アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第32話)

第四章  真の始まり 1 ―Dブロック決勝戦①―

スポンサーリンク

 

 

         1

 

 淡雪が創り出す雪原とは似て非なる――雪結晶とダイヤモンドダストが煌めく冬世界。

 

 現世とは異なる独立空間は、【魔導機術】において【結界】と定義されている。

 

 その名称を《ダイヤモンド・スノゥスケープ》といい、氷室雪羅の【基本形態】だ。
 【結界】内に設定されている各パラメータを調整して、雪羅は《ダイヤモンド・スノゥスケープ》の影響範囲をメインステージと同調させた。
 次いで、【DVIS】を介して魔力を注ぎ込み、【結界】の基本性能の出力を上げていく。
 雪景色内で踊る光彩群が輝きを増し――メインステージ内の温度が急激に低下した。

 

「いい具合に涼しいわ。一家に一人、アンタがいれば夏場はクーラー要らずね」

 

 だが、マイナス百度におよぶ魔術的超低温現象を、朱芽は平然と魔術抵抗(レジスト)していた。この程度の魔術効果――朱芽にとっては魔術ワクチンの精製は簡単に過ぎる。
 レジストされた雪羅は表情を変えない。
「やはり基本性能による魔術効果では、貴女には通用しませんか」
「大した魔力総量だけど、魔術としての強度はともかく密度が足りてないんじゃないの?」
「そうですね。しかし【結界】といえども《ダイヤモンド・スノゥスケープ》はあくまで【基本形態】――つまり本気の攻撃魔術のベースとなる基点に過ぎません」
 朱芽は《スターダスト》を構えた。
 忠実に基本に則ったビリヤードのブレイクショットの姿勢である。
 同時に、《ダイヤモンド・スノゥスケープ》の魔術効果に干渉して、氷球を創り出すと《クィーン・オブ・ザ・ハスラー》にセットした。球の配置はナインボール・ルールである。
 軽く息を飲む雪羅。
 ニィ、と朱芽は意地悪く笑む。
「言ったでしょ。強度はともかく密度不足だって。【結界】そのものはセキュリティに阻まれて干渉不可能でも、魔術現象の結果として残った物理結果――つまり末端の雪と氷くらいは、こちら側の魔術現象に組み込めるって寸法よ。勉強になった? 初心者サン♪」
 魔術ハッキングと総称される現象だ。魔術戦闘時には極めて珍しい。ハッキング(乗っ取った)したのは一部の基本性能である。朱芽は【結界】の基本性能を魔術抵抗(レジスト)した際に、同時にある程度の干渉用ウィルスも精製していたのだ。それを周囲の魔術効果に対し、ハッキングにより常態化させている。
 超次元に展開した電脳世界における【ベース・ウィンドウ】で行う魔術オペレーションの技量と魔術理論では、完全に朱芽が一枚上手か。
「ええ。とても。貴重なご教授でした」
 雪羅は【ベース・ウィンドウ】でウィルス検索を行う。ウィルス干渉を受けている【アプリケーション・ウィンドウ】が検索できた。現実時間軸とは異なる超時間軸において、対処を開始。【コマンド】を入力していく。二つの時間感覚、そして有視界と超視界を平行させるのが、魔術戦闘の基本である。
「ついでに授業料はタダにしてあげるから、遠慮せずに受け取りなさい――

 

 ――《ブレイクショット・スナイプ》ッ!!」

 

 ズガァァン!
 朱芽の【ワード】により、突かれた手球が弾と化した。
 女子生徒アナウンサーが声を張り上げる。
『先制攻撃は、朱芽選手の射撃系魔術だぁぁああああああぁっ!!』

 

スポンサーリンク

 

 

         

 

 一方、統護は臣人のもとへと移動していた。
 今回の『インターチェンジ・デュエル』という試合について、統護と臣人には特別ルールが追加されており、両チームとも了承している。
 統護の《デヴァイスクラッシャー》の使用については、メインステージ内では、同エリア内の相手には従来通りだ。そして遠隔型でのサポートステージ内の相手への攻撃については、一試合に三度までという条件を守るならば、自由に行える。
 逆にサポートステージから、メインステージへの遠隔型クラッシャーの使用は『援護エリア』内のみに限定されていた。
 対して、臣人の《スペル=プロセス・オミット》の使用制限については、メインステージ内で同エリアの相手に対しては、魔術分解・魔術再現ともに自由に使用可能だ。サポートステージにいる相手には、魔術分解のみを許可とされた。
 臣人がサポートステージにいる場合は、統護と同じく『援護エリア』でしか使用できない。
 統護の遠隔型は、三発しか使用できない上に、精確に相手との相対空間距離を掴んでいないと、成功には程遠い代物である。
 呑気に『援護エリア』で、雪羅の隙を待っているつもりはない。
 それに統護が『援護エリア』に待機するという事は、臣人も『援護エリア』で妨害なく自由に《スペル=プロセス・オミット》で、雪羅をフォローできるという事を意味する。
 よって統護は、朱芽との打ち合わせに従い、朱芽のフォローを度外視して臣人を妨害するべく、彼のもとへと走る。

 

 臣人は統護を待ち構えていた。

 

 二つのステージを仕切る隔壁は透明である。
 自分の走りを見た臣人が、ゆっくりとこちら側へ歩き出したのは分かっていた。
 どうやら臣人と雪羅も同じ方針のようだ。
 時計でいうのならば、四つの『援護エリア』は0時・3時・6時・9時に位置している。
 二つの『交代エリア』は2時と8時だ。

 

 統護と臣人は7時地点で対峙する事となった。

 

 女子生徒アナウンサーが実況する。
『さあ、サポートステージにおいても統護選手と臣人選手が戦いを始める模様!! 幅が三メートルしかない外周部においては、とにかく前後の動きが重要となるでしょう』
 メインステージでは、朱芽と雪羅が戦闘を開始している。
 統護も迷わず、臣人へ殴りかかった。
『あぁっと! 出会い頭に、統護選手が臣人選手にダッシュナックルをかましたっ! しかし臣人選手は冷静にブロック!』
 飛び込みながらの右ストレートは、相手の足を止めるのが目的だ。
 予定通りに両腕でガードさせた統護は、足を止めた臣人に右のミドルキックを繰り出す。積極的に統護が蹴り技を使うのは、非常に珍しい事である。
 ドゴォァッツ!!
『続けて右ミドルッ!! 強烈だが、これも臣人選手、丁寧にブロック!』
 これも予定通りである。
 統護はブロックされても、右臑を強引に押し込んで――振り切る。
 ヴァっ。臣人の両足が浮き、左側の外周壁に叩きつけられた。
『臣人選手、ガードしても壁際に吹っ飛んだぁ! やはり堂桜統護、規格外の身体能力です』
 統護の蹴りを目にした観衆から、驚愕のため息が漏れる。
 この速攻には狙いがある。
 すかさず統護は位置取りを変えた。
 臣人を蹴り飛ばした壁とは反対側の壁へと、身体を滑り込ませた。
 統護のポジショニングに対応して、臣人も両足の位置を変化させて身体の向きを調節する。
『え、ええぇぇ!? こ、こ、これは一体!?』

 

 二人の立ち位置――統護は内周壁を背に、臣人は外周壁を背にしていた。

 

『まさか、まさか前後の動きを棄てて、左右の動きで勝負するつもりだというのか!?』
 違う。統護は左右の動きで勝負するつもりもなかった。
 半径十五メートルとはいえ、サポートステージは弧を描いている通路である。外周側に臣人を置くと、臣人がサイドステップを踏もうとしても、統護側への斜め前へのステップとなってしまう。要するに、真横や斜め後ろへの動きを封じることができる。
 なによりも――この場所・位置関係ならば、臣人の縮地を無意味化できるのが大きい。

 

 臣人との打ち合いは、統護にとって必要な情報でもある。

 

 臣人が言った。
「そちら側でいいのか、堂桜統護。それだとメインステージの様子が見えないだろう」
「誘ったのは俺だ。それに俺は相棒を信頼しているんでな」
 統護は重心を落とし、両足の幅を左右に広げる。
 同じように臣人も腰をどっしりを落ち着けた、クラウチングスタイルになった。
(そうか。応えてくれるのかよ)
 ニィィ――、と統護の頬が不敵に釣り上がる。

 

 ここからは、蹴りを封印しての――ボクシング・ベースでいく。

 

 共に、ガードを肩口まで下げると、両拳を攻撃用に解放した。
 臣人の両手に握られている二つの専用【AMP】――ハンドグリップが開いた状態でロックされる。
『二人揃って、こ、この極端な前傾した構えは……ッ!!』
 単なる作戦だけではない。
 統護は思う。氷室臣人という男を拳と肌で感じ取りたい。願わくば通じ合いたい――
 たとえ感情は薄くとも、きっと心は熱い筈だから。
 だから拳で会話しよう。
 さあ、虚飾をなくして存分に語り合おうぜ、拳に気合いと魂を込めて!

 

『両者、フットワークと蹴りを棄てて――真正面からド突き合いにいったぁぁあああっ!!』

 

 アナウンサーが興奮で絶叫する。
 二人のパンチが、空気を切り裂き、唸りをあげた。
 互いの素をさらけ出す拳の交換。拳の交錯。
 しかしギブ&テイクの殴り合いではなく、共に卓越した防御技術を披露する。
 超人と超人。剛拳と剛拳。
 クリーンヒットを許さずに、四つの拳がガードを叩く轟音が、断続的に鳴り響く――

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。