アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第41話)

第四章  真の始まり 10 ―統護VSみみ架③―

スポンサーリンク

 

 

         10

 淡雪が首を横に振った。
「黒鳳凰さんのルシア戦と同じ流れになってきました。あれ程の域にあるお兄様の業ですら、あの鬼神にはまるで通用しないとは」
「打開する方法はないの? ねえ淡雪。ボクやっぱり統護に勝って欲しいよ」
「切っ掛けです。ルシアは地面からの攻撃魔術で彼女のリズムを一瞬とはいえ、崩しました。だから何かの切っ掛けで、彼女のリズムを崩すことができれば、あるいは――」
 ドンッ! 勁を込められた双掌打で、統護は弾き飛ばされた。
 辛うじてガードはしていたのでダメージは軽微だ。しかし、みみ架の狙いは。

 滑り込むように、みみ架は統護の懐に踏み込んできた。

 統護を下げて間合いを広げて、そこへ飛び込むように大股でステップイン。足の並びは震脚の為のガニ股だ。軽く握られた左拳は、統護の胸へ軽く添えられていた。
 同時に、みみ架の懐にある《ワイズワード》から疑似ワイヤが四方に打ち込まれる。
 決めにきたのだ。
 頁で精製された疑似ワイヤによって、みみ架が地面に固定された、その時。
 統護も一瞬遅れで、みみ架の右脇腹へと左拳を触れさせる。
 パンチで迎撃しても間に合わない――と、統護は判断した。ルシアと同じく化勁で無効化されてしまうリスクもある。ルシアのように彼女の寸勁を弾き返す術もない。
(だから、純粋に真っ向から相打ちを狙わせてもらうぜ!)
 疑似ワイヤで自身を縛り付ける、みみ架のタイムラグによって、統護の準備が追いつく。
 独特の呼気によって氣を勁へと変換して左拳へと集中。
 後は震脚をトリガーに撃ち込むのみだ。
 ふと思い出す。教室での実演で、みみ架に「未熟」と断じられた発勁だが――
「ぅぉぉぉぉおおおッ!」
 統護の寸勁と同タイミングで、みみ架の【ワード】が紡がれる。

「【魔導武術】――秘技《ワン・インチ・キャノン》ッ!!」

 同時だが、相打ちではなかった。
 統護の寸勁は、みみ架の化勁によって無効化されていた。
 そして、彼女の魔術強化ヴァージョンの寸勁は、容赦なく統護を撃ち抜く。
 反力がみみ架の身体に襲いかかるが、地面に張り巡らせている疑似ワイヤによって、反力を地面へと流し、逆に地面からの反力を拳へと戻す。いわば物理現象を超える魔術現象を利用した、発勁の共鳴増幅だ。単なる寸勁ではなく、魔術によって倍加させる妙が、彼女の【魔導武術】の神髄である。
 ガカァァアァアアンン!
 発勁が完璧に炸裂した反響音が、甲高く響き渡った。
 統護の身体は砲弾のように吹っ飛び、リングを仕切る金網フェンスに叩きつけられる。
 落下した統護は仰向けで大の字を晒した。ピクリとも動かない。
 痛烈なダウンシーンに、淡雪と優季が悲鳴を上げる。
「お、お兄様ぁぁああああっ!」
「統護ぉぉおおおおお!!」
 歓声が爆発する。アナウンサーが興奮して叫ぶ。

『二度目っ!! 二度目のダウンです! 倒れたというよりも、強烈に堕ちたぁぁぁ!! 堂桜統護、またしてもダウンを喫しましたぁ!! これは決定打となるか!? 恐るべし《ワン・インチ・キャノン》!! 恐るべし【魔導武術】! そして恐るべし黒鳳凰みみ架!! あの堂桜統護を相手にして凄まじい強さです!』

 これが近接戦闘ならば世界最強の強さ――と、会場の興奮はマックスまで上がった。
 優季が「立って、立って統護ぉ!!」と悲痛に声援を送る。
 対して、淡雪は足下に視線を落とした。
「駄目です。やはり試合形式では、いえ、まともに戦ってはあの鬼神には勝てません……」
 諦念に満ちたその台詞を、優季は淡雪を向いて否定しようした。
『またしても立ったぁ!! 統護選手、カウント9ギリギリで、立ち上がりました!』
 アナウンスに、優季は慌てて視線をリングに戻す。
 統護がダウンから起き上がり、ファイティングポーズをとって続行の意志を示した。
 ダメージは色濃いが、まだ余力は残っている。しかし次はないかもしれない。
 みみ架が呆れた声を出す。
「パワーとスピードよりも、無尽蔵のスタミナと馬鹿げた耐久力こそが、貴方の超人化した身の本領ね。今の一撃、常人なら普通に死んでいるダメージなんだけど」
「そんな一撃を食らわせるなよ。ま、俺も当たれば死ぬ打撃をやってたけどな」
 当たれば、であって、当たるはずがない技術差であったが。
 淡雪と優季は心配そうに統護を見つめていた。
 隣の《スカーレット・シスターズ》の表情は、真紅の仮面に閉ざされて窺えない。
 続行の期待に、観客が更にヒートアップする。

「……で、まだ続けるつもりかしら? 勝負あったと思うけど」

 冷たい声音。
 冷然と降伏を促すみみ架に、統護は苦笑を堪えられなかった。
 それだけの実力差だろう。
「確かにこのまま続けても意味ないな。でも、悪いが、このままじゃ終われない」
「その顔。そう。まだ策はあるってワケね」
 統護は自信を込めて首肯した。
「そりゃあ今までの攻防は、ここから先の伏線に過ぎないからな」
「伏線? へえ、期待していいのかしら?」
「もちろんだ。俺にしか使えない対委員長の『究極チート奥義』を解放するからな」
 みみ架は胡散臭げに眉を潜める。
「究極チート奥義? そんなの堂桜にあるのかしら」
 構わず、統護は一方的かつ意味深に云った。
「お前にしか有効でない、かつ俺にしか使えない、その奥義の名は……

 ――秘技《みみ架殺し》っていうんだ」

 

スポンサーリンク

 

 



         

 みみ架殺し――そのフレーズの響きに、みみ架は失笑する。
 当然の反応だな、と統護も気にしない。いや、むしろ想定通りだ。
 統護は構えをボクシングベースに戻した。
「それも『究極チート奥義』の《みみ架殺し》とやらに含まれているのかしら?」
「いいから委員長も構えろよ。ま、構えなくとも遠慮なくいかせてもらうけどな!」
 最速のフットワークで統護は飛び込んだ。
 とにかく飛ばす。身体機能に依存したアップテンポで、スピードのみに特化している。
 今までのダメージを感じさせない動きだ。
 統護とて平気ではないが、ここが勝負所である。残りの力を全て注ぎ込む。
 申し訳程度に左ジャブを出すが、みみ架は軽々と躱した。
 統護の超スピードに観戦している生徒達はド肝を抜かれるが、対照的に、みみ架は呆れ返る。

「そのバカみたいな速度に意味があるの? 鬼ごっこでもするつもりかしら?」

 彼女の言葉通りに、統護は速く移動しているだけだ。
 正面から突っ込むのではなく、サークリングしている。
 軸足でストッピングできない過剰な速度なので、サイドステップしながら打撃を放っても軸が決まらない。左ジャブ以外は打っても身体と一緒に流れてしまう。しかも速すぎなので打撃の初動に入ると、逆に慣性がフォームの邪魔をする。
 みみ架のようなラン&ガンなどできない。単に走っているに等しいのだ。
 統護は意味ありげに笑んだ。
 フットワークを切り返して、みみ架の脇を駆け抜ける。
 すれ違い際、耳元でこう言った。
「まずはお前の誤解を解消しようと思ってな」
「誤解? この鬼ごっこの?」
 統護は動く。可能な限り高速で、ひたすら的を絞らせない超挙動だ。
 超人化していない常人ならば、すぐにスタミナ切れを起こしてしまうだろう。みみ架でさえ、全力で絶え間なく動けば、二分と保たない。ゆえに効果的にスタミナを運用し、かつ戦闘中にでも可能ならば力を抜いて休息を摂る。それもまた戦術であり経験だ。
 効果的な脱力およびリラックスは運動において最も大事なのだ。
 だが、超人化した統護とオルタナティヴは、その常識を無視して全力行動の継続ができる。

「誤解というのは、俺のお前に対する――気持ちだ」

 気持ち、という言葉に、みみ架の顔が露骨に強ばった。
 想定通りの反応である。なまじ強すぎて余裕があり、かつ、相手の情報を無意識下で集積できる彼女なだけに、こういった揺さぶりは有効だと思っていた。
「こんな時に何を言うのよ!?」
「いいや。こんな時だから……だよ!」
 動揺あり、とみて左ジャブを放ったが、それは捌かれた。だが、先程より余裕がない。
 まだまだ浅いか。パンチではなく、言葉が。
 みみ架が顔を歪めて言う。
「なによ。この機に乗じて約束を反故にしようって魂胆なワケ!? そんなにイヤかしら? そうよね嫌だわよね、あんな詐欺みたいなやり口での約束なんてっ!」
 こっちが切り出す前に、向こうからペラペラと喋り始めた。
 みみ架の顔は真っ赤だ。
 統護はニヤつきそうになる顔を、必死に抑える。

(やっぱり色々と不満を溜め込んでいるんだな、委員長)

 唐突にみみ架がヒステリックに叫いたので、会場中が「?」という微妙な雰囲気に変化した。
 二人の約束を知らないのだから、当然である。
 対して、二人の約束を知る優季は、興味深そうな表情になった。
「心理面での揺さぶりに切り替えたね、統護」
「女性の恋愛感情につけ込むなんて、お世辞にも上品な作戦とはいえませんけど」
「でも心理的な揺さぶりはボク達も選択肢に入れていたけどね、淡雪。委員長ってさ、理詰めで理論武装できるけど、激情家っていうか自分の事だと感情を抑えられないし」
「ええ。それが黒鳳凰さんの一番の弱点でしょう。それにしても《みみ架殺し》ですか」
「《みみ架殺し》なんて宣言したんだから、きっちりと『殺す』と思うよ、統護は」
 統護は端的に問い返す。
「お前の方こそ、俺に不満があるんじゃないか? 嫌なのはそっちだろ?」
「嫌も何も、わたしは堂桜くんを利用するだけ。貴方だって同じ筈。血脈を絶やさない為に。互いにそれだけのギブ&テイク、ウィン・ウィンってやつよ!」
 あの夜の、みみ架の自虐を思い返す。

 ――〝ただ一つ、わたし達の子に悪いと思うのは、卑怯な『約束』を楯に、母が父に産ませて貰った事かしらね。理想は両親に愛があって生を受ける事だけど、こればかりは仕方ないわね〟――

 真剣な口調で、統護は云った。
「理想は両親に愛があって生を受ける事って、お前、俺に言ったよな」
「言ったが何よ!?」
「お前の両親には愛があったろ。祖父さんと祖母さんの件は不幸だったかもしれないが、それでも、祖父さんはお前とお前の母親を愛しているんだ。やり方が残念だっただけで」
 その台詞に、客席の弦斎が泣きそうな顔になる。
「婿殿……」
 みみ架が吠えた。
「はぁぁ!? 試合中だってのに、ふざけているの!?」
「そうだよ。今は試合中だ。実戦じゃない。試合じゃなきゃ、こんな手は使えないよなぁ?」
「お涙頂戴で精神を乱そうっていっても――ッ!!」
「現に乱れまくってるだろ。で、秘技《みみ架殺し》は次の一手なんだな、これが」
 統護はフットワークを止めると、みみ架に正対した。
 あっさりしたと自然な口調で伝える。

「俺、お前のコト、好きだから。もちろん異性としてって意味で」

 唐突な愛の告白。しかも気軽な物言いだ。
 ポカンとなる、みみ架。
「好きだ。今じゃ約束の発端なんてどうでもいい。お前が俺を好きじゃなくて利用するだけでも、俺はお前が好きだから」
 全身を震わせて、みみ架は統護を睨む。
「その殺し文句が秘技《みみ架殺し》とやらなワケ……!! 随分とバカにされたものね。そんな嘘にわたしが騙されるとでも!? ふざけないでよっ」
「好きだってのは嘘じゃない。まあ、動揺を誘う手段にしているのも嘘じゃないが」
「信じられないわっ!」
「どっちが?」
「どうせ試合が終わったら、動揺させる為の嘘だったって言うに決まっている!!」
「そっちか。それだと流石に最低過ぎるだろ」
 会場中が静まり返り、二人の会話に集中していた。
 女子生徒アナウンサーが言葉を探している中、隣席の美弥子がため息混じりに言った。
『こういう手段を使いかねないから、堂桜くんにルールで制限を課したんですけどね……』
『どうします? 反則、とります?』
『様子見です。累丘さんにとっても、真剣かつ意味の重い内容のようですし』
『でも、なんか痴話喧嘩っぽくなってますけど』
 みみ架は薄ら笑いを演出する。
 統護はその表情で、作戦成功を確信した。
「理解できないわ。そもそも、わたしなんかのどこが好きだってのよ?」
「顔とスタイルだ」
「な――」
「慣れたら性格も可愛く思えるようになっていた。偏屈で素直じゃないのはご愛敬だな」
「悪かったわね! 偏屈で素直じゃなくって!」
「その通りだろ。けどまあ、なんだか俺、お前を好きだとお前が迷惑っぽいし、俺をビジネスライクに利用したいだけみたいだから、そうだな……、俺――

 ――お前への想いを断ち切って、諦めるよ」

 みみ架の顔が凍りついた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。