アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第32話)

第三章  戦宴 6 ―オルタナティヴVS雪羅①―

スポンサーリンク

 

 

         6

 少女は専用【DVIS】――右手の指輪に軽くキスした。
 リングに埋め込まれている赤い宝玉へ、集中して魔力を流し込んでいく。
 オルタナティヴは起動用【ワード】を唱えた。
「ACT」という単語を皮切りに、【魔導機術】システムへログインし、超次元リンケージおよび電脳世界の展開、そこから【ベース・ウィンドウ】のセットアップが行われる。
 ゴォウぅぅうウッ……ッ!
 顕現するオリジナルの戦闘用魔術。オルタナティヴは『緋色のオーラ』をその身に纏う。
 揺らめく赤色の輝きは、唸りをあげる焔の燃焼だ。

「それが噂に名高い――《ファイブスター・フェイズ》ですか」

 眩しい、と呟く。雪羅はオルタナティヴの【基本形態】に両目を細めた。
 カテゴリとしては『魔術事象(エレメント)を身に纏う』タイプの【基本形態】だ。
「なんて美しい。そして力強い輝き」
 魔術師用のローブがごとく少女の身を包む輝き。魔術による炎膜――『火のオーラ』がオルタナティヴの【基本形態】であるが、このオーラ《ローブ・オブ・レッド》のみが彼女の【基本形態】ではない。
 オルタナティヴのマントには、金色に煌めく五芒星が描かれている。
 厳密には、この金色の五芒星こそが【基本形態】本体だ。
 定義としては、纏っているオーラは五芒星から発生している基本性能に近い。
 そして、基本エレメントとされる『地・水・火・風』そして五行に列する『空』を司る紋様が、五芒星の中心となっていた。今は【火】のエレメントを示す星が光っている。つまり顕現させている火オーラと五芒星の輝きは連動しているのだ。
「それでは私も――ACT」
 雪羅も戦闘用魔術を立ち上げた。
 彼女の専用【DVIS】は十字架を象る銀色のペンダントである。
 魔力を注がれて発生する宝玉の赤い煌めき。その紅とは正反対の白い輝きが、宝玉を基点として爆発的に広がっていく。
 景色が白銀で塗り潰される。術者である雪羅を中心として限定的に空間が書き換わっていた。
 すなわち【魔導機術】において【結界】と定義されている魔術現象である。

「これが私の【基本形態】――《ダイヤモンド・スノゥスケープ》といいます」

 幻想的な雪景色。魔術による氷雪の世界。
 舞い踊るダイヤモンドダスト(細氷)で細かく光り輝いている【結界】だ。
 氷室雪羅という少女は【結界】を【基本形態】とするタイプの戦闘系魔術師ソーサラーである。通常ならば複数人の魔術師を必要とする【結界】を、雪羅は単身で可能とする希有な存在だ。
 オルタナティヴは冷静に《ダイヤモンド・スノゥスケープ》を観察した。
(なるほど。少しは考えている様ね)
 魔術戦闘のセオリーに則るのならば【結界】の基本性能で相手を縛りにくる。
 この《ダイヤモンド・スノゥスケープ》だと、氷雪による低温呪縛だ。
 しかし雪羅は魔術プログラムのパラメーラ設定によって、あえて対戦相手であるオルタナティヴを基本性能の対象範囲外にしているのだ。
 つまり魔術抵抗(レジスト)によって、基本性能の魔術プログラムを【ベース・ウィンドウ】にスキャニングおよび解析されるくらいならば、いっそ相手への魔術効果を最初から遮断して、一切の情報を与えない方を選んだのだ。
 そして逆に【結界】で空間ごとオルタナティヴを被っている雪羅は――

「……では、参ります」

 魔術戦闘――試合開始を告げる一言に次いで、小さく【ワード】が紡がれる。
 最上位のアクティヴ状態で【コマンド】が書き込まれた【アプリケーション・ウィンドウ】による派生魔術――《フリージング・ニードル》の実行プログラムが走った。
 ィィんン。氷雪が収束して精製されたニードル群が、雪羅の背後にセットされていた。
 オルタナティヴは動かない。いや、動じない。余裕をもって待ち構えている。
 足下は氷面だ。容易には移動できない状況である。オルタナティヴの『火のオーラ』の基本性能では、容易に溶かせないだけの魔術強度と魔術密度だ。そしてオルタナティヴも、雪羅と同様に、簡単に相手に魔術効果による情報提供を行わなかった。
(懐かしいわ)
 この【結界】による景色。そして遠距離用の攻撃魔術。最愛の妹を想起してしまう。
 割り切っているはずなのに、つい、淡雪を重ねてしまった。
 魔術的にロックオンされた。
 【ベース・ウィンドウ】のサーチ機能で被ロックオンを察知する。
 雪羅が右手を真一文字に振った。
 きゅゥドドドドドドド! 術者の後ろで広域に展開していたニードル群が、一斉に撃ち込まれてくる。
 肉眼による視認と現実時間でならば、一瞬で蜂の巣にされる超速度の魔術攻撃。
 しかし戦闘系魔術師ソーサラーの魔術オペレーションは、超視界および超時間軸での現象だ。超次元リンケージにより展開された電脳世界の【ベース・ウィンドウ】での操作である。
 物理攻撃ではなく、純粋な魔術攻撃――すなわち電脳世界のみで全てが把握可能だ。
 オルタナティヴは弾道の予測演算を開始。
 直線と曲線、そしてロックオンによるホーミング弾を選別。三つにカテゴリ化。
 全て問題なく終了。演算領域にエラーはない。
 通常の魔術師ならば、ここで魔術オペレーションが一杯一杯になるだろう。それだけの弾幕だ。相手は物量で押してきたが、しかしオルタナティヴの意識容量には余裕があった。演算速度を上げる。意識容量の使用域を拡大。カテゴリ化した針弾を並列処理して、迎撃ポイントまで完璧に割り出してみせた。そして迎撃ポイントを全て同時ロックオン。
 対応用の【アプリケーション・ウィンドウ】――ではなく、【ベース・ウィンドウ】によるマクロ化したサブルーチン群で対応していく。ロックオンした座標とパラメータ設定値をリンク完了。
 超次元での時間軸であっても時間は刻々と過ぎるが、オルタナティヴに動揺はない。
 冷静に、クールに、必要な手順を消化していく。
 【ワード】と【コマンド】なしで、オルタナティヴは『炎のローブ』から火線を発射した。
 派生魔術ではなく基本性能の延長だ。

 現実時間――雪羅の攻撃魔術発動から、コンマ二秒を要さない、ほぼ一瞬だ。

 まるで踊るかの様な、変幻自在な火線が煌めく。
 ごぅッ! 次々と《フリージング・ニードル》を撃ち落としていく――が。
 オルタナティヴの【火】を突破した、氷雪の針が三つ。
 キュぅどッ!! 着弾したが、其処に標的はいない。
 寸前でオルタナティヴは躱していた。タイミング的には間一髪。しかしホーミングを追いつかせない為にギリギリまで引きつけただけで、余裕を持っていた、と雪羅は理解した。
 つまり電脳世界の超視界ではなく、現実に視認して避けたのである。
 オルタナティヴは懐かしむ。
(淡雪とやり口が似ているわね。偶然ではなく、きっと……)
 雪羅は【結界】で接触しているオルタナティヴの《ローブ・オブ・レッド》から、魔術プログラムの一部をスキャンして、解析していたのだ。干渉用のウィルスを最外部に侵入させて、最低限の魔術効果のみを検出したのである。このレヴェルの軽微な魔術的接触となると、いかにオルタナティヴであっても、完全にはウィルスをブロックしきれない。
 解析したプログラム・データのアルゴリズムを基に、火線を突破可能なサブルーチンを組み込んだ氷針を、三つ、紛れ込ませていたのだ。
 しかも雪羅はオルタナティヴが迎撃用の派生魔術ではなく、《ローブ・オブ・レッド》の基本性能を利用して対応してくる事を見越していた。いや、研究していたのである。
 雪羅は驚愕を誤魔化す様に薄笑いした。
「信じられません。貴女の魔術オペレーションが天才的なのは重々承知していましたが、まさか足下がスケートリンク状態なのに、そんな身のこなしなんて……ッ」
「少しばかりアタシをリサーチ不足だったかしらね」
「でも、これでデータは修正できます」
 雪羅が駆けた。
 いや、走ると言うよりも滑っている。滑走だ。【結界】によって地面を凍らせて、その上に氷のレールを創りながら移動していた。ローラ戦では見せなかった動きだ。
 実戦と更なる開発を経て《ダイヤモンド・スノゥスケープ》も性能アップしている。
 高速移動しながら、連続精製されていく氷雪の針。

「――《フリージング・ニードル》ッ!」

 本番はここから、とばかりに威力を増した《フリージング・ニードル》が発射された。
 ロックオンはしていない。今度は視認による照準でランダムに撃ってきた。
 対して、オルタナティヴも走った。
 足下が滑っていた先程までとは異なり、地面の氷膜を《ローブ・オブ・レッド》の熱で溶かしながら、靴裏に摩擦係数を得ていた。
 氷雪の針を基本性能で迎撃した際に得た、魔術効果からのプログラムの残滓によって雪羅の魔術理論の解析と対策を始めている。氷膜を焼き溶かしながらの疾走はその成果だ。
(ったく、こういったところまで、淡雪と同じでなくてもいいというのに)
 苦い思いを抱きながら迎撃用の炎弾によって全ての針弾を相殺した。
 オルタナティヴの【火】の弾丸には、自己進化する対《フリージング・ニードル》用のサブルーチンが付与(エンチャント)されている。
 真っ向からの撃ち合いで、もうオルタナティヴが遅れをとる事はないだろう。
 明らかに雪羅が不利を強いられている攻防だ。
 詠月が艶然と微笑む。
「流石はオルタナティヴ。かつての天才魔術師――堂桜統護だけはあるわね。本当に天才としか形容できない見事な魔術オペレーションだわ。これは私でも真っ向勝負はキツイかしら」
 しかし、詠月の視線の先――雪羅に焦りは微塵もなかった。
 まともに魔術戦をしても歯が立たない。この程度の苦戦は最初から織り込み済みなのだ。
 舞踏会のロンドさながらに、二人の【ソーサラー】は巧みに立ち位置を変える。
 その立ち位置の変化を彩るかの様に、数多の爆発が夜の黒を紅く染める。

 ゴゴゴゴゴゴゴゴォォォォンんん!!

 氷針が炎弾に破砕される爆音が間断なく響いて、一つの音のように流れていた。
 互いにロングレンジをキープしている。
 典型的な砲撃戦の様相だ。
 雪羅は怪訝に思う。自身の決定力を生かす為に、やや強引にでも近接格闘で決めるタイプのオルタナティヴは、何故、この戦況で間合いを詰めてこないのだ、と。そして、どうして彼女はあんな切なげな表情なのか。
 そんな雪羅の表情――
(ああ、あの子、困惑しているわね)
 オルタナティヴは苦笑した。雪羅の困惑が手に取る様に伝わってくる。
 自分を研究していたのならば、ここで前に出て行かないのは――確かに不可解だろう。
 普段の自分ならば、多少のリスクを承知で、ここで一気に打撃技でKOを狙う。
 けれど『その普段』は……
 今のオルタナティヴは通常とは『違う普段』に心を縛られていた。
 そう。

 普段の淡雪との模擬戦では、『いつも』こうだった……

(困惑しているのは、アタシも一緒)
 参った。困った。心が言う事を聞いてくれない。
 あの少女は氷室雪羅であり、最愛の妹とは別人だと解っているのに。
 これは訓練である模擬戦ではなく、制限時間つきの試合――実戦だと理解しているのに。
 淡雪との模擬戦そのままに戦ってしまっている。
 できるだけ淡雪の実力を引き出そうとする戦い方だ。
 いつもこうして、淡雪の長所を伸ばしてやる展開を優先していた。
 それをなぞってしまっている。
 そして、こんなにも、こんなにも愉しい。嬉しいのだ。
 見た目だけの問題ではない。
 淡雪と雪羅。二人の戦い方が、あまりに似てしまっているから――

         

 明らかにシミュレートとは違っている。
 この戦況を不可解に思っていたのは、雪羅だけではなかった。
 観戦している詠月もだ。
 オルタナティヴは余裕があるはずなのに余裕を失っている、という奇っ怪な状態にみえる。
 しかし、ようやく詠月はオルタナティヴの異変の理由に気が付いた。
 大声を張り上げる。

「雪羅ちゃん、チャンスよ!! 相手はソックリさんの貴女を接近戦でKOできないわ!!」

 そのアドバイスに、雪羅の瞳がギラリと光を帯びた。
 想定外に過ぎる意外な展開だが、こちらには好都合だ。
(あら、まさか――勝てるかも?)
 最初から玉砕覚悟の試合だったのだが。
 詠月は笑みを深める。これは、ひょっとすると、大金星をあげられるかもしれない。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。