アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第24話)

第二章  スキルキャスター 10 ―黒壊闇好―

スポンサーリンク

 

 

         10

 ヒャァッハァーーッ!! 最高の快感だ。これぞまさしくエクスタシーである。
 ムサシはラッシュの最中、脳天を貫く快楽によって盛大に射精していた。戦っている途中から、股間はギンギンに勃起しっ放しである。

 弱い雑魚相手ではなく、強敵をブッ倒す事が、こんなにもキモチイイだなんて――

 雑魚狩りはツマラナイ。やはり倒すのならば、強いヤツに限る!
 ニィタァぁ、とムサシは残忍に笑む。口からは粘ついた涎が飛び散っていた。
 完全にハイになっている。
 右拳を脇へ引き絞る。コレで終わりだ。死ねやぁエセ執事さんよぉ。

「……そこまでだ」

 いつの間にかムサシの背後をとっていた一比古が、ムサシの右肩を極めて、拳を止めた。
 反射的に、背面狙いで左後ろ回し蹴りを繰り出すムサシ。
 それを飄々とした動きで避けた一比古は、呆れた口調で忠言する。
「死んでしまう。やり過ぎにも程がある」
「邪魔すんなやクソがぁ」
 狂乱とした双眸でムサシが睨み付けるが、一比古は意に介しない。
「事前に教えただろう。ロイド・クロフォードは比良栄優季の執事だぞ。殺害してしまえば、揉み消すのは、いくらこの私でも不可能だ。君は、まだまだ強い相手と戦い、そして強くなりたいのだろう?」
 そう言われてしまえば、否定も拒否もできない。
 ムサシは渋々とだが〔スキル〕――《ミッドナイト・ダンシング》を解除した。
 どさり。解放されて落ちたロイドの身体が、アスファルトに転がった。
 コイツのお陰で新しい〔スキル〕を追加できた。満足である。

 歯応えのない雑魚を殺すのは、もう止めだ。率直に飽きた。

 この異世界に転生させてくれた〔神〕と約束した一名を最後に、雑魚殺しは卒業する。名前は思い出せないが、確か変わった名前だった。〔神〕はムサシが探さずとも、いずれは自然に遭遇し、『その時』が来れば思い出す――と云っていたから、別に心配はしていないが。
 強くなって、強くなって、強くなって、その暁に強者だけを殺す。
 MKランキングはその踏み台だ。光葉一比古も此花同様、利用してやる。
「フン。気に食わねえが、もっと強いヤツと戦れるっつーのなら、今だけはテメエに従ってやるよ。その代わり、MKランキングとやらの戦闘系魔術師が弱かったら、テメエ、どうなるか分かっているんだろうな?」
(テメエの尻尾を掴んだら、絶対にブッ殺してやるからな)
 それまでは生かしておいてやる、と内心で呟いて、ムサシは踵を返した。
 一比古はスマートフォンを取り出して、救急車を手配する。
 彼の息がかかっている病院――【ソーサラー】同士の私闘による負傷に融通が利く病院を、搬送先に選ぶ様にという指示を添えた。
 この手の荒事を表沙汰・警察沙汰にしないのは、一比古の得意分野である。
「それじゃあ君達は帰るといい。事後処理は私の仕事だ」
 そう言われて、ムサシと此花は現場を去った。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 スマートフォンに配信されてきた映像を観て、エレナは溜息をついた。
(これは光葉から私に対する挑発……でしょうね)
 一部の者達への特別配信。外部への漏洩厳禁。そう但し書きされていた映像内容は――

 =========================
 |                         |
 |   芝払ムサシ 対 ロイド・クロフォード    |
 |                         |
 =========================

 MKランキング公式戦ではなく、日頃から散見される【ソーサラー】同士の私闘だ。
 ランキングは毎日ゼロ時に更新される。
 この戦闘内容を評価されて、芝祓ムサシはMKランキング10位にランクインしている。
 エレナは9位から7位にランキングを上げていた。
 二戦二勝のレコードでの7位なので、相当に試合内容が評価されての結果だ。
 3位と4位も入れ替わっている。3位が4位に、4位が3位にだ。羽賀地岳琉は12位から9位。通常ならばランキング戦で負けるとランクは下がるのだが、エレナとの試合内容が好評で一桁ランクに復帰した。イベント参加への査定試合でエレナに敗退したが、観客の要望で彼もイベントに参加する事になるだろう。
 上位ランカーの変移を確認すると、割と頻繁に入れ替わっている。実力者同士・上位同士での潰し合いも珍しくないので、試合数を消化すると、強敵を避けない限り上位ランカーでもそれなりに敗戦が多くなる。
 不働は『アンノゥン』扱いにされている1位のみだ。
 ここ二ヶ月で順位が変わっていない上位ランカーは、なんと僅かに一名。
 いきなり5位を倒してトップテンに登場、そして瞬く間にランキングを駆け上がると、二日で順位を固定させて維持し続けている。
 MKランキング公式戦で、十八戦十八勝無敗の戦績。それも噛ませ犬や格下相手の『雑魚狩り』による勝ち星稼ぎ、いわゆる『作られた戦績』ではない。対戦相手の質が高いのだ。仮に五十戦全勝でも『雑魚専』の戦績ではランキング上位には食い込めない。
 ランキングは戦績ではなく、対戦相手の強さと試合内容の反映が優先されているのだ。ボクシングでも世界戦まで『相手を選んだ』無敗の戦績で到達できても、いざ本番――世界タイトルマッチでチャンピオンにまるで歯が立たず、メッキが剥がれるというケースがある。それに情報化社会の現代では、百戦全勝でも雑魚狩り専門だと『誰にも勝っていない』『価値のない戦績』と酷評されてしまう。
 要するに『強さ』とは、誰と戦って、どんな戦いをしたのか、という事だ。
 最強とは、其の者の能力よりも『相応の強敵に勝ち続けた』証とも言い換えられる。どれだけ能力が戦力として備わっていても、能力に見合った強敵と戦わなければ無用の長物だ。
 オーバーパワーやオーバーキルが『低脳の所行』と揶揄されるのに似ている。
 まだ参戦して二ヶ月のルーキーにも関わらず、現在のMKランキングで最強――との呼び声が高いそのランカーとは。

 ランキング2位――黒壊闇好。

 大人ではなく少女だ。中学一年生の十二歳とプロフィールに記載されていた。
 付けられた異名は《漆黒の破壊者》である。
 変わっている名前からして本名ではなく、リングネームだろう。
(へえ、興味が湧いたわ。どれ程のモノかしら)
 あくまで目的は光葉一比古であり、対戦相手には大して期待していなかった闇ファイトだったが、この堂桜エレナが本気になるのに相応しい相手かもしれない。
 エレナは闇好の試合映像を確認しようと……

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。