アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第5部(第03話)

第一章  魔法の王国 2 ―人質―

スポンサーリンク

 

 

         2

 堂桜統護は途方に暮れていた。
 歩いているのは、異国の街である。ニックラウドという都市名すら分からなかった。
 なにしろ標識の文字が読めない。
 締里と共に潜入する予定だった目的地に、知らず到達しているとは、この時の統護は夢にも思っていなかった。
「どう? ファン王国の景観は」
 ニホン語での問いかけ。それも艶やかな少女の声音だ。
 統護は一人ではない。
 横には統護と同年代と思われる少女が歩いている。統護よりも頭一つ背が高い。
 ボーイッシュな少女だ。セミロングの金髪を後頭部でまとめて、キャップを被っている。
 やや細長い目に、横に伸びている唇。だが肉厚ではなく、顎のラインはシェイプだ。
 往来ですれ違う典型的なファン人の特徴からは外れ、どことなくニホン人の面影を宿しているので、統護は彼女の容姿に親しみを持てた。

 彼女――ラグナス・フェリエールは、統護と締里を拉致した敵だというのに。

 ラグナスの気さくな問いかけに、統護はぶっきらぼうに答える。
「悪くないな。できれば締里と一緒に散策したかったよ」
「締里は人質として監禁中だから私で我慢してね」
「分かっているよ」
 反王政派に身柄を拘束されて、締里と別々にされてから、統護はほとんど自由だった。
 常にラグナスが監視についているが不便はない。まるでお客様扱いである。それにファン王国の公用語を操れない統護にとって、ラグナスは必要な通訳でもある。
 逃走を謀れば、締里を始末すると脅迫されている。
 締里の無事を確認するまで逃げられない。それに言葉が通じず、身分証明書と金銭がないのでは、逃走に成功しても次の展開がなかった。
「万が一、締里を見捨てて逃げられた場合、堂桜の御曹司サマに野垂れ死にされても困るから、一応は交番と大使館の地図くらいは渡そうか?」
「遠慮しておくよ。俺が締里を見捨てるなんてあり得ないし、そもそも必要ないからな」
 極秘任務で入国している。パスポートやビザはない。法的には不法入国だ。
 パスポートやビザを用意していても、公的に使用した時点で任務失敗なのだ。

 今回の計画発案者であるルシアの情報によると、ファン王国の主要都市には、情報遮断用超巨大【結界】――《アブソリュート・ワールド》が常時起動されている。

 魔術を掌握・管理する堂桜一族が個人所有している魔導ステルス型のラグランジュ・ポイント周回人工衛星――軌道衛星【ウルティマ】の観測機能をもってしても、統護と締里のマークとトレースは不可能だった。
 統護の戦闘データの撮影(監視も兼ねている)と、統護をターゲットとした盗撮ドローンのサーチおよび撃退用として飛んでいるルシアの自律型ドローンも、【結界】内での独立機能を継続できているが、【結界】外部への通信は不可能にされている。元々からして、対 《アブソリュート・ワールド》用としての自律・独立型の撮影機体なのだ。ステルス機能を搭載しており、存在を承知している統護も何処を飛んでいるのか知らされていない。
 定時連絡が途絶えた時点で、ルシアもこちら側のトラブルは把握している筈だが……
「あちこちで色々な魔術が起動しているな」
 今は夏だが、ここはニホンではない。高緯度にある北東アジアは寒冷地帯であるはずなのに、気温が穏やかなのは【魔導機術】によるエア・コントロールが効果を発揮しているからだ。
 それだけではない。見えない部分のみならず、見える部分にこそ魔術が目につく。
 まるで映画の特殊効果だ。
 統護には過剰に映る。魔力を元にする物理改変現象なので、通常は使用者の負担にならない範囲で使用するのが常識だ。照明程度ならば常時起動でも大した負担ではないが、従来の科学技術で充分なはずの噴水にまで魔術による演出が施されている。
 無駄に魔力を消費しているとしか思えない。
 TVや雑誌で知っているとはいえ、感心よりも呆れが先にきた。
(この上、さらに防災・防犯や対テロ用の【結界】が用意されているんだからな)
 通常の都市ならば、魔術運用については施設用【結界】を最優先しており、魔術(魔力)の無駄遣いは控えている。イルミネーションなどは電装で充分だし、そういった部分で雇用を保ち従来の科学産業を維持している面もあるのだ。
「知っているでしょう? この王国が魔術の最先端で、その税制度をとっても特殊であると」
「ああ、もちろん。有名だもんな」
 堂桜が【魔導機術】を普及させるモデルケースとして、このファン王国は選ばれた。

 ファン王国の民は、税を金銭だけではなく魔力でも納めている。

 この税制度は世界で唯一だ。
 魔力の売買についても【堂桜魔力】が世界的に独占しているが、ファン王国だけは例外として、魔力も納税手段としてファン王家が管理していた。技術的にはグループ企業である【堂桜魔力】が介在しているが、制度に対して技術使用のロイヤリティーは要求していない。
「税金ならぬ税魔力……か」
「この国ではそれが普通になっているけど、常時、生命エネルギーそのものを国に献上しているイカレタお国柄よ。この王国では何よりも魔術を優先する。他国へのアピールとして」
 ラグナスはカード型の【DVIS】を統護に見せた。
 名刺と同じサイズの品物だ。
 ちなみに【DVIS】は使用者のニーズに合わせて様々な形態が存在する。
 この【DVIS】がファン王国の国民証であり、定期的に国民はカードに魔力を供給しなければならないのだ。各々の魔力総量によって供給量は設定されており、仮に不足した場合、税金として換算されて国から請求がくる仕組みだ。
 そして【DVIS】が【魔導機術】を使用する為のキーアイテムであり、【DVIS】内に埋め込まれている特殊な宝玉の原石が、ファン王国特産のレアメタルという関係だ。
 ラグナスは忌々しげに続ける。
「魔術師用の専用【DVIS】と一般人用の汎用【DVIS】ってだけじゃなく、納税用【DVIS】の携帯を義務付けられているなんて……、間違っている」
「だけど汎用【DVIS】としても使用できるんだろ?」
「ええ。このカードで魔術を使用すればポイントが貯まって、ポイントに応じて税金が軽減されるっていう素敵な制度がオマケでついてね」
「良いことじゃないか」
「お陰でなんでもかんでも魔術、魔術、魔術――よ。手で持って移動できる軽い小物でさえ、移動用魔術をわざわざ使うヤツまでいる始末になった。馬鹿馬鹿しい」
「それは、確かにちょっとやり過ぎだな」
「魔術師でもない一般人だってのに、他国の魔術師よりも無駄に魔術を使いまくってるわよ」
 統護には何も言えなかった。
 どうやらラグナスは【魔導機術】が嫌いなようだ。
 むろん世界中の人間が魔術を歓迎しているわけではないと、統護とて承知している。魔術を拒否する人々も存在している。そういった人々はファン王国では生活しにくいだろう。
「もう一度訊くわ。魔術が使えないアンタにとって、マスコミに『魔法の王国』と揶揄される光景、どう思う? 本当に悪くないって思う?」
「これはこれでアリかと思うけど、魔術が嫌いだとキツイかもな」
 統護の脳裏に【エルメ・サイア】という単語が過ぎる。
 政治団体・宗教団体・人権団体・環境自然保護団体といった様々な者達の中に、反魔術を掲げている勢力が存在している。
 純粋な思想が理由であったり、失った利権を取り戻す為であったり、魔術という利権に割って入るのが真の目的――など、彼等の内実や在り方は多種多様だ。
 反魔術団体と定義されている勢力は、世界中で幾つも活動しているが、最もメジャーなのが多層宗教連合体【エルメ・サイア】である。
 そして【エルメ・サイア】は単なる反魔術団体の枠組みには収まらず、過激派テロ組織という側面を持ち、巨大資本と権力を背後に隠している世界的勢力だ。
 統護にとっては倒すべき敵でもある。
 ラグナスが足を止めた。
「どうした?」
「そろそろ散歩の時間も終わりかな……ってさ」
「どういう意味だ?」
「この国の表向きの様子くらいなら、ネットからでも手に入るでしょう。ネットでも手に入らない裏側も、ひょっとしたら承知の上でアンタは行動しているのかもしれない。だから散歩には別の理由があるに決まっているでしょう」
 統護の顔色が変わる。
「回りくどいな。目的をハッキリ言ってくれよ」
 焦躁を抑えながら言った。締里の安否を握られている以上、統護に拒否権はないのだ。
 ラグナスは楽しさを堪えられない、という顔で頬を緩めた。
「アンタ、戦闘能力は凄いらしいじゃない。戦闘能力は。魔術を使えないってのに、魔術戦闘で強敵相手に連戦連勝。わざわざネットにアップしてアピールする程だものね。特に対抗戦での試合は興味深く観させてもらったわ。本当に強いわね」
「褒めても何も出ないぜ」
「でも、所詮は堂桜財閥というぶっとい親の臑を囓っているだけのお坊ちゃまかしらね、やっぱり。貧困やハンデ、泥水を啜った事のない――甘ちゃんよ。体制側の利権に過保護に守られているションベン臭い坊やが、私達の世界に首を突っ込んで仕事の真似事しようだなんて、ちゃんちゃらおかしいわ。お守りを押しつけられた《究極の戦闘少女》には同情するけどね」
 統護は唇を噛んだ。何も反論できない。
 仮に締里一人での単独ミッションだったのならば、彼女はとっくに危機を脱している。
 自分が彼女の足枷になっているのだ。足手まといなのだ。
 ラグナスは反対車線側の歩道に親指を向けた。

「向こうでスマホを弄っている女、四人の内の誰か一人を、――アンタが浚うのよ」

 コンビニエンスストアでお菓子を万引きしてこい、という様な口調であった。
 その命令に、統護は愕然となる。
 予想外だ。自分を誘拐犯に仕立てて、逃げ道を塞いでくる作戦だったとは。
「街中での防犯体制は死角がメインになっているわ。白昼堂々、メインストリートで誘拐するってケースまで完璧にはカバーしきれない。防犯カメラを極限まで増やしたって、それを視認して判断するマンパワーには限りがあるからね。警察の対応はシミュレート済みよ」
「いいのか? 防犯カメラの映像から堂桜側に俺の状況が知られるぜ?」
 この指摘で、ラグナスが考えを変えてくれれば、と統護は願った。
 このまま命令に従って誘拐するにしても、堂桜側へのアピールの為に、可能な限り派手に立ち回るつもりだ。
 だが、統護の期待も虚しく、ラグナスは微塵も動じなかった。
「女一人の誘拐事件じゃ海外どころか国内TVですら報道されないから。ほら『魔法の王国』の治安イメージが悪化するじゃない? この国って昔からかなりの隠蔽体質なのよね。なにしろ古くからの王国――独裁政権だし。今回の内戦だって実情はもっと酷いのよ。仮にアンタの所在が堂桜側に知られても、こちらの計画には支障はないし」
 素人が余計な心配しなくていいから、とラグナスは鼻で嗤った。
 王国の情報規制と情報統制が深刻な件については、アリーシアから聞いていた。彼女は将来的には改善したいと言っていたが、現在でも隠蔽体質は改善されていない。
 統護の身体から冷たい汗が滲み出てくる。
「そうかよ。でも浚うっていっても、どうやって逃げるんだ?」
「へえ。やるって即決する程度には判断力はあるのね。ま、慌てないで。あの赤いライトバンが仲間よ。浚った直後に路肩に寄せる手筈になっているから、頑張って」
 やるしかない。しかし一点だけ譲れない事がある。
 統護は確認する。
「最後に訊くが、浚った女をどうするつもりだ? 殺したりしないよな」
「人質に決まっているでしょう。《究極の戦闘少女》単独じゃなくアンタが付いているって事は、そちら側の計画には堂桜統護が必要って事。私達はソレに乗じた計画を立てて、アンタと締里をかっ攫った。だから貴方達二人に対する新しい人質が必要なのよ。特にアンタが選んで巻き込んでしまった、という人質がね」
 じゃあ選びなさい――と指示されて、統護はターゲットを決めた。
 心の中でその女性に詫びながら。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。