アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第42話)

第四章  宴の真相、神葬の剣 4 ―三つ巴戦③―

スポンサーリンク

 

 

         4

 里央の冷淡な一声。
 それは【ワード】ではないが、飼い主からペットに対する厳格な命令である。
 ヴンっ! 応じたハナ子の至近距離からの魔術砲撃だ。
 羽ばたきで発射する氷弾ではなく、嘴を開いて発射する大砲。
 闇好の双眸が見開かれた。咄嗟にガードを固めるだけで、精一杯だった。
 無残に撃ち抜かれて、枯れ葉のごとく吹っ飛ぶ闇好。
 裏切り……
 失意が闇好を被う。いや、最初から人質として協力体勢を拒否したのは、里央ではなく闇好の方であった。里央を『本物の人質』として扱い、里央は密かに逃げ出す機会を伺っていた。そして、こうして戻ってきたのは――

「岳琉くん」
「分かっているッ!」

 ダメージから闇好の《ダークネス・バインド》は消失していた。今度はフェイクではない。戒めから解かれた岳琉は、里央の意図を汲んで闇好にショルダータックルをぶちかました。
 着地を狙われて、闇好はタックルをまともにもらう。
 岳琉はタックルで闇好を捕らえたまま、そのまま壁に叩き込んだ。
 退避する岳琉。
 そこへハナ子が氷弾で追撃をかました。連続で乱射する。
 防御魔術が間に合わず、闇好は無抵抗のまま攻撃魔術を食らいまくった。
(ぐ、ぐぅぅうううううううっ)
 両腕でガードを固めて、抗魔術性を限界まで引き上げる。それで一杯一杯だ。
 闇好は苦悶の表情で歯を食いしばる。
 攻撃に晒されたままで屈辱であるが、とにかく耐えるしかない。機会を伺うのだ。反撃したくとも、ここまで見事に爆撃で畳みかけられてしまっては……

(大丈夫。これなら耐え切れる)

 主である岳琉と【基本形態】として分断してしまっているハナ子は、岳琉から【使い魔】として魔力供給を受けられない状態である。今はハナ子自身の魔力のみで活動しているのだ。よって《アイスウィング・イーグル》として維持していられるのにも限界がある。
 一度オフにした【基本形態】の接続系統をオンにするのには、刹那のタイムラグが生じる。超視界・超時間軸で魔術を把捉できる戦闘系魔術師ソーサラーにとって、その隙は致命傷だ。
 耐え切って、そこを狙えばいい。
 闇好の目論見通りに、氷弾の威力が落ちてきた。
 しかし、懸命に弾数はキープしている。どころか、数を増していた。
 数を増した分、更に一発の威力を落としていた。
 耐える闇好。防御魔術を展開したくなるが、精神的にも堪える。我慢の一手だ。防御魔術を展開した隙を狙われて、ハナ子は岳琉との命令系統を再接続して、《アイスウィング・イーグル》は魔力とコンディションを回復してしまうだろう。
 我慢比べだ。
 ハナ子が力尽きるまで、この連続射撃を耐え切れば、自分の勝ちだ。そう己に言い聞かせて、闇好はひたすら我慢した。
(威力はない。ダメージも軽微。ただ手数が鬱陶しいだけ)
 この状況にあって、主である岳琉も迂闊に加勢できない程に消耗している。ムサシもKO寸前で、まともに動けない。もう少しならば放置しても大丈夫だろう。
 一見すると闇好の劣勢だが、実相は逆である。闇好が二人を追い込んでいるのだ。
 狐面の奥で、闇好は苦しげながら、ほくそ笑む。勝つのは、この私だ……
 ハナ子の魔力が枯渇しかける瞬間を狙う。岳琉は再接続せざるを得ない。そして、その一瞬だけは完全無防備になるのだ。その刹那を捉えて完璧に沈めてみせる。
 苦しそうなハナ子を見て、心配になった里央が岳琉に言った。
「ハナ子が消耗している感じなんだけど」
「魔力が尽きかけているか。できれば再接続して魔力を補給してやりたいが」
「だったら早く、急いでっ」
「いや。ここで攻撃の手を止めたら、反撃で一気に沈められる。だから、これでいい
「いいって、そんな……」
「心配するな、里央。ハナ子の判断は正しい。通常の魔術戦闘ならば俺達のジリ貧だが、これはMKランキングの試合だからな。試合なんだよ。レフェリングが存在するな」
「え?」
 岳琉の言葉に驚いたのは里央だけではなく、闇好も同じだ。
 そして、次の瞬間。

 ――[ WINNER 羽賀地岳琉 ]

 ここでストップがかかった。
 ナビゲーションアプリのキャラが、試合終了(TKO)を宣したのである。
 決定打は奪えなくとも、ハナ子が手数で押し切ったのだ。
 呆然となる闇好。
 まだ戦える。終わっていない。こんなにストップの判断が早いと知っていれば、強引にでも反撃に出ていたというのに。悔やんでも悔やみ切れない、痛恨の判断ミスであった。
 裁定に従い、岳琉の指示でハナ子が攻撃を止める。
 岳琉の背後に舞い戻り、【基本形態】として再接続を完了した。
 闇好に余力は残っているが、手を出し控えた為に、反撃(続行)不能と判断されてのストップである。実戦にはないTKO――テクニカル・ノックアウトで敗けにされてしまった。反対に、ほとんどKOされている状態のムサシに勝敗は付いていない。まだ保留扱いだ。

 闇好のMKランキング公式戦での全勝が止まり、初黒星が記録される。

 超が付く大番狂わせだ。
 モニタ越しの観戦者の大半が驚倒した。今年度最大のアップセットだろう。
 しかも実力的に、もの凄いジャイアントキリングといえる。
 全勝無敗だった2位の闇好が陥落、岳琉が2位にジャンプアップだ。入れ替わり戦なので、闇好は初の敗戦と共に一気に7位まで転落となる。

ストップTKOは受け入れるけど、敗けを認めたわけじゃないからねっ」

 試合終了(敗戦)の裁定となってしまい、闇好はこの場から撤退か、あるいはリタイアしか許されなくなった。
 捲土重来を宣言して、闇好は此処から離脱した。
 闇好を撃退して2位になった岳琉であるが、まだ魔術戦闘は終わっていない。闇好が介入する前から戦っていたムサシとの決着がまだである。
 互いにダメージが深刻だ。
 下手をすれば、共倒れ――勝敗に関係なくこの試合で双方リタイアになる。
 里央が岳琉を案じた。
「もう無理しない方がいいよ、岳琉くん」
「いや。芝祓ムサシは危険なヤツだ。黒壊闇好の再浮上を止められなくとも、芝祓ムサシだけは俺がここで止める。たとえ刺し違えてもな」
 そうなったら一緒に帰ろう、と岳琉が里央の頭を撫でた。
 倒れる寸前といった体のムサシに、最後の勝負を挑もうと対峙する。
 ムサシは苦しそうだ。軽く押しただけで倒れるかもしれない。好戦的な性格にも関わらず、もう自分から仕掛ける余力もないのである。
 岳琉も残りの力を振り絞った。

「――《コールド・サウンド》ッ」

 岳琉の魔術攻撃だ。本家本元の『凍結の鳴き声』で、ムサシを封じにいく。
 純粋な戦闘系魔術師ソーサラーではないムサシは、魔術抵抗(レジスト)ができないのだ。抗魔術性のみが頼りだが、あっという間に氷の皮膜で覆われていった。
 他の【使い魔】とハナ子では、同じ【基本形態】、同じ攻撃魔術であっても、その魔術強度と魔術密度は段違いである。
 チェックメイトだ。
 岳琉は魔術出力を最大限に引き上げつつ、勝負を仕掛けるタイミングを伺う。相打ちでいいのだ。闇好はTKOで下して、2位から転落させた。芝祓ムサシという危険な存在を止めて、なおかつ里央を救い出せれば、予選リタイアでも岳琉の勝利なのである。

「悪いけれど、ここまでにして」

 失念していた声音に、岳琉はギクリとなった。
 此花である。
 里央が此花に捕らえられていた。パラメータ設定により、ムサシのみを《コールド・サウンド》の効果内にしていた事が仇となった格好だ。
 首筋にペーパーナイフを添えられた里央が気丈に訴える。
「私に構わないで、岳琉くん」
「規定だと随員の私には『美濃輪里央を害さない』というルールは適用できないはず。脱法と判断されて、今回限りって可能性も高いけれど。ここは互いに退きましょうよ」
「岳琉くん、言うことを聞かないで!」

 しかし岳琉は無言でムサシを氷の皮膜から解放した。

 ムサシが此花に言った。
「どうする? このままブッ殺すのか?」
「ううん。黒壊闇好と同じく戦略的撤退しかないよ、ムサシちゃん。人質を盾に相手を攻撃したら、間違いなく失格にされるもの。だから人質を盾に今は逃げるしかないって。とにかく身を隠してダメージと疲労を回復させよう」
「俺に逃げろっていうのかよ!」
「まだイベントは先があるわ。無理をしてここで終わったら勿体ないよ、ムサシちゃん。それに私達の本当の目的を忘れないで」
 言い含められて、ムサシは渋々だが矛を収めた。
 逆に、岳琉はそうはいかない。
「待てッ! 見逃してやるから里央は置いていけ」
「ダメだから。賞金の二千万円はともかく、今の私達には美濃輪里央は命綱に近いもの。大丈夫よ。必ずムサシちゃんは貴方に再戦を挑むから。その時までこっちで預かっておくわ」
 ムサシが言った。
「必ずこの借りは返すからな。借りを返すまで、他のヤツに負けたりするんじゃねーぞ」
 勝手な言い分を置き土産に、里央を確保したままムサシと此花が去った。
 岳琉には手が出せなかった。
 ハナ子が不満げに、威嚇の鳴き声を響かせた。

         

 創内はノートPCに中継されている『ラグナロク』の様子に、やや呆れた感じの苦笑を漏らした。
「バトルロイヤルの醍醐味とはいえ、黒壊闇好にしろ芝祓ムサシにしろ、後先を考えなしに戦い過ぎるかな。もう少し全体を通しての駆け引きを考えてくれよ」
 2位が入れ替わり、他の参加者が一斉に岳琉をターゲットにして勝負を挑んだ。岳琉はワンONワンのみでしか戦闘を受けずに、そのまま勝ち星を伸ばした。現在は九勝で決勝ステージにリーチである。残り一勝となり、周囲も自重していた。
 満身創痍に近い岳琉は、里央を取り戻そうと、逃げたムサシを追っている。明らかに決勝ステージは眼中にない。勝敗に関係なく次戦がラストになる公算が高いだろう。
 そしてリタイア濃厚なのは、岳琉だけではなかった。
 敗戦がそのままリタイアに直結しないレギュレーションだ。だが、敗戦でリタイアにならなくとも、魔術戦闘でのダメージと蓄積する心身の疲労を考えれば、勝ち星優先で無駄に多く戦った者は、戦略をミスしたといえるだろう。特に決勝ステージを見据えるのならば、ダメージと疲労を最小限に抑える為に、あえて戦闘から逃げ回るのも一つの手だ。『三勝+4位以上』が予選突破の条件なのだから。
「ここにきて、かなりの参加者がリタイアし始めているな」
 創内は内心で呟く。
 もうすぐ光葉もリタイアするのだ。
 その時の、このMKランキングの黒幕の反応が、とても楽しみだ。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。