アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第1部(第24話)

第三章  それぞれの選択 1 ―微笑み―

スポンサーリンク

 

 

         1

 

 淡雪にとって兄の統護は特別で、統護にとっても淡雪は特別だった。
 統護はその才能と能力、そして家柄によって女性にもてた。
 兄が小学生の頃から様々な女性にアプローチを受けていたのを、淡雪は知っている。
 しかし統護は誰にも興味を示さなかった。
 人間嫌い以上に――女性が嫌いのようであった。
 しかし淡雪は女性だ。
(お兄様が私に向けていた特別な感情――その正体はなんだったのでしょう?)
 実妹に対する禁断の恋愛感情などではない。
 かといって、身内に対する家族愛や親愛とも少し異なる。
 むろん淡雪の兄への想いも、恋愛感情ではなく、たぶん淡雪を贔屓せずに特別だと云う兄に対しての畏敬の念だったのだろう。

 

 ――〝どうしてこの俺がこんな女を〟――

 

 基本的にクールな兄が、あれほどまでに感情を露わにしたのは、あの時が初めてだ。
 コードネーム《隠れ姫君》ことアリーシア・ファン・姫皇路の護衛任務を、一族会議で通達された時だった。メインは兄で、妹である淡雪はサポート役を命じられた。
 万が一の時には、統護は責任をとれと云われていた。
 アリーシアと統護が同じ学校で同じクラスなのは、最初から仕組まれていたのだ。
 兄は任務に対しては実直だったが、明白にアリーシアを嫌っていた。
 その事を、淡雪はなんとも思っていなかった。
 自分もただ堂桜一族本家の人間として、この試練を兄と共に超えるだけだと割り切っていた。
 そのはず……だった。
 兄は消えた。特別であるはずの自分に何も云わずに。
 そして兄が帰ってきた。

 

 ――〝じゃあ、――改めてよろしくね、統護〟――
 ――〝こっちこそな、アリーシア〟――

 

 二人は親しげに名前を呼び合い、あろうことか近い距離で見つめ合っていた。
 正確には、この統護は失踪した元の統護とは別人である。
 平行世界において無限に存在している『堂桜統護』というラベルを共有している別個体が、なにかの因果でこの【イグニアス】に転生してきた――別の統護だ。
 別の兄は、元の兄とはまるで違う。
 基本的に女にもてそうになかった。外見は元の統護と同一なのだから決して悪くはないはずだが、不思議と女と無縁そうなのだ。
 だから安心した。そう。安心である。
 この統護にとっても、自分は特別でいられるだろう――と。
 いや、妹である自分だけが統護を護れる存在なのだ。彼にとっての異世界で、その秘密を知るの自分だけなのだから。

 

 ――〝お初にお目に掛かります、堂桜統護〟――

 

 ルシア・A・吹雪野の台詞が、衝撃をもって再生される。
 直感した。今の統護が異世界人であると知っているかどうかは別にして、今の統護が元の兄とは同一人物にして別個体だと、ルシアと那々呼は判っている。
 そして――

 

 ――〝よろしくお願いします、ご主人様〟――

 

 女を毛嫌いしていた元の兄とは正反対に、今の兄はメイドのキスを無警戒に受けて、頬まで赤くしていた。
 アリーシアへの態度にしても同様だ。
 なぜ元の兄と同様に拒絶できない。彼女達に特別は淡雪だけだと云わないのだろう。
 再び蘇るキスシーン。何度も何度もくり返される接吻場面。
 こ、こ、こ、こ、こ、
 この浮気ものぉぉおおおおぉおおおお~~~~~~~っ!!
 と、声にならない叫びを響かせたところで、淡雪の意識は夢から覚醒した。

 

スポンサーリンク

 

 

         ◇

 

「はぁっ、はぁっ、はぁっ」
 起きた時には、布団をはね除けていた。
 こんなにも乱暴な寝相は、幼少時以外では記憶にない。
 淡雪は陰鬱にため息をつく。夢の内容は克明に覚えている。
「元のお兄様。異世界からのお兄様は、優柔不断でとんだ女たらしです」
 本当ならば本家ではなく、孤児院【光の里】に押しかけたい。
 しかしそれは立場上、許されなかった。
 統護が独断で【光の里】に赴けたのは、今の兄が以前の兄とは違い、次期当主の立場から追われつつあるからだ。
「私が代わりにそのしがらみを受けます。お兄様」
 だから他の女にデレるな、と目を据わらせた。
 時計に目をやる。まだ四時前だ。普段は六時起きで、まだ二時間も余裕がある。
 しかし淡雪は起床した。
 清めの水浴びをする為、自室から出て板張りの縁側を歩いて行く。
 普段は影のように付き従っている年下の専属侍女が、やや遠慮がちに声を掛けてきた。
「少し変わられましたね、淡雪様」
「え」と、淡雪は軽く驚く。
「以前の淡雪様は感情を殺しているようでなんだか人形めいていましたけど、今の淡雪様って表情が豊かになって、前よりも魅力的になられました」
 きょとんとする淡雪。
 その反応に、侍女は恐縮した。
「あ、あの。失礼な事を言ってしまい、」
「いいえ」
 淡雪は優しく降りしきるパウダースノゥのような微笑みを浮かべた。
「ありがとう。嬉しい言葉でした」

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。