アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第36話)

第四章  光と影の歌声 5 ―兆候―

スポンサーリンク

 

 

         5

 淡雪についての話が終わり、少しだけ沈黙が降りた。
 微妙な静寂。
 人々の喧噪が別世界からの音めいている。
 無言を破ったのは今度も統護ではなかった。オルタナティヴは往来する一般客を眺めながら言った。口調を彼女らしいビジネスライクなものへと戻して。
「以前に接触した時とは明らかに感覚が変化しているわ。〔制約〕は別にしても、前に戦った時には、今回のような共鳴はなかった」
「ああ。そうだな」
 初めて邂逅して戦ったあの時――統護はオルタナティヴに対して、美しい造形だが美しいとは感じられない少女という印象を受けた。そして元の世界について識っているかもという疑問を抱いた。
 けれど同一だった存在、という感覚はなかった。
 ただの他人であった。しかし――
(今は違う)
 戸惑いが強まっていく。
 統護は鼓動が早まる自分の心臓に手を置き、服に皺を寄せた。
 会話の最中において強まっていく超然とした感覚。
 明白に自分自身が二人と意識できる。

 ずくん! ずくん! ずくん! ずくんずくんずくん!!

 感覚が強まっていく。まるで引き合う磁石である。
 もう気にせずにいるのは――無理だ。
「共鳴と認識すれば、確かにハッキリと感じる。なんだよコレ」
「おそらくアタシの方がその感覚は強いわ。そして――更に増す傾向にある」
 これは変化なのか。
 それとも本来はこう在るべきなのか。
 例えようもない、この気持ちは……
 長らく忘れていた感情だ。
「堂桜統護。お前はルシアにアタシとの事を確認している?」
 首を横に振って統護は否定した。
 ふぅ、と一息いれてオルタナティヴは台詞を再開する。
「アタシとルシアが接触した時。彼女はアタシは堂桜統護とは完全に独立したと云ったわ。アタシも〔制約〕を除けば、同じくそう確信していた。けれど……それが揺らいでいる」
 共鳴と例えた超感覚。
 二人は今、魂的な定義で繋がりかけている。
 再び存在定義が重なろうとしている。
 統護は声を震わせた。

「俺は……いや俺達はどうなるんだ?」

「確証はないんだけれどね、アタシ達の共鳴が発生しているのが、一時的現象だと仮定するとこのMMフェスタで『何かが起こる』に違いない。心当たりはあるのよ。そう。淡雪も知らないこの言葉を、今こそ『この世界の堂桜統護』となっているお前に託すわ」

 ――堂桜一族の〈資格者〉の一人。

 資格者? 何の?
 意味が掴めずに統護はオルタナティヴに訊こうとする――が。
 彼女はベンチから腰を浮かせた。
「訊きたい疑問には答えられないわ。〔制約〕ではなくて単純にアタシも知らないから。けれども〈資格者〉である堂桜は、お前一人ではないのは確実ね。ひょっとしたら淡雪も〈資格者〉かも知れないけれど、先に伝えた通りにあの子は、他の平行世界に存在し得ない異端だから、まず〈資格者〉ではないでしょう」
 このイベントで何かが起こり、そして無事に終われば、おそらくは元の二人に戻れる。
 しかし無事で済まなければ――二人の存在がどうなるか分からない。

 最悪、二人とも全ての平行世界において『堂桜統護というラベルごと』消滅する。

 オルタナティヴの推測に、座ったままの統護は俯くしかなかった。
 ずくん! ずくん! 共鳴というには、あまりに乱暴で重々しい――嫌な感じだ。
 同じ感覚に襲われているはずの彼女が、こうも平然とできるのが不思議でならない。
 そういった違いからして、やはり同一であって他人だとも再認した。
「アタシは堂桜から可能な限り距離を置くつもりだった。けれど榊乃原ユリとの関係もあって、結局はMMフェスタに来る事になった。そして淡雪と再会し、お前と共鳴が生じた。全てはつまるところ運命なのでしょう。その運命の別名は――」
 逃げられない呪い。
 そう言い換えて、オルタナティヴは歩き出す。
 統護は後を追わない。
 身体が動かない。追えない。これ以上、彼女の近くには居られない。
「アタシにとっては『呪い』だけれど、さて、お前にとっては何なのかな?」
 何も言えない、そして動けない統護を置いて、オルタナティヴはそのまま去って行った。
(ちくしょう……)
 オルタナティヴと淡雪の事情を知れたのは、狙い通りであった。これで本当に自分が淡雪にしてやれる事はなくなった。ここから先は、淡雪が自分で結論を出すしかない。
 しかし秘密を知る対価として――オルタナティヴとの共鳴を認識し、その共鳴が強化されてしまった。オルタナティヴもそれを承知で、統護に接触してきたのだ。
 不安だ。そして不安は恐怖となる。
 単純な敵対者との戦いでは感じ得ない、未知への畏れである。
 忘れていた感情だ。
 純粋に恐怖を感じるなど、いったい何年振りだろうか。
 オルタナティヴが去って共鳴が感じられなくなる。正確には無視できる程に微弱になった。
 心底から安堵する。
 だが不安は消えない。恐怖は残っている。
 そして最近、忘れかけていた事を強く思い出した。

 この堂桜統護は、異世界から転生した【イグニアス】世界のイレギュラーである事を――

 

スポンサーリンク

 

 

         

 もうじき――MMフェスタの公開オーディションが開幕する。
 正式名称は『堂桜・ミュージック・コンテスト』だ。
 統護は屋外ステージの客席に混じる。
 ステージは広大だ。本日のオーディションで二万人分のスペースが確保されているが、明日には六万人が収容可能となるように、今夜から徹夜作業で設営し直される。屋外の展示ブースを統合して、榊乃原ユリの為の巨大ステージへと作り替える予定となっていた。
 ほぼ満員で、着席している客は少ない。
 ほとんどの客が立ったままなので、統護も椅子には座らなかった。

「……なぁ~~んか冴えない顔してるわね、統護くん」

 その声に振り返ると、深那実がいた。
 彼女は別行動をとった時の変装を解いていた。
「深那実さん。取材ってか調査の方はもういいのかよ」
「本日分はね」
「だからって変装やめていいのか? 不用心じゃないのかよ」
 と言いつつも、深那実が変装を止めたのには狙いか目的があるのだろうと推理はしている。
 深那実はニンマリと彼女らしい笑みを作った。
「リスクを負ってでも、統護くんに私の笑顔を見せなきゃって思ったから」
「なんだよ、気持ち悪いな」
「またまたぁ。何かあったんでしょ? 珍しく弱気になっちゃってさ」
 指摘されて統護は苦笑した。
「私のラヴリーな笑顔みて元気になったかしらん?」
「――ああ。サンキュ、深那実さん」
 統護は微笑んだ。意図せずに笑えた。
「ん。少しは効果あったみたいね。それじゃ……これをプレゼント」
 目を細めた深那実は、統護に小さな箱を押しつけた。
「プレゼント?」
「うん。スマートフォン用のアクセサリ。いい? このMMフェスタが終わるまで捨てたりしたら承知しないからね。もちろん――誰かに盗まれたり奪われたりもNG」
 深那実の笑顔の質が変化した。
(なるほど……ね)
 統護はプレゼントの小箱を上着のポケットへねじ込んだ。
 深那実は露骨に話題を変えてきた。
「それで、晄ちゃんは期待できそうかな?」
「そいつなんだが、ちょっとヤバイかも知れない」
 控え室で晄がユリと揉めた件を、周囲に気を遣いながら深那実に説明した。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。