アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第48話)

第四章  真の始まり 17 ―リ・ブート(再起動)―

スポンサーリンク

 

 

         17

 アリーシア・ファン・姫皇路。
 それは、ファン王国第一王女にして、次期女王を約束されている姫君の名。
 堂桜統護の正式なフィアンセ。
 世界中のマスコミから高貴な薔薇に例えられるが、本人は「権力を得た雑草」という認識。
 責任を負わない権力、ノーブレスオブリージを伴わない立場に、牙を剥く少女。
 みみ架は吐息を漏らす。あまりに圧倒的だ。圧倒的なオーラである。
 納得だ。
(なるほど。アリーシアこそ堂桜くんの正妻……か)
 こうして直に正対して、統護が為す術なく尻に敷かれる理由が、よく理解できる。
 幼少時より名門のお嬢様として何不自由なく扱われ、かつ自身にも才能とチカラに恵まれていた温室育ちの自分とは――根本的に役者が違う。色々な意味でとても敵わない
 統護の女としてのカテゴリが違うと分かっていても、アリーシアには勝てないと感じた。

 持たざる者の、弱者の代表としての逞しさ、反骨精神は『太陽の姫君』そのもの。

 こんなにも、こんなにも人は短期間で変わる事ができ、変わったというのに、本質を見失わずに、変わらずにいられるモノなのか――
 みみ架の清々しい表情に、アリーシアは怪訝な顔で首を傾げた。
「なぁによ。人の顔をマジマジと見つめちゃって」
「いえ。ちょっと実感してね。堂桜くんに愛されているって充実感とは別に、なるほど、彼が貴女を鬼嫁として恐れる理由がよく分かったかな、と。少なくともわたしじゃ無理ね」
 アリーシアはふくれっ面になる。
「わぁーるかったわね。どうせ私は『堂桜ハーレム』とやらの中で、アイツに一番敬遠されていますよっと。だけどね、離れ離れな分だけ、あの浮気性の莫迦を放っておけないのよね」
 くくくっ、と笑いが込み上げてくるのを、みみ架は堪えられない。
「貴女が彼の正妻だわ。貴女以外には誰も彼の正妻は務まらないでしょうね」
 《ワイズワード》が予言する未来など関係ないだろう。
 それは運命以上の運命に思えた。
「それ。ぜんっぜん、褒め言葉に聞こえないってのが、統護のダメっぷりの象徴よね」
「そんな彼だから、わたしも貴女も、彼が大好きって事で」
「お互いに難儀な男に惚れたものね。仲間で友達とはいえ、ちょっと貴女に同情するわ」
「わたしは同情しないわよ。こうして貴女と友人になれて、堂桜くんに感謝している」
「あ~~。それはそうかも。アイツの浮気性が切っ掛けで、アイツと同じくらい大切な仲間を得られたんだもの」
 そして。
 気持ちを切り替えたみみ架は、闘技場側の出入口を見た。
 通路の向こう側では、主の許しにより、あの子の個人的な戦いが幕を開けるのだ。
 その戦いには、誰にも干渉はできないだろう。

         

 闘技場の戦況は、一進一退である。
 だが、その拮抗は攻め手側――《ハルル・シリーズ》によって演出されている、とシスター一号は判断していた。
 統護が浚われた。
 彼を強奪した朱芽・ローランドの単独犯はあり得ない。それどころか、かなり大規模な背後組織が彼女をバックアップしているはずだ。アリーシアの指示で、風間姉弟とミス・ドラゴンこと【内閣特務調査室】の龍鈴麗が、大使館およびニホン政府に情報収集に走った。
 ファン王国から遠征してきたアリーシア専属護衛隊は、ファン王家専属特務隊総隊長にして花形の宮廷魔術師団の長であるエリスエリス――エリス・シード・エリスハルトの指揮によって警戒態勢に入っている筈である。
 《聖剣》エリスを補佐するのは、島崎和葉ことリーファ・エクゼルドだ。
 可能ならば堂桜財閥よりも先に情報を得て、後の交渉でのイニシアチブを握りたい。
 なにしろ堂桜統護は、ファン王国第一王女の正式な婚約者なのだから。
 シスター一号とて、統護を救いに動きたいという衝動はある。
 けれど、それは他にも適任者が幾人もいて、その者達を信じるのが一番だ。その中には、主君であり義姉に等しいアリーシアも含まれている。
 アリーシアが自分を護衛の任から解き放ってくれた、その気持ちに報いるのだ。
 ぐるりと闘技場内を一瞥した。
「本当に茶番」

 これはテロに見せかけられた《ネオ・リヴェリオン》のデモンストレーションだ。

 統護の強奪作戦の陽動に組み込まれているが、この【パワードスーツ】強襲テロそのものが、アリーナ席ブースで観戦している数多のVIP達による茶番劇なのである。
 彼等はテロの標的にされている被害者ではなく、計画に荷担している加害者なのだ。
 VIP達全員が犯人ではないだろう。
 だが出資した者達の大半は、《ネオ・リヴェリオン》対若き【ソーサラー】兵団を、既定路線のイベントとして高みの見物と洒落込んでいる。
 《ネオ・リヴェリオン》の開発元と出資元は、まだ特定できない。だが、どんな大きな組織だろうと、これだけの数の【ソーサラー】を相手にした実戦訓練など、秘密裏に行うのは現状では不可能だ。よってこんな馬鹿げた計画を、統護強奪作戦の尻馬に乗って企てたのだ。
「……下らない。けれど、それよりも」

 この場の何処かに、いるんでしょう? ――ハルル。

 救いたい。何よりも謝りたい。
 かつての潜入任務で、友達だと騙し、そして任務の為に彼女を裏切った過去を。
 以前の自分ならば、裏切りは必要だったと心を殺して割り切っていた。
 けれど、統護とアリーシアによって、自分は変わった。心に従い懺悔できるようになった。
 逢いたい、ハルル。
 友達だと伝えたい。
 今こそヴェールを脱ぐ時だ。
 装着している紅い衣装型【AMP】――【EEE】を強制パージした。
 小柄で細身な身体のラインが、さらにシェイブされた。
 【EEE】の下に着込んでいるのは超薄型のワンオフ型【黒服】である。

 以前より彼女専用に開発されていた――名称《ブラック・ファントム》だ。

 黒を基調とした金と銀のラインで各パーツが区切られている、コンバットスーツである。
 薄手のプロテクターを各部に貼り付けたライダースーツといったイメージか。
 しかし関節部の要所に、補助アクチュエータ用の外層骨格部とコネクト用端子カバーが出ているので、上に着込んでいた【EEE】よりも細部は複雑で機構的なデザインだ。
 彼女は姿を消していた。
 製造・出荷元であったエージェント育成教室に返されていたのだ。
 当時すでに疲労の蓄積が問題視され、対【エレメントマスター】戦での敗北を機に、彼女の回収と休養、そして再調整が施された。同時に新装備《ブラック・ファントム》の使用訓練を行い、彼女本人の強い希望によって『とある新技術』への耐性を獲得した。
 決して長い期間とは呼べない、休息だった。
 だが、最大でも一日四時間の自由時間しか許されず、三百六十五日、分刻みの任務と訓練を課せられていた彼女にとって、ほんの一時とはいえ、かけがえのない時間だった。次の休息の予定は、今のところない。各機密組織からの予約でスケジュールが埋まっているのだ。
 少女は以前の彼女のままではない。
 為す術なく【エレメントマスター】に敗北した彼女とは違う。
 単なるオーバーホールのみならず、ヴァージョンアップして帰ってきたのだ。
 最後に、仮面を外す。
 青みがかった頭髪は、ボーイッシュなショートヘアだ。前髪で右目がやや隠されている。
 やや無愛想だが、理知的な麗容が解放された。
 顔立ちは少年めいた造形であるが、微塵も女らしさを損ねていない美しさが光る。
 少女の名は――楯四万、締里。
 世界で唯一の特例処置で複数の特務機関から依頼を請け負う、そんな彼女の裏社会に轟いている異名は。

 《究極の戦闘少女》――再起動(リ・ブート)。

 完全にリフレッシュしたその戦闘能力は、疲弊前の1.3倍を超えている。
 締里は感慨深げに呟く。
「約束通りにお前の元に戻ってきたぞ、統護」
 統護相手に《ブラック・ファントム》を試験する予定だったが、そうはいかなくなった。
 けれど丁度いい。
 まずは本当のリハビリと試運転がてらに、この茶番劇に幕を降ろすとしよう――

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。