アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第6部(第06話)

第一章  何でも屋の少女、再び 5 ―オルタナティヴVSみみ架②―

スポンサーリンク

 

 

         5

 

 第二ラウンド。
 リング中央での攻防から幕を開けた。
 だが第一ラウンドの様なリードブロー中心の応酬にはならない。
 展開を打破する為に、オルタナティヴが多少の被弾を覚悟で強引に前に出始めたのだ。
 ボックスでは勝負にならないのは分かった。
 ならば打ち合いだ。オルタナティヴは打ち合いにもっていこうとしていた。
 対する、みみ架。
 防御よりも距離を詰めることに傾注する相手に、左から右、右から左という左右の二連打を的確に当てていく。一発目で出足を鈍らせて、角度を変えた二発目を強打するのだ。
 そして三発目は打たずに、フットワークで自分の距離をキープしている。
 三発目を狙ったり連打にいく事もない。常に二発目で止めて、正確な左回りを維持する。
 打っては離れ、の繰り返し。
 すなわち――『ヒット&アウェイ』という戦法だ。
 ボクシング用語というよりも、攻撃&離脱という戦闘における常道(セオリー)の一つでもある。
 オルタナティヴの拳は空を切るのみ。
 そして自分よりも射程距離が長い相手の懐が、とにかく遠い。
 みみ架の美しいアウトボックスは、まさしく『蝶の様に舞い、蜂のように刺す』だった。
 オルタナティヴは不用意にカウンターをもらう事だけを気を付けている。
 技術的に通用しなくとも、決して雑にはなるな。集中だ。丁寧に、丁寧にいけ。
 とにかく相手のリズムを壊すのだ。
 だが、オルタナティヴの思惑に反して、リズムに乗っているみみ架のボクシングが変化、いや、変質していく――
 いわゆる攻防分離――ヒット(パンチを当てる)とアウェイ(フットワークで離れる)が別だった動きが、同時に機能して、巧みに連動し始める。しかも、より高性能を発揮して。
 オルタナティヴもその差異に気が付く。

 

 ソレは正式なボクシング用語として存在していない。

 

 何故ならば、ボクシングの基本である『ヒット&アウェイ』とは異なり、極一部のスペシャルしか体現できない特異なスタイルだからである。教科書に載せる意味がないのだ。
 かつて、ミドル級世界王者だった男がWBA世界ヘヴィ級タイトルを獲得するという偉業を成し遂げた。全盛時、無敵のスーパーマンだったその天才ボクサーは、ライバル不在という不幸に嘆き、昼間にバスケットの試合、夜にボクシングの試合という真似までやっていた。
 彼の圧倒的かつ天才的、そして常識破りの挙動を目にした者達の何名かが、『ヒット&アウェイ』と似て非なる別次元のスーパーボクシングを、こう形容した。
 里央が興奮気味に叫ぶ。
「で、出た! これがミミの――」
 オルタナティヴも刮目して体感する。これが、これが……ッ!!

 

 これが――ラン&ガンか!

 

 単純な『打つ→逃げる』の繰り返しとは一線を画するスタイルだ。
 これは蝶や蜂に例えられる代物ではない。
 すなわちヒット(打つ)のではなく、まさにガン(撃つ)という拳。
 アウェイ(ステップで離脱)ではなく、ラン(走る)という高速フットワーク。
 その二つが攻防一体で機能しているという――奇蹟に近い脅威だ。
 しかも元祖の『ラン&ガン』が攻防の最中における短時間の体現だったのに比べて、みみ架の『ラン&ガン』は継続起動している。いわば、これは彼女のオリジナルに近い。
 オルタナティヴは思い知った。
 対抗戦で観ていたが、俯瞰するのと実際に相対するとでは大違いだ。超人的な身体機能を誇る自分や統護であっても、ラン&ガンの実現は不可能だろう。
 ドン、ドン、ドン、ドンッ!
 みみ架が芸術的なリズムで打撃音を奏でていく。
 統護戦で披露したラン&ガンよりも、パンチの精度と威力が進歩していた。
「いけ、いけ、ミミ~~♪ 格好いい~~!!」
 里央が声援を送る。
 オルタナティヴはみみ架のボクシングに付いていけない。
 手足の速度や反応速度といった速度以前の問題で、ボクシングのテンポが段違いなのだ。
 これが試合ならば、ダメージに関係なく、一方的過ぎてレフェリーストップ(TKO負け)にされてしまうだろう。あるいは自陣からタオルが投入されるか。
 手加減されているのは理解していた。
 みみ架は倒しにきていない。
 ラン&ガンは強打でKOを狙うスタイルではないとはいえ、その気になれば、みみ架には何度もKOパンチを狙って打ち込める機会があった。
 つまりこれは正真正銘のレッスンだ。
(本当に、優しい子)
 打たれながら、翻弄されながら、オルタナティヴはしみじみと思う。
 こうして気を遣いながら相手してくれるなんて。
 セーフハウスのリングでスパーリングして約束を済ませても良かったのだ。
 練習なのだから無慈悲にKOしてくれても構わなかった。
 けれど、みみ架は万が一のリング渦を考慮して、医療体制が整っているこの場を選んだ。
 自分に依頼した事を弦斎に勘づかれてしまっても、だ。
 しかもわざわざ弦斎に面通しした上で、セコンドまで付けてくれた。
(そんな性格だから、孤高を望んでいるというのに、友達が群がってくるのよ)
 図書委員キャラではなく、やはり世話焼きクラス委員長だ。
 しかも偏屈で素直でないときている。
 パンチを痛打されては歪む頬には、充実の笑みが浮かんでいた。
 ……――カン、カン、カン、カン、カン!
 第二ラウンド終了のゴングだ。
 オルタナティヴの顎先で寸止めされている左拳。
 タイミング的にゴングよりも先に打ち抜けたのに、みみ架はわざと止めていた。

 

 強い。掛け値なしに――強い。

 

 ここまでの六分間、オルタナティヴが奪った有効打は――ゼロだ。
 この第二ラウンドは10対9どころか10対8の採点でもおかしくない差があった。
 みみ架は颯爽と里央が待つコーナーへと歩いて行く。
 彼女は離れ際に「レッスンはあと六ラウンドね」とつまらなげに言っていた。
 やはり自分は歯応えがないのだろう。
 ニィ、と両目を細めたオルタナティヴが口の端を上げる。
(もうじき……よ)
 待っていなさい、委員長。

 

 ……その余裕綽々といった超絶美人顔、もうじき変えてみせるから。

 

         

 

 二度目のインターバル。
 セコンドのロイドが氷嚢をオルタナティヴの顔に当てていた。
 オルタナティヴの顔面は腫れてこそいないが、全体的に充血して真っ赤に染まっている。超人化している身体でなければ、ボコボコに腫れ上がっていてもおかしくない程、パンチをもらってしまった。
 ダメージは軽微だ。
 殴られまくったが、大して脳を揺らされていない。ボディも打たれたが、まだ大丈夫。
 劣勢のオルタナティヴに、弦斎が厳しい口調で言った。
「流石にセコンドとしての仕事をするぞい」
 そう前置きして、弦斎はオルタナティヴの耳元にアドバイスを囁く。
 具体的なファイトプランに口出しはしてこないが、みみ架の癖とオルタナティヴの技術的な欠点を端的に伝えてきた。反復練習なしで即座に修正可能な範囲に留めている。
「……分かったか?」
「ええ。以後、留意するわ。ありがとう」
 みみ架がこちらを見ている。
 心が折れていないかを観察しているのか。それとも祖父の言伝に興味があるのか。
「お礼はスパーが終わってからでいいわい。このまま一方的にレッスンされたままで終わるつもりはないんじゃろう?」
「もちろんよ。最初の約束通りに……お孫さんの経験になってみせるから」
「頼もしいわい。みみ架とは違い、修羅場やピンチをくぐり抜けている者の目をしておる」
「ええ。言っちゃ悪いけれど、お孫さんはピンチ知らずの温室育ちだものね」
「確かにその通りじゃ。それが孫の最大の不幸でもある」
 苦しさを出すな。余裕はなくとも、余裕を演出して涼しげに微笑め。

 

 ピンチはチャンス。ヒトの真価とは、強さとは、逆境や劣勢でこそ問われるのだから。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。