アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第48話)

第四章  光と影の歌声 17 ―オルタナティヴVSセイレーン④―

スポンサーリンク

 

 

         17

 セイレーンが喉を振るわせる。
 オルタナティヴは歌を止める機会を逸した。
 【風】のエレメントによる遠距離攻撃魔術という選択肢は、すぐに脳内から消去した。攻撃に意識を割く余裕はない。集中しろ。魔術効果に抵抗しなければ――飲み込まれる。
 すでに体内に循環している魔術ワクチンでは歯が立たない。

 透明感と伸びのある高らかな声が、究極の歌唱技術によって芸術と化す。

 魅惑的で魔的、そして神聖に溢れているセイレーンの超然とした歌声が、オルタナティヴの聴覚を攻撃した。
 すでに『歌』に備えて、特注の耳栓を付けていた。最低限の音のみを拾う優れものだ。
 魔術抵抗ではダメだ。耳周辺の【風】の渦を強化する。
 完全な無音の一歩手前まで、自身の鼓膜を振るわせる空気振動を抑制――

 ――した筈なのに、魔的で神聖な歌が大音響で聞こえてくる。

 セイレーンの狙いは、音量による聴覚の破壊ではない。
 魅了・幻影や催眠でもない。

 ぐわん。ぐわん。ぐわん。ぐぅわんン。

 感覚が溶けるようだ。
 足下が波打つ。平衡感覚どころか、視聴感覚そのものが酩酊し始めた。
「ぐぅ……ッ。ぐぅぁ、っ!」
 歯を食いしばって、目を見開いてセイレーンを睨む。
 再度の魔術抵抗(レジスト)を試みたが、失敗した。魔術的なパワーで圧倒されてしまう。魔術プログラムのアルゴリズムがランダムに切り替えられていた。
 セカイが揺れる。大海原に翻弄されている様だ。立っているだけで精一杯になる。
 距離感も狂い始めた。
 複雑な効果は何もない。ただ単純にそれだけだ。
 耐えろ、耐えろ、耐えろ、耐えろ、耐えろ、耐えろ、耐えろ。
(そうきた……わけね)
 もっとも単純な歌による魔術効果をセイレーンは選択した。単純ゆえに、抵抗するのも単純な力勝負――精神力比べになってしまう。耐性を高める訓練を受けているトランス系ならば、耐え切る自信はあったのだ。しかしこれは――
 次の展開は必然だ。

 予想するまでもなく、セイレーンが歌いながら躍りかかってきた。

 仕留めに来た。最も確実かつ効率的で明白な勝利方法は、相手をKOしてしまう事だ。
 KOで倒せるのならば、わざわざ迂遠な手段――魔術での攻撃など不必要である。
 セイレーンは右手にマイク、左手は拳を握っている。
 後ろに下がって遠距離戦――は間に合わない。明らかに相手の追い足が速い。
 迎撃を強いられたオルタナティヴは、目線と肩で申し訳程度のフェイントを織り交ぜて、タックルを試みる。
 組み付いてしまえば、投げにしろ極めにしろ寝技にしろ、距離感と平衡感覚の拡散はあまり関係なくなる。加えて膂力と体力では確実に分がある。打撃に付き合う必要性などない。
 だが、下半身の違和感から、タックルへの姿勢が腰高だった。
 充分な低さでタックルに入れない。
 セイレーンの腰より下に視線がいかず、そして――目の前には膝頭が迫ってくる。
 カウンターの膝蹴りだ。
 頭で考えたのでなく、危機回避本能によってオルタナティヴは眼前で両腕を×字にして、クロスアームブロックしていた。
 ごぉきぃィ!!
 骨と骨の激突音――に『魔術音』による増撃効果が乗せられた。
 受けた前腕が砕けそうな傷みと、骨が軋む感覚。
 クロスガードは壊されなかったが、オルタナティヴの上体が引っこ抜かれて、背中が反る。
 目を眇めたセイレーンが「ニィ」と口角を上げる。
(歌いながら『魔術音』を使用できるのか)
 意外ではない。相手の戦術からすれば道理だ。だが、やはり脅威である。
 右膝蹴りのカウンターでタックルを弾き返したセイレーンは、膝を突き上げた挙動から止まらない。そのまま上体を捻る。右肩を引き左肩を前に出す捻転力を、下半身に伝達させる。
 突き上げられた右膝から先が、鋭く旋回した。
 斜め上から薙ぎ斬られるような変則軌道で、臑から先が翻ってくる。
 ガードを解いたオルタナティヴは無理矢理に上体を振って、不格好であるが、セイレーンのブラジリアン・キックをどうにか躱す。
 ジャォゥッ! 空気が裂ける音にも『魔術音』が上乗せされ、鋭利な剃刀と化す。
 オルタナティヴが纏っている【風】のオーラを切り裂さいて、その衝撃刃は制服を裂いた。
 崩れた体勢を立て直せない。
 ブラジリアン・キックは捨て攻撃であり、次への繋ぎだ。
 セイレーンはそのまま左肩から身を寄せて、オルタナティヴに密着する。
(この状態から何を?)
 左手の甲を腹部に添えられた。咄嗟に【風】のオーラの密度を腹部に集中する。
 次の攻撃が予測できない。この不自然な密着状態からセイレーンは――何をしてくる?
 ぱぁァん、という甲高い音が響く。
 オルタナティヴの腹部に添えた左の手の平に、セイレーンはマイクを握ったままの右拳を打ち込んだのだ。
 同時に、自身の手の平と拳から発生させた音に、『魔術音』を上乗せる。
 発勁のごとく、音撃波が左手甲を透過した。
 ――ずグぅン――
 【風】のオーラの魔術防御と腹筋を突き抜け――オルタナティヴの内臓へ衝撃が浸透する。
「かはっ!」
 オルタナティヴは息だけではなく、血も吐いた。
 超人化している肉体を誇る彼女でなければ、内臓が連鎖的に破裂する一撃である。
 がくン。一気に四肢から力が抜け、オルタナティヴは沈みかけた。辛うじて踏み留まり、セイレーンを見据える。痛感する。実感する。体感する。掛け値なしに――強い。

 強い。これが、これがセイレーン!!

(アタシの想定、いえ、想像を上回っている)
 間違いなく最強の敵だ。こんな反則的なスペックの戦闘系魔術師ソーサラーが現存していようとは。怯む。恐怖さえ感じる。その恐怖をねじ伏せて、闘志へ昇華させた。
 絶好の好機であるが、セイレーンは離れる。
 歌いながらの挙動であるので、無酸素運動の様なラッシュが不可能だからだ。
 その隙に、オルタナティヴは思考と心理状態を立て直す。
(情報追加。セイレーンが『歌』と『魔術音』を同時に扱えるのまでは把握できたわ)

 再度タックルを試みるか――否。
 投げやフェイント、ナイフ等は――否。
 バックステップして遠距離戦を試みるか――否。
 追い足をかけて打撃戦を仕掛ける――否。
 よって残された選択肢は。

 オルタナティヴは右半身になると、くの字に曲げた左腕を下げた。

 いわゆるオーソドックスでの『L字ガード』スタイル――デトロイド・スタイルの進化形だ。
 右手は軽く顎へと添える。ステップワークは使わない。
 いや、使いたくとも平衡感覚が狂わされているので、使えない。
 下半身を固定して、上半身の動きと避け勘のみで防御するつもりである。
 構えの意図を悟ったのか、歌いながらセイレーンは不敵に笑んだ。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。