アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第54話)

第四章  真の始まり 23 ―〔神魔戦〕統護VSジブリール②―

スポンサーリンク

 

 

         23

 統護は決意した。
 通常の〔魔法〕では対抗できない。よって――〔神〕を召喚する。
 堂桜一族が継承している〔神〕との〔契約〕を逆手にとり、〔神〕そのものを呼び込むのだ。
 召喚した〔神〕を〔精霊〕に置き換えて使役する神威のチカラ。
 ヒトの分際を超えた究極の暴挙である。
 しかし統護は、過去の戦闘でその暴挙を、なぜか当然と振るっていた。
 とはいえ、超人化した身体でなければ、〔神〕の怒りによってその身はバラバラになっていた事だろう。その超絶的な負荷は【DRIVES】の比ではない。
 当然が実は不可思議だったと、大天使の顕現を目の当たりにして自覚したが、今は躊躇している場合ではない。もう他に対抗手段がないのだ。
 イヴ・ウィンターを殺したくないが、統護に不殺を貫けるだけの余裕もない。
 系譜から選択し、召喚する〔神〕は……

 ――〔暴神スサノオ〕である。

 統護が召喚可能な〔神の系譜〕において、最大の攻撃力を誇る〔神〕だ。
 制御するのが困難で、おそらく手加減できないだろう。だが、統護は〔暴神〕を選んだ。
(さあ……来いっ! 〔スサノオ〕ッ!!)
 その喚び掛けが〔契約〕を介して――
 バツン、という破断。

 感覚が強制的に遮断された。

 フィードバックされる過負荷。
 危うく脳神経が焼き切れそうになった。視界が黒く染まり、四肢から力が抜けていく。
 大天使が〈神下〉した時と同じアナウンスが、統護の意識内に聞こえる。

『他の〔神族〕からの介入および侵入を検知しました。純虚数空間インナースペースのファイアウォール機構、正常に作動、侵入をブロックする事に成功。データベース照合――侵入を試みた〔神〕が判明。〔暴神スサノオ〕です。同〔神の系譜〕への警戒レヴェルを最大まで引き上げます』

 統護は愕然となる。
 まさか〔神〕の召喚が、純虚数空間インナースペースの防御機能によってブロックされるなんて。
 万策尽きた。
 冷たい双眸で統護を見下ろすジブリールが言う。
「どうした〈イレギュラー〉よ。我が〔主神〕が集わせた平行世界に存在している堂桜――選ばれし七名の〈資格者〉にあって、お前だけが元世界での〔契約〕が有効という異常は、とっくに解析済みだ。知りたいのは、なぜ異常が引き起こっているのか、その原因なのだ」
 さあ示せ、と大天使は右手を振り上げる。
 統護には抗うだけの魔力がない。
 召喚に全魔力を注いでしまった為に、〔精霊〕を使役できるまで回復するのには、三十秒はかかるだろう。むろん相手が、回復するまで待ってくれるはずが……
 ヴゥオンッ!
 右手が下ろされ、ジブリールは『裁きの光』を、容赦なく統護へと撃ち込んだ。
 次の瞬間。

 統護の身体が素粒子レヴェルに破壊し尽くされた。

         ◆

 素粒子レヴェルに砕かれ、消失させられた身体が再生していく――

 いや、死からの帰還なので、転生と定義するべきか。

 以前の堂桜統護と完全に同一ではない。
 オルタナティヴという分離体が、再度〈資格者〉となり独立に成功した影響だろう。
 元の世界から異世界【イグニアス】へと生まれ変わって転移した時に、感覚が似ている。
 似ている――と思い出せたのは、統護にとって大きい。
 蘇った記憶は完全ではない。しかし、一度目よりも転生は上手くいった。
 統護は己を理解する。

(そうか……。俺が〔神〕を使役できると錯覚していたのは、そういう事だったのか)

 似て非なる思い違いである。道理で自分だけが、他の堂桜とは異なり〔神〕を喚べた訳だ。
 自分に喚ばれた〔神〕が怒るのも当然だと苦笑する。
 疑問を抱かせてくれたジブリールと、その〔主神〕に今では感謝である。

 トーゴ、トーゴ、トーゴという呼び掛け。

 周囲を見回す。
 上も下も右も左もない光の中に統護はいた。
 温かい光のみで満たされている不可思議な場所。
 いるのは統護だけではない。

『……ついに、私が必要になったね、トーゴ』

 特別な少女が、統護の前に出現した。
 淡雪の声色。そして淡雪の貌をもつ堕天使が、統護の前に浮かんでいる。
 左側が光を司る眩い純白。
 右側は闇を象徴する漆黒。
 神魔の相克を体現する不思議な姿。
 両儀となる二色の大翼を背中にはためかせている、神秘的な羽衣を纏う少女だ。
 彼女によって統護は因果を逆転し、二度目の転生に成功できた。

 此処は、統護と彼女の精神世界。

 この時を待ちわびていた、と堕天使が云う。
 女神であり悪魔でもある彼女に、統護は苦笑した。
「そうだな。ユピテル戦の時とは異なり、どうやらお前が必要みたいだ」
 素直に認める。今の統護では、大天使には勝てない。
 堕天使が淡雪そのものの、淡い微笑みを湛える。
『よかった。早く私をトーゴだけのモノにして。MMフェスタの時、私、トーゴ以外のモノにされそうだったんだよ?』
「ああ。あの時は心底から焦ったよ」
 オルタナティヴとの共鳴――再度の〈資格者〉として覚醒がなければ、果たしてどうなっていた事やら。オルタナティヴが自分と共鳴した理由を、今では推理できる。
 次に共鳴する時が来るとするのならば、おそらく――
 堕天使が誘ってきた。
『――ね、今は優季と一緒に気を失っているから、邪魔は介入できない』
「邪魔……か」
『あの時、強制的に時間切れになったのは、オルタナティヴとの姉妹愛だけじゃなくて、それに乗じて割り込まれてしまったから。だって私と彼女の関係は、まだ不確定だし』
(彼女?)
 記憶が疼く。淡雪は似ているのだ。この堕天使に。でも、本当に似ているのは……
 統護はそんな思考を、今は雑念と振り解く。
「ま、それは後の話にしよう。今は大天使ジブリールを斃すのが先だ」
『うん。じゃあ――……

 キス、する?』

 甘く囁かれた言葉に、統護は静かに首を横に振った。
 まだだ。それは最後の手段にとっておこう、と。
 キスの拒否に、堕天使は拗ねた顔になる。だが文句は言わなかった。
 さあ、顕現しよう。
 堕天使から差し出された右手を、統護はそっと握りかえした。
 セカイが再び動き出す――

         ◆

「し、しまった!! ジャミングできないッ! 起動してしまう! ヤツの精神世界と純虚数空間インナースペースとの三重構造が、ここまで計算外だったとは!! 純虚数空間インナースペースの強制シャットダウン――も、キャンセルだと!? これならばそのまま〔神〕を召喚させるべきだった! や、やめろ〈イレギュラー〉ッ!! それは不完全のまま、未完成のままなのだ!! やめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろ、やめるんだ、やめてくれぇぇええッ!! 起動させるなぁ!! それは、ソレはこの魔導世界イグニアスにおいて――

 ……〈不 適 合 者〉なのだ!!」

         ◇

 ジブリールの《クィーンズ・ライトニング》が弾かれた。
 防いだのは統護ではない。
 統護と大天使の前に顕現した、一人の少女である。
 いや、一人ではなく一柱と呼ぶべきか。
 少女の姿にジブリールが言った。
「貴様、〔神の系譜〕から離脱して堕天しているな。天使でも悪魔でもなく、我が〔主神〕の意志に背いたまま顕現するとは……ッ!! お前は誰に殉じているのだ?」
「トーゴよ。私はトーゴだけのモノだから」
「莫迦な。ヒトに殉じている? それで堕天できるとは。堕天使としてのコードを名乗れ」
 まだ名前はありません。淡雪を貌を持つ堕天使が答える。
 その答えに、ジブリールは困惑を深めた。
 統護は識っている。
 純白と漆黒の両翼を優雅に広げた彼女は〔名〕ではなく、こう定義されていた。

 ――〈光と闇の堕天使〉と。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。