アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第39話)

第四章  真の始まり 8 ―統護VSみみ架①―

スポンサーリンク

 

 

         8

 

 身体的なスペックは圧倒的に自分が上回っている。
 統護は遠慮せずに左ジャブを連射した。
 普段とは違い、ピンポイントで急所を狙うのではない。細かい狙いなどつけず、弾幕のように手数を重視だ。観客には『拳の壁』と錯覚を引き起こしかねない、そんな連打である。
 しかし、みみ架は当たらない軌道のジャブを無視して、突っ込んできた。
 統護のジャブは全て不発となる。
 みみ架はヘッドスリップを二度、パーリングを一度のみの最小限の躱しで、左ジャブを三つ放つ。
 小さく、鋭い打撃音が三つ連なった。
 顔面を細かく刻まれた統護は、ジャブの連打を止める。仕切り直しだ。
 小刻みに頭を振って、フットワークのリズムを再構築した。間合いと呼吸を読め。みみ架と自分では、リーチでこちらが勝っているのだ。みみ架も視線と肩でフェイントを入れながら、タイミングを図っていた。左だ。相手も自分と同じ意図である。技術比べだ。
 ヒュ、ゥ、ゴゥっッ! 二人の左拳が空気を斬り裂いた。
 双方の技術が恐縮された超速の左リードブローが交錯する。
 手数では通用しなかった。だから、相手の一発に対して、自分も丁寧に一発を返していく。ハンドスピードに頼っての手数ではなく、リーチ差を理論的に生かすのだ。
 みみ架のリードブローをヘッドスリップで躱す。いい左である。速くてキレがあり、伸びる。引き戻しも最高といえる。パターンが豊富だ。フェイントも多彩だ。こんな素晴らしい左ジャブは、統護の記憶になかった。惜しいのはリーチだけか。けれども、統護はその最高レヴェルの左ジャブを外しては、自分もジャブを返していく。
 そして、統護のジャブも当たらない。
 当たらないというよりは、軽々と避けられている。擦る気配すらなかった。統護は持てる技術を総動員しているのにだ。左ジャブの全てのパターンを駆使。フェイントも惜しまずに出す。そして速度も変化をつける。けれど――当たる気配がない。
 認めたくないが、左ジャブの差し合いで自分が劣っている。紙一重だが、確実に後塵を拝していた。リーチ差に助けられて拮抗しているが、同リーチならば、そろそろ捉まっていても不思議ではない。このままではジリ貧になるのは必死だ。
 統護は技術比べを諦める。
 やや強引にステップインして、右ロングアッパーを振るった。
 ぐぅァォオぅ! 迫力満点のスウィングは、しかし、みみ架には意味を成さない。
 空を切った大砲の右サイドに、みみ架は回り込んでいた。
「差し合いで勝てないという判断はいい。けれど安直に打ち合いを欲するだなんて。テクニックで劣るからといって、テクニックを度外視するなんて、愚策に過ぎるわ」
 その一言とセットで、統護のテンプルにコンパクトな左フックが叩き込まれる。
 統護が右サイドのみみ架に向き合おうとした時には、みみ架は左サイドに位置取りしていた。
 彼女の足捌きは【不破鳳凰流】の運足ではない。
 純然たるボクシングのフットワークだ。
(マジかよ……!!)
 統護は目を見張る。統護が動いた箇所の砂地は激しく乱れているのに、みみ架のフットワークの跡は、綺麗なままである。極限まで無駄がない証左だ。
 みみ架が攻撃に転じた。
 次々とパンチを浴びせられる。統護の防御技術が通じない。
 こんなに易々とクリーンヒットを重ねられるのは、近年では記憶にない。アメリカでの短期集中合宿でも、こんな相手はいなかった。高校生になってからは世界ランカーどころか、現役の世界王者とさえ何度も経験しているのにである。
 左ジャブでの差し合いで、防御の癖を学習されていた。避けられない。いや、避けようとした方向に、みみ架の拳が先回りしてくる。
 蝶のように舞い、蜂のように刺す――という名言そのままの、みみ架の華麗なテクニックだ。
 両手と両足が連動した、近代ボクシングの粋といっていい動きである。
 身体の物理速度で上回っているはずの統護だが、みみ架のボクシングのテンポにまるで付いていけない。完全に振り回されていた。技術差が明白に過ぎる。
(マジかよ、これって)
 ヒット&アウェイだった打っては離れ、が変化していた。
 無駄な踏ん張りがほほ皆無な上、打つ瞬間のみ微かに止まるのみで、激しく動きながら打ってくるのだ。こんなボクシング技術、否、ボクシングスタイルは、本場アメリカでのスパーリング経験が豊富な統護であっても初めて相対した。教科書にもない。何故ならば、コレを体現できる者が歴史上でも極僅か故だ。統護でも不可能である。

 

 ――通称で、ラン&ガン。

 

 しかも短時間ではなく継続させている。手数よりもステップワークが脅威だ。
 速い。ハンドスピードやフットワーク速度というよりも、ボクシング自体の迅さと早さに、統護は置いてきぼりになっていた。しかもパンチが切れまくりだ。
 観客はみみ架のボクシングに見惚れていた。
 優季が感嘆する。
「うわっ、綺麗~~。ヒット&アウェイよりも、もっと攻防一体って感じだ」
 シスター一号が言った。
「ええ。いわゆるラン&ガンってやつね。統護のボクシングスタイルは強打者用で、かつKO前提で組み立てているけれど、黒鳳凰みみ架が披露しているのは、ポイントアウト前提のタッチボクシングだ」
 淡雪もシスター一号に同意する。
「そうですね。確かに華麗ですけど、あのスタイルではお兄様をKOするのは難しいかと」
 次の瞬間であった。
 グゥシャァン!!

 

『強烈なカウンターぁぁああああっ!! 統護選手、ぐらついたぁ!』

 

 みみ架が左ロングアッパーで芸術的なカウンターをとった。
 精確無比のタイミングだ。もっとも効果的である反面、ガードルーズになり、もっとも失敗時の危険が大きいアッパーでのカウンターを、いとも簡単にみみ架は成功させてみせた。
 しかもラン&ガンの最中に、狙い澄ました一発を。
 技巧の冴えに、淡雪が唸る。
「今のカウンター。お姉様のライトクロスよりも……ッ!」
「さらに一枚上の超高等技術ね」
 シスター一号の断言に、淡雪は唇を噛んだ。
 脳を揺らされ、ガクンと腰を落とした統護は、たまらずにクリンチにいく。
 しかしボクシングの試合ではない――みみ架は抱き付きを許さずに、合気による投げを放とうとする。
 が、統護も易々とは投げられない。
 密着した二人の動きが、一瞬、止まった。否、止まったかのように錯覚する。
 正確には、統護もクリンチワークから、みみ架の動きを利した合気を試みていた。
 攻防の質が変わった。
 中国武術の推手に近似した挙動で、互いの姿勢を崩しにいく。
 ボクシング戦とは一変した、超近接状態での、手業による投げの探り合い。
 小気味よく、めまぐるしい手業の応酬に、観衆がどよめく。
 先に離れたのは統護だ。微かにバランスを崩されて、挙措の継続を断念したのだ。
 みみ架は深追いしない。
「予想以上ね。わたしが即座に合気で投げられないなんて――いつ以来かしら」
「このままじゃ勝負にならないか」
 その台詞と共に、統護はスタンスを、いや、構えそのものをゆっくりと変えた。
 纏っている氣の質と共に。
 構えの系譜は、人間工学と格闘理論に則った近代マーシャルアーツのソレではなく――

 


 ……歩幅を前後左右に広げ、軸足を決めずにべた足になる。

 

 ……重心はやや後ろで、肩幅は相手に平行にとった。

 

 ……脱力した左手を前へもってき、右手は顎の下。

 

 ……握らない両手の高さは肩口よりも下にあり、背筋を伸ばして顎を引かない。

 


 芯が通り凛とした立ち姿は、そこはかとなく神々しい。
 一変した統護の雰囲気に、アナウンサーだけでなく、会場中が無言になる。
 淡雪が小さく呟いた。
「初めて見ます。あれが〔霊能師〕としての……お兄様の本来の姿」
 古流武術の構え。独特にして、オーソドックスともいえる、細部に宿るオリジナル。
 MMA――ミックスド・マーシャル・アーツの定石ともいえるボクシング+レスリングという合理性の正反対をいく、時代に逆行したスタイルだ。
 統護の構えを目にし、みみ架の双眸と表情が変貌する。

 

「へぇ。それが……蘊奥(堂桜)というワケね」

 

 流派名はない。そもそもコレは武芸や格闘技として研鑽している業ではないのだ。
 故に無銘。
 統護は苦笑混じりに言った。
「別に隠したりもったいつけていたんじゃないけどな。今までコッチで戦うメリットがなかったってだけだ。今後もボクシングベースで戦うさ。けど、それじゃお前には歯が立たない」
「正解よ。ならばわたしも国宝奥(黒鳳凰)を見せましょう」
 観客席の弦斎が驚愕に目を見張った。
「体付きや挙措から婿殿がただ者ではないと分かっていたが、本当に実在しておったのか。あれが伝説の蘊奥――〔神〕に〔魂〕を奉納する為に一子相伝で伝えられるという、武術を超えた儀式の舞(ぶ)か。構えのみで、みみ架の中の鬼神を目覚めさせおったわ」
 弦斎の言葉通りに、統護の武術は、相手を打倒する為のモノではない。
 〔神〕への儀式の為。
 〔魂〕の修練の一環。
 形態が武術というだけなのだ。
 しかし統護は歴史上初めて、歴代の堂桜で初めて、蘊奥の業を相手の打倒の為に開封する。
 はらり。みみ架が二房のおさげを解く。
 艶やかな黒髪の縛めと同時に、彼女の裡に眠っていた縛めも解かれる。
 祖父が鬼神と形容する本質が、文学少女という仮面の下から顕れた。
 彼女の貌に浮かぶ凄みが、飾り気のない美貌を際立たせた。
 【不破鳳凰流】にある構えの内、もっとも一対一に適したものを選択する。やや半身に立ち、左手だけを軽く前に出した、自然体である。

 

「【不破鳳凰流】継承者――黒鳳凰みみ架、いざ参るッ!」

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。