アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

MENU

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第1部(第29話)

第三章  それぞれの選択 6 ―混浴―

 

※)入浴シーンという事で、性的表現に配慮してスポンサーリンク等を非表示にさせて頂きます。このページに限りサイドバー等が無いのはバグではありません。

 

         6

 学校の屋上での、異母兄との邂逅から三日が過ぎていた。
 アリーシアは一日一度ずつ【黒服】を装備した【ソーサラー】達の襲撃を受けた。
 時間帯は決まっていた。放課後の訓練の時間である。
 エルビスとフレアは姿をみせず、相似形のような黒い男性達だけだった。
 淡雪と締里が撃退した。
 校庭では残りの『アクセル・ナンバーズ』が彼等と戦っていた。
 形の上では退けている。
 しかしアリーシアにさえ分かっていた。彼等は本気でアリーシアを捕らえにきたのではなく、自分達に損害がでない範囲で牽制しにきているだけだと。
 精神的に追い詰めにきているのだ。
 そしてアリーシアの心境は、確実に変化していた。
 また後日、というエルビスの言葉が、鐘撞きの残響のようにアリーシアの脳内で激しくリフレインする。
「はぁ……」
 湯船の中で膝を抱え、鼻先まで沈み込んだ。水面にぶくぶくと泡が浮かぶ。
 会いたかった。
 もう一度、異母兄に会って、色々と話をしたい。
 王族云々よりも血を分けた家族として。
 のぼせそうになったので、アリーシアは風呂から上がることにした。
 【光の里】の風呂場はそれほど広くはない。一般家庭の三倍ほどで、一度に入れるのは五人が限界といったところか。
 時刻は午後九時。それが利用時間のリミットだ。今日はアリーシアが最後なので、この後、風呂掃除当番の子に報せる必要があった。

「――どうぞ、ご主人様」

 聞き覚えのある声――ルシアの声色が、脱衣所から聞こえた。
 そういえば今日はまだ帰っていなかったな、とアリーシアは思い出す。と、同時に。
(ご主人様?)
 アリーシアの頬が引き攣った。
 ストップの声は間に合わず、風呂場と脱衣所を仕切る曇りガラスのドアがスライドする。
 タオルを腰に巻いた統護と、濃紺のスクール水着をきたルシアが入ってきた。

 なぜ……スクール水着?

 思わずアリーシアの意識がそちらにもっていかれる。豊満な胸に引っ張られている布地には平仮名で『るしあ』と記された名札が縫い付けられていた。
「おい、ルシア。先客がいるぞ」
 と、冷静に言いつつ回れ右をしない統護に、アリーシアは突っ込みを入れる。
「いやいやいや。その前にどうして統護はルシアとお風呂に?」
「どうしても背中を流したいっていうから、その、断れなくてさ。水着を着用するという条件で妥協したんだよ」
「凄いマニアックな水着なんだけど」
「俺もビックリした」
「……で、私も入浴中なですけど」
「悪かった。目を瞑るから出て行ってくれ」
 言葉通りに統護は目を閉じた。
 そんな統護と、さも当然といった態で横にいるルシアを、アリーシアは半白眼で見比べる。
「どうした? 覗いたりしないから早くしてくれ。ぶっちゃけ寒い」
 かちん、ときた。
「私まだ入っているから、よかったらご一緒にどうぞ」
「いや、どうぞっていわれても」
 統護は目を瞑ったまま戸惑っている。
「仕方ありません。一緒に入りましょう、ご主人様」
「おい! どうしてそうなる!?」
「って、どうしてスク水を脱ぎ始めるのよ!?」
「脱いでいるのか!?」
「ちょっと、かなり嬉しそうよ!? 統護!」
「ワタシだけ衣類を着用しての入浴は不公平かつマナー違反ですので」
 紺色の布地を取り去り、雪のように白い肌を全て晒したルシアは、依然として目を瞑ったままの統護の手をとる。統護を誘導して、共に湯船に入った。
 瞬時にアリーシアはルシアのプロボーションを吟味する。グラマラスでメリハリのある肢体であるが、自分とて決して劣っているわけではない、と判断した。
「ちょっと。身体を洗ってから入りなさい」
 真ん中がルシアなのが、癪に障る
「そうだな」
 統護は湯船から出て、手探りで風呂桶を探して、腰をおろした。
「危ないから目を開けたら? 足下滑るし」
「遠慮しておく。色々と大惨事になりそうだから」
 統護は股間を隠していた。ついアリーシアの視線もソコに行きがちになる。
「ご主人様。お背中を流しましょう」
「いいわよ。私がやるから。ルシアはそのまま温まっていなさい」
 二人の反応を待たずに、アリーシアは湯船から出た。のぼせそうだったので、湯船から出るだけで随分と楽になった。
 アリーシアは統護の背中を流し始めた。
「こういった場面だと、淡雪さんが乱入してきそうだけど」
「俺もありそうなオチだと思うが、生憎とアイツは本家の一族会議に召集されている」
「統護はいいの?」
「今の俺は次期当主じゃないし、アリーシアの護衛もある」
「そうね」と、アリーシアは声色を落とした。
 再び思い出したのだ。一時でも忘れたかった現実を。
 服の上からでは判らなかった、想像よりも筋肉がのっている逞しい背中を、スポンジで擦りながらアリーシアは訊いた。答えが見つかるかもしれないと。

「統護はさ、……堂桜財閥の跡取りって立場を、どう受け止めているの?」

 目の前の背中が、ピクリと動いた。
 馬鹿げた事を口にした、とアリーシアは後悔する。
 堂桜統護はサラブレッドだ。産まれた時からその環境に身を置き、それが当然で立場に相応しい能力と才能を誇っていた。
 今の統護は【DVIS】を扱えない状態だが、それも一過性でいずれは元に戻るだろう。
 なによりも魔術を失っても、代替的に超人的な肉体能力を得て、そして美弥子との魔術戦闘で、彼の才覚がいささかも輝きを失っていない事を証明してみせた。
 校舎の屋上で、ただ無力に護られているだけの自分とは、根本的に違うのだ――

「分からないよ、俺にも」

 想像もできなかった、統護の弱々しい声色だった。
 いや、困った声というべきか。
「参った。まさか統護がそんな事を言うなんて」
「俺は、かつての俺とは違う。色々と違うんだ。けれど、どうしていいのか、迷っている」
 スポンジを擦る手が止まった。
 同じだ。
 唐突にアリーシアは直感する。彼が自分を見る目が変わったと感じた原因は――きっと、自分と同じ弱さと戦っているからなんだ。そして、きっとそれがスタートライン。
「同じだよ。私も、迷っている」
 それが素直な気持ち。アリーシアはありのままの今を受け止める。
 気が緩んだ。
 そして意識が遠のいていく。

 ああ、かんぜんに、のぼせているな、わたし。

 統護の背に倒れ込んでいくアリーシアは、せめてものアピールに胸を押し当てた。
 将来に対する答えは、まだ出ていないけれども。
 統護への気持ちに対する答えは、出ていた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。