アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第29話)

第三章  バーサス(VS) 10 ―記念懇親会―

スポンサーリンク

 

 

         10

 淡雪は改めて雪羅と向き合う。
 不思議な感覚だ。二卵性双生児。確かに自分に瓜二つで、そして明白に差異がある。
 話し掛けようとしたが、その前に雪羅が口を開いた。
「口振りからすると、堂桜詠月も戦闘系魔術師ソーサラーのようだけれど、あの人……強いの?」
 淡雪は素直に認める。
「はい。血族としては遠縁も遠縁の彼女が、暗殺される事なく堂桜ナンバー3にまでなり、そして今もボディガードすら要さずに一人で堂々と歩けるのは、その実力ゆえです。あの女はまさに《怪物》と呼ぶに相応しい」
 使用エレメントと魔術特性は不明だ。
 知った者――すなわち戦った者は、全て詠月に消されている。
「詠月自身が口にしている【基本形態】の名称は

 ――《ダークムーン・サキュバス》」

 彼女らしい名称です、と淡雪は表情を緩めた。
「それで? 私に何か用?」
「まずは謝罪させて下さい。堂桜の次期当主として」
 淡雪は深々と腰を折る。
「迷惑よ。貴女に非がない程度は理解しているし、次期当主といっても大した実権はないでしょう。つまり責任だってまだないわ」
「それでも私は……」
「それよりも知りたい事があるんでしょう?」
 淡雪は表情を改める。
「はい。私のスペアだという貴女と、貴女のご家族について短時間ながら調べさせてもらいました。しかし有益な情報は得られませんでした」
「察しはついていると思うけれど、現状の私達兄妹のパトロンは堂桜詠月よ。でも事故を装って家族を殺し、兄を脳改造したのはおそらく別の堂桜でしょうね」
「お願いします。そういった経緯を詳しくお話願えないでしょうか?」
 可能ならば協力したい。
 再び頭を下げる淡雪から、雪羅は視線を逸らした。
「別にこれといって口止めされてはいないけれど、馴れ合うつもりもないわ。特に詠月は堂桜財閥の内実を色々と知っている。今の私は詠月に従わざるを得ない立場なのよ」
「そうですか」
 淡雪は引き下がる。やはり雪羅は兄と二人で戦いたいのだ。
 家族の仇討ちに、他人を巻き込みたくないのだろう。
「対抗戦で私達兄妹に勝ったのならば、その時は話せる内容は話すわ。でも大した内容は話せないわ。私達の方が色々と知りたいんだから」
 思い切って、淡雪は提案する。
「どちらが姉か妹かは分からないと貴女は言っていました。ならば対抗戦で勝った方が姉というのは、どうでしょうか?」
 寂しそうな顔で、雪羅は首を横に振った。
「悪いけれど、貴女と姉妹になる時は、家族の復讐を終えた後だわ。その時までは他人――ライバルでいましょう」
 表情を引き締め、雪羅は右手を差し出してくる。
 その手を、淡雪は握手した。

         

 会場には、海外から招いた一流オーケストラによる生演奏が、BGMとして流れている。
 しかし、統護の聴覚は淡雪と雪羅の会話に集中していた。
 音源は淡雪が特注した盗聴用小型イヤホンだ。
(どうやら和解とまではいかなくとも、それなりに打ち解けた様子だな)
 そっと胸を撫で下ろす。
 淡雪は統護の指示で雪羅と話し合いに向かっていた。生き別れだった双子の姉妹なのだ。できれば共闘して氷室兄妹の仇を討てれば望ましい。
 その仇とて、簡単に馬脚を出さないのは承知の上である。淡雪どころか、父の宗護が保持する情報網であっても『誰が犯人か』は掴めない筈だ。情報隠蔽が完璧だと判断したからこそ、犯人は氷室兄妹を対抗戦という舞台で光の下に解き放ったのだろう。
 今後は、統護たちもその犯人を追うつもりだ。
「……しかも堂桜詠月か」
 統護とて《怪物》――堂桜財閥の若きナンバー3の事は知っていた。
 三十代以下の若さで台頭している堂桜の女性有力者は珍しくない。今は有能ならば女性も社会進出できる世の中だ。しかし、その中でも詠月は別格であった。
 ボディガードや男の影に隠れるような気質ではなく、政敵から刺客を仕向けられた場合は、詠月が自ら報復に出る――と云われている。戦闘者・暗殺者としても超一級品なのだ。
 基本、ここ一年以上は海外を転々としていたはずで、まさかニホンに戻っていたとは。
 詠月から感じられる自信は、己が最強だと疑っていない者のそれだ。

『お兄様。聞こえておりましたか?』

「ああ。感度はバッチリだ」
 通話機能をオンにして答える。会場内の対【魔導機術】セキュリティを考慮して、純粋な電子機器を用いていた。魔術を用いていないので、喋る時は相手の声が聞こえない。トーク機能のオン・オフには注意が必要になるのは、無線会話の基本である。
『雪羅さんについては、やはり今はこれ以上は難しそうです』
「上出来だろ。試合後の睨み合いを思えば」
『恥ずかしいです。あの時はつい感情的になってしまいました。ところでお兄様』
「ん? こっちの首尾か?」
『いいえ大丈夫です。お兄様の様子も私のマイクから把握しております』
 トーク機能に関係なく淡雪にこちらの音が届いていたという事は……
「ちょっと待て。聞いてねえよ」
 盗聴されていたのか。やるならせめて事前に云っておいて欲しい。
『ふふ。お互いに盗聴し合う。理想的かつ素晴らしい兄妹関係だとは思いませんか?』
「欠片も思わん。ってか、盗聴するなと何度も云っているだろ」
 統護は盗聴用小型イヤホンを外して、右手で包み込む。
「そっちの感度はどうだ?」
 すかさずイヤホンを耳に戻す。
『良好です』
「……」
 恐くなってきた。というか、恐い。ヤバイ。集音器は何処に仕込まれているのだろうか。
 最悪で、この会場中のいたる箇所かもしれない。誰か助けて。
 いくら身内の経営で外部者ではないとはいえ、このホテルの厳重なセキュリティを突破するなんて、無茶苦茶にも程がある。

「……なに一人でブツブツ言っているのよ、統護」

 パートナーである朱芽の一言で、統護は我に返る。
 今は朱芽をエスコートしている最中だ。
 彼女を伴って、お偉いさん方に挨拶回りをしていた。MMフェスタで経験していたので、特に問題なくこなせた。大人側も統護の実情を知っているので、お互いに無駄な時間を消費せずに、極めて効率的でビジネスライクな時間であった。気楽とさえ思えた。
 ほとんどが魔術関係者なので、普段ほどに白い目を向けられる事もない。例の『堂桜ハーレム』にしても、アッパーミドル層以上が多いので、女性関係の手広さには一般人よりも寛容だ。何しろ愛人を囲っていない金持ちの方が少ないのが実相である。
 統護は愛想笑いで誤魔化す。
「ああ、悪い悪い。ちょっと思い出した事があって」
「なになに。家の用事が終わって、ひょっとしてプライヴェートな約束とか?」
 朱芽がニヤつきながら、統護を肘で突っついた。
「ま、そんなところだ」
 プライヴェート、という朱芽の台詞で優季を思い出す。パーティ開始当初は、彼女も一緒であった。優季も堂桜関連の大企業【HEH】の令嬢として、統護と共にお偉方に挨拶回りする予定だったが、すぐに旧知である【ニホン魔導開発大学付属学園】の生徒達に捕まった。
 男子であると偽っていた過去の説明も含めて、優季は旧交を温めている。
 ついでに優季の執事であるロイドも大人気だ。楽しそうな優季に、統護も安堵した。
 優季は幸せにならなければならない。もちろん統護も尽力する覚悟だ。
 豪華絢爛を極めている会場中を、改めて一望した。

 記念懇親会――という名目に違わず、全国各地から集まった各校の面々が交流している。

 同じ学校の制服同士ではなく、違う学校制服が入り交じっていた。
 生徒会長である黎八も、他校の生徒会関係者や引率教師達と談笑している。戦いとはいっても、切磋琢磨が目的の試合だ。試合を離れれば、実に和やかな雰囲気である。
 運営責任者の美弥子も忙しなく働いている。まるで給仕係のようだ。
 気になるのは――夏子の不在だ。
(やっぱり今夜も冬子さんを見舞っているのか)
 そして例の《スカーレット・シスターズ》は、予想通りに姿を見せない。マスクで顔を隠してたのだから当然だろう。あるいは素顔で会場に紛れ込んでいるかもしれない。
 ホールのエントランス脇では、風間二三子が即売会を開いている。
 公約を守り【聖イビリアル学園】放送部の女子アナウンサーが売り子をしていた。
 それだけではなく、みみ架とパートナーの里央までもが手伝っている。
 大盛況なのが、格調高い場の空気にそぐわない。
 みみ架は顔筋が硬直している。売り子は全員、大流行している『艦隊これくたーズ』というソーシャルゲームのコスプレをしていた。『艦少女』と呼ばれる擬人化した戦艦のコスプレだ。際どい水着の上に、戦艦のパーツを各部にくっつけているという独特の格好である。
 里央は楽しそうだ。みみ架は不機嫌そのもので、統護の視線に気が付くと、石化させられそうな凶悪な目で睨まれてしまった。統護は苦笑を堪えられなかった。

「これからどうする? 統護も有名人だし、どっかのグループに突撃する?」

「正直いうと、それ俺にはハードル高過ぎ」
 淡雪の代わり、というよりも、本音では初対面である他校の生徒達と上手く会話できる自信ないので、大人相手への挨拶回りに逃げていたのだった。
「ひょっとして私と二人きりがいいとか?」
「そういうワケでもないというか、誤解を招く発言はやめてくれ」
 盗聴されているんだよ、恐怖のマイシスターに。イヤホンの電源は切ったが無駄であろう。
 それに、また機嫌が悪くなったら面倒だ。
「それだったら、私も勝手に行動させてもらうわね。他校に顔を売っておきたいし」
「わかった。付き合ってくれてサンキューな」
「統護と一緒にVIP連中に挨拶回りできて、有意義な時間だったわ」
 そう言い置くと、朱芽は統護から離れて、賑わっている女子グループへと入っていった。
 朱芽の背中を眺め、統護は自虐する。自分には、ああいった行動力はない。
(さて……と)
 一段落ついた。朱芽から別れてくれて幸運である。
 統護は次の目的――とある人物を探す。
 いた。

 ――庭に面している窓際に、独りポツンと突っ立っている巨躯の男子生徒がいる。

 微動だにしない。一切の飲食をしていない。彼の姿はマネキンそのものである。臣人の役目は義妹のボディガードだ。左目の《エレメント・アイ》が雪羅の専用【DVIS】とリンクしており、何か異変が起こった場合は、即座に駆けつけられる範囲内に、常にいるそうだ。
 統護は彼へと歩み寄っていく。
 不思議と緊張はしない。おそらく彼も『ぼっち』っぽいからだ。宇多宵晄の時もそうだったが、つくづく同類には敏感な男である。
「ちょっといいか? 氷室臣人」
「オレに用か?」
「少しでいいから付き合ってくれないか。話がある。アンタと妹さんについて――」

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。