アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第38話)

第四章  真の始まり 7 ―朱芽VSみみ架―

スポンサーリンク

 

 

         7

 準決勝第一試合――
 みみ架は泰然と立っているのみ。
 しかし特製ホルダーによって懐に収納してある本型AMP《ワイズワード》は、起動済みで待機状態となっている。プリインストールされている《ワイズワード》用の【基本形態】も発動済みだ。専用【AMP】の操作に特化している特殊タイプ(無形)の【基本形態】である。
 明らかに先手をとる意志のない彼女に対し、朱芽は【基本形態】――《クィーン・オブ・ザ・ハスラー》を顕現させた。
 巨大なパワーヴィジョン型の【基本形態】は、【結界】と見紛いそうな規模である。
 いや、魔術理論学による【結界】の定義によっては、【結界】の亜種として分類可能な、それ程の魔術的パワーだ。
 創製された手球と的球は、砂地を利した【地】のエレメントである。
 朱芽の【ワード】が響く。

「――《ブレイクショット・スナイプ》ッ!!」

 真の開幕を告げるのは、アナウンサーの開始の声ではなく、手球の炸裂音だ。
 ガガガガガガガガガガッ!!
 ビリヤードのブレイクショットを模した魔術射撃が、縦横無尽に《クィーン・オブ・ザ・ハスラー》のテーブル内で反射して、みみ架を幻惑する。みみ架は電脳世界内の超時間軸かつ超視界で、【ベース・ウィンドウ】による魔術サーチと演算を放棄していた。みみ架の魔術オペレーション技術では、朱芽の魔術射撃の軌道の解析が追いつかない。ならば、余計(無駄)な事にリソースを使わないという選択だ。
 統護は動かない。
 最初から朱芽との約束である。朱芽はみみ架との一騎打ちを希望して、対抗戦に出ていた。
「いけえっ」
 朱芽の一声と同時に、七番ボールと九番ボールが、みみ架の側面と背面から襲いかかる。
 だが、その二球は彼女をすり抜けた。
 正確には、当たる寸前で、みみ架は立ち位置を変えたのだ。そして、元に戻した。
 驚愕に目を見開くのは、施術者の朱芽のみではない。会場内の者、全員だ。
「は、ははっ。《陽炎》の応用ってわけね」
 【不破鳳凰流】の運足の妙に驚いたのでない。手球を含めて、十の魔術弾を正確に把握している、みみ架の洞察力こそ、真に恐るべき事である。魔術オペレーションによる超時間と超視界ではなく、現実時間と有視界で完璧に見切っている――という脅威だ。
 みみ架は右手を高々と掲げる。

 その手には――《ワイズワード》の頁によって精製されたビリヤード・キューだ。

 誰もが「まさか」と固唾を呑む。
 次の瞬間、みみ架はビリヤード・キューをテーブル面に沿って構えると、鋭く突き出す。
 ガァン! キュー先が捉えたのは、高速で駆け巡っている手球だ。
 手球は他の球に当たる。その球はさらに別の球に当たり、連鎖反応が起こった。
 みみ架のショットによって、九つの弾が軌道を変えた。
 そして、六番球と九番球がポケットに落ちる。

「まずはわたしの一ゲーム先取ね」

 ナインボール・ルールならば、九番をポケットに入れた時点でゲームセットだ。
 実際、《クィーン・オブ・ザ・ハスラー》の基本設定として、ナインボールをベースにして魔術を発動した場合、九番球の出し入れによって、手球と的球のリセットを判断するというパラメータになっていた。
 【基本形態】の魔術プログラムに従い、残りの的球が強制的にポケットに収納されていく。
 手球が朱芽の元へ戻った。
 新しいラックとボールによって、次のゲームを開始させる間を、みみ架は与えない。

「――【不破鳳凰流】運足、《縮致》」

 その呟きを、朱芽が、統護が、会場内の観衆が耳にした時には、みみ架は朱芽の懐にステップインしていた。
 縮地法と《陽炎》の合わせ技――と理屈の上では簡単だが、見る者には瞬間移動に等しい。
「ッ!!」
 朱芽がみみ架の接近を理解したのは、視認よりも先に、気配の察知であった。
 【魔導機術】の制御よりも、近接戦闘による迎撃に意識を切り替える。
 その判断に要した時間は一秒。
 そう。反射で本能的に対応できなかった朱芽は、一秒も要してしまった。
 ミスではない。相手の反射を殺すのが、《縮致》の妙にして、縮地との差異である。
 みみ架の懐から《ワーズワード》の疑似ワイヤが四方八方に張り巡らされる。疑似ワイヤによって、みみ架は地面と一体化した。朱芽の腹部には、みみ架の左拳が触れている。
 発勁の浸透・共鳴音が鳴り響く。
 ガカァァアアアアアアぁあんンンッ!!
 その音で我に返ったアナウンサーの絶叫が追従した。

『みみ架選手の十八番《ワン・インチ・キャノン》炸裂ゥ!!』

 観衆の認識が追いつかない中、朱芽の姿がみみ架の前から消えていた。
『朱芽選手、ブッ飛んだ!』
 がぁしゃぁぁあんん!
 寸勁の魔術強化版――みみ架の【魔導武術】の一撃で、朱芽は金網に叩きつけられる。
 衝撃で、金網フェンスが大きくたわんだ。
 朱芽の【基本形態】が消失。
 砂地に墜落した朱芽は、辛うじて受け身をとっていたが、金網に背中を預けてしゃがんだままの姿勢で、高々と両手を挙げる。立ち上がる意志はない。
 清々しい苦笑いを浮かべ、降参した。
「参った。やっぱハンパなく強いね、ミミ。満足満足。お腹一杯だわ。今の私じゃこれが精一杯。これ以上の無理は『次』に影響しかねないから、後は統護に任せるとするわ」
 呆気ない幕切れに、場内が静まり返った。

『ギブアップ! 朱芽選手、戦意喪失によるTKO負けです!! なんと、なんと雪羅選手とのDブロック決勝戦であれ程の実力を示した朱芽選手、全く歯が立ちませんでしたぁ!』

 単純にレヴェルが違う。
 みみ架の圧倒的な実力に、会場中の者が声を出すのを忘れている。
 優季が頬に冷や汗を流した。
「うっわぁ。朱芽、全然相手になってなかったよ」
 淡雪も表情を険しくする。
「地力に差があり過ぎましたね。接近を許した時点で終わっていました」
「そりゃあ、ボクとロイドの二人がかりでも勝てなかった、あのルシアに優勢勝ちするくらいだからね、委員長は。ボク達も接近されたら、あっという間にKO負けだ」
「ええ。しかし接近を許さなければ、いくらで勝機はあります。累丘、いえ黒鳳凰さんが最強なのは近接戦闘に限定しての話で、そして私達は二対一なのですから」
「うん。委員長は打撃力に特化しているだけでなく、根本的にロングレンジでの火力がないからね。二人の連携で火力勝負に持ち込もう」
 彼女達の横にいる《スカーレット・シスターズ》のシスター一号が言った。
「黒鳳凰みみ架戦のシミュレートなど、貴女達には無意味だな」
 話し掛けられた優季が驚く。主に口調にだ。
 シスター一号は、統護から目を離さずに続けた。
「決勝戦は堂桜統護と私達、紅の義姉妹だ」
「言うねぇ。でも、ボク達も君達《スカーレット・シスターズ》に勝つつもりだから」
「しかし貴女達は統護が決勝に勝ち上がってくるとは思っていない」
 淡雪が見解を述べる。
「ロングレンジ戦が可能となる実戦ならば、お兄様は黒鳳凰さんに勝てます。いえ、誰にも負けないでしょう。しかし近接戦に持ち込みやすいリング内での試合となると、相性からいっても、お兄様が試合で勝つのは困難だと思います」
 シスター二号が否定の言葉を発した。
「堂桜統護は決して負けない。そう信じているから、私達、紅の義姉妹はこの場にいるわ」
 四人の視線の先――

 統護はみみ架へと歩み寄っていく。

 手出ししない、という約束であったが、そんな約束などなくとも、手出しできなかった。
 朱芽の《ブレイクショット・スナイプ》に割り込んで仕掛ける訓練はしていたが、間違いなくみみ架には通用しなかった。彼女は多人数を相手に立ち回るのを前提としている。
 そして統護の格闘技能は、修行の一環に過ぎない為に、実は一対一でしか十全で機能しない。
 組み手やスパーリングといった実戦練習も、父母に課せられた一対一しか経験がないのだ。多人数を相手にした実戦は、学園の屋上で【ブラック・メンズ】を相手にした、あの時のみ。
 山籠もりで、熊・鹿・猪といった野生動物を相手にした事もあるが、練習とは言い難かった。
 ……鍛錬やトレーニングだけではない。この異世界【イグニアス】に来てから重ねた戦いが、統護を急激に実戦仕様に磨き上げている。
 朱芽は言った。次に影響しかねないから、自分に任せると。
(任されたぜ、朱芽)
 アリーナ側の客席へと目をやる。招待した弦斎と門下生達のブースだ。
 みみ架が言った。
「じゃあ、せっかくの試合だから堂桜くんに稽古をつけてあげるわ」
「そのつもりもあるが、それだけじゃなくて、勝たせて貰うぜ」
「へえ? 確かに総合力ならば貴方はわたしよりも――強い。だけど自らに枷をかしている《デヴァイスクラッシャー》の堂桜統護じゃ、ハンデが大き過ぎだと思うけど?」
 統護は両拳を肩口に構える。
 ボクシングのオーソドックス・スタイルだ。
「お前の祖父さんに約束したんだよ。お前の土俵でお前に勝つってな」
「そう言う割りには、堂桜――いえ、蘊奥のわざではなくて近代ボクシングベースでくるのね。それってオルタナティヴのマーシャルアーツとは意味合いが違うでしょうに」
「こいつが一番、立ち技で一対一だと合理的なんでな」
「いいでしょう。ならばわたしも国宝奥のわざではなく、その合理的なスタイルに付き合うわ」
 みみ架もボクシング・スタイルになる。
 予想外の構えに、客席からどよめきが起こった。
 もはや魔術戦闘ではなく、純粋な格闘戦闘といった様相を呈していた。
 場内が緊迫感に瞬きすら惜しむ中。
 鏡合わせのように酷似した構えから、両者が一気に動き出す――

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。