出る液体を、顔面を伝うシャワーよりも熱く感じた。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 堂桜一族のナンバー2に君臨する男――堂桜栄護は、深夜の来訪に驚いていた。
 宿泊しているホテルの超高級スィートルームに、相手は唐突にやって来た。
 最初、栄護は不躾な相手に激昂しそうになった。
 出張という名目で、久方ぶりに愛人との逢瀬にこぎ着けたのだ。野心に溢れ、多忙な身である栄護にとって、今夜は楽しみなイベントであった。一戦が終わり、月額五十万円で囲っている相手が寝入ってしまっていても、しばしその余韻を味わっていた。
 それがブチ壊しである。
 世代的には初老の域でありながら壮年の隆盛を維持している鋼鉄の肉体を毛布からはだけ、栄護は頭髪をオールバックにしている額に掌を当てている。
 指の隙間から覗く目は――畏怖に染まっていた。
 栄護とて、前世代の堂桜一族において直系に系譜される、超一流の戦闘系魔術師ソーサラーである。
 その彼が【ソーサラー】として現役を退いているとはいえ、こうも露わに怯えている。
 震える声で、栄護が呟く。

「ど、ど、どうして……。セ、セイ、」

 無粋な闖入者は「黙れ」と、栄護の言葉を遮った。
 栄護は額に当てていた掌を口元へと移動した。
「あたしのコードネームを口にしていい者は、同格か、このあたしが認めた者のみよ」
「す、すいませんでした」
 小さい音量は、寝入っている愛人への配慮ではない。
「に、しても。……ぅふふふふ。なかなか面白い前哨戦だったわね」
 闖入者――いや、すでに誰なのかは、栄護には判っている。
 照明が点いていない暗闇の中、容姿の詳細までは判別できないが、このシルエットは……

 【エルメ・サイア】から派遣されてきた大幹部――『コードネーム持ち』である。

 しかも能力的には、事実上の『最強』とまで評されている【エレメントマスター】だ。
 今宵、初めて栄護の前に姿を現した。
 栄護が方々まで手を回し、このニホンへの密入国に尽力したのだ。とはいっても、どの幹部がニホンに赴いてくるのかまでは、当の栄護にも知らされていなかった。
 多層宗教連合体【エルメ・サイア】。
 多数の宗教団体の裏組織が手を組んでいる、世界的な魔術テロ集団――と定義されているが、実相としては、もはや教義など有名無実となっている。魔術が根幹技術となっている今の世界を改革する、という名目で世界的に活動している超巨大テロ組織である。
 現状の魔導世界を否定しながら、その魔術をテロに利用するという過激派だ。
 幹部をはじめとした有力者も【魔導機術】とは切っては切れない関係にある者が大半である。
 つい先日まで、このニホンにおいては【エルメ・サイア】への防衛ラインは完璧だった。
 しかし、この栄護の手引きによって《雷槍のユピテル》という『コードネーム持ち』――すなわち【エレメント・マスター】と呼ばれる究位の魔術師である幹部が、ニホン潜入に成功していた。
 だがユピテルは栄護の思惑に反して、かの《隠れ姫君》事件で堂桜統護に謎の敗北を喫し、ニホン政府の特務機関によって身柄を拘束されている。堂桜一族上層部の意向で、ルシア・A・吹雪野による統護の戦闘データが放流されているが、明らかに肝心な部分をぼかした代物であった。特に対ユピテル戦は途中から決着までの一部が不自然に過ぎる映像だ。改竄した跡は解析できないが、あの女の魔術特性ならば、その程度の芸当は可能なはずだ。
 この幹部は、そのユピテルを解放するという命令の下、ニホンに潜入したのだ。
 その為に、【エルメ・サイア】の首領――《ファーザー》は最強の手札を大胆に切ったのである。
 まともに魔術戦闘して、この最強の戦闘系魔術師ソーサラーに勝てる者は皆無らしい。
 栄護としてもユピテルに続く【エルメ・サイア】との直接的なコネクションの為に、協力は惜しまなかった。またコネクションのあるユピテルの解放は、栄護の望むところでもある。
 栄護は『コードネーム持ち』に窺い立てる。
「そ、それで今夜は何の用で?」
 本来ならば、栄護の方から挨拶を試みるべき相手である。それも相手の極秘性を考慮した上になる。もしも新たな協力要請ならば、惜しむつもりなど毛頭ない。
 その問いに対し、『コードネーム持ち』は小馬鹿にしたように答える。
「暇だったから、挨拶がてらにちょっとベッドの相手を……なんて、思ったけれど、どうやら先客とよろしくやった後みたいね」
「は、ははは……」
 冗談にしても笑えなかった。どんな状況であろうと、この相手に勃つはずがない。
 いかにその裸身が魅力的であろうと、ただ純粋に恐怖するだけだ。
「ま、そっちは最初から期待してなかったけれど、ちょっと言伝があってね」
「言伝、ですか?」
「余計な手回しは要らない。特に堂桜統護は泳がせなさい」
「いいのですか?」
「これは命令よ。それから――」
 暗がりにおいても、『コードネーム持ち』が嗤ったのが、感じ取れた。

「――MMフェスタで、邪魔な榊乃原ユリを消し去るついでに、お前が願っていた通りに、あのオルタナティヴって小癪な小娘も葬ってあげるから」

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。