アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【フィギュア】不滅のボーカロイド『初音ミク』の商品ラインナップを紹介【新作 / おすすめ】
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

魔導世界の不適合者 ~魔術学科の劣等生~ 第3部(第06話)

第一章  ストリート・ステージ 5 ―予言―

スポンサーリンク

 

 

         5

 ようやく一息つけた。
 場を離れてからすぐに、統護のスマートフォンに二人からのメールが送信されてきた。
 仲直りした二人は、一緒に武道館ライヴに行くとの事だ。
 統護に対しては、後日それぞれフォローするように、と記されていた。
 二人は表通りを並んで歩いている。
「……助かった。礼を言うよ委員長」
 安堵した表情でスマートフォンをポケットにしまい、みみ架に感謝を伝える。
 みみ架は苦笑しつつ、肩を竦めた。
「まったく、忙しいってのに人をこき使ってくれるわねぇ」
 みみ架は開いていた本――正確には本型【AMP】を、ショルダーバッグの中に戻した。
 彼女が《ワイズワード》と命名した、曰く付きのワンオフ品である。
 ちなみに【AMP】とは『アクセラレート・マジック・ピース』の頭文字を繋げた専門用語だ。魔術師の【魔導機術】を補佐する目的の、いわば魔導具といったところだ。
「その『本』に導かれたってワケか」
「いいえ。偶然よ」
 統護は《ワイズワード》について、大まかな情報を締里しまりから聞いていた。みみ架も特に統護に対して隠していないが、それでもこの場では白を切った。
「見ての通りに、学校に用事があったんだけれど、ちょっとこっちに野暮用ができたの」
「学校の用事?」
 みみ架は普段の休日は、祖父が道楽で経営している古書堂の店番をしているはずだ。
「それって図書委員関係か?」
 クラス委員長であるが、本来は図書委員志望である彼女は、時に率先して図書委員の仕事を手伝っている。頑固者で変わり者であるが、人望が厚いのはそういった面がある故だ。
「いいえ。琴宮先生のサポートよ。体育祭の対抗戦に関して。第一回なのに学外からの参戦も予定されていて、色々と初の試みが多くて大変なのって、泣きつかれて」
「そいつはご愁傷様だな」
「堂桜くんはこれからどうするの?」
「予定は未定、だよ」
 淡雪と優季から逃げられただけでも、今日は僥倖であった。もう何もなくていい。
 みみ架は年齢不相応な妖艶な笑みを浮かべる。
 統護はドキリとなる。化粧っ気がないので気が付きにくいが、素材は超絶の美形なのだ。
「だったら、約束の為の予行練習、そこのホテルでする?」
 彼女が口にした約束、とは『みみ架の家業を継ぐ為の後継者を産む為の協力――つまり子作りをする』という非常識な契約である。過日の事件によって、統護はみみ架と子供を作る契約を、半ば強引に結ばされていた。堂桜一族も了承しているので、現状では逃げられない。
 統護は肩を竦めた。
「遠慮しておく。アリーシアにバレたら、淡雪や優季どころじゃなくなるし」
 アリーシアとは、フルネームをアリーシア・ファン・姫皇路ひめおうじといい、このニホンの友好国であるファン王国の第一王女にして、次期女王である。
 学園のクラスメートであったアリーシアは、過日の事件を経て統護と婚約している。
 みみ架は苦笑した。
「冗談よ。高校を卒業するまで、あるいは貴方と彼女が正式に婚姻するまで、わたしと堂桜くんは子を成さないってアリーシアと約束しているし」
 アリーシアは統護とみみ架の約束に対し、当然ながら婚約者として怒髪天を突いた。
 統護としては彼女との婚約は、過日の事件に対しての形式的なものと解釈していたのだが、みみ架との約束を契機に、アリーシアが本気でこのまま婚姻する気だと知った。
 幼馴染みで恋人を自認する優季の存在もあり、真剣に女性関係がハーレム化して、引き返せない状況に追い込まれている統護である。
 さらに統護も彼女達への愛情を自覚しているので、もう、どうにもなっていない。
 誰か一人を選んで、他を切り捨てるという潔さは、統護には備わっていないのである。
「頼むからあまり虐めてくれるなよ。なんか気が付けば大変な状況なんだから」
「そうね。わたしは貴方に黒鳳凰こくほうおうの次代を授けれもらえれば、それで充分だけれど、アリーシアに比良栄さん、そして楯四万さんも色々と納得しないだろうし」
「締里? う~~ん、そうか」
 かいがいしく弁当を作ってくれていたのは、やはり……
 悪い気はしない――どころか凄く嬉しいのだが、他の女達の事を考えると頭が痛くなる。
(アイツ、今どこにいるんだろうな)
 逢いたい、と思ってしまう。
 そして自覚する。締里の事もきっと好きなのだと。
(アリーシアに、委員長に、優季と締里か)
 色々と謎が多く、決して油断はできないがルシアだって――
 随分と気が多いと自分でも呆れる統護であった。だが、好きという感情だけは、自覚してしまうとどうにもならない。
 可能な限り全員平等に扱えば、軋轢というか、とばっちりは減る筈だ。
 ……といった、世間一般の価値基準としては男として最低の考えに耽る統護。
 誰か一人を選ぶという真っ当な発想が既に消えていた。
「個人的には貴方には楯四万さんが一番似合っている、なんて思っているけれど、それは通常の男女の話であって、きっとセカイが定めている堂桜くんの運命の相手は――」
 意味ありげな視線を向ける、みみ架。
 思わず統護も表情を改めた。
 ――堂桜淡雪――
 その名が脳裏に浮かぶ。元の世界には存在していなかった、妹、と定義されている少女。
 ユピテルとの戦いの最中、意識内に割り込んできた、〈光と闇の堕天使〉の貌。
 同一だったのは、間違いなく偶然ではない。
 統護も薄々感づいている。
 淡雪とは――何者なのだろうか?
「……なあ。お前は《ワイズワード》から、いったい何を託されている?」
「それはわたし自身も知りたいわ。核心だもの」
「淡雪に関しての新情報は?」
「無しね。総合的に検証して、新しく決まりと考えて良いのは、アリーシアが今後、この世界の中心になるだろうという事だけ。きっと貴方と婚姻するでしょうね」
「それだけか」
 みみ架に打ち明けられていた。子を成す云々も運命に組み込まれていると。
 下心なしで、統護も真剣に受け入れている。
「そして残念ながら、これから先にある貴方の三度目の戦いには、おそらくわたしは関与を許可されていない。だから云いたくても何も言えないの」
 みみ架は颯爽と踵を返した。
 肩越しに統護を見やり、言い残す。
「最後に一言。《ワイズワード》に記されているわ。もう一度さっきの場所に戻りなさい」
 これで今回のわたしの出番は終わりと、少し寂しげにみみ架は去った。
 残された統護は、迷わず元の方向へと駆け出した。

 

 

前のページ   目次へ   次のページ

 

 

注記)なお、このページ内に記載されているテキストや画像を、複製および無断転載する事を禁止させて頂きます。紹介記事やレビュー等における引用のみ許可です。

 

 

 本作品は、暴力・虐め・性犯罪・殺人・不正行為・不義不貞・未成年の喫煙と飲酒といった反社会的行為、および非人道的、非倫理思想を推奨するものではありません。また、本作品に登場する人物・団体などは現実とは無関係のフィクションです。