アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第59話)

第四章  宴の真相、神葬の剣 21 ―オルタナティヴVS此花①―

スポンサーリンク

 

 

         21

 ==========================
 |                          |
 |    MKランキング・ファイナル         |
 |    ―最終決戦―                |
 |                          |
 |     主催者 エレクトロマスターの此花     |
 |                          |
 |            VS            |
 |                          |
 |     ラグナロク優勝者 オルタナティヴ     |
 |                          |
 ==========================

 ムサシは力なく上体を持ち上げた。
 けれど立ち上がる事はできない。ダメージが深く、当面は戦えないだろう。いや、そんな事よりも……
(いったい何を言っているんだ? 此花の奴は)
 理解できない。《エレクトロマスター》? 脳が認識を拒絶していた。敗北の悔しさやムカツキどころではなく、豹変した此花に、ムサシは困惑するのみである。

 纏っている雰囲気が、ムサシの知る此花とは違う。

 此花とオルタナティヴの対峙。
 最早、自分が割って入る隙間はないのだと、本能的に察していた。
 一比古が背後から、やや乱暴にムサシを引き上げる。そして、此花の専用【AMP】――特製ゴーグル(名称は《デスアイズ》)を差し出す。
「これを装着して、ムサシちゃんも私の一部になるんだよ」
 男の口から出る言葉は、口調と特徴は此花のものだ。
「此花の一部だって?」
「うん。この【AMP】――《デスアイズ》によってムサシちゃんは、この男と同じ《デジタライズ・キョンシー》となる」
「だからお前は何を言って……」
 今度は直接、此花が言った。普段通りの朗らかな笑顔で。
「分かって。これはムサシちゃんと私が『本当に結ばれる』為に必要な儀式だよ」
 儀式? イニシエーション? お前まるで別人じゃないか。
 ムサシは虚ろな視線を巡らせる。背後にいる一比古以外の《デジタライズ・キョンシー》達を見た。そして気が付く。ああ、彼らは全て。

 両親や姉に、つまり――ムサシが殺してきた者達だ。

 此花は死体をこんな場所に保存していたのか。
 腐敗していないという事は、魔術で死体を管理していたのだ。
 そして己のオリジナル魔術に利用した。そもそもムサシは此花が戦闘系魔術師ソーサラーだと知らなかった。すなわち現状は最初からのシナリオ通りで、計画されていた事なのだ。
(なんてこった。そういう事だったのか……)
「そうか。俺は最初からお前に利用されていたんだな」
 怒りはなく、それどころかどこか清々しかった。
 幼い頃からずっと、此花を都合のいい女として利用していた、つもりだった。
 見下していた。体のいい操り人形。そう此花を思っていた。
 けれど本当に利用されていたのは、操り人形だったのは、此花ではなく、自分の方だったのである。
 ムサシは自虐した。
「振り返れば、そうだ。結果だけ見れば、俺はお前の言いなりで動いていたな。自分で決めて、お前を利用していたと錯覚していけど、状況も含めて、全てお前に煽動されていた……」
 黒壊闇好こと累丘琉架をピエロだと嘲笑したが、自分の方が余程ピエロだったとは。
 騙されていた事に腹が立たない。それは、きっと惚れているのは自分の方という証左だ。
 此花は首を横に振る。
「違うよ。誤解しているよ、ムサシちゃん。確かに私はムサシちゃんを欺いた。でもそれはムサシちゃんに必要なんだよ。だって〔神〕様がそう託宣したんだから」

 ……〔神〕……だと? ムサシの両目が見開かれる。

 此花は首を縦に振る。
「うん。ムサシちゃんをこの【イグニアス】世界に転生させた、この世界の〈創造神〉。ムサシちゃんも知っているはずだよ。その〔神〕に選ばれし者の一人が、この私なの。私は選ばれた。【エレメントマスター】として、《エレクトロマスター》の此花として」
 誇りを込めた口調で名乗る。

 ――我らは〈使徒〉は〔神〕の代行者だと。

 二つの単語――〔神〕と〈使徒〉。
 そうだったのか。ムサシは理解する。ムサシをこの異世界に転生させた〔神〕は、此花という〈使徒〉で常にムサシを監視下に置いていたのだ。転生者であるムサシには、自由や自己意志など、最初から許されていなかった。〔神〕にとって駒の一つに過ぎなかったのだ。
 騙していたのは、此花個人ではなく〔神〕というわけである。
(やはり、なるぞ小説とは違って、旨い話には裏があったか)
 タダより高いモノはない。まさにその通りだ。けれど、相応にいい思いも味わえた。
 一比古が再度、【AMP】をムサシに勧める。
「さあ、早くこれを」
「これを装着したら、俺はどうなるんだ?」
「死ぬよ。だってムサシちゃんは人殺しが大好きでしょう? ムサシちゃんは嫌いなヤツを殺したいんでしょう? だったら最後に殺さなきゃ。この世界で一番嫌いなヤツを」
「ああ、そうか。そうだな。そういうコトか」
 納得する。此花は誰よりも自分を理解していた。ムサシ本人より。
(俺は……、俺は)

 この世界の誰よりも、自分が嫌いで、殺したかった。

 それに自分を殺せば、もう余計な殺人をしなくてもいい。そう考えると不思議とスッキリとした気分ではないか。
「怖がらないで、ムサシちゃん。私達は一つになるの。そして、この戦いが終わったら幸せになれるんだよ」
 そう〔神〕は約束してくれた、と此花が笑む。だから〈使徒〉となったのだと。
 ムサシは再び周囲を見回す。
 自分が殺した者達ではなく、オルタナティヴ、みみ架、琉架、里央といった面々だ。彼女達はムサシに何も言わない。言えないでいる。
 戦う前に警告したオルタナティヴ。心根が優しい里央。この二名さえも、もう言葉を発さないのだ。無念そうに――諦めている。
 例え一人でも「死ぬな」と口にすれば、ひょっとしたら躊躇した。正直、期待はゼロではなかった。他人は殺したいのに、自分は殺されたくない、なんて、なんて愚かだったのか。
 最後に最高の殺人を――と此花が嗤う。
 その笑顔に釣られて、クスリ、とムサシから笑みが零れた。
(くっくくくく。愉しいぜ。これが俺がやってきた事に対する因果応報ってやつか)
 さあ、ブッ殺そうか。フィナーレとして、世界で一番ムカつく男を。
 後悔はない。最高の人生だった。
 ゆっくりと特製ゴーグルを装着する。口元は満足げなカーヴ。
 着け終えた瞬間、ムサシの頭に魔術による莫大な電子が流れ込む。バツン!

 そして芝祓ムサシの意識と命が――途絶えた。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 死体が一つ、増えた。
 アレはもう人間ではなく、此花が操る《デジタライズ・キョンシー》の一体である。
 新にムサシの死体を加えて合計で十三体だ。
 里央はムサシに何も言えなかった。
 この状況では、何を訴えても綺麗事だと思ってしまったから。特に、戦えずに見守るだけの無力な自分には――
 けれど、里央は涙を堪えて、此花に言った。
「これしか、これしか結果はなかったんですか? 此花さん」
「ん? それは、どういった意味かな?」
「たとえこの最後の戦いに勝ったとして、此花さんにいったい何が残るというんですか! 何も残らないじゃないですか!!」
 殺人事件の犯人だと全世界に披露してしまった。そして、ムサシまでも間接的に手に掛けた。MKランキングも終わり、最後の戦いの勝敗にかかわらず、此花には未来などない。
 此花は比喩ではなく、本当に世界を敵に回した。
「それは違うよ、美濃輪さん。この戦は私にとって『全てを残す』為の始まりなんだよ。だって〔神〕様はそう約束してくれたの。だから私は〈使徒〉になった。【エレメントマスター】としてのチカラも授かったんだよ」
 何を言っているのか、里央には分からない。
「本気で言っているんですか? まるで〔神〕が実在しているみたいに」
「ええ。どうせ信じて貰えないでしょうけど、私は転生者の一人なのよ。しかも〔神〕によって前世の記憶を有している特別な転生者。加えて言うと〈使徒〉は私だけじゃないわ。他にも多数存在していて、影から私をバックアップしてくれている」
 里央は納得する。此花個人でこれだけの死体を此処に隠していたわけではなかった.組織的に隠蔽していたのだ。MKランキングにしても同様だろう。ならば此花は……
「バックアップ要員がいてこれだったら、此花さんは黒幕というよりも、矢面に立たされている戦闘要員じゃないですか。利用されているんです」
「そうね。否定しないわ。私は他の〈使徒〉を一切知らされていないし。ただ単に黒鳳凰みみ架を倒す為だけに、〔神〕がこの舞台を用意させたのは理解している」
 狂っている。里央はそう思った。
「しっかりして下さいッ!! この世に〔神〕なんて実在していないです! お願いだから目を醒まして!」
 だが、此花は里央の反応に何の感情も示さない。
「皮肉ね。魔術――【魔導機術】なんてシステムが存在する事は受け入れられるのに。私の元の世界には、魔術も〔魔法〕も存在していなかったわ。科学と物理法則のみ。魔術なんてオカルト、誰も本気で実在を信じていない、そんな世界よ。常識は一つじゃなく、無限に存在する平行世界だけある」
「え。魔術が……ない?」
「でもムサシちゃんの元の世界には、古からの〔魔法使い〕が、僅かに一子相伝で存在していると〔神〕は云っていたけど。それが誰かは、最近になって分かった」
 その〔魔法使い〕が誰なのか、里央には見当がついた。
 そして、反論できなくなる。
 此花は狂っていない。理知的に思考して会話している。
(まさか本当に〔神〕がこの世界に実在しているなんて)
 それどころか平行世界からの転生者までいるとは。まるで現実感がない話だ。
 此花がオルタナティヴに訊く。
「当然、私は貴女の正体も知っているわよ、オルタナティヴ。少年の躯を棄て、その少女の身を得た経緯と、貴女が〔神〕によって〔制約〕を負っている事も。そして〈資格者〉として再認証された事も」
 里央はオルタナティヴを見た。
 彼女は此花の台詞を否定しない。泰然と受け止めている。それは肯定だ。
 オルタナティヴは言った。

「このタイミングで〔神〕と〈使徒〉の存在を明かす事も、そちら側のシナリオなのね?」

 此花は頷いた。全ては〈創造神〉の御心のままに、と。
「貴女たち堂桜一族、特に〈資格者〉達は、この【イグニアス】世界に邪魔な異分子なの」
「そして委員長も邪魔というわけね」
「ええ。けれど黒鳳凰みみ架は【アカシック・レコード】の保護対象だと判明している。彼女の因果素子は超越存在である〔神〕でも侵せない。だから〈神下〉者ではなく、我ら〈使徒〉が倒さなければならないの」
「云っている事が矛盾している。一つ確認するわ。委員長が〔神〕にとって邪魔だというのは、彼女が『次代の堂桜の母』だからかしら?」
「いいえ。それは関係ない。黒鳳凰みみ架を倒すという意味も、生死ではないの。いえ、この世界では誰も彼女を殺せないもの。穢せないもの。だから、清らかな敗北という現実で彼女の心と誇りを叩き砕き、――《ワイズワードの導き手》としての資格を剥奪する。〔神〕の真意はそれだけよ」
「成る程、ね」
 二人の会話。意図して説明台詞で状況と秘密を明かしている。里央は理解した。
 イベント名は『ラグナロク』であった。
 意図はまさしく文字通りである。
 この世界の〈創造神〉はMKランキングで全世界の耳目を集めて、世界の異分子と定義した堂桜一族に宣戦布告したのだ。此花の台詞も含めた全てが演出の内なのである。
 この世界本来の支配者は、堂桜一族ではなく〔神〕なのだ、というアピールに他ならない。
 すなわち。

 魔術の利権で社会を治める堂桜一族。
 世界の〈創造神〉が遣わす〈使徒〉。
 反魔術テロ組織【エルメ・サイア】。

 一般庶民どころか国家権力すら関与が許されないが、紛れもなく戦争だ。
 いや、現代に復活した【聖戦】と呼ぶべきか。
 この【イグニアス】世界は、三つの勢力による三つ巴戦へと突入していく――
 此花が言った。
「ちょっとだけ予定が狂って、黒鳳凰みみ架の前に貴女を斃す必要ができたけど、丁度いいウォーミングアップになるかもね。貴女は実に斃し甲斐がありそう」
「いいえ。貴女はここで終わる。アタシが今回の事件を、この手を終わらせるわ」
「無理だわ。もう充分に戦力――〔スキル〕は蓄えたわ。この《エレクトロマスター》は誰が相手でも負けやしない。今ならば、この圧倒的なチカラならば、あの最強の戦闘系魔術師ソーサラー――《神声のセイレーン》でさえ、小細工なしで真っ向から打ち破ってみせる!」
 後にも先にも『スペック的には最強』と評されているセイレーンを上回るスペック。
 そう此花――《エレクトロマスター》は宣言した。
 十三体の《デジタライズ・キョンシー》が、それぞれ違った〔スキル〕――攻撃魔術を起動させている。
「確かにセイレーンと比較して劣らない圧倒的な魔力ね」
「うん。私の戦闘系魔術師ソーサラーとしてのスペックだけど、意識容量は【エレメントマスター】としては標準レヴェルよ。しかし魔力総量は随一だと自負しているわ」
 迸る巨大な魔力。
 このマンションの電気設備を介して、此花の魔力はずっとステルスしていたのだ。これ程の範囲にこれだけ持続可能な魔力総量――確かにナンバーワンかもしれない。
 里央は逃げだそうとしたが、身体が動かない。
「逃げようとしても無駄よ、美濃輪さん。専用【AMP】なしでも、私の【電子】は貴女の脳内に侵入しているもの。魔術師ではない貴女は抗魔術性が皆無だからね。そして脳を基点に、貴女の身体を支配する電気信号を発している」
 ステータス画面が里央の目に映る。[ 貴女は逃れられない ]と表示されていた。
「なに? このゲーム画面みたいなウィンドウ」
「人間だけではなく生物は、各神経系統を通る微弱な電気により発生する化学反応で、各機能が制御されているわ。生体維持の生理機能のみならず、四肢の動き、更には感情までも。私は戦闘系魔術師ソーサラーとして、その化学反応を【電子】によってダイレクトに引き起こしてコントロールできる。それが私の魔術特性でもある」
 つまり里央が認識してる『ステータス画面』は、視神経に強制的に投影されている幻視だ。
 同様にムサシの《ステータス・オープン》も嘘っぱちだった。
「聞け。私の【基本形態】は《デジタライズ・キョンシー》だけではない。彼等は基本性能に過ぎないわ。すなわち彼等を基本性能として支配する、この場こそが……

 この《エレクトロマスター》の【基本形態】――《バトル・カーニバル》ッ!!」

 此花の《バトル・カーニバル》が完全に始動する。
 《デジタライズ・キョンシー》達がオルタナティヴに襲い掛かった。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。