アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第18話)

第二章  ヒトあらざるモノ 9 ―みみ架VSルシア②―

スポンサーリンク

 

 

         9

 みみ架はダウンから起き上がらない。倒れたままだ。
(この最強の相手に、勝った……)
 決着を確信し、ルシアは歩を進めようと右足を踏み出した。
 倒れているみみ架へと歩み寄り、彼女の子宮を破壊しなければならない。命までは奪わない。格闘家としても戦闘系魔術師としても、みみ架を壊す意図はない。
 ただ黒鳳凰みみ架が『次代の堂桜の母』になる可能性を潰せれば、それでいいのだ。
 統護の子を産む。これで統護の子を産めるのは自分だけになる。
 右足から歩き出し――
「ッ!?」

 ずしん、と身体が重い。

 まるで水中にいるようだ。右足の一歩だけでルシアは止まる。左足を前に出せない。
 己の身体の異常に、ルシアの碧眼が見開かれる。
 あまりに怪訝だ。
 倦怠感だけではなく力感が抜けていく。身体全体が細かくブレている感覚に襲われる。
「ぁ、ぁ、ぁ、あァ?」
 視界が揺れる。歯を食いしばる。駄目だ。歩けない。
 いや、歩くどころか、両膝がガクガクと笑い始めており、立っているだけで精一杯になる。
 全身から冷や汗が噴き出してきた。

 ――みみ架がゆっくりと起き上がる。

 なんと力感が残っているではないか。
 布切れと化した道着が四肢に引っかかっているだけの、半裸に近い扇情的な立ち姿である。
 その姿に、ルシアは息を飲んだ。
「む、無傷……」
 みみ架は首を横に振り、自虐的に肩を竦めた。
「なワケないじゃない。今まで完璧に気絶していたわよ。これが格闘技の試合だったのなら、文句なしに貴女の失神KO勝ちね。実際、意識を断たれるとは予想外だったわ」
「ど、どうして? 何故――」
 千切れたのは道着だけで、みみ架の肌には傷一つ無いのだ。
 発勁のダメージと衝撃を体験して、即座に魔術プログラムを書き換えた。地面を利用してのブラインドで、修正作業は誤魔化せたはずだった。『化勁』は想定外だったが、それでも、その直後の勁への対応は成功したはずなのに。魔術オペレーションにミスはなかった。そして相手の魔術オペレーション技術が低い事も織り込んでいた。それなのに……

 結果は――自分の身に不可解なダメージが残り、みみ架は無傷だ。

 失神KO勝ちなど、なんの意味もない。これは試合終了を宣するレフェリーがいる格闘技の試合ではないのだ。当事者のみが勝敗を決める魔術戦闘なのだから。
 電脳世界に展開している【ベース・ウィンドウ】で自己診断しても、魔術的なダメージは受けていない。ならば、いったい、どうして――!?
 みみ架が淡々と告げる。
「脳震盪のみで、わたしに外傷と裡のダメージがないのは、衝撃を《ワイズワード》の疑似ワイヤに吸収させていたから。一層目が『通せない』と感じた瞬間、疑似ワイヤを緩めたのよ。で、即席のバネ代わりにして、引っこ抜かれる反動で衝撃を地面に逃して、自分で後ろに飛んだ。流石に余波まではどうにもできずに、失神した上にこんな格好にされちゃったけどね」
「あの一瞬で?」
「云ったでしょ。アンタの魔術特性――手品のタネは解ったって。だから発勁にも対応してくるのは予想していたわ。擦った裏拳のアレで学習されたと思ったから。《ワン・インチ・キャノン》という派手な大技を使ったのは、その裏をかく為の――策よ」
「策? 一層目といったのは、つまり……」
「そう。わたしは外層用の寸勁と同時に、内層側で二発目の勁を撃ち込んでいたのよ。

 すなわち――浸透勁を」

 その一言でルシアは理解した。寸勁というパンチを利して放つ発勁をカモフラージュとして、『通し』に徹した当て身から流し込む発勁を浸透させられていた事を。
 ルシアの知識にある『浸透勁』は、かつての戦国時代に甲冑を『通す』為に用いられた発勁であったはずだが、まさか二層構造の発勁として使用するとは。
 発想と技量が尋常ではない。いや、それ以上に……
「信じられません。浸透勁とは。純粋に勁のみを浸透させて、こんなダメージなんて」
 この身の異常は勁を通されたダメージだった。
 身体が内側からバラバラに分解されている、そんな不可解な崩落感を味わっている。
「普通の相手には使わないわよ。内臓や神経系に後遺症が残りかねないから。浸透勁なんかよりも、シンプルに顎先をパンチで打ち抜いて失神させた方が、遙かに安全な制圧法だわ。本音をいえば、発勁すらオーバーダメージね。けれど、貴女には使わざるを得なかった」
「褒め言葉と受け取りましょう」
「ええ。嫌味なしの純粋な賛辞よ。本気の浸透勁なんて、おそらくこれが生涯で唯一になるでしょうね。貴女との二度目がなければ――の話だけど」
 勝てない、とルシアは判断した。
 強い。この女は強過ぎる。少なくとも近接戦闘では、誰もこの女には敵わない。
 たとえ堂桜統護であっても勝てないだろう。
「見事です。しかし、まだ終わったわけではありません」
 四肢はロクに動かない。
 けれども、身体を動かすだけの余力はとっておいた。常日頃の心構えが奏功した。
 ルシアは後方へと飛び退く。
 みみ架にタネは悟られているので、ステップする振りなどしない。
 魔術効果で身体を後ろに運んでいく。
「へえ。『保存』が利くのね。まあ『保存』ができなければ即座の反射しか無理だから、道理ではあるか。効率は悪くとも、そういう意味では便利な魔術ね」
 余裕なのか、みみ架は追ってこない。
 庭園とも呼べる裏庭は広いとはいえ、三秒もあれば、家屋の死角に回り込める。
 みみ架には砲撃魔術はない。頁で精製した長槍は直線的にしか繰り出せない。多節棍や鎖鎌のような武具を精製して、弧を描く攻撃が可能かもしれないが、その程度は躱してみせる。
 近接戦闘で最強なのであって、近接戦闘でなければ、みみ架はむしろ雑魚の部類だ。
 総合力で評価すると、みみ架は最強には程遠い。いくらでも勝つ手段はある。
 それに策を弄しているのは、ルシアとて同じである。
(一対一の真っ向勝負で勝てなければ……)
 まずは身を隠す。
 そして次策の戦術として――

「ああ。隠蔽用の【結界】と見張り担当だった【ブラッディ・キャット】五名を使うのね」

 心底からつまらなげな、みみ架の言葉。
 ギクリ、となる。
「まさか驚いた? 実は最初から気が付いていたけど。今日はバイト休んだどこぞの使えない王子サマのSP達がいないと思ったら、朱い飼い猫五匹が潜んでいる程度はね」
 バレていた。見透かされていた。一対一で駄目ならば、多数で襲う計画が。
 戦う前から掌の上だったとは。
 知識・考察力はともかく、戦闘面・戦術面においての策略は――みみ架が上だ。
 いや、これが武人の本質か。戦闘者と武人の違いなのか。
「近隣に家屋が少ない場所とはいえ、あれだけ派手に砲撃音を立てて、通報どころか見物人もゼロだもの。ま、この格好を堂桜くん以外の誰かに見られなくて済んだのは、素直に感謝するわね。でも、六対一なんて面倒になる前に――終わらせる
 どうやって?
 ルシアは四方八方に視線を巡らせる。みみ架に砲撃はない。すなわち、死角からの強襲以外に攻撃手段はないはずだ。しかし、みみ架の気配は先の場所から動いていない。
(いや。気配のみを残して、すでに移動している!?)
 例の面妖な運足といい、あの女ならば可能に違いないだろう。
 見えない故に、恐い。自分から死角に逃げたのに、相手を視認できない事が、こんなにも。

 これが――恐怖。

 ルシアは初めての感情に、身体が竦んでいた。そして後悔していた。
 今更ながらシミュレートが甘過ぎた。こんな『戦闘の鬼神』に挑むには準備不足だった。
 みみ架の台詞は続く。発声源はそのままに。
「遠距離用の砲撃魔術どころか、まともな攻撃魔術すら使えない欠陥【ソーサラー】のわたしにも、実はたった一つだけロングレンジでの攻撃手段、砲撃ではないけれど――遠当ての業があるのよね」
 遠当て!? ロングレンジでの攻撃手段!?
 ルシアは狼狽する。当て、と表現したからには、武術の業に違いない。
(いいえ。こうなったら相手の攻撃を待つまでもなく、部下に一斉攻撃を命じて――)
 潜伏が露呈している以上、どこまで通用するかは不明だが、少なくとも時間稼ぎにはなる。
 命令しようと、ルシアが口を開こうとした、その時。
 アコーディオンの蛇腹のように伸びた紙の群が、自分の腹に添えられている事に、ルシアは気が付いた。まさか電脳世界の魔術サーチがジャミングされるとは。やはり普通ではない専用【AMP】である。
 意味が分からない。これが遠方からの攻撃なのか。ルシアの思考が硬直する。
 戦闘とは『思考と反射』の繰り返し、と理解している彼女が、思考を停止してしまった。

 ――対して、みみ架。

 みみ架は決して思考を止めない。一瞬たりとも止める事はない。
 胸の高さに固定された《ワイズワード》本体へ、右拳を腰だめに構え、広くスタンスをとる。
 折り重なって伸びた頁の先端が、ルシアを捉えたのを察知した。
「ッはぁぁぁあああああああああああぁぁあぁ!!」
 彼女は己の究極まで『氣』を錬成し、全身を巡らせて、最後に右拳へと収束させた。
 みみ架でも体現できない【不破鳳凰流】の奥義が、たった一つだけある。

 いや、歴代の黒鳳凰の誰一人として為し得なかった超奥義だ。

 遠当ての業。みみ架といえど、単身で放っては空気抵抗と拡散によって、人を斃す威力は伝えられない。
 しかし《ワイズワード》を媒介してならば、この神技は可能となる。
 裂帛の気合いと共に、自身最大最強の発勁を込め、みみ架はコークスクリュー気味に捻り込んだ渾身の右正拳突きを《ワイズワード》にコネクトした。
「【魔導武術】・超技――

 ――《百歩神拳》ッ!!」

 ごぉぉっ!
 波動と化した勁が《ワイズワード》から伸びている頁群により伝導して、疾走していく。
 その荘厳かつ幻想的な光景は『神氣伝導』とでも表現するべきか。
 ギャウォォゥゥウウウウウッ!!
 蛇腹状の頁群から、螺旋を描き迸る虹色の発光が煌めき――

 極限の発勁が、頁群の先端に繋がっているルシアの身体を貫いた。

「かはァっ!」
 ルシアの身体がくの字に折れ、夜空へと飛ばされた。
 いかなる状況でも維持し続けた《アイスドール》の仮面がヒビ割れて――無残に砕け散る。
 ビスクドールめいた精巧な美貌が、苦痛と苦悶によって、大きく歪んだ。
 皺が寄った事のないルシアの貌の肌に、初めて顔筋運動による皺が刻み込まれていく。
(そ、そ、そん……な)
 表情の発露と共に、メイド少女は放物線を描いて落下する。
 どさり。受け身をとれず、身体を折り曲げた姿勢のまま、横薙ぎに地面に叩きつけられた。
 慣性のまま派手に転がっていく。
 回転が収まる。ガツン、と右側頭部が地面にバウンドし、お腹を抱えるような丸まった体勢から――ルシアはピクリとも微動だにしない。豪快というよりも、あまりに惨めなダウンシーンだ。
 ルシアの表情から生気が抜けていく……
 目蓋が降りかけている碧い双眸から光が消えていく……
(眠っては駄目です。眠ってしまえば、このままKOされてしまいます)
 理屈では解っていても、眠かった。心地よい眠気が、ルシアを甘く侵食していく。
「き、聞こえる……」
 弱々しくルシアは呟く。胡乱な意識ゆえか、泣くように囁く。

 にゃ~~。
   にゃぁ~~。
  にゃぁぁあああああぁぁああん――……

(ああ。この猫の鳴き声は)
 愛しい鳴き声。とても好きだった。一緒に好きだった、あの声が、不思議と耳の奥に蘇る。
 耳朶に残るこの○●○の声音が、●○●の途切れそうだった意識を繋ぎ留める。
 そして思い出せ。自身を優しく包む、温かくて柔らかい二の腕の感触を。嬉しそうに細かく頬を舐める、あの子の舌触りを。
 泣きながら、ヒトであるコトを棄てた決意を。
 忘れるな。決して忘却は許されない。何故ならば、このワタシは、私は――

         

 みみ架は油断なく歩を進める。
 確実に貫いた。
 間違いなく仕留めただろう。その証左として、姿を隠している【ブラッディ・キャット】の隊員五名は動かない。仮に襲ってくれば容赦なく殺す――と、みみ架が殺気で牽制しているという事を慮外しても、この状況で彼女達が沈黙を続けるという意味は――たった一つ。
 家屋の角を曲がり、視界に飛び込んできた景色。見慣れた風景のその中央に……

 ――魔人が立っていた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。