アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第5部(第36話)

第四章  託す希望 15 ―統護VSメドゥーサ③―

スポンサーリンク

 

 

         15

 締里は右手首を捻って、《ブラック・ファントム》のスイッチを入れる。
 四肢を穿つ圧縮空気針によって、締里の体内に『とある薬品』が注入された。
 それは【レジスター】という【DRIVES】への耐性を強化する薬品だ。常人では使用に耐えられない劇薬でもある。締里とて、三日に一度の使用が限界で、かつ【DRIVES】の起動リミットは三分と設定されている。そして、確実に寿命を削るという代物だ。
 オリジナル【DRIVES】の負荷が締里にのし掛かってくる。
 全身を駆け巡る【レジスター】が負荷を中和していくが、それでも苦しい。
 その苦しさを、締里は振り切る。ただ一つの想いを胸に――
(信じる、統護を!!)


 ――かつての《隠れ姫君》事件で、自分は統護を信じられなかった。

 それはユピテルに敗北し、人質にされてしまった時の事。

 ――ユピテルの強さに屈して、統護ではユピテルに勝てないと思った。

 けれど自分を救出にきた淡雪は、統護が勝つと信じていた。

 ――その根拠を聞いた時、自分は感情論だと内心で呆れてしまった。

 淡雪が信じていたのは、統護の実力ではなく、彼と交わした約束だった。

 ――自分は統護に無茶を超えた無謀をして欲しくなかった。

 そして統護は見事にユピテルを撃破して、アリーシアを奪還した。

 ――統護が勝利して嬉しかった反面、淡雪に対して悔しさを覚えていた。

 対抗戦で、みみ架と戦った統護は、敗北の寸前まで追い込まれた。

 ――ユピテルの時とは違い、統護が勝つと信じていた。

 みみ架には勝てないと淡雪が諦めた時、ようやく胸のつかえが取れた気がした。

 ――世界中の誰もが、統護を信じられなくなっても、自分だけは信じる。

 ただ信じるだけではなく、彼を支えてみせる。何故ならば……


(その為の《究極の戦闘少女》なのだから!)
 起動プロセスが終わり、《ブラック・ファントム》の外観が変化していく。
 前面に羽のように展開した胸部プロテクターが、左右に旋回して両肩の上に被さる。
 前腕・肘・膝のプロテクターが左右に分割して広がった。
 外観の変化に合わせて、補助AIと締里が神経接続される。
 専用【黒服】であり専用【AMP】でもある《ブラック・ファントム》との一体化が完了。
 これにより専用【黒服】の制御から解き放たれて、締里は魔術に専念可能となった。
 オリジナル【DRIVES】の負荷と【レジスター】の効果による色素変化が起こる。
 青みがかった頭髪が漆黒に染まり、その双眸は真紅に輝く。

 締里の【基本形態】――《マルチタスク・フォーム》が完成した。

 専用【黒服】《ブラック・ファントム》と一体化かつ、複数のエレメントを同時に操る事を可能とする【基本形態】である。
 自身を仮想【DVIS】化すると同時にハブとして設定して、締里はタスクにみたてたエレメントをマルチタスクするのだ。
 残り時間は少ない。
 残りの魔力もだ。
 弓幹型に変形させている《ケルヴェリウス》を構える。専用【黒服】の両前腕部からケーブルが射出された。《ケルヴェリウス》に先端がプラグインする。つまり有線接続だ。

「――《エレメンタル・スターライト・アロー》」

 ぶうぅぉぉおおおおおおん。
 巨大な矢が顕現した。それを《ケルヴェリウス》にセットする。
 現在、締里が操作可能な全てのエレメント【火】【風】【地】【水】【雷】【光】【重力】を、この一発の矢に込めていた。
 虹色の色彩に輝く巨大な矢は、まさしく星の光といえよう。
「受け取りなさい、統護」
 楯四万締里の全てと、誰よりもお前を信じる心を。
 ギシ、ギシ、ギシィィ!! 軋み上がる防御【結界】は限界だ。
 表示カウントが『0』になる。
 ついに――、メドゥーサの砲撃魔術が、ついにビルの防御【結界】を破壊した、その瞬間。
 もっとも威力が削がれた刹那を逃さずに、締里の『星光の矢』が煌めく。
 プログラム解析により砲撃の理論的弱点は明らかだ。そして砲撃を打ち砕く為のアルゴリズムをサブルーチン化して術式に加えている対《バイパーズ・キャノン》用の一撃である。
 牙群だった散弾が円錐型に収束して、締里に迫った。その先端に『星光の矢』が炸裂する。
 キュゴォぅぅンっ!!
 真正面からメドゥーサの《バイパーズ・キャノン》を打ち破った《エレメンタル・スターライト・アロー》が、統護へと放たれた。
 それは流れ星の輝き。
 叶えて欲しい願いではなく、信じているという想いを届ける流れ星――

 

スポンサーリンク

 

 

         

 莫迦な、とメドゥーサは両目を見開いた。
 あり得ない。《バイパーズ・キャノン》が破られるなんて。ビルの防御【結界】を利用されただけではなく、真正面からパワー負けした、だと!?
 即座に全オペレーションを、締里の弓撃魔術への防御に割り振る。
 地面からせり上がる土の津波による防御隔壁を、可能な限り連続させて立ち上げていく。
 強度も最高レヴェルに設定。
 しかし、二撃目以上に軽々と撃ち抜かれてしまう。減速させられない。
 着弾点の弾道計算はとっくに終えていた。

 計算結果は――《バイパーズ・キュベレ》だ。

 メドゥーサは迷わず行動する。
 意志を送って偽装【使い魔】をコントロールするまでもなく、《バイパーズ・キュベレ》は人質のポアンを放棄して、前面に局所防御【結界】を展開した。
 これは【地】の魔術粒子と土の波を合成させた、レンズ状の魔術的力場である。
 ズゴン!!
 締里の《エレメンタル・スターライト・アロー》が着弾。
 どうにか受け切る《バイパーズ・キュベレ》。
 再びポアンを確保しようとメドゥーサは走る――が、【ブラッディ・キャット】が先んじる。
(くそ。このままでは統護に……ッ!)
 ポアンを諦め、メドゥーサは意識を統護に切り替える。別に人質などなくたって。
 ぐぎゃァンン!!
 《バイパーズ・キュベレ》がレンズ状の局所防御【結界】で《エレメンタル・スターライト・アロー》の軌道を逸らす事に成功した。計算通りである。
 これで仕切り直し――と、メドゥーサが嗤う。
 間違いなく締里は魔力を使い果たした。もう締里からの横槍はないのだ。
 締里に後手後手と踏まされたが、これで統護との一騎打ち。
 莫迦め。大馬鹿め。今の今までリスクを排除した『安全圏からの攻撃』を優先していたが、だからといって正々堂々と戦って、このメドゥーサを弱いなどと侮っていたか。
(お望み通りに、こうなったら正面から実力で叩きのめしてやる、【ウィザード】!!)
 統護を睨み付けようとして――メドゥーサの目が点になった。

 ――巨人が顕現している。

 紛う事なき偉容である。荒々しくも毅然とした、和風の鎧を纏った着物姿だ。
 戦国時代のニホンにおける武者だと、メドゥーサの知識にある。
 問題は何故、そんなモノが顕現しているのかという点だ。
 しかも顕現しているのみならず、締里の《エレメンタル・スターライト・アロー》を番えて照準済みであった。引き絞られた弦を弾けば、『星光の矢』は今度こそ炸裂するだろう。
 統護が云った。

「これは〔軍神マサカド〕だ。俺が〔魔法〕で顕現させた」

 その台詞にメドゥーサは唖然となる。マサカド!? 【現神人】として有名な平将門?
 この〔神〕の召喚こそが【ウィザード】としての統護の切り札だ。
 統護の〔魂〕の裡に眠る〈神座〉を仮想IDに見立てて、元の世界の超次元に存在している堂桜と〔契約〕を交わした〔神の系譜〕に強制アクセスする。
 アクセスに成功した〔神〕を、この異世界に多重存在(アストラル・ボディ)としてコピー&ペーストするのだ。
 その多重存在――概念因果体の〔神〕を、この世界の〔魔法〕で受肉化させる。
 受肉化させた〔神〕を従えて間接的に神威を振るう。
 全ての平行世界においても、堂桜統護のみが実現可能な〔魔法〕と〈神座〉の合わせ技だ。
 この切り札のデメリットは二つ。
 無理矢理に、他の平行世界に多重存在化させられた〔神〕の怒りを、統護はヒトの身のまま一身に背負わなければならない。超人化していなければ〔神罰〕で木っ端微塵だろう。
 二つ目のデメリットは、統護が〔神〕のチカラを振るう事により、この異世界の〔精霊〕力のバランスが崩れて、一時的にだが世界各地で異常現象が起こってしまう事だ。
 想定外に過ぎる光景に、メドゥーサは固まった。
 そして理解した。

 一発目の狙撃で、締里は自身の存在をアピールして人質を実質的に無効化した。
 二発目の砲撃で、締里は自身に意識を向けさせると同時に、統護にメッセージを送った。
 三発目の砲撃で、締里が狙ったのは《バイパーズ・キュベレ》の撃墜ではなく、メッセージ通りに、『星光の矢』を統護に届ける事だったのだ。

 統護は締里を信じて、攻撃の気配を悟られない様に〔神〕の召喚のみに留めていた。
 仮に召喚した〔神〕に攻撃準備をさせたのならば、魔術サーチが不可能であろうとメドゥーサが察知できないはずがない。
 完全に締里の掌の上で踊らされていた。最初から振り回され続けた。
 これのどこが《究極の戦闘少女》と締里を嘲笑ったが、まさに《究極の戦闘少女》だ。
 そして締里を信じ、彼女の意図に応えた統護も見事の一言に尽きる。
 確かに二人は、統護がいった『一心二体』に恥じないコンビネーションを披露した。

「――〔神威奉還〕」

 統護の〔言霊〕に呼応して、〔軍神マサカド〕が『締里の矢』を射った。
 ギラリ、とメドゥーサの目が光を帯びる。
(しかし!! まだよ!  まだこのメドゥーサは敗北していないッ!!)
 直撃だけは避けてみせる。
 そして直撃でなければ、耐えてみせる。このまま終わってなるものか。
 統護の〔魔法〕は【魔導機術】とは異なり、極めてアナログな代物なのは分かっている。
 ゆえに精確なロックオンやホーミングなどできないのだ。
 目視による狙いは大雑把なはず。
 とにかく動け。一瞬も無駄にするな。
 自分と《バイパーズ・キュベレ》が少しでも移動すれば、少しでも的をズラせば――ッ!!
 だが、動いたのはメドゥーサだけだった。
 偽装【使い魔】――いや、妹は意志(コントロール)に応えてくれず、動かないまま。
 かといって自発的に防御用のリアクションも起こさない。完全に棒立ちのままだ。
 キュゴドドオぅン!
 耳朶を揺さぶる轟音。周囲の空気が凶暴に震える。再度の《エレメンタル・スターライト・アロー》が、《バイパーズ・キュベレ》の身体ではなく――足下に炸裂。
 当たらなかったが、着弾の余波で《バイパーズ・キュベレ》は高々と宙に舞っている。
 しかしダメージは皆無だ。
 不発だ。これで統護と締里の切り札は空振りに終わった
(勝ったァ! このメドゥーサ様の勝利だッ!!)
 これで勝ったはず。間違いなく勝利のはず。
 はずなのに……《バイパーズ・キュベレ》が纏っている蛇群の巨大ドレスが解けていく。土の蛇達が死滅していくのだ。
 不思議に思ったメドゥーサが妹に問いかけると、濁流のごとく妹の本音が殺到した。
 もうイヤだ、と。
 勝てっこない、と。

 ――〝本当はちっとも楽しくなんてなかった〟――
 ――〝本当は全てを放り出して逃げたかった〟――
 ――〝本当はお姉ちゃんに護って欲しかった〟――
 ――〝本当はお姉ちゃんに助けて欲しかった〟――

 愕然となるメドゥーサ。
(なんて、こと、なの)
 自分と妹は、全くの別人だったというのか。二人で一人ではなかったなんて。
 性格に差異はあっても、同じラグナス・フェリエールという存在だと思っていた。
 便宜上、姉と妹となっているが、あくまで便宜として互いを区分する呼称だと思っていた。
 まさか自分を『お姉ちゃん』と思っていただなんて。
 そして理想と目的の為ならば『死んでもいい』と思っている自分とは違って、本音では。妹の本当の気持ちは。
 最も強い意志が、泣き叫ぶように伝播してきた。

 ――〝じょ、冗談じゃない! こんな奴等とこれ以上戦ったら〟――


  〝殺  さ  れ  るッ!!〟


 もう戦えないという悲痛な気持ちは、敗北ではなく、死への恐怖に塗れている。
(し、信じられない。いや、信じたくない)
 自分とは違い、妹が本音では『死にたくない』と思っていたなんて。
 力なく墜落していく妹は、メドゥーサが操る《バイパーズ・キュベレ》ではなくなっていた。
 そして本体であるメドゥーサも同じく――
 統護は「ニィィ……」と口の端を持ち上げると、先程のお返しとばかりに宣告する。

「……グッバイ、メドゥーサ」

 すでに〔軍神〕は消えていた。統護は風の〔精霊〕を使役して、ラグナス妹をキャッチ。
 そのまま地面へと横たえさせる。
 ラグナス妹は立ち上がらなかった。力なくダウンしたままだ。
 あえなくブッ倒されたのではなく、優しく寝かされてのダウン。こんなみっともないダウンシーンは、メドゥーサの記憶にない。情けないを通し越して、惨めなダウンだ。
 回復体位――横向きに横臥して半身を抱きかかえるような姿勢で、ラグナス妹は動かない。
 左腕で頭を抱えて顔を隠したラグナス妹の全身が、カタカタと細かく震えている。
 身体的なダメージは軽微だが、完璧に心を折られていた。
 その姿は無様を通り越して、哀愁すら漂わせている。

 ラグナス姉の【エレメントマスター】化も解除されており、呆然と立ち尽くしていた。

 今の姉妹は《邪王のメドゥーサ》ではない。いや、二度とメドゥーサにはなれないだろう。
 終わりだ。
 統護はそんな二人に一瞥もくれずに、救助されたポアンへと歩き出した。
 倒れたまま立ち上がるのを拒否している妹を、ラグナス姉は茫洋とした瞳で見つめる。
 初めて知った。
 《ファーザー》が自分達に授けてくれた〔ギフト〕によって、完全な意思疎通が可能になったと思っていたが、妹には『本音をシャットアウト』できる〔ギフト〕も与えていたのだ。
 何一つ、理解していなかった。
 いや、妹を理解しようとさえしていなかったのだ。
 妹の場当たり的な破滅的行動や、快楽優先にみえた言動は、全てSOSの発露だったとは。
 最後に殺し合いをしようという提案も、もう全てを辞めたいという言外の訴え。
 気が付けた筈なのに。
 自身の分身ではなく、妹を一人の人間として見ていれば。自分が一番傍にいた――唯一人の姉なのだから。
 最初から妹を巻き込むべきではなかったのだ。
 あぁ、許して―
「ゴメン。赦して、ラグナス。愚かなお姉ちゃんを」
 両膝を地面に屈し、ラグナス姉は懺悔の涙を流すしかなかった。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 相手を寄せつけない圧巻の勝利であった。
 不殺のみならず、完膚なきまでに叩きのめしての完勝である。
 締里のアシストでメドゥーサを完全撃破した統護に、クウが感嘆を漏らした。
「この目で見ても、未だに信じられません。あのメドゥーサに圧勝してしまうなんて」
 アンも同感と頷く。
「決して弱くはなかった筈です。ユピテルとセイレーンと比較しても、メドゥーサの強さは遜色するものではなかった。いえ、魔術的パワーこそ見劣りしますが、それ以外の要素では、むしろユピテルとセイレーンよりも……」
 メイが言った。
「実力を出させないまま一気に決着まで持ち込みましたね。統護様にとってメドゥーサは『全力を出させて戦ってみたい』という相手ではなかった――という事でしょう」
 三名のもとまで歩いてきた統護は、足を止めると、メイ、アン、クウと順番に見た。
 拘束を解かれたポアンは納得した顔だ。
 統護は【ブラッディ・キャット】三名に答える。
「確かにメドゥーサは強敵だった。アンの言う通りに、ユピテルとセイレーンと比較しても。でもユピテルとセイレーンと比較しても強敵というのは、あくまでスペック上の話だ。単純にパワー・スピード・テクニック・スキル・タクティクス・インテリジェンスといった各要素を比べての事に過ぎない。戦いにおいて、自身と相手の強さよりも、安全に勝利のみを手にしたいと考えるヤツは、強さよりもただ勝つ事だけが大事なヤツは――、今の俺には恐くない」
 恐くない、という統護の台詞に、凄みに、三名は思わず固唾を飲む。
 統護はポアンに右手を差し出した。
 助けるのが遅れて済まなかった、と苦笑を添えて。
 そんな統護に、【ブラッディ・キャット】三名は深々とお辞儀して、こう言った。
 流石です、統護様――と。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。