アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

MENU

【ゾンビランドサガ】アイドルグループ《フランシュシュ》の伝説 その12(前)【巽の正体(本名)は】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

新元号「令和」、ついに発表ですね。DJの淡雪も祝っちゃいますよ。
この『ゾンサガ』企画も最終回の第12話となりました。生前の記憶を失ったさくらさん。《フランシュシュ》としてアルピノライヴへの参加を拒否です。「持っていない」彼女はこのまま夢(アイドル)を諦めてしまうのでしょうか?

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。平成も残り1ヶ月。全力で駆け抜けるぞ。
さくらはせっかく生前の記憶を取り戻したのにな。暗示されていた過去と、源さくらという人間のバックボーンが物語の仕掛けとして明らかになった。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

人間のバックボーンというか、すでにゾンビですけどね。

 

そういうな。ゾンビとして生き返ったんだ。単に肉体の話ではない。

 

では、12話を開始します。

 

この最終話は、前回の『ゾンサガ』とOPはなかった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183328j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183350j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183428j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183451j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183507j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183539j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183558j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183610j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

普段のノリで、巽さんは「お早うございます」を炸裂させますが。

 

さくらは挨拶に全く乗ってこない。とりあえず居るだけって感じだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183934j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329183955j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184043j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184100j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

「挨拶ができなければ、認めて貰えない」巽さんの金言です。

 

さくらは「別に認めて貰いたくない」と反発だが、巽は「認めさせる」「お前もステージに立つんだ」と断言した。

 

この溝は埋まるのでしょうか?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184235j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184254j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

練習場(スタジオ)にはいるが、参加はしていない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184427j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184517j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184540j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329184918j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

皆さんのレッスン風景に、《フランシュシュ》としての記憶がフラッシュバックしました。どうやら記憶は消えたのではなく眠っている模様。以前は生前の記憶をフラッシュバックしていましたから。逆転しています。

 

愛に声を掛けられ、フラッシュバックから我に返った。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329185020j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329185048j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

どうだった? という愛さんの期待に、さくらさんは応えられません。

 

記憶さえ復活すればな。そうすれば、きっと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329185222j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329185241j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329185303j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329185320j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

黄昏れつつも、アイドルに対しての憧れは死んでいない様子だ。

 

でも、過去のトラウマから「無理だ」と決めつけてしまいます。

 

たえがやってきて、『ドライブイン鳥』の鳴き声をするが。

 

記憶を取り戻すトリガーにはならず、さくらさんは「はあ?」と冷たい視線です。 嫌な態度ですね、ハッキリいって。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191610j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191659j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191744j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

次いで、ダンスを披露しますが、さくらさんは去ってしまいました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191900j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329191947j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192011j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192036j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

隅っこだが、一緒に寝るようになっただけマシかもな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192144j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192235j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192320j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

レッスンには参加せず、座ったままです。

 

そして午後からは街頭でのチラシ配りだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192559j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192644j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192709j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

冷めてはいますがボイコットはしませんでした。

 

あまり真面目にやっていないがな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192828j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192900j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192918j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329192939j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193011j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ファンの子に声を掛けられ、握手をした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193213j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193240j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193351j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ファンの応援に頬を染めるさくらさん。

 

いい感じでサキがファン対応のフォローに入ってくれた。

 

さくらさんに「けっこう人気あるぞ」と教えます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193629j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193650j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329193850j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

アイドルだった自分への期待と、生前の自分への落胆との間で、さくらさんの心は揺れます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194154j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194217j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194240j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194405j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194429j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

今度は『サガロック』の記事だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194541j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194636j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

酷い対応です、さくらさん。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194857j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329194938j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195003j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

さ、流石にこれは……

 

ここまで露骨にやられると、さくらも引くよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195334j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195356j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195428j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195446j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

たえさんは諦めきれません。

 

床に滴が。たえは涙しているのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195555j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195617j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329195636j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

訂正する。涙ではなくだった。

 

バッチイですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329201920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202058j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202120j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202141j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202201j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202228j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202246j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

たえさん、さくらさんに構って貰えない鬱憤が爆発しました。

 

さくらを強引に拉致ったぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202357j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202418j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

たえは何をする気だろうか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202546j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202605j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202623j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202646j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

公園の時と同じく、さくらさんにダンスをアピールです。

 

その様子に、皆は以前のさくらとたえを回想する。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202805j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202852j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202910j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329202943j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

たえさんはさくらさんに教えて貰った事を、そのまま再現していました。

 

今度はさくらに自分が教える――それがたえの狙いだった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203154j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203213j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

以前のさくらさんを振り返り、その大切さに盛り上がる皆さん。

 

自分達で何とかしてやる、とサキ達は息巻くが肝心のさくらは。

 

ものっ凄い白けっぷりです。その頃の記憶、ないですからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203309j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203359j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

他人行儀な振る舞いで、さくらはその場を辞そうとする。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203505j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203534j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203555j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203633j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203700j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ゆうぎり姐さんのビンタが!

 

三度目の正直で、今回はギャグではない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203800j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203908j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203933j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329203950j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204014j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204034j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

逃げないで欲しい、と説教タイムの始まりです。

 

記憶があろうがなかろうが、自分達を励ましてきた責任があると主張だ。

 

某上条さんの説教より無茶ですね、これ。

 

説教というか、説得だからな。

 

自分に構うな。自分一人いなくたって。そう言い返すさくらさん。

 

ゆうぎりは「皆の顔を見ろ」と一喝だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204129j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204151j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204323j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204344j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ゆうぎりは宣言する。さくらは自分達にとって必要な存在。だからさくら抜きのステージで成功するよりも、さくらと一緒のステージで失敗したいのだと。

 

重みのある言葉です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204448j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204510j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204534j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329204553j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205208j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205226j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205246j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205318j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205337j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

続いて、愛さんも言い添えます。ここにいる全員、死んでゾンビで運なんてない。持っていないのはさくらさんだけではないと。

 

愛は生前と同じ台詞を云う。
失敗したり後悔したりする事を、全然ダメだと思わない。そういうの全部踏み越えた先に、誰にも負けない私がいるって思うから。

 

さくらさんはブレない愛さんに心を打たれました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205448j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205507j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

不吉な空模様です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205613j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205701j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205724j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329205741j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ついにレッスンを再開しました、さくらさん!

 

ダンス自体は、すでに身体に染み込んでいた。

 

観ていた皆さんも驚きのパフォーマンスです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212220j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212243j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212305j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212348j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

気合を入れた途端、鏡にヒビが。

 

不運というか、呪いの類だよな、これだと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212531j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212547j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212631j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212657j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212718j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

サキが拳で強引にフォローした。気にするなと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212832j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212902j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329212937j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213000j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213022j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

愛さんも「試してみようじゃない」とさくらさんの不運に対し、闘志満々です。

 

純子は「もう腐れ縁ですから。ゾンビなだけに」と笑顔を向けた。

 

座布団を全部とりあげたいところですが、ここは感動しておきましょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213211j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213336j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

愛さんは、ベストを尽くすだけ、それだけと締めくくります。

 

その力強い言葉で、ようやくさくらにも決意が漲った。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213434j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213456j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213517j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

本番は明日。微笑ましいですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213633j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213651j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

大雪を警戒しなければならない、か。

 

巽さんは過去を思い出します。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213855j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213913j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213929j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329213947j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329214008j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329214028j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329214156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329214221j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

巽さん、ではなく本名は「乾くん」でした。

 

この思い出が、巽の原動力だったのか。

 

たとえゾンビとしてでも生き返らせて、さくらさんの夢を叶えてあげたかったんですね。その為に他のメンバーも集めて《フランシュシュ》を作った。

 

見返りなんてない。究極の純愛だったか。

 

人生を投げ打ってますからね。見返りどころか逆ですよ。

 

ゆうぎりの「巽はさくらだけ特別に扱っている」は正解だった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190329214330j:plain

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

いよいよ明日は正真正銘、最後の、最大のクライマックス。

 

さくらの記憶は復活するのだろうか。

 

アルピノライヴは成功するのでしょうか?

 

次回のBパートで、この『ゾンサガ』企画も最終回だぞ。

 

皆さまも最後までお付き合い願います。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――ゾンビランドサガ(原作:広報広聴課ゾンビ係、ゾンビランドサガ製作委員会)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190327090023j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。