アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第2部(第27話)

 

第三章  終わりへのカウントダウン 9 ―惜別―

スポンサーリンク

 

 

         9

 湯船の中で、優樹は両膝を抱えて丸まっていた。
 午後の九時を過ぎているが、統護と淡雪はまだ戻っていない。
 夕食は一人で食べた。
(元々ボクの食事は一人きりが常だったじゃないか)
 だから寂しくなんかは――ない。
 比良栄家で家族が揃ってする食事は、父と母と智志の三人であって、優樹の席はない。
 弟には「一人で食べる方が性に合っている」と説明していた。本当は――義母の視線に耐えられなかったからだ。父の愛情の無さにも。
 たった数回、統護と淡雪と一緒に食卓を囲っただけで、こんなにも……
(だけど、それももう永遠に終わりだな)
 選択肢はない。

 ガラ、と曇りガラスの引き戸が開き、統護が入ってきた。

 当然ながら一糸まとわぬ裸である統護を目にして、優樹は素っ頓狂な声をあげる。
「ぇえええぇぇええええええええっ!? なんで?」
 優樹の反応に、統護は朗らかに笑った。
「やっと帰宅できたから風呂を、と思ってな。お前が入っているのなら丁度よかった」
「あ、あ、淡雪は?」
「アイツは最後に親父に顔を見せるって。だからもうちょっと遅くなる」
「そ、そ、そ、そう……」
 統護は優樹の横にいこうと、湯船に足を入れた。
「ちょっと! かけ湯をしてよ!」
「へ? 別にいいじゃねえか。銭湯じゃなくて自宅の風呂だし」
「それから前を隠して!!」
「はははははは。ンだよぉ。そんなに俺のって大きいか? 照れるぜ」
「頼むからブランブランさせないでってばぁ」
 泣きそうな顔になる優樹であったが、それでも統護の股間から視線を外せない。
 統護はUターンして、風呂椅子に腰掛けた。
「かけ湯っていうか、だったら背中を流してくれよ。男同士、裸の付き合いしよーぜ」
 普段は着痩せしているが分厚く逞しい背中を見つめて、――優樹は力の抜けた笑みを零す。
 ざば、と湯船が波打った。
 立ち上がった優樹は、身体を隠さずに言った。

「――統護。こっち向いてよ」

 声をかけられて、統護は振り返った。
 統護の目が大きく見開かれる。
 立っているのは、肉に乏しい華奢な男子ではなく、細身で出るところが出ている美しいスタイルの少女だ。
「お、お前……」
 優樹は照れくさそうに、はにかむ。
「ゴメンね。今まで嘘ついていて。あ、どうしてボクが男として生活しているのかって事情は、後で淡雪に聞いて」
「いや、その、ええと? 俺、邪魔みたいだから」
 イニシアチブが逆転し、優樹はニンマリと笑みを深めた。
「逃げちゃダメだよ、統護。ほら、背中流してあげるから、裸の付き合いしよう!」
「おいおいおいおい!」
「あはは。別にエッチな事しようってわけじゃないからさ」
 動揺しまくっている統護に、優樹は笑い声をあげた。
 すっきりした気分である。今の今まで自分が味わっていた思いを、まとめてお返しできた。
 優樹は統護の後ろに腰をおろし、統護の背中を洗い始める。
 統護は気まずそうに謝った。
「なんつーか、今まで色々とスマン。悪気はなかったんだ」
「いいよいいよ。今となっては楽しかったし、面白かったんだから」
 穏やかな笑みを湛えて、優樹は広くて筋肉質な背中をスポンジで擦った。

 ……思えば、本当に楽しい一時であった。

 自分が男だと信じ込んでいた幼少時を除き、楽しい記憶なんてなかった。
 ただ父の期待に添えるようにと、自分を殺し、優秀な跡取りである優等生を演じる為だけに努力をした。それは正確には努力というよりも我慢であった。
 性別を偽っている為、友達とは距離を置かざるを得なかった。
 優等生である為に、他人が楽しんでいる時間も努力に費やしていた。
 女に告白される度に、心にヒビが入っていくようだった。
 優秀な成績を収めても父はそれが当然だと、一切の愛情を向けてくれなかった。
 それが……

 統護と過ごした、ほんの僅かな時間。

「――ボクにとって、かけがえのない大切な時間だ」
 きっと、思い出のない自分にとって、初めて友達との思い出と呼べる――宝物。
 仕上げとして、統護の背中に洗面器でお湯をかけた。
「よし! これでお終いだ」
 勢いよく立ち上がった優樹は、足を滑らせ尻餅をついた。
 転んだ音に、統護は慌てて振り向いて――固まった。
 統護の視線は、大きく開かれている優樹の股間に釘付けになっている。
「あいたたた。失敗失敗」
 照れくさそうに笑いながら、優樹は改めて立ち上がった。
 そして軽やかに一回転する。

「お願い統護。ボクの身体を――ボクの裸を忘れないでね」

 美しい裸身を晒した少女の、その透明な笑みは、統護にはとても神々しく映った。
「優樹……お前は」
「じゃあ、ボクは行かなきゃ。もしも次に会えたのならば、きっとその時は――」
 言葉を飲み込み、悲しげに首を横に振った。
 これがサヨナラになるといいな、と彼女は統護を置いて風呂場から出た。


 呆然と一人取り残された統護は、少女の後を追えなかった。
 足が動かなかった。
 本当は止めるべきだと頭では理解していたが、彼女の覚悟を感じ、動けなかった。
 あの時と同じだ。
 似ていた――ではなく同じだった。
 元の世界で、優季が最後に見せてくれた笑顔と。

 ――〝統護に明日、伝えたいコトあるんだ〟――

 クリスマスイヴの前日だった。
 その言葉と笑顔を最後に、比良栄優季は統護の前から永遠に姿を消した。
 また、同じ事になる予感がする。
「っくしょう……」
 また、彼女と別たれてしまうのか。
 統護は迸る感情を抑えられずに吠えた。
「ちっきしょぉぉおおおおおおおおおおおおおおおぁぁ~~~~~ッ!!」

         

 堂桜本邸から出てきた主を、ロイドは恭しく迎えた。
「お待ちしておりました。堂桜統護とのお別れは無事に果たせましたか?」
「うん、終わったよ」
 憑き物が落ちたような笑顔で、優樹は頷いた。

 彼女は【セントイビリアル学園】の女子用制服を着ていた。

「どう? 似合うかな」
「とても似合っていますよ」
 ロイドは普段のすまし顔を少しだけ緩める。
「本当は統護にも見てもらいたかったけれど、予定外にもっといいモノを見てもらえたから、仕方がないかな」
 男の振りをするのは――もう辞めた。
 そして、それが意味するところは……
 優樹は執事を従えて、堂桜本家の屋敷から離れていく。
 屋敷が見えなくなる前に、一度だけ振り返ってそっと呟いた。

 サヨナラ、統護。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。