アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第4部(第05話)

第一章  パートナー選び 4 ―ライバル心―

スポンサーリンク

 

 

         4

 昼休み。
 中等部三年に在籍している堂桜淡雪は、高等部の校舎に赴いていた。
 理由というか目的は、体育祭で企画されている対抗戦へのエントリーである。
 昨日、美弥子から統護の強制エントリーを聞かされて、迷わず自分も参戦を決意した。統護も午前中には知らされている筈だ。断る事はできないだろう。
 専門学科である魔導科(魔術師科)は、高等部の二年からになる。高等部一年までの全課程を履修しなければ、魔導科に進むことはできない。
 しかし淡雪は堂桜財閥の本家令嬢として、特例的に魔術師の証――専用【DVIS】を所持している。
 心は軽い。
 過日のMMフェスタで、行方不明となっていた兄、いや姉との再会が叶い、わだかまりも消えた。だから今の兄――統護に対しても真っ直ぐに向き合える。素直になれる。
 職員室へと向かう淡雪は、見知った女子生徒と出くわした。

 人懐っこい子犬のような愛嬌のある美少女だ。

 髪型はやや癖のあるセミロング。色は亜麻色。健康そのものの屈託のない笑顔は、太陽の様に輝いている。大きくつぶらな瞳はややタレ気味である。対して鼻と口は小振りだ。
 釣り鐘型の胸と大きめの尻、そして制服のミニスカートから覗く太ももが程よく張っている。バランスのいい体型は、淡雪よりも躍動的で肉感的な印象である。
 統護と同じクラスに在籍している、彼の幼馴染みにして恋人――比良栄ひらさか優季ゆうきだ。
 優季が朗らかに話し掛けてきた。
「……あれ? どうしたの淡雪。ここって高等部だよ?」
 淡雪はたおやかに答える。
「ええ。存じております。実は、体育祭で行われる対抗戦へエントリーしに参りました」
「対抗戦? 中等部からの参加ってできたっけ?」
「私も専用【DVIS】を所持しておりますし、実家を通じて学園側に掛け合って特別に許可を得ました」
 返事を得たのは、つい先程だ。決定したのならば、帰宅まで待てない。
 優季は素直に納得した。
「そうなんだ。流石に堂桜財閥のご令嬢だね。けど淡雪の実力なら当然かな」
「こういった行事において家の権力を使うのは気が引けますが、またとない機会ですから」
「確かに。クラスのみんなも意気込んでいるよ。委員長は気の毒だったけどね」
「優季さんは?」
「ボク? うん。エントリーするつもりだよ」
 当然とばかりに参加表明した優季に、淡雪は上品な微笑みを向ける。
「聞くところによりますと、優季さんは転校早々からご学友に恵まれている人気者とか。ふふ。これは強敵です。私とお兄様も油断できませんね」
 優季は露骨に驚いた。
「うそっ!? 統護ってば、幼馴染みで恋人のボクを差し置いて、淡雪と組むのぉ!?」
 淡雪は不愉快さを隠さずに訂正する。
「幼馴染みはともかく、恋人は貴女の自称でしょう」
「ううん。ちゃんと統護もボクが好きで恋人って言ってくれたよ」
「まったくあのダメ兄は。しょうがない人です」
 深々と嘆息する淡雪。
 優季は肩を竦めて苦笑した。
「アリーシアとの婚約とか、委員長との約束とか、統護のダメッぷりは今更だね。ボクは諦めて現実を受け入れているよ。統護がボクを好きならそれでいいし」
「ふぅ。そういう貴女も大概ですね。とにかく、お兄様は私と組む予定ですので」
 言葉尻を聞き逃さなかった優季は、淡雪に確認した。
「予定って事は、まだ決定じゃないんだ。よかったぁ。てっきり統護がボクよりも淡雪を選んだって勘違いしちゃったよ」
 胸を撫で下ろす優季に、淡雪が釘を刺す。
「勘違いなどではありません。お兄様が私以外と組むなどあり得ませんから。共に堂桜の姓を背負いし宿命。そう……、兄妹タッグの結成です!」
 淡雪の言葉に、優季は自信満々に言い返す。
「可哀相に、淡雪。統護はボクを選ぶに決まっているのに……。ボクとの恋人タッグで対抗戦に臨むのは決定事項だよ。それにボクは統護の一番の理解者だし」
「聞き捨てなりません。お兄様の一番の理解者は、この私ですから」
「でも淡雪はアリーシアと委員長を許容できないんでしょ? ボクは統護を愛しているから、事情を理解して許容できるよ。あの二人とも仲良くやっていける。我が儘いって統護を困らせたりはしないんだ。淡雪とは違ってね」
「わ、私だって、その程度の器はありますともっ!」
 優季は冷ややかに、かつ少し意地悪そうに言った。
「どうだか。統護がボクを対抗戦のパートナーに選んだら、淡雪は認められずに、きっと癇癪を起こすんじゃないかなぁ。その様子が手に取るように想像できるよ」
「侮辱です! 癇癪など、この私が起こすはずありません!! 失礼ですわ! 優季さんの方こそ、お兄様が兄妹タッグを組んだら掌を返して、お兄様を批難するのではなくて?」
「その時は潔く兄妹タッグを認めて、ボクは別のパートナーを探すから。決して統護を責めたり、怒ったりはしない。ちゃんと統護の意志を尊重する。応援するし祝福するよ」
 その言葉に、淡雪は眼光を鋭くする。
「確かに聞き届けました。ええ、私も同じです。もしもお兄様が貴女との恋人タッグを決めたのならば、否定する事なく受け入れます。とはいえ、そんな事は起こり得ませんが」
 優季は快心の笑みを浮かべる。
「言ったね、淡雪。それじゃあ尋常に勝負しようじゃないか。ボクと淡雪。恋人タッグと兄妹タッグ。果たして、どっちが統護に選ばれるのか――」
「望むところですわ。結果など分かりきっていますけれど」
 淡雪は心底から憐憫の情を抱く。
 統護に選ばれる事なく失意する優季を、どうやって慰めればいいのか……と。
 恋人? 婚約者? 契りの約束?
 どれも問題ない。些事である。なにしろ統護にとって一番の『特別』は自分なのだから。
 その事実を、まずはこの恋人に思い知らせよう。
 淡雪はほくそ笑む。
「ところで淡雪。統護が何処にいるのか知っている? 実は探しているんだけど」
「教室か学食ではないのですか?」
 統護を喜ばせるだけではなく、軽く驚かせたかったので、逢いに来るとは伝えていない。
 優季は渋い顔になった。
「それがさ、昼休みになると同時に、教室から飛び出ちゃったんだよね」
「そうですか。困りましたね」
 時間は限られている。昼休みが終わる前に――
 スマートフォンの着信音楽が鳴った。
 呼び出しだ。相手はきっと統護に違いない。
 淡雪と優季は、同時に制服スカートのポケットをまさぐった。

         

 高等部校舎の屋上で、統護は金網フェンスに背を預けて、青空を仰いでいた。
 鍵は例によって優季の専属執事であるロイド・クロフォードに都合してもらっている。彼は彼で、主人の学園生活の邪魔にならないようにと、色々と気を遣っていた。学園内では不必要に優季の近くにいない。
 統護はスマートフォンをズボンのポケットに滑り込ませた。
 呼び出しは終わった。
 用件はこの屋上で伝える――と言った。
「大丈夫だよな」
 自信なげに呟く。
 相手がこの場に来たら、申し込むつもりだ。
 対抗戦のパートナーになってくれ、と。
 快諾してもらえるという自信があるはずなのに、こんなにも……恐い。

 ――もしも断られたら?

 すでに別のパートナーが決まっていたとしたら。自分は快く祝福できるのだろうか?
 これから先の二人の関係が気まずくならないだろうか。
(大丈夫だ、信じろ)
 そして勇気を出して誘うんだ。
 気配がした。
 近づいてくる。来た。統護の動悸が激しくなる。呼び出した相手が、階段を登ってくる。
 過度の緊張で全身が汗だくだ。
 程なくして、昇降口のドアが開いて――相手が姿を見せた。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。