アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像 ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第07話)

第一章  ストリート・ステージ 6 ―統護VS業司郎①―

スポンサーリンク

 

 

         6

 ゲームセンターの裏通りへと、統護は駆け戻った。
 淡雪と優季の姿はない。ルシアの作戦に従事してくれていた役者の皆さんも撤収済みである。
 だが、日の光が乏しい湿気の多い空間は――無人ではなかった。
 二人いた。
 男女であり、明らかに、逢い引き等といった仲睦まじい雰囲気ではない。
 そして、統護には男性の方に見覚えがあった。
 彼は一見して粗野なのが瞭然で暴力的な空気を発散させている。年齢は二十代後半。二メートルに迫る長身で、筋骨隆々としているが、ビルダーのような不自然な筋肥大はなく、実用一点張りの鍛えられ方をしている。裸の上半身にファー付きの革ジャンを着て、前をはだけているので、大胸筋と腹筋の陰影がカットラインとして浮かび上がっていた。
 逆立った赤い頭髪は、彼の獰猛な気質によくマッチしている。
乱条らんじょう――業司朗ごうしろう
 統護が彼の名を呟くと、業司朗も統護の方を振り向いた。
「なんだテメエぇ、勝手に俺様の名を……って、統護じゃねえか」
 意外そうに目を丸くする。
 業司朗は統護の伯父に当たる堂桜栄護の関係者であり、統護とも認識があった。
 とはいえ、今の統護が業司朗と顔を合わせるのは、これが初めてとなる。
「ゲーセンに遊びに来たついでに、裏口でナンパか?」
 統護の軽口に、業司朗は牙を剥く。
「そういうこった。だから余計な邪魔しないで、とっとと帰れよ」
 二人のやり取りに、残りの一名である女性が泣きそうな声をあげる。
「違います! 違います! そこの格好いいお兄さん!! チンピラに絡まれているか弱き乙女にどうか救いの手をっ」
 そう主張する女性は、未成年の少女が無理にビジネスウーマンのコスプレをしている様な、色々とアンバランスな人物である。体型や顔立ちといった各ファクターは平均的なのだが、それを合算した印象が、なぜかチグハグなのだ。
 救いを求める声に対し、統護はスマートフォンを取り出した。
「じゃ、警察呼ぶから」
「へっ! 俺様は別に構わないぜぇ。好きにしやがれ」
 業司朗は平然としたまま。
 慌てたのは、絡まれている女性の方であった。
「ストップ、ストォーーップ!! えへへ。警察は、その、ちょっと良い思い出がなくて」
 気まずそうな愛想笑い。頬に汗が一筋伝った。
 統護は顔をしかめる。なんてこった。この女の方がワケありかよ……
(まあ、だからこそ俺をこの場に誘導したって事か)
 業司朗が言った。
「……で、お前どうすんだよ、統護ぉ。テメエはどっちの味方をする!?」
 統護から肩の力が抜ける。
 元の世界では『ぼっち』であり、男女付き合いどころか、男同士の友達付き合いも過度のプレッシャーを感じる気質である。この【イグニアス】世界に転生してから、男友達との付き合いは改善傾向にあるが、それでも人付き合いはまだまだ苦手である。
 反面――こういった敵意丸出しのやり取りは、ストレスを感じずに、実に心休まる。
 殴る覚悟と殴られる覚悟を有している者同士の会話は、変な気を遣わなくて済むので気楽だ。
 統護は確認する。
「お前がこの女性をどうしようか、によるな」
「拉致る。そして叔父貴に引き渡す。それだけだな。余計な情報は一切知らないぜ。っつっても、叔父貴が俺様に命じるくらいだから、色々と嗅ぎ回っているんだろうよ。時期が時期だ」
「ああ、そうだな」
 開催間近であるMMフェスタか、と統護も当たりを付けた。
 統護の視線に対し、絡まれている女性は反論しない。どうやらビンゴのようだ。
 そして拉致という剣呑な単語を耳にしても、女性はパニックにならない。すなわちある程度以上のリスクを覚悟して行動をとっているとみていい。
(ジャーナリスト、マスコミ、あるいは特殊工作員……ってところか)
 女性は観念したのか、統護に訴えてきた。
「私! フリージャーナリストの琴宮深那実という者です! 警察が苦手なのは職業柄といいますか、事情聴取されて荷物検査されると、ほら、そっちの恐いお兄さんの飼い主さんにも、ちょ~~とヤバイ情報も漏れちゃうっていうか!!」
 ギョロリ、と業司朗に獣じみた眼で睨まれ、深那実は小さく飛び上がる。
「やだなぁ、そんなに怒らないで下さいって。とにかく、この場を助けて貰えると、色々とありがたいんですよ! 堂桜どうおう栄護えいごに関するスキャンダルも後々正式に交渉して、穏便かつ平和に買い取って頂けるはずなんですから!」
 言外に、買い取って貰えなければ他の買い取り口を探す、と脅迫している。図太い女だ。
 おおよの事情を把握した統護は、当面の方針を固めた。
 この場を引く――という選択肢はやはり無しだ。
 みみ架が《ワイズワード》の記述によって自分を此処へ戻したという事は、間違いなく女性を統護が確保する必要があるはずだ。
「とりあえず、俺がこの人に話を聞く。だから悪いが引いてくれないか?」
 栄護には自分から話をつける、と統護は付け加える。
 業司朗が快心の笑みを浮かべた。
「その返事を待っていたぜ! ぎゃははははっ。で、テメエは俺様が素直に引くとでも?」
「思っていないよ」
 欠片も落胆をみせず、当然とばかりに統護は戦闘態勢に入る。
 業司朗は堂桜一族でも名が知れ渡っている戦闘狂であり、同時に超一流ともいえる戦闘系魔術師――【ソーサラー】だ。
「ご期待に添うから、とっとと魔術を立ち上げろよ」
 戦闘になる――が、相手にとって不足はない。
 統護は元ボクサーの母親から叩き込まれたボクシングの構えをとった。
 母親に強制されただけでプロ志望ではなかったし、アマチュアでの試合経験もなく、スパーリングしかやらなかった。それがこの異世界に転生してからというもの、すでに何度も実戦を経験し――その度にボクシング技術が本当の意味で身に馴染み始めている。
 戦る気満々の統護に対し、業司郎は苦笑した。
「いやいや。俺様の魔術特性じゃ、こんな狭い場所じゃすぐに騒ぎになっちまう。それは互いに上手くない話だろ? 加えてテメエの新しい《デヴァイスクラッシャー》の情報も入っているんだ。よって魔術戦闘はなしだ」
 ロイド戦の情報も魔術師界には知れ渡っている様子だ。とはいえ、あの時よりも進歩しているという自信はある。
「じゃあ、どうするんだよ」
 拍子抜けする統護。まさか業司朗が尻込みするとは想像していなかった。
 業司朗は楽しそうに言葉を続ける。
「バッカ、誤解するんじゃねえよ。無意味に騒ぎを大きくしたり、魔術使わないってのに俺様の【DVIS】を壊されたら割に合わないってだけで、バトルで決着つけるって方針は変更なしだぜ。……慌てんなって、ちょっと待ってろ」
 スパイク付きの革靴の踵で、業司朗は自分の後ろと統護の後ろに二本の線を地面に刻む。
 統護に正対し直して、言った。
「テメエも知っているだろうが、俺様の身体はオルタナティヴとか名乗ったクソ女にバラバラにされちまった。だが単に修理しただけじゃなくて、更なるヴァージョンアップを経たんだよ。クスリの量は以前の半分以下に、出力は三割以上も上がった」
 業司朗の身体は真っ当な生身ではない。
 違法であるサイバネティクス強化が全身に施されているのだ。ドーピングも併用されているのだが、クスリは強化目的というよりも、拒絶反応抑制の意味合いが強い。
「分かった分かった。もったいつけなくていい。要するに殴り合いでケリつけようぜ、っていう話だろ。なんでもいいから始めようぜ」
「案外せっかちだな、お前。ルールくらい説明させろや」
「ルール?」
 統護は眉根を寄せる。投げ技、間接技、寝技での攻防に制限でもつける気か。統護としてはシンプルにボクシング主体での打撃でKOするつもりだから、余計な制限など必要ない。
 業司朗は岩のような右拳を、統護へ突きつけた。
「ああ。その名も――アルティメット・ジャンケンだぜ!」
「なんだよそれ」
 胡散臭い名称に、統護のやる気が一気に削がれた。
 しかし、業司朗はそんな統護の反応など無視し、得意げにルールを説明する。
 衆知されている通常のジャンケンであれば、出すのは『グー・チョキ・パー』の三種類であるが、アルティメット・ジャンケンにおいては『グー』しか使用できない。
 そして通常のジャンケンのように同時ではなく、交互に『グー』を出していくのだ。
 互いの顔面目掛けて。
 ダウンする。あるいは後ろの線からはみ出る。避けてしまう。ブロックしてしまう。
 以上の四パターンをもって勝敗を決し、双方踏ん張った場合は『グー』と『グー』だから、引き分け――よって次のジャンケンへと移るのだ。これを決着がつくまで繰り返す。
 以上が、アルティメット・ジャンケンのルールである。
「どうよ? 俺様が開発した新しいジャンケンだぜ。凄いだろ?」
「莫迦かお前」
 心底から呆れ返る統護。
 とはいえ、台詞と表情とは裏腹に、すでに『グー』を打ち出す構えをとっていた。
 業司朗は左頬を突き出して笑う。
「俺様から挑んだジャンケンだ。先攻はそっちでいいぜェ」
「ああ。遠慮しないよ」
 二人はアルティメット・ジャンケンを始めようと――

「あ。ちょっと待って下さい。面白そうなので撮影オッケーですか?」

 深那実がカメラを構えて撮影許可を求めてきた。
 水をさされる格好になった統護と業司朗であるが、異口同音に「好きにしろ」と返事する。
 そして――統護の先攻でアルティメット・ジャンケンが幕を開けた。
「ジャンケン、グーッ!!」
 グシャァッ!!
 鋭い炸裂音が裏通りに響き、統護の『グー』によって業司朗の顔面が派手に捻転した。
 舞う血飛沫。
 ガクン、と腰を落としたものの、どうにかダウンせずに持ちこたえた。
 折れた奥歯を吐き出した業司朗は、恍惚とした表情になる。
「いぃ~~い、グーだったぜぇ。思わず勃起しちまいそうだ。最高だぜテメエ」
「ち。手応えあったんだがな」
 一撃で決められなかった。業司郎対オルタナティヴ戦のデータで知ってはいるが、やはりタフネスは相当なものだと実感する。統護は両足を踏ん張って、左頬を晒した。
 ニタリ、と頬を釣り上げる業司朗。
「じゃあ今度は俺様の番だ」
「足にきているみたいだけど、へなちょこなグーで俺を失望させるなよ」
「心配すんなよっ。ジャンケン、グゥゥウウウウウ!!」
 ゥガゴぉォッ!!
 拳の炸裂音と、カメラの連続シャッター音が、忙しなく裏路地に鳴り続ける――

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。