アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第27話)

第三章  バーサス(VS) 8 ―氷室兄妹VS雷爆コンビ①―

スポンサーリンク

 

 

         8

 氷室臣人はヘラクレスを想起させるような少年である。
 短めの頭髪は、雪羅によって丁寧に癖なくセットされている。長めの前髪が目に掛かっていて、瞳が見えにくい。鼻が高く細面だ。優しげな貌なのに、人の温もりを感じさせない。
 肌が白い。いや、青白い。病的な程だ。
 その血色は、妹が誇る陶磁器のように磨かれた白美ではなく、色素の欠損を疑わせた。
 死人めいた顔と肌とは対照的に、大柄な体躯は生命エネルギーに溢れている。
 身長は一九一センチ、体重は一〇三キロ。
 肩幅が広く、胸板がブ厚い。そしてウェストが引き締まっている逆三角形体型だ。
 筋肉のカッティングが強調されたボディビルダー体型ではなく、ナチュラルさを重視したアスリート型の肉付きである。絶妙にバランスが取れている所為か、腕や脚といった個々のパーツは太くとも、全身の印象としては無駄なくスリムだ。顔が小さいというのもある。
 臣人という名だが、巨人と勘違いしそうな威容だ。
 統護は臣人の筋骨隆々とした体躯に、思わず感嘆した。
「こうして改めて見ると、でかいな……。東洋人としては破格といっていいぜ」
 朱芽も同意する。
「今時、世界基準でのヘヴィ級は、二メートル超えで一二〇キロ前後くらいだから、純粋には一階級下のクルーザー級ってところよね。でも東洋人で一九〇センチ超え一〇〇キロ超えは、立派なヘヴィといってもいいわね。特に骨格が太そう。チビの統護としては嫉妬する?」
 一七〇センチ台中盤の統護は、東洋人としては平均よりもやや上といったところだ。
 だが、世界基準だと一七〇センチ台は『小さい』となる。特に軍人やアスリート、格闘家としては小人といっても過言ではない。
「別にチビでも不便はしてないけどな。体重差は苦にならないし、リーチ差を埋めて懐に入れば、逆にクイックネスと小回りで、有利とさえいえる」
「誰が相手だろうがパワー負け、体格・体重差を苦にしない統護にしか言えない台詞だねぇ。私も同感かな。単純な物理スピードは筋力で補えても、やっぱり百キロオーバーの自重を俊敏かつ小回りに動かすのは容易じゃないし。ま、お手並み拝見といきましょうか」
 淡雪と優季は黙ってリング上を注視していた。
 臣人は更に前へと歩く。
 蜘蛛の巣状に張られたロープ上だという事を失念させる、自然な歩みであった。
 そして力強くも、百キロ超の体重を感じさせない軽やかさだ。
『さて、この氷室兄妹と対戦いたしますのは、中部の名門――【ニホン魔導開発大学付属学園】からの参加チームです。長田啓太&小林隆輔の三年生コンビ! 幼馴染みのこの両名、名古屋では《尾張の雷獣・雷神》――略して恐怖の《雷爆コンビ》という異名が轟いている……と、プロフィールには書かれております。私は初耳ですし、ネットにも話題ないですけど。それに気のせいか《雷爆》って略称じゃないですよね……』
 優季が眉を潜めて小首を傾げた。
「そんな異名、地元じゃ聞いた事ないなぁ」
 淡雪は中部地方の生徒が固まっている場所へと視線をやる。
 全く盛り上がっていない。【ニホン魔導開発大学付属学園】の面々は困惑している。
「どうやら限りなく自称に近い異名の様ですね……」
「うん。あの二人覚えているけど、すっごい地味で真面目そうな先輩だったよ」
 長田啓太が宣言する。
「まだまだマイナーな《尾張の雷獣・雷神》――俺達《雷爆》を、この対抗戦で全国区にしてやるぜぇ!! みんな俺達のスーパーバトルを見ろぉおおおッ!!」
 闘志満々、やる気充分の《雷爆コンビ》だ。ちなみに両名とも学校制服の上から、特注の特攻服を着ている。どう見てもチンピラだが、特攻服は卸したてで着慣れていない。
 この《雷爆コンビ》も高校生離れした逞しい巨躯だ。
 共に一八〇センチ台後半はあり、鍛え抜かれている筋肉の鎧が全身を覆っている。
 統護たちの後ろに陣取っている二三子が、何度も頷いた。
「なかなかカッコええネーミングやないか。うんうん、《雷爆》ええなぁ。惚れそうや」
「どこがだよ姉貴。珍走団じゃあるまいし」
「しかも明らかに今日が特攻服デビューやで。きっと普段はクソ真面目な優等生なんやろな。どうにかして目立とうという策で、あのキャラ作りなんや。ウチ、感心したで!」
「完全にキャラ作りに失敗して滑っているじゃねえかよ」
 観衆の大半は《雷爆コンビ》の二人について、深く考える事を放棄した。
 注目が氷室兄妹へと戻る。
 臣人はリング中央――雪羅と《雷爆コンビ》の間に、彫像のように立っている。

 歩みを止めた臣人は、ゆっくりと両手を前に突き出す。

 彼の両手には、それぞれハンドグリップが握られている。握りきっていない状態だ。
 その二つは彼の専用【AMP】である。
 名称は右手用が《キエティハンド》で、左手用が《ミスティハンド》だ。
 独特な構えをとった兄に続き、妹――雪羅が【ワード】を唱えた。
「――ACT」
 雪羅の専用【DVIS】である十字架のペンダントが、強く紅光を灯す。
 【魔導機術】が立ち上がった。
 桜色の唇から紡がれた言葉を引き金に、局地的な異界が顕現する。

 それは第三フィールド上を覆い尽くす――ダイヤモンドダスト(細氷)を伴う雪景色。

 数多の雪結晶と細氷が、ロンドのごとく空間内で軽やかに踊り輝いている。
 幻想的な雪原風景に、目にした誰もが吐息を洩らした。
 自然現象ではありえない魔術的超常現象だ。紛う事なき――【結界】である。
『な、な、なんと【結界】ですっ!! 通常ならば複数人の一流【ソーサラー】を必要とする大魔術に類される【結界】を、氷室雪羅選手、なんと単身で顕現させましたぁぁああっ!!』
 アナウンサーの絶叫をかき消す、大歓声が場内を揺るがした。
 単身での【結界】起動――すなわち氷室雪羅は、中学生にして、すでに超一流と呼んでいい戦闘系魔術師ソーサラーとしての技能、および資質を秘めているという証左に他ならない。
 透き通るような声音で、雪羅が告げる。
「これが私の【基本形態】……

 ――その名も《ダイヤモンド・スノゥスケープ》です」

 冷徹な視線を眼下の淡雪へ向けた。
「どうです? 貴女の【基本形態】とは似て非なる私の【基本形態】は?」
 統護は所感する。確かに淡雪の《クリスタル・ストーム》と同系統の【基本形態】だ。
 使用エレメントと魔術特性も同類だろう。
 流石は淡雪と同一のDNAを持つ者だ。

 だが、細氷が輝く雪原の【結界】に囚われているはずの《雷爆コンビ》は平然としていた。

「はははっ! なんだよ見た目だけのハッタリ【結界】じゃねえか。脅かしやがって」
 彼等は魔術抵抗(レジスト)したのではない。魔術効果が及んでいないのだ。
 ゆえに見た目だけ、と判断した。
 長田が遠慮なく攻撃魔術を発動する。雪羅への関心の煽りで誰にも注目されない中、すでに彼等は【魔導機術】を起動し終えており、【基本形態】として【雷光】を纏っている。
 ガガガガガッ!
 自称・雷獣に沿った【雷】のエレメントによる稲妻が迸った。
 臣人は右手の【AMP】を握り込む。
 キュゥィィィイイイイ――……

 右手首に円環状の【魔方陣】が出現してロールする。同時に、長田の雷撃が消失した。

 いや、消失というよりも『分解』された――と形容するべきか。
 単純に稲妻が消えたのではなく、【魔方陣】と同じ紋様に、稲妻がバラけていったのだ。

 魔術の分解現象。

 己に及んだ魔術効果を解析して対抗用ワクチンを精製する魔術抵抗(レジスト)とは、根本的に発想が異なっている。己に影響が及ぶ前に全ルーチンを解析しなければならないのだ。
 唖然となる長田と小林。
 場内の観衆、女子生徒アナウンサーも声を失った。
 統護たちも驚愕を隠せなかった。
 臣人は表情を変えない。姿勢も微動だにしない。まるで感情が窺えない。
 会場が静まり返る中、雪羅が言う。
「まず最初に、私の《ダイヤモンド・スノゥスケープ》が対戦相手に基本性能としての魔術効果を発揮していないのは、意図しての事です。大変申し訳ありませんが、兄のチカラを堂桜兄妹に披露する為に、このようなパラメータ設定をとらせて頂きました。無礼・非礼をどうかご容赦願います」
 我に返った小林が、相棒と同じく雷撃を飛ばす。
 不意打ちではない。対戦相手の口上をご丁寧に聞かねばならぬ道理など、魔術戦闘にはないのだから。
 臣人は左手の【AMP】を握り込んだ。
 キュゥオォォオオオオォ――……

 握り込まれた左拳の前面に【魔方陣】が出現し、そこから雷撃が放たれた。

 黄金の光が爆ぜる。雷撃と雷撃が激突し、威力が相殺された。
 先程よりも長田と小林の二名は、驚きの色を濃くして、愕然と雪羅を見る。
 意を汲んで、雪羅は小さく首肯した。
「説明を再開します。対戦相手のお二方には誰よりも理解できたでしょうが、今、兄が迎撃に使用した雷撃は『兄の魔術ではなく』、そう、先程の『長田さんの攻撃魔術』なのです」

 つまり先程とは逆の――魔術の再生現象。

 長田が叫んだ。
「莫迦なっ! どうしてソイツが俺の撃った魔術を使えるんだ!? どんなインチキを使えば、そんな真似が可能になるんだ!? あり得ないだろうが!!」
 アナウンサーが戸惑い気味に口を挟んだ。
『いえ、事前に提出された使用【AMP】の検査では、特に問題はなかった、とデータにあります。ただし事前申告されている使用方法がかなり特殊で、ちょっと信じられないというか。ええと実は今大会、対戦相手の専用【DVIS】と専用【AMP】の使用を不可するチームが一つもなく、かつ事前に使用内容を知る権利を使ったチームもゼロなので、こういったケースは危惧されていたんですが……。私も実際に目にしてビックリです』
 不正行為ではない、とアナウンスされて、場内が異様な雰囲気になる。
 雪羅が説明を続けた。
「ええ。右手の《キエティハンド》によって、兄は【魔導機術】の実行プログラムを解体して自身の脳のRAM領域に転写。元の魔術プログラムへとリアルタイムでの変換処理を施してから一時的に記録します。逆に左手用の《ミスティハンド》でその一時転写した魔術プログラムのソースコードを、兄が使用可能な書式に改稿された形式で【スペル】へと、再びリアルタイム変換――実行プログラム化して起動したのです」
 要約するとインタプリタなのです、と雪羅は表現した。

 コンパイル処理されているコードに強制介入する、インタプリタ処理であると。

 氷室臣人は、魔術プログラムをインタプリタする事によって、ソースプログラムと実行プログラムを任意に可逆変換できるのだ。ただし一度毎に、脳のRAM領域はリセットされてしまう。記憶した魔術は、使用するとRAMから消えてしまうのだ。上書きしても同じだ。
 魔術コードを可逆的にインタプリタしているという説明に、場内が凍りつく。
『た、確かに申告されている臣人選手の【AMP】の機能はその通りなのですが、実際にそんな真似が可能なのですか? 【魔導機術】プログラムのインタプリタ処理なんて……』
 観衆の気持ちを代弁するかのような、アナウンサーの疑問に、雪羅は目を伏せた。
「どうか兄の左目にカメラをフォーカスして下さい」
 四方の巨大スクリーンでアップになった臣人の左目――

 瞳孔部分がカメラレンズになっており、瞳に擬態させる意図のない、義眼であった。

 右目は普通の瞳だ。異様なオッドアイである。
「この左目は専用【DVIS】も兼ねている義眼です。その名称は《エレメント・アイ》といいます。この《エレメント・アイ》によって、兄は【魔導機術】における全てのプログラム・コードを解析する事ができるのです。目は脳の一部とも云われていますが、兄の脳は事故によって深い損傷を負い、その回復手術の際に堂桜財閥により【DRIVES】と呼ばれている新技術のノウハウが転用され、《エレメント・アイ》の解析機能が実現可能になっていると説明を受けています。私と兄もそれ以上は知りません」
 雪羅の声が悲しげに震える。淡々と弁解めいた説明が続く。
 氷室臣人は、脳の損傷および改造によって、真っ当な魔術師としては死んでいる。
 オリジナル魔術は使えない。【基本形態】も持たない。超次元の電脳世界に【ベース・ウィンドウ】も展開できなのだ。
 彼の意識容量は、改造された脳機能の維持にほぼ全てのリソースを費やしている。
 魔術師と超次元でリンクして、プログラムコードをコンパイルする軌道衛星【ウルティマ】の演算機能を、臣人は己の脳機能のみにより代替していた。インタプリタのみのシングルタスクであっても、それは人の限界を超えた莫大な演算処理を要求してくる。
 臣人は軌道衛星【ウルティマ】とリンクしていない。いや――できないのだ。
 新技術【DRIVES】のノウハウを投入された脳機能が可能とする《エレメント・アイ》の解析能力と、二つの専用【AMP】――《キエティハンド》と《ミスティハンド》との連携によって実現可能な、たった一つの【魔導機術】しか、氷室臣人は使えない。

 その定義名は――《スペル=プロセス・オミット》だ。

「信じられない話でしょう。実際に披露しなければ誰もが一笑に伏すような与太話です。しかし、会場の皆さんがご覧になった通りに、兄の能力は現実なのです」
「そ、それって……、お前の兄貴はつまり、軌道衛星を必要としないで、魔術師単体で【魔導機術】機構として成立しているって事じゃねえかよ」
「はい。【DRIVES】の本来の開発コンセプトも、それに近いものらしいです」
 対戦相手の二名は、そこで気が付いた。

 ――臣人は先程から表情を全く変えていない。

「な、なあ? なんかお前の兄貴って人形みたいっていうか……。その……」
 会場の他者も順次、気が付いていく。
 目を見開いた淡雪は、思わず口元を両手で覆った。
「そ、そんな……ッ!! まさか、まさか」
「兄の能力は軍事転用可能な代物ではありません。個人レヴェルの魔術戦闘に限定して使用する技術にしても、用途が限定され過ぎています。堂桜の【魔導機術】システムから完全独立したスタンドアローン型魔導兵士など軍隊には不必要です。現実に【魔導機術】システムが使用可能なのですからメリットがありません。《スペル=プロセス・オミット》はあくまで新技術【DRIVES】の開発を進める上でのデータ入手が目的なのです。それに戦闘目的の脳改造は国際的に違法ですし、唯一の成功例である兄にしても……

 理性や論理思考は生きていますが情動・感情思考などの心理機能がほぼ停止しています」

 脳機能が感情に割けるリソースを確保できない――と、雪羅は吐露した。
 優季が痛ましげに顔を歪める。
「酷いよ。【ナノマシン・ブーステッド】になったボクよりも非人道的だよ、こんなの」
「しかし手術せねば兄は助かりませんでした。法的な問題は、堂桜サイドがすでに裏から手を回しています。対外的な私闘や軍事利用を禁止される形で、処遇は有耶無耶になるとの事です」
 そこで臣人が初めて口を開いた。

「何も問題はない。オレは生きているし、義妹を護る能力がある。それだけでオレはいい」

 抑揚の乏しい言葉だ。これならば人工知能の電子音声の方がよほど情感がある。
 統護は『脳男』という小説の主人公を思い出す。
 いや、臣人は彼よりも重傷に見えた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。