アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【フィギュア】不滅のボーカロイド『初音ミク』の商品ラインナップを紹介【新作 / おすすめ】
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第5部(第22話)

第四章  託す希望 1 ―双生児―

スポンサーリンク

 

 

         1

 

 堂桜ナンバー3である詠月とて、実は現時点で全てを把握しているのではない。
 知り得ているのは、まだほんの一部だと思っている。
 一通り――詠月が知り得る限りの『淡雪と雪羅の関係』および『雪羅の誕生について』に関する情報は、雪羅に話して聞かせた。話自体は淡々と終わった。
 しばしの沈黙が車内に満ちる。
 信じる、信じない、は雪羅に委ねる。
 淡雪のコールドスリープに近い『停止』状態を、実際に雪羅が目の当たりにしていなければ、おそらくは信じないだろう。だが、雪羅の表情から『信じた』のは明白であった。
 雪のような白磁の肌である雪羅だが、今は血の気が失せて幽霊めいて青白くなっている。
「場合によっては、私は――」
 額にビッシリと汗を浮かべている雪羅に、詠月は冷淡に告げた。
「いいえ。貴女の生体データについては心配いらないわ。原因不明の突然死が起こる可能性は、極めて低いと今までのモニタリングから結論されているから。仮に突然死が襲うとしても、それは通常の誰にでも起こり得る突然死よ。いえ、貴女はヒトとして通常といっていい」
「そう……です、か」
「私だけじゃなく、貴女が『堂桜淡雪』に相応しいと考えている者も、何名かいるでしょう」
「……考えたくありません。こんな現実、知りたくもなかったです」
「けど、この情報を知らなければ、貴女達兄妹は家族の復讐なんて為し得ないわね」
「それについては、感謝、しています」
 台詞とは裏腹に感謝ではなく恨みが籠もっていた。
(今日はここまででいいでしょう)
 詠月はシートの背もたれに、体重を乗せて上半身を委ねた。
 今回のミッションの成否とは別に、堂桜淡雪の復活は詠月にとって必須事項である。

 

 けれど……復活した淡雪が以前の淡雪と完全に同一である可能性は低いだろう。

 

 性格・人格は無事――すなわち例の〈光と闇の堕天使〉から独立を維持したままであっても、記憶を継承していれば、話の流れの必然として『自身に起こった停止現象』を認識する事になる。そうなると淡雪自身が己を『真っ当な人間ではない』と理解するのは避けられない。

 

 それは、始まりへの一歩なのか。
 それとも、終焉の始まりなのか。

 

 現時点では詠月にも判断がついていない。
 まだ推理に足るだけの情報が揃っていない。
 淡雪の自己認識について、ルシアは『策がある』と云っていたが、果たしてどうなる事やら。
 詠月は仕切りガラス越しに、前列シートに座している雪羅を見つめた。
(可哀相に。もう貴女に自由はないわ)
 駒になってもらう。利用するだけ利用する。この雪羅も、統護も、淡雪も――
 別に堂桜一族および【堂桜グループ】に執着などしていない。たまたま自分の中に、堂桜の血が流れているから、それを利用しただけに過ぎなかった。いや、違う。たまたまではないだろう。自分が〈資格者〉の一人であるのだから。これは運命、サダメに違いない。

 

 堂桜統護でもなく、堂桜淡雪でもなく、氷室雪羅が堂桜財閥の次期当主になる可能性が、いよいよもって現実味を増してきている状況だ。

 

 統護とオルタナティヴはすでに論外としても、淡雪も堂桜一族当主に据えるのにリスキーになっている。今回の件が一族内で明るみに出れば、他の派閥に属している次期当主候補たちは黙っていないだろう。雪羅という存在は、それを押さえ込む為にも創られた。
(最大の問題は、雪羅の恋心ね)
 恋や愛といった感情とは無縁だった詠月であるが、雪羅の秘めた想いくらいは分かる。
 淡雪が次期当主になるのならば、恋や愛など関係ない。
 恋愛感情を含めた一切の私情を殺して、淡雪は一族が指名した男を配偶者とする。
 他の選択肢は存在しない。子供のおままごとではないのだ。堂桜財閥の権利を行使し、堂桜財閥の責務を背負う淡雪は、次期当主候補の筆頭としてそれを承知していた。
 淡雪は賢い少女だ。
 一族を継ぐという意味を正しく理解できるだけの頭脳と教養がある。
 組織というカタチの無いモノを、権利を入れるハコとして受け取るのではなく、組織に属する者達それぞれの人生と生活に対しての責務を背負うという現実を理解できている。
 当主として手にする財力・権力・人脈は、その責務の付属と付随に過ぎないのだと。
 そして賢いが故に、淡雪は相手の男性も同じだと配慮できてしまうのだ。
 淡雪が私情を殺して結婚するのと同じく、相手の男性も愛する女性を振り切って、淡雪という望まぬ相手との婚姻を受諾するという事を。二人は愛とは別の感情で結ばれるだろう。
 頭がいい、というのは時に悲劇だ。
 一族の権利を継承し、なおかつ望んだ相手と婚姻したい――と願うような無教養な頭の悪さと愚かさとは無縁の、賢く理性のある少女の気高い生き様は、しかし少女の二人の兄と比較して、なんとも切なく哀しいではないか。
 オルタナティヴは堂桜一族の責務どころか、堂桜統護そのものを棄てた。
 異世界から転生した堂桜統護は、皮肉な事にアリーシア姫と正式に婚約、将来的に婚姻する事により、結果論に近いが一族への責務を果たしたカタチになった。その結果によって『堂桜ハーレム』などと揶揄されている彼の女達との自由恋愛が許される身の上だ。むろん劣等生な成績と同様に、世間の評判は最悪だ。しかし実害なしで、複数の美女を独占できるのだから、悪評くらい何てことないだろう。
 しかし――淡雪は違う。
 二人の兄が次期当主から降りた事によって、彼女は次期当主候補の筆頭になった。
 立場を受け入れる決意を固めた瞬間、淡雪は自由恋愛を棄てたのである。
 淡雪は己の立場に対して自己陶酔していない。
 頭が悪ければ、自身を『悲劇のヒロイン』として悩んで、己を慰められたものを。
 時折、淡雪が統護に示す、恋愛感情に近い重度のブラコンぶりは、自由恋愛を棄てた代償に近い疑似感情だと、詠月は解釈していた。
(まあ、それすら間違いだったかもしれないけどね)
 淡雪と〈光と闇の堕天使〉は、それぞれどう向き合って、どういう決着をつけるのか。
 どちらが光で、どちらが闇なのか。
 詠月は思考を雪羅に戻す。
 次期当主として比較するのならば、雪羅は淡雪とは対極の存在だ。
 堂桜財閥の権利を享受していた淡雪とは違い、雪羅はなんら恩恵を享受していない。
 恩恵どころか家族を喪った原因であり、復讐対象だ。
 望まぬ相手と堂桜一族の責務の為に婚姻する責務など、雪羅にはないのである。
(本当の意味で雪羅を抱き込むには、やはり臣人からになるわね)
 臣人への愛を成就させる。
 そして臣人を当主の配偶者として一族に認めさせる。
 仮に雪羅が堂桜一族を継承するにしても、雪羅自身が当主としての覚悟を持てるか否か、の前に、詠月はこの二つのハードルをクリアしなければならない。
 兄妹に復讐を果たさせるよりも難易度が高い――と、苦笑が漏れた。

 

スポンサーリンク

 

 

         

 

 締里は慎重に敵【エレメントマスター】を追尾した。
 相手に誘い込まれているのは承知の上だ。
 常に相手側にたって思考するのは、物事において基本中の基本だ。逆にいえば理解の及ばない相手は、相手側にたっての思考シミュレートが難しいので脅威なのだ。
 敵は互いの姿を工員と監視システムから巧妙に隠しながら移動している。
(メッセージは受け取った)
 統護が目指す最終地点が決まっている限り、自分は脅威となりうる要素を排除して、統護を信じて目的地点――検査室で合流するのだ。
 別れた統護側にも何らかの妨害が入るだろうが、統護ならば大丈夫だ。
 相手は、二階の女子トイレへ入る。
 時計など確認しなくとも、体内時計で現時刻は分かっている。そして、工場内のタイムスケジュールも覚えている。この時間帯ならば、作業ラインに従事している女性工員がこのトイレに来る可能性は極めて低い。デスクワークをしている女性従業員は、工場の二階まで用を足しには来ないだろう。工場に用があって足を伸ばしたついで――という不運までは、不確定要素として考慮しきれないが。

 

 相手の男は女子トイレの奥で締里を待ち構えていた。

 

「誘いに乗ってくれて嬉しいぜ」
 男はご丁寧に、ブリステリ邸で着ていた黒いジャケットを羽織っている。
 つまり最初から此処に呼び込んで戦う計画だったのだ。
「ええ。メッセージは受け取った。この私と戦いたいっていうね」
「ちょっと違うな。お前を倒して好き勝手にさせてくれっていうのが、俺のメッセージだ」
「そのメッセージなら拒否するわ」
 締里は戦闘態勢に入る。

 

 この場で魔術戦闘は不可能だ。

 

 理由はシンプルである。工場内では特定の場所を除いて、【魔導機術】を使用すると、警備システムに感知されてしまうからだ。
 むろん超一流のエージェント魔術師である締里ならば、警備システムの監視網を欺いて魔術を使用できる。けれども魔術戦闘となると、流石に無理といわざるを得ない。
 それは敵【エレメントマスター】とて同じはずだ。
 特にブリステリ邸で使用した魔術的液状化現象を利用した【地】の魔術は、隠密戦闘には極めて不向きな魔術特性だ。あの魔術は閉鎖空間で有効な反面、外部に対して派手に過ぎる。
 締里は思う。別に何という事はない、と。
(私にとって戦闘用魔術は、任務の為に使用するスキルの選択肢の一つに過ぎない)
 そして状況からすると、相手にとっても同様だという事だ。
 【エレメントマスター】だからといって魔術戦闘に固執するのは、非常に視野狭窄である。
 中央通路の左右に個室が五つずつ配置されている。
 締里はドアのない出入り口を通過した。
 右側が鏡台と洗面台。
 左側が清掃用具入れ用のスペースと清掃用洗い場となっている。
 商業用施設ではないので、乳児・幼児用の設備はない。
 歩を進める締里は相手との間合いを計る。
 相手は右奥の個室のドアを開き、用意してあったバケツの中身を床にぶちまけた。

 

 撒かれた液体は、清掃用の業務用ワックスである。

 

 締里は相手の靴を見た。クリーンスタッフ用の滑りにくい靴を履いている。
 対して、締里の靴は作業員に貸与されている物で、スパイク等の処理など施されていない。
 靴底のグリップを確認した。滑るのみならず、踏ん張りが利かない。
 相手は両手にナイフを握った。コンバットナイフだ。
 戦闘用魔術と銃火器が使えない以上――刃物を選択するのは当然といえよう。
「ンじゃあ、少しばかり痛い目に遭って貰うぜ」
 手つきからして、ナイフを扱い慣れている。締里は一目でそう判断した。
「その言葉、そのまま返してあげるわ」
 締里は斜に構えて、微かに重心を落とした。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。