アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第27話)

第三章  姉の想い、妹の気持ち 9 ―シャワー―

 

         9

 

 逃げ場はない。
 ユニットバス程度の広さしかない簡易個室である。二人だと密着状態だ。
 決してグラマーとはいえないが、それなりに形良く、そして張りのある胸を、深那実は統護の胸板に押しつけてきた。
「逞しい。やっぱり良い筋肉しているわねぇ」
「おい。勘弁してくれ。マジで洒落になっていないから」
「どう? 私のおっぱい」
 むにぃ。感触が柔らかく、艶めかしい。少し尖っている桜色の乳首の感触も――
 統護は歯を食いしばる。理性が決壊しそうだ。
 このまま深那実を抱きしめてしまいたくなる。二十五歳とは信じられないくらい少女めいている。恐ろしい。なにが恐ろしいかって、こんなヤバげな女がとても可愛く見えるのだ。
 シャワーの湯気が邪魔に思えてきた……
「くくくくっ。ほら我慢は身体に良くないって。お互いに男と女になりましょうよ」
 潤んだ瞳で熱っぽく見据えられる。頼むから、そんな恥じらうような目は勘弁してくれ!
「ねぇ統護くん。女の生の裸は初めて? 私は生の男の裸、初めて」
「くそぉ! あまり舐めるなよ。俺は女の裸を見た事あるんだよ」
 思い出せ。深那実の罠から逃れる為に。
 この異世界【イグニアス】に転生した時に、本邸の大浴場で淡雪の裸を見た。
 それからアリーシアとルシアの二人と、孤児院【光の里】で混浴した。
 まだある。男だと思っていた優季と入浴して、しかも大事な場所をバッチリ目撃だ。
 風呂ばかりだ。そして此処は風呂よりも格下のシャワー室。大丈夫だ、俺は屈しない!
 統護は不敵に笑う。
「――フフフ。生憎とアンタは五人目の裸なんだよ、深那実さん……ッ!!」
 よくよく振り返ってみれば節操なく女の裸を見てきたな、と統護は自分に呆れた。
 ついでに、締里とみみ架の裸もそのうち見るんだろうなと予感する。彼女達の為にも、ここでの敗北は許されない。というか、バレたらきっと大惨事になる。
 そして、こんな状況では『堂桜ハーレム』とやらの揶揄で、世間の評判が最悪なのも当然だ。
 冷静さが若干であるが戻った。竿の角度も下がる。
 深那実が拗ねた表情になる。それがまた、殺人的に可愛い。
「なぁんだ。DTだと思っていたのに。面白くないの」
「いや。正真正銘のDTなんだけどね」
「なんで!? 裸を見たんでしょ。その四人とはどうして『して』いないの?」
「……場の流れ、か?」
「隙ありっ!」
「はぉぅッ」と、統護は情けない呻きを上げた。
 竿を握られてしまった。再びギンギンに充血してしまう。哀しい男の性である。
「熱くて固くて大きいわね。そして太いわ。十六センチくらい?」
「は、測った事はない……」
 嘘だった。定規を当てて測定した事があり、MAX十六センチは正解である。
「や、やめてくれぇ。くぅぉぉお」
「くくくくく。さあさあ! これを私の膣内に挿入して合体したくなったでしょう?」
「直接的な表現と邪悪な笑いは、女としてNGじゃないか?」
 再び余裕がなくなる統護。前後にしごかれ、油断すると発射してしまいそうだ。
 気持ちいい。だがプライドを守る為に忍耐の一手だ。
(くそぉ! くそぉ! 出してたまるかよぉぉおおおおお)
 鋼鉄の精神力で耐える。ここで誘惑というか性欲に屈すると、MAXなナニだけではなく、深那実に決定的な弱みを握られてしまう。
 というか、ナニで思い出す。
 アリーシアの「浮気したり他の女と変な約束したら――ナニをちょん切る」という言葉を。
 あの鬼のような婚約者は本気だ。間違いなく、やるといったらやる。
 大切なナニを――失うわけにはいかないッ!!
 くわぁっ!! 統護は目を見開いた。
「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得……」
「そ、そんな!? 柔らかくなっていく!?」
 般若心経が朗々と響く中、右手の手応えに狼狽する深那実。
 と、その時。

 

「――アナタ達ぃ、いったい何をやっているのかしら?」

 

 聞き覚えのある声に、統護と深那実は我に返った。
 スイングドアを開いたままの姿勢で仁王立ちしているのは、ジャージ姿の童顔の女性だ。
 その童顔の特徴は、どことなく深那実の面影と共通している。
「あ。姉貴じゃない。奇遇ね。かなりお久しぶり?」
 深那実は統護のナニから右手を放すと、その手を「しゅたっ」と小気味よく挙げた。
 ナニが解放され、統護はしゃがみ込みそうになる。
「せ、先生……」
「事情を説明してもらいましょうか。堂桜くんに、深那実」
 声の震え方が尋常ではない。
 怒りの表情を無理繰り笑顔に擬態している、宿直当番の教師――琴宮美弥子は額に幾筋もの血管を浮かべていた。

 

         

 

「ったく。通りかかったのがセンセで良かったですよ、堂桜くん」
 場所は宿直室である。
 美弥子の言葉に、統護は心底から同意した。
 本校舎外れに位置している宿直室に泊まる教諭は一人。
 対して、本校舎とは別にある警備室に、二十四時間体制で詰めているガードマンは三名。
 宿直当番は、主に校舎と学校施設内を見回りし、異常発見時に警備質に通報する。
 ガードマンは校舎外と広大な敷地と校舎外訓練施設をメインに巡回している。
 そういった役割分担になっていた。
 もしも、ガードマンが美弥子よりも先にシャワー室の二人に気が付いていたのなら……
「素っ裸で現行犯逮捕だったよなぁ」
「統護くん以外の男に裸を見られたら、もう統護くんに責任とってもらうしかないわね」
「どうしてそうなる」
 深那実の台詞に思わずツッコミを入れる統護。
 統護は学校制服の予備を、深那実はやや寸足らずだが、姉のジャージを着ていた。
 侵入行為が露呈してしまい、二人は美弥子に身柄を拘束されている。
 三人とも畳の上に座っていた。
 美弥子は行儀よく正座。深那実は大股を開いてあぐらを掻いている。
 向かい合った姉妹は、統護の目には御世辞にも再会を喜び合っている様には見えない。
 美弥子が厳しい口調で、妹に言った。
「貴女の放蕩を今さらどうこう言わない。でも、お姉ちゃんの大切な生徒を巻き込まないで」
 鼻くそをほじくる仕草を付けて、深那実は言い返す。
「はぁ!? お姉ちゃんの大切な生徒ぉ? 相変わらず真面目だね、姉貴は」
「真面目とかじゃなくて、もしも堂桜くんの身に何かあったら、お姉ちゃんは担任として」
「平気平気。統護くんは世界最強だし。殺したって死なないって」
 地上十五階からのダイヴを思い出した統護は、頬を引き攣らせた。
 不死身じゃない上に、たとえ最強だとしても死ぬような思いは基本的にノーサンキューだ。
「ふざけないで」
「それにぃ。統護くんは私のラヴラヴ・ダーリンだしぃ♡」
 深那実は統護にしな垂れかかった。
 心情的には美弥子派であるが、契約上、深那実に味方するしかないのが辛いところだ。
 大きく息を吸い込んだ美弥子は、勢いよく立ち上がる。
 ニヤリ、と深那実は意地悪く笑んだ。
「おやおやおやぁ~~!? その反応って本当に『大切な生徒』なのかなぁ~~?」
「う、うぐっ」
「深那実さん。お願いですから、貴女のお姉様を煽らないで下さりませんか?」
 自分たちの契約についての説得どころか、単に挑発しているだけだ。
 しどろもどろに美弥子が弁解する。
「あ、ああ、ああああんたが、堂桜くんを脅して、あげくダーリンだとか嘘言うからっ」
「うん、まあ。確かにダーリンとかじゃないしな俺」
「ちぇ。乗り悪いわね、統護くん」
 美弥子は肩を震わせながら、深那実を見下ろす。
「と、と、とにかく。この場は見逃してあげるから、堂桜くんを解放して深那実は一人で」
「ふひひひひひ。なになにぃ私を追い出して、今度は姉貴が統護くんに迫るって?」
 プチ、という音が、美弥子の額から聞こえた気がした。
 猛烈に嫌な予感が増していく。頼むからもう黙ってくれと、統護は祈る。
 しかし。
「でもぉ姉貴みたいな色気ゼロの女じゃ、無理無理ぃ。そんなだから未だに処女なのよ~~」
 アンタだって処女じゃん、と統護は心の中でツッコミを入れた。
 ダン! と美弥子は畳を強烈に踏み降ろす。

 

「表出なさいッ!! あんたぁぁぁあああああああぁぁ~~~~~~~~!!」

 

 その絶叫に、天井を仰いだ統護は額に手を当てた。
 面白いじゃない、と深那実も立ち上がる。
 ダメだ。もう止められない。なんて馬鹿馬鹿しい姉妹喧嘩なのだろうか……

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。