アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第38話)

第四章  光と影の歌声 7 ―オーディション―

スポンサーリンク

 

 

         7

 

 オーディションが始まった。
 派手すぎない演出の元、最前列に陣取っている審査員達が参加者をシビアに品定めする。
 ユリも審査員席に座っていた。厳しい眼差しを参加者に向けている。
 会場の熱気と声援は、統護の想像を超えていた。
(つーか俺、考えてみたらこういったライヴって初めてだった……)
 修行や山籠もり以外での外出は、必要品の買い物のみが大半である。友人とイベントに行くなんて、元の世界では記憶にない。つくづく自分が『ぼっち』であったと身に染みる。
 そして、もう一点。
「なんていうか……、全員、レヴェルが高いな」
 誰もが半端なく上手い。デジタル編集作業による誤魔化しのきかない生歌だから尚更だ。
 音楽に関してはド素人である統護にも、その程度は容易に判断できた。
 隣の深那実が言った。
「並のオーディションじゃなくて、堂桜が主催する国内最大のビッグイベントだからね。地区予選からこれ一本に人生を賭けてくる者も多いし。ハッキリ言って下手なアイドルじゃ地区予選だって勝ち抜けないって評判よ」
 エントリーナンバー5の少女が歌い始めた。
 その圧倒的な声量と技術に、統護は呆然となった。こんな連中に――晄は勝てるのか。
 正直いって、統護が魅入られた晄の歌は、技術的な観点からすると彼女達に到底及んでいない。統護ですら判ってしまう程の技量差がある。

 

 ひょっとして晄を参加させたのは、無謀であり――失策だったのか?

 

 統護は消沈した。そして後悔し始めている。
「流石にこの子は別格ねぇ。ま、グランプリ内定ってだけはあるわ」
「グランプリ内定? なんだそれ」
「そうよ。ってか少しは調べなさいって。晄ちゃんが隠し球なら、あの子は目玉だから。堂桜の芸能関係者が心血注いで磨き上げたとっておき。箔を付ける為に今回のオーディションがあるといっても過言じゃない……けど」
「けど?」
「私も歌は素人だけど、こりゃ逆ね。あの子の才能と実力の前には、出来レースもオーディションも関係なし。本当にお披露目ステージになっているわ。他とはモノが違い過ぎる」
 統護も同意見である。
 これだけの歌唱力ならば、仕込みなど不必要だ。
 歌が終わると、観客が爆発したかのように拍手と声援を送った。これまでの四人とは反応がまるで違う。一礼してステージ脇に退いたナンバー5も、自信に満ちていた。

 

 そしてアナウンスされた次の参加者は――晄であった。

 

 統護は不安に襲われる。よりによって大本命の直後とは。
 ただでさえ対人恐怖症で、それを克服したとはいい難い状態で、しかもユリとの件もある。
 果たして――まともに歌えるのだろうか?
 また過去のオーディションと同じ結果になるのではないか。
 晄がステージ中央へと歩いていく。
 足取りは頼りない。膝が震えている。顔面蒼白で貧血のようだ。
 スタンドマイクの前で、晄は足を止めた。
 強ばった顔で視線を泳ぐように巡らせて――目が、ある一点で止まった。そして表情が和らいだ。

 

 晄の目は、統護に固定されていた。

 

 統護もその視線を受け止める。
 すぅ――と息を吸い込んで、晄の歌が始まった。
 今までの参加者と比較すると御世辞にも上手いとはいえない。否、明白に技術では数段劣っている。
 統護は目を見開いた。
(晄……お前……)
 変化していた。統護が特訓に付き合った時の歌い方とは違う。より素人感が丸出しだ。
 隣から声が掛けられた。

 

「いったい彼女にどんな『魔法』を掛けたのかしら? 御曹司」

 

 深那実とは反対側の隣からの声。中年女性とは思えない若々しい声色だ。
 正直いって御曹司と呼ぶのは勘弁して欲しい。
 視線を晄から外さずに、統護は答える。
「別に俺はなにも。変わったとしたのならば、それは晄自身の意志と力です」
 見なくとも相手を知っている。【堂桜・ワールドエンタティメント】の社長である。
「正直いって私はあの子に期待していなかったわ。だから御曹司から話を聞いても、受諾はしても興味はなかった。聴く才能のない者は、あの子の歌を金の卵と錯覚したでしょうが、私には安い金メッキで塗装された石ころとしか思えなかった」
 晄の歌がヒートアップしていく。
 より情感的に、されど熱くなり過ぎず、なによりも――更に荒々しく下手くそに。
「いい歌ね。いい声ね。金メッキ――小手先の素人技巧を剥ぎ取った、その下の真の才能は、まさにダイヤの原石だったとは。醜い虚飾を剥ぎ取った内は、眩い光だった」
 上手い下手でなかった。
 純粋に、晄の歌に観客が吸い込まれいく。
 技術が稚拙であるのが明白だからこそ、異様で、威容なステージとなっていた。
 晄の世界。光の歌のセカイだ。
「ネットでの技術批判ね。あれは私の指示で部下が書き込んでいたものだったのよ。その批判意見によって彼女がどう変化するのか、どう自省するのか、どう苦しみ進化するのかを確かめたかったけれど、結果は――無視。つまり最低の『逃げ』だったわ。だから【堂桜・ワールドエンタティメント】はあの子を見限った。あの子は変われない。あの子の金メッキは剥がれないと判断したの」
「けれど……アイツは変わった」
 素人騙しの小手先の巧さを棄て――剥き出しの自身を晒した。
 人を感動させるのは、技巧だけではない。
「私は御曹司が変えたと思っているけれど、まあ、それはともかくとして。【堂桜・ワールドエンタティメント】はあの子を獲りにいくわ。私の独断と一存でね」
「じゃあ晄は――」
「オーディションの勝敗に干渉はしないわ。それとこれとは話は別。だたね、今回のグランプリ内定の子がニホン国内で二十年は稼げる才能と器だとして――、宇多宵さんは国内云々じゃなく世界基準で三十年は稼げる器だと、私は判断したわ」
 世界、という言葉に統護は息を飲む。
 実際に世界を相手にビジネスしている者が発した言葉である。
「むろん基礎から徹底的に鍛え直すのは必須。それこそ生活習慣からフィジカル・トレーニング、メンタル・トレーニングまで全てにおいて。グランプリの子に私は興味ないし、スケジュールも他人任せだけれど、この子は別。すぐにでも私と一緒に海外を拠点にしてもらうわ」
 統護の顔が興奮で紅潮した。
「そいつはスゲエ。まさに世界に羽ばたく、じゃねえか……ッ!!」
「ただね、あくまであの子がそれをオーケーすればの話よ」
「受けるに決まっている! 夢が叶うんだから」
 社長が冷淡に言った。

 

「歌と夢を得る為に、今の彼女を衝き動かしている感情を棄てられるか、それは疑問ね」

 

 傍にいる事を選び、歌と決別する可能性は五分五分――
 そう言い残して社長は離れていく。
 意味を掴みかねた統護は、何も言えなかった。
 そうしている内に、晄の歌が終わる。
 恍惚とした観客が静まり返る中、晄が深々と一礼した。
 その直後。

 

 場内は興奮の坩堝と化し、万雷の拍手と声援に包まれていた。

 

         

 

 オーディションは終わった。
 グランプリの少女をはじめとした入賞者四名に、マスコミのインタビューが殺到している。
 そんな華やかな場から晄は静かに離れた。
 清々しい気持ちである。
 統護が迎えに来てくれた。彼の優しい表情で充分であった。

 

「負けちゃった。点数はきっと最下位かな」

 

 晄はペロリと舌を出す。
 勝てなかったけれど謝らない。悔いもない。恥をかいたとも思わない。等身大の全てを出し切ったのだから。
 統護は晄を抱き寄せて言った。
「確かに点数は最下位だろうけれど、俺にとっては満点だったよ」
「うん。その言葉が聞きたかった」
 抱き寄せられた晄は、そのまま統護に身体を預ける。
 歌でこの大切な居場所を護れたのならば、今はもう何も要らない。
 そう。歌だって、もう――

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。